過ぎ去りし王国の城

  • 1448人登録
  • 3.42評価
    • (42)
    • (224)
    • (283)
    • (41)
    • (9)
  • 246レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041028360

過ぎ去りし王国の城の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宮部さんの現代ものファンタジー。
    中学生が不思議な絵の中に入り込み‥?

    中学3年の2月、もう高校が決まった尾垣真は、ある日ヨーロッパの古城を描いたデッサンを拾う。
    絵の中に吸い込まれるように感じ、どうやら自分のアバター(分身)を書き込むと、その世界の中に入れるらしい?

    テニス部で「壁」と呼ばれ、友達らしい友達もいない真。
    美術部の城田珠美に、絵を描いてもらおうと思いつく。
    珠美は、女子にもっと露骨にハブられていた。
    その世界では森の奥に古城があり、城の中には女の子がいるように見えた。
    もう一人、パクさんと名乗る四十男も、その世界の探索を試みていたと知る。
    10年前に起きたある失踪事件が、関わっているのかも知れない‥?!

    それぞれに問題を抱えた3人が、事件の真相を知ろうとして、出来ることを探していきます。
    中学3年の終わり、進路が分かれる前の限られた期間での出来事。
    珠美自身の境遇は、そう簡単に解決できるようなことではないんですね。

    子供向けのファンタジーならば、もっと解決しやすい問題にして大きな爽快感を味わわせることも可能なはず。
    そこをやらなかったのは、重さを実感させる告発的な意味があるのかも。
    現実にもこういう家庭やいじめはあるでしょうから。
    けれども、共に冒険に乗り出し、他の人のために精いっぱいの勇気を出した経験、事態が変わることに力を貸せたという喜びは、奥深い自信となっていくでしょう。
    やや軽くまとめてあるのかと思えたけれども、予想より余韻のある読後感となりました。

    表紙の絵は、黒板に白墨で描いたものだそうで、すごくいいですね!

  • 久しぶりに宮部みゆきの本を手に取った。古城のイラストにアバターとして入り込むという、ゲームのようなファンタジー設定に惹かれたが、帯文句の「ネグレクト」「スクールカースト」といった社会問題がどのように絡むのか…正直おっかなびっくりしながら読み始めた。
    絵の中の世界と現実世界を行き来する、あり得ないと思いながらもワクワクする展開。平凡で地味な中三の真、同級生で変わり者の美術部員・珠美、絵の中で偶然出会う漫画家アシスタントの中年・パクさん。この3人がぎくしゃくしながらも少しずつ交流を深めていく過程に引き込まれていくのだが、さすがにいじめの凄絶なシーンにはぞっとした。そして、この非現実世界に、十年前の少女の失踪事件が絡んでいることがわかっていく。この少女に対するネグレクトもまた酷く、珠美に影を落とす家族環境も過酷で、シビアな現実に目をそむけたくなるのだけれど…なかなかに物語の展開が早く、3人が絵の中に入り込むのと同様に、自分もすっかり物語世界にどっぷりなのである。どんなに辛い状況でも、もはや目を背けることが出来なくなっているというか。
    どうして失踪した少女が絵の城に閉じ込められているのか。そもそもこの城の絵は誰が描いたものなのか。少女の過去と共に少しずつその謎が明らかになっていき、ファンタジー色が濃かった前半に対し後半はミステリー・SF的な展開になっていく。そのため、後半は若干内容を詰め込み過ぎたような…めくるめく展開に頭が付いていかなかった部分もあるが、ラストが切なくてとにかく泣けた。現実は甘くないかもしれない。真・珠美・パクさん、それぞれ置かれている状況は違うけれど…今が辛くても、どうにかやり過ごしながら、前を向いて歩いていけますようにと心から願う。少なくとも自分は、彼らの行いに勇気付けられ、背中を押された思いがした。たくさんの要素を盛り込んだ、スケールの大きなこの物語がどんな着地をするのだろうと読めなかったけど、読後はよいジュブナイルもののに出会ったなという満足感。
    話題の黒板アートの表紙も本当に素敵で、本書の内容にピッタリです。

  • 積読本。読み出したら止まらない一気読みでした。子どもの頃感じていた痛みを思い出しながら登場人物のお互いを思いやる気持ちが痛いほど伝わって来て温かな気持ちになりました。世界が良い方向へ変わってくれて、良かった。

  • 一番好きな作家である宮部みゆき。だが宮部ファンタジーは正直ミステリーには劣るんだよなといつも思っていた。結局は読むんだが。感想は、率直によかった。面白かった。ファンタジーでありミステリーであり、社会問題にも目を向けている作品。これだけの中身をこの量で収める宮部クオリティ。相変わらず半端じゃないな。そして今更言うまでもないが、この表現の素晴らしさ。あー満足満足。お腹いっぱいである。

  • 宮部さんの本は、情景が浮かびやすくその場に入っている感じがいつもしてたけど、この本は特にその感じが強くしました。ストーリーとも合ってすごく良かったです。

  • 特に可もなく不可もない中学三年生の男の子がある絵と出会ったことによって物語が動き出していく。
    いじめなどシリアスな問題が絡まり、お城の寂しい雰囲気もあり、重たい雰囲気が終始漂っている。
    協力して絵を攻略していく過程に引き込まれていったけど、最後の怒涛の展開、主人公と一緒に混乱し、蚊帳の外に出されてしまった感じ。でも、胸にストンと落ちたラストでした。

  •  時代物ではない宮部みゆきさんの作品は久しぶり。

     序盤からパクさんが出てくるあたりまでは、なかなか読み進められなくてダラダラと読んでしまった。ラストまで読めば、その丁寧な描き方は必要だったなと思えるけれど、序盤のスローテンポに比べて、終章は怒涛のように過ぎていき、一気読み。
    思わぬ方向に話は進んでいき、え?ええ?と頭の中で混乱が生じたまま終わる感じ。描かれている状況に理解が追いついていかない。終章をもうちょっと詳しく読みたかった。
    真と城田の数年後の後日談とか、伊音が語るこの物語とか、別の切り口からも読んでみたいと思った。

  • ファンタジーであっても
    さすがにぐいぐい読ませる。
    絵の中の城に閉じ込められてる少女
    どう展開するのかと読みながら
    そうきたか~!と膝をうちつつ
    なるほどね~うまいなぁ。
    と読了。

    少年少女の心理がなぜここまで
    細かくわかるのか、不思議でならない。

  • 絵の中に入り込む…。 夢のある設定だなぁと思いましたが、なかなか簡単にはいかないようで、絵にきちんと描きこまないと入れないとか、入った後のダメージが凄かったりとか、その辺りはあまり現実離れしすぎないように宮部さんが考えたのかしら。そして、絵の中のお城の中に少女を見つけて…。 主人公は推薦で進学先が決まった中学生の男女。宮部作品の中高生は大人びてしっかりした子が多いけれど、この作品の主人公も中学生にしてはしっかりしていると思います。話の展開は予想していたのと違っていて、正直「ん?」と思うところもあるのですが 、うまく決着したなぁ、という感じです。 こういう話はどう決着させるか難しい、それによって読後感が変わってくるから。

  • 途中までは想定読者年齢層から外れてるかなと思いながら読み進む。
    パクさんに出会い、伊音ちゃんにであったあたりから、俄然面白くなって読むスピードがあがり一気読み。
    不幸な現状を変えたいパクさんと珠美、原状にさしたる不満のない真の考え方の対比も面白い。
    珠美の自分の不幸でなく、他人を不幸から救い出す行動には頭が下がる。
    真の訳の「いっちゃった王国」には噴いた(笑)

全246件中 1 - 10件を表示

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
三浦 しをん
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
湊 かなえ
宮部 みゆき
恩田 陸
高野 和明
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

過ぎ去りし王国の城に関連する談話室の質問

過ぎ去りし王国の城を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

過ぎ去りし王国の城を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

過ぎ去りし王国の城の作品紹介

早々に進学先も決まった中学三年の二月、ひょんなことからヨーロッパの古城のデッサンを拾った尾垣真。やがて絵の中にアバター(分身)を描きこむことで、自分もその世界に入りこめることを突き止める。友だちの少ない真は、同じくハブられ女子で美術部員の珠美にアバターを依頼、ともに冒険するうち、パクさんという大人と出会い、塔の中にひとりの少女が閉じこめられていることを発見する。それが十年前のとある失踪事件に関連していることを知った三人は、ある計画を立てる…。「今」を引き受けて必死に生きるすべての人へ-心にしみこむ祈りの物語。

ツイートする