バッテリー (角川文庫)

  • 8648人登録
  • 3.74評価
    • (1266)
    • (1099)
    • (2203)
    • (107)
    • (24)
  • 1189レビュー
制作 : 佐藤 真紀子 
  • KADOKAWA/角川書店 (2003年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043721016

バッテリー (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 全巻あわせてのレビューです。

    残念ながらちょっと苦手。中学生らしくない主人公たちの言葉にのめり込めなかったのがひとつの理由ですが、著者のあとがきでこの作品への思い入れが強く語られすぎていて、私の苦手な「がんばってるアピール」に近いものを感じてしまいました。

    ただ、サイドストーリーの『ラスト・イニング』は、脇役だった登場人物が高校生になり、年齢と言葉がグッと近くなった感があり、本編よりもこのサイドストーリーのほうが好きです。

  • 他人に無関心、突っかかる孤高主人公巧の成長途中な物語。
    まだ中学1年から2年だし、物語が完結しても成長途中だけど。
    思春期だから?こんなになるかな??家庭も平和なのに??
    しょうがないけどムカつきます(笑)
    天才なら個性は認められる的な要素はちょっと納得いかないです。
    あのころの自分を振り返って的なアンサーな物語も読んでみたいと、思います。
    豪くんがいなけりゃ読まなかった・・・。いい子でよかったです。

  • さすが、読み易いです。

    ページ数も少なく、すぐに読み終えてしまったけど、
    読後感が釣り合いません。

    子供だから、何も考えてないんじゃなくて、子供だから全部わかってる

    何だかドキッとします

    子供たちの成長が楽しみ!

    (2010.1.25)

  • 6巻まであるからいいようなものの、こんな自己中だけで1巻を終えないでほしかった・・・

  • 「バッテリー」
    フジテレビ 木曜24:55~
    キャスト:内山昂輝、畠中祐、藤巻勇威、木村良平、梅原裕一郎
    http://battery-anime.com/

  • ★2016年10月1日読了「バッテリー」あさのあつこ著 評価B

    前から読もうと思って、図書館で探すも「あさのあつこ」コーナーで見つからず、なぜ無いのかなあ?と疑問でした。答えは簡単。大人向けではなく、子供向けの本棚に並んでいたのでした。
    ということで、アニメも見ながら、こちらも読み進めていきます。さすがに本の方が、場面も多いし、心理描写も細かい。やっぱり本の方がいいですね。
    小学校を卒業して、中学生になる時に岡山県新田市に引っ越してきた天才肌の投手原田巧とそこでであったキャッチャー永倉豪を話の軸に、次第に成長していく二人をめぐる青春小説ってところでしょうか?!

  • 登場者一人一人が瑞々しく煌めく様に描写されていて、6巻読み終わってから感想ですが、読了したことを寂しく感じています。

  • 【孤高の天才の紆余曲折。】
    オーディオブックで読了。
    ただ野球、では終わらない小説。
    対人間で接したら素直なことを、枠やエゴでくくるからこうなる…という諍いがちらほらな1巻。
    爽やかなのだけれど、テーマは深い。

  • 読み始めたらすぐこの世界に入り込んでしまい、巧少年の心の闇や、病弱で利発な弟、父や母それぞれの思いが、じわじわ~っと伝わってきたね。
    これからどんなふうに悩み苦しんで大人になっていくのか楽しみ。
     
    むかしから読んでみたいと思っていたけど、つい後回しになっていた。アニメ化にあたってきれいな表紙になったので、ついに手に取ったしだい(笑)

  • 「バッテリー」
    とても有名な作品でやっと読んでみました!

    まだ、小学校を卒業したばかりの主人公は驚異的な野球のセンスの持ち主!地元では有名な投手。

    よくありがちな試合して勝ったの負けたの青春ストーリーかとおもったらそんなシーンは全くなく、自信に満ちておごり周りに牙を向けまくるそんな思春期真っ只中の主人公が、きっと生涯バッテリーとなる友人に支えられながら大人に脱皮していくそんなストーリーでした。

    なので、なんの結果もでてないの。
    それだけどよかった!と思える作品でした!

  • 20160821 前から気になっていた本。一気に読み終えてしまった。次も早く手に入れたい。大人が読むと自分の人生に照らしてしまいそうだ。

  • 資料ID:C0027338
    請求記号: 角川文庫 ; 13180, 13373, 13602, 14044, 14265, 14635
    配架場所:2F文庫書架

  • だいぶ前に読んだ記憶があったかないかであったが、アニメ化記念に読んだ次第。よくあるスポ根ものとは違った側面も描き出していて、楽しめる作品。野球はチームプレイであるが、個人プレイの部分も持ち合わせていて、巧のストイックさ、孤高な感じにも現れていると感じる。友情物語の面、中学生という多感な時期の心情を写してる面、天才であるがゆえの葛藤、巧を理解しようと積極的に歩み寄る豪、青波、爽やかだけではない、中身が詰まった物語である印象。中学で様々なことを吸収し、成長できる時期、二人のバッテリーも楽しみである。

  • 青春時代に読んで良かった作品。
    すごいすごいとは言ってもまだ中学生で不安定。
    独特の感性やこだわりに惹かれました。

  • 自分の力を信じきる。それも一つの才能だろう。

  • ◆大人に近づいた私たちへの一球◆
    この物語は、野球というスポーツを中心に、中学生が抱える様々な悩みや葛藤、そしてその中学生を取りまく大人たちの姿を、リアルに爽やかにそして美しく描いています。物語に登場する個性豊かなたくさんの人間から、私たちが抱えている心のもやもやの答えを見つけるヒントや、悩み葛藤しながら生きる勇気をもらえるはずです。大人に近づいた大学生という「今」だからこそ、もう一度読みたい児童文学です。

  • そうだ、本気になれよ。
    本気で向かってこい。
    子どもだとか小学生だとか
    中学生だとか、
    関係ないこと全部捨てて、
    おれの球だけを見ろよ。
    ー原田巧

  • 自分が中学の時はこれほど鋭い感情を持っていなかった。
    さわやかなスポ根、というわけではなく、子供の激情をくっきり描いた本。

  • 中学校に入学する直前、岡山の新田市に引っ越してきた天才野球少年の原田巧は、地元で少年野球に打ち込んできた、同級生の永倉豪と運命的な出会いを果たします。少年ながらも天才肌の巧は、容易に豪たちと打ち解けることができませんが、巧の病弱な弟の青波が、頑なな匠の心を開いていきます。一方、巧の投げる球に一瞬で惚れ込んだ豪は、中学校で巧とバッテリーを組むことを熱望します。

    巧は、読者の誰もが好きになるキャラクターとは程遠いですが、読み進んでいくうちに、孤高を保っているかのような彼の態度が、自身の才能に逆に押しつぶされまいと必死で戦っていることが分かり、少しずつ好感を持てるようになってきました。

  • これは以後続くんだよね、お話し。

    これで感想書くにも、どうしたもんだか。

    才能ある巧君。
    彼が思う気持ちにおぼえはあるけど
    ちょっとムカツク。
    だから今は反感をおぼえる。
    なんとなくポケベルくんに近い感覚、かも。

    巧が感じ取る母親への気持ち、
    その気持ちに違和感があるのもわかる。

    まぁ、みんな含めてどうなることやら…。
    楽しみ、次。

  • かなり久しぶりに読んだけど、若さっていいなぁとおもった。時間が経つのははやい。

  • ずっと楽しみに本棚で温めていた1冊です。
    読む前から絶対にいいものだってわかっていたので、もったいなくてすぐに読めなかったシリーズです。

    低空飛行な今の時期、読んだら元気になるかなと思って読んでみたら、元気になるというより・・・心の底まで何かが染み込んで浄化されました。
    美しいものを見ると自然と心が動くような、そんな感覚です。

    今度中学生になる天才野球少年「巧」と、喘息があって病気がちな弟「青波」
    そして、引っ越した先で出会った少年「豪」
    巧と豪の年齢は13歳。ちょうど一番澄み切っていて、それでいて尖っていて、少し苦味が混じりはじめたような年頃でしょうか。

    驚かされるのは、巧の真っ直ぐなプロ意識、というか好きなものをとことんやるという姿勢。
    中学生って、正直もう子どもじゃないですよね。
    まだまだ感情と向き合うのが上手くないところもあったりするけど、真剣に物事を考えられるし、挫折や失敗が少ないから真っ直ぐに自分を信じられる。
    一方で、彼らなら挫折をしても真っ直ぐ進んでくれるんじゃないかと思わせてくれるようなひたむきさがあって。

    病気がちで今まで運動はあまりしてこれなかったけど、すごくたくさんのことを考えている青波も、
    くまさんみたいに大らかで優しくて、頼もしい豪も、
    これからの成長が楽しみな人ばかり。

    まだまだ物語は始まったばかりで、これからどんな出会いを繰り広げていくのか楽しみで仕方ないです。
    1冊ずつ丁寧に読んでいこうと思います。

  • えーっと、普通に面白かったです。
    というか、この作者さんの本を読んだのが、初めてだったのですが、正直、舐めてました。思った以上に面白い。

    物語の主人公は、岡山県境の地方都市に引っ越してきた原田巧。
    巧は、少年野球では知られた存在で、自らもまた、天才ピッチャーとして絶大な自信を持っていた。
    それゆえに、時に冷酷なまでに他社を切り捨ててしまう巧の前に、今度から同じ中学校に通うという同級生の永倉豪が現れる。
    彼は、巧に対して「バッテリーを組もう」と熱望していて、当初、そんなに乗り気ではなかった巧だったが、実際にキャッチボールをしてみて、その認識が変わる。
    「たいしたことない」と思っていた豪のキャッチングが相当なものであったのだ……。

    ということが軸になる話でしたが、なんというか、巧の心情描写がとてもよくわかって、自身が小学生の頃のことを思い出して、とても胸が苦しい。
    病弱な弟と、それにかかりきりな母親。
    そして、中学生にはどうしようもない親の重圧と束縛。
    親は子供のためを思って、「こうしてほしい」と願いを込めるけれど、子供は子供なりにいろいろ考えていて、親の思うようには動かないし、親のいうことを「うっとうしい」とも思ってる。
    そういう心情描写が、作り話っぽさがない形で綺麗に描かれていて、すごく読み応えがあって、読み出したら止まりませんでした。
    こんなに引力がある本は久々です。

    子供の一途さってある意味才能だとも思っているので、そういうまっすぐさ、ひたむきさを思い出したい人には、是非、オススメします。

全1189件中 1 - 25件を表示

バッテリー (角川文庫)に関連する談話室の質問

バッテリー (角川文庫)に関連するまとめ

バッテリー (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バッテリー (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バッテリー (角川文庫)の単行本

ツイートする