すべてがFになる (講談社文庫)

  • 16570人登録
  • 3.84評価
    • (2225)
    • (2308)
    • (2766)
    • (265)
    • (50)
  • 2218レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (1998年12月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (524ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062639248

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

すべてがFになる (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • アニメで見たが、内容がよく分からなかったので小説を読んだ。何といっても、ヒロインの真賀田四季が魅力的だ。犀川と萌絵のコンビは、賢いのか世間知らずなのか、ユーモラスだ。16進法に代表される乾いた論理に、魅力的なキャラクターがからんで、爽快ともいえるミステリーに仕上がっている。

  • おもしろかった!
    これドラマっていうよりも、一本の映画にしちゃった方が良くないか!?っていうくらいの濃い内容と情報量。研究者しながら書いたなんて、天才は登場人物なんじゃなくて、作者じゃないかな?と感じる程に作り込まれていて、著者の頭の良さを存分に感じさせる。

    工学用語はわからなくても読める。わかったら、もっと面白いだろう。
    驚くのは、これが20年弱も前の小説であること。古くささも違和感もギャップも何もない。IT関連に関しては色々違いはあるんだろうけど、文系の私にとってはケータイとかスマホとかが出てこないだけ。声や指紋の認証システムで全部管理されているような施設での事件。むしろ今よりももう少し先の未来の建物のように感じるし、ポケベル(これくらいの世代だったよね??)なんて年代物も出てこないので、本当に違和感なく読める。
    最後まで全貌が見えないし(あいつ怪しいっていうのは直感で感じてたけど)、長いけど、飽きる事もなく読めた。自分で推理するのは難しい話だから、目から入って来る情報をただただ受取るのみなんだけど、中だるみしないから不思議。

    さて、ドラマ化と云う事で長らく積読されていた封を解いたが、何と後9作品もシリーズが続くということが今更ながら判明。なかなかエネルギーのいる本だったから、読破には時間がかかりそうだ。更にシリーズを越えて真賀田四季は見え隠れするそうなので、長く楽しめる作品となりそうで、楽しみ。急がずゆっくりと読んで行きたい。

  • 森博嗣を初めて読んだが、私にはあわなかった。
    トリックは子育て中の私には納得できないものだったし、なにより登場人物に全く共感できなかった。
    犀川先生にしても萌江にしても、私の常識や道徳からかけはなれていた。四季にいたっては完全に理解不能。恐らく作者も私とは相いれない人なんだろうと思った。
    でも何より不快だったのが、研究所に窓がないというところ。太陽の光が届かない場所なんて地獄のほかにない、と私は思ってしまう。
    こういう情緒的というか、感情的なものが欠けているところを「理系」と呼ぶのに私は抵抗がある。理系というのは新しい定理を発見したり、今までにない道具を創作することで、私たちの生活を豊かにするロマンあふれるものと私は思っている。
    そういう意味で本作は、なんとなく独りよがりで、理系ミステリーというより、理屈ミステリーという気がした。

  • 学生時代にこの本に出会い、正に人生を変えた一冊。
    このロジックが堪らない。

  • 森博嗣さんの作品は初読了。登場人物がみんな個性的で良かった。だけども、その個性を出そうとしてか少し文章がダラダラと続いて飽きる場面もあった。トリックに関しては、理数について学んでいない人には理解しきれないと思う。現に私も理解できなかった。結末は驚きというより、やっぱりそうだったのかという気持ちの方が大きかった。とにかく、犀川&萌絵コンビのやり取りが気に入ったので同シリーズの違う作品も読んでみたい。

  • いつか読みたい、読もうと思っていた森博嗣にとうとう手を出しました~ヤッタネ!

    メフィストのあのダサい(?)表紙と変なサイズなら読まなかったかもしれないけど、文庫サイズだし、表紙もスタイリッシュなので、読もうという気になりました。
    見開きに文章が4分割にされてないし。

    作者は理系の工学博士というから、もっと小難しい文体を想像していましたが、読みやすくて安心しました。
    数学に弱いので、もちろん謎解き部分の10進法だの2進法だのは文章として文法的に読解しただけで、意味は理解していません…。

    わたしが読んだことのあるメフィスト作家は西尾維新、清涼院流水、舞城王太郎あたりですが、この中で比較すると、クセがなく読みやすいです。
    でも真賀田四季なんてヘンな名前が出てくるところがさすがメフィストって感じです。

    真賀田博士の経歴、その生活に惹かれて読みましたが、過去の事件の真相はなかなかえぐ味があって後味が悪くよかったです。
    それ以上に十五年も前からこの計画を練り、そのため(だけ)に娘を育てたこと、それも人に会わさない、テレビも見せない、自身の計画している内容を洗脳するなどの異常な教育の方に興味をそそられました。

    なぜ、博士の娘は計画通り、博士を殺すことができなかったか、を考えています。
    犀川は「天才ではなかったから」の一言で片づけていました。
    これには納得できません。
    娘が天才であれば、天才である母の考えを理解できたということでしょうか。
    同じ天才であっても考えに賛同しないことも考えられるから、天才かどうかは関係なく、単に博士の洗脳が甘かったというほうが説得力があるのでは?
    しかし、外界との接触が一切遮断され、価値観が母親のそれ一つしかない、
    それなのにどうして母親の(異常な)教育に疑問を持つのだろうか…とか。
    文学全集を置いていたからでしょうか。
    「イソップ物語」とか「幸福の王子」とか「こころ」なんかを読んで、自分の価値観を構成したのでしょうか。

    物を得るときお金を使いますが、目に見えない、脳に入るものを得るとき、人は知識を使うのだと思います。
    言葉も数字も景色も音もすべて知識によって得、知識によってアウトプットする。
    つまり知識、情報と言ってもよいですが、を持たない人間はインプットもアウトプットもできない。
    英語ができない人が、いま見ている景色を英語で表すのは不可能です。
    知識、情報量が多いほど得られるものは多く、表現できるものも広がる。
    世界というものを知らなさすぎる娘が、それを知っている母を上回ることがあるのでしょうか。
    他の部分はするする納得できたのですが、ここだけ、トリックの成功と博士を存在させておきたかった作者の意図が透けているように思いました。
    (今後シリーズの中で博士が出てこなかったらがっくりする)

    FFFFにあと2つFFを足すと#FFFFFF=白色になるけど、各章のタイトルに色の名前がついていることと関係…なさそうですね。

    読んでいてあんまりわくわくしていなかったのですが、たくさんどうでもいいことを書いてしまったので、面白かったみたいです。

  • 再読。ドラマ化されて、「こんなんじゃない」感に滅茶苦茶読みたくなって(苦笑)
    タイトルも英語タイトルも中身もやっぱ秀逸だわ。凄い好き。初めて読んだ時の衝撃がちゃんと思い出された。
    元プログラマなのに、Fに、犀川先生に説明されるまで気がつけなくて凄い悔しかったのを覚えてる(^^;

    で、改めて、真賀田四季は実写は無理だよ…。どうしてもやるなら栗山千明にやってほしかったなぁ。
    <本の感想じゃなくてドラマの感想だよね、これ(-_-;)

  • 博士号を11歳で取得した天才少女、真賀田四季。
    彼女は14歳のとき、両親を殺した疑いで逮捕され、それ以降は孤島のハイテク研究所で完全に隔離された生活を送ってきた。
    キャンプで島を訪れた助教授の犀川と女子学生の萌絵は、四季の部屋からウェディングドレスをまとった死体が現れるのを目撃する。
    ンピューターで制御された施設内の完全な密室殺人。
    そして続いて殺人が起こる…。

    初の森博嗣さん。
    ガリレオシリーズみたいな、科学を使った理系ミステリー。
    この手のミステリーは、例のごとくトリックを理解するのに精一杯で、驚きや衝撃は軽減されてしまいます。
    キーワードは、「すべてがFになる」、「トロイの木馬」。でもまぁ、1万年考えても思いつかないけどね?(笑)

    犯人は何でそんなことしたのだろう?
    というところが、根本的に理解し難かった。
    奇妙な施設の、奇妙な人たちの、奇妙な事件なので、些細なことなのかもしれないけれど、50人もの研究者がいるというのに、殺人が起こってなお数人しか登場しないというのもなんだか不自然でした。

    つかみどころのない工学部助教授の犀川と、直観力に優れたお嬢様の萌絵のシリーズである「S&Mシリーズ」は、このほかにもたくさんあるらしい。
    ついていけるかわからないけれど、機会があれば読んでみたい。

  • 白いフラットな空間
    空気清浄機をかけたようなクリーンさ
    無味無臭
    無表情

    文章のイメージ。
    読みやすいが、滋味がない。

    おまけに、主要人物ふたりにも共感しにくい(Gシリーズで萌絵に好印象を抱いてるにも関わらず)。
    おかげで読み終わるまで長いことかかってしまった。

    巷では「理系ミステリ」と呼ばれているようだ。
    うーん、どういうことなんだ?

    科学の知識や合理的精神で謎解決!ってことならホームズ時代からの伝統じゃないのか。
    登場人物や舞台が工学系だから?
    コンピュータ用語がいろいろ登場して、その機能がトリックに使われてるからそう言われるのか。

    でもこれ、森さんの作品だけに言われるものでもないんだよなー。
    理系ミステリってカテゴリが今になってもてはやされてるのはなぜなんだろ。


    どうも自分は理系/文系に関するレッテル貼りが嫌いで、
    この「理系ミステリ」という言葉にもその匂いを感じ、
    作品に対するイメージが振り回されてしまった。

    たとえば、感情の起伏が少なく自分の理屈だけで物事を断定する犀川について、
    私はほぼ全篇を通して「鼻につく」「共感できない」印象をもった。
    しかもその犀川が、「正解」であるかのような物語の書かれ方だ。

    これはまったく受け入れられない。

    だが最後の西之園先生の話と儀同さんのオチが面白くて、思い返してみると、
    犀川は「他なんて知ったこっちゃねー」とばかりに自分に真っ正直、
    合理的にものを考える癖があってそういう社会に憧れをもち、
    しかしそうはできない/ならない事に鬱憤をかかえている男だ。

    私が思ってるよりずっと、人間らしいんじゃないか?

    そうやって捉え直してみると、次読むときはきっと、今回よりは彼に歩み寄れるだろうという気がした。
    最後にようやく、共感を通してレッテル貼りを振り払うことができたのだった。

    犀川のように嫌いなものには興味が失せる・執着も消える、
    またはそういうポーズが取れる性格だともっと楽だったのだが。

    1996年の作品とのことで、あの頃ってMac関連のいろんな月刊誌が平積みになってて、毎号買ってたっけな。
    その時代に読んでたら相当面白かったろうなあ。

    トリックの腹の中を入れ子として使う話は京極さんを思い出す。

    白から始まる第一章、研究所の白壁、白が印象的に使われてるが、
    そういや白のカラーコードって#FFFFFFだね。


    http://haiiro-canvas.blogspot.jp/2013/01/f.html

  • 犀川先生の思慮深さが素晴らしい。話をもっと聞いてみたい。
    研究所の暮らしは確かに合理的だ。自らが確立されていて目的が定まっている人なら問題なく、というか夢のような住居であり職場環境だろうな。
    レッドマジックに関して、あとから何か加えられた形跡はないの一点張りで、初めからそういう設計になっていたのではと思う人がなかなか出てこなくて不自然だった。賢い人たちばかりなのに。読むほうもヒントを貰いすぎてしまったのかな。
    ただ、子供を産んでいたことまでは考えが及ばなかった。
    物語のはじめは何の会話がなされているのか、わけが分からなかったが、それが四季という人なのかと思うと同時に、限りなくそれに近い考え方をしている犀川先生のことがよく分からなくなってきた。常人には到達できない次元の感覚を持っている。

  • 想像出来ないでしょうこんなトリック!と犯人を暴かれてから心の中で叫びました。(笑)研究所の人々のコミカルさや、所々胸にくるセリフに(例えば、後半の生きていることがバグ…など)もっていかれました。面白い!

    ただ、理系ではなく、プログラミングなどに関しても疎いので、16進数での謎解きや、冒頭での真賀田四季博士と萌絵の会話がとても難解だった。

  • 孤島の殺人事件、とてもありきたりに感じる設定なのに、理系ならでは表現や独特な人物達が魅力的だった。様々な伏線も想像を膨らませてくれて、長い物語を飽きずに読ませてくれた。

  • 三重に重なった密室状態での殺人事件。
    凡人には天才は理解出来ない(爆)
    ある意味それは幸せな事かもしれない。
    天才には「日常」は生きにくい。
    自分が当たり前に理解していると思ってる「日常」若しくは「常識」は本当に「日常」若しくは「常識」なんだろうか?
    もし自分が真賀田四季博士と会話したら確実に自分の根底にあるもの・信じていたものが覆されると思う。
    そして常に曖昧模糊。
    読んでいて何故かそんな印象を持った。
    「記憶」と「記録」
    関係ないが萌絵は左きき。(時計を右手にしてるから)
    内容(トリックの解説等)は完全に理解出来なかったけど文章はとても読み易かった。

  • 名作の誉高い本作。遅ればせながら読みました。何しろ本格推理小説は個人的に苦手でなかなか手が伸びないんであります。
    スカイクロラシリーズでその文章に触れていたので、違和感無く入れたし、案外難解さはなくて(登場人物の天才性を示すための難解さは別問題)サクサク読めたような印象は有った。読んで見たら意外と時間が掛かっていたのに早く終わんねえかなという感情は湧かなかったので、上手い上に読ませるという印象です。
    閉ざされた島、閉ざされた研究所、閉ざされた密室、そして軟禁されているのは天才美女で親殺しの経歴を持つ博士。こう書いているだけでああなるほど、と思う位のシチュエーションです。
    こういうシチュエーションでみんな妙に冷静に殺人を受け入れる本は違和感有りまくりなんですが、この乾いた筆致にはとても合っていてすんなり入り込めました。やはり上手い!

  • Xシリーズから読み始めてしまった私にとって、萌絵が19歳というのがとても新鮮。

    そして、Xシリーズの「ムカシ×ムカシ」のエピローグで、真賀田四季を思わせる人物(天才)が出てきていたから、時間軸的に、真賀田四季は殺されていないんだろうなぁっていう頭で読み進めたけど、犀川&萌絵の謎解きまで何も分からなかった…。

    真賀田四季・犀川・萌絵の、レベルは違っても、頭の回転の早い主要人物達の会話や専門用語についていけなくて、途中で挫折しそうになるけど、真相を知りたくて、頑張って読んだ。
    とはいえ、プログラミングについては、私も少しだけ学んだので、強い抵抗はなく読めた。
    その点は自分をちょっと褒めたくなった。

    謎解きがいよいよ始まる「10章 銀色の真実」からは、それまでの倍速で読める。

    森博嗣の作品で、動機なんて…っていうスタンスの原点になったのが、本作なのかなと思ったけど、
    実は本当の時系列としては、森博嗣の処女作に当たるのが、シリーズ次回作の「冷たい博士と密室たち」というのだから驚き。
    それを頭に入れながら、次作を読む。
    贅沢な楽しみが1つ増えた。

    これからは、出版順を守って読むことを決めたのである。

  • 誰かも言っていたが、初版が98年である。当時コンピュータが普及していなかった時代にして、この作品である。今でこそ唸り声を上げ納得の行くこの作品も、一般に受け入れられるには高尚すぎたのではなかろうか、とまで思わせる内容。
    久々に本を読んだが、これに満足しまた暫く、次の書物を開くには時間がかかりそうである。

  • 約15年ぶりに読み直した。
    森博嗣ワールドにハマるきっかけとなった本。
    前回は萌絵世代だった私も今は犀川世代。

    今読み直しても、やっぱりスゴイ。
    犯罪の手法ももちろんだが、
    登場人物の発言・会話が本当に魅力的。
    15年前の私は、
    間違いなく犀川に魅了されたのだと気づいた。
    (もちろん私はコテコテの理系です・・・)

    押入れに眠っている森博嗣作品を、
    改めて読み直してみようと思った。

    ただ難点が1つ。
    初読当時は愛煙家だった想い出も重なってか、
    煙草への誘惑を久々に思い出してしまう・・・(笑)

  • この小説は電子書籍で読んだのが良くなかったのでしょうか。評判に比べて全く楽しめませんでした。
    建築学科教授、プログラマーの天才、あと大学の新入生の天才という三人の天才が登場するのですが、誰一人として天才に思えません。この三人の天才は、どうしても人離れしてるように描かれるため、人間らしいところもなくなり、感情移入ができませんでした。なので物語の展開に対して、ふーん、としか反応できない。
    ミステリーファンであれば、おそらく謎解きが気になって、トリックに感動して、という印象も持てたのだと思いますが、私はミステリーファンではありませんので、登場人物が好きでないといくら人が死んでも、ふーん、としか思えません。どうやら続編を読むと色々わかって面白いらしいのですが、私は読むことはないと思います。
    全体の印象として、「勝手にFになれ」と思いました。

  • 衝撃的な話だった。個性的な登場人物ばかり出てくるのも面白かったし、森博嗣さん独特の言い回しがなんだかとってもはまってしまった。

  • 理系だなーと敬遠してきたけど、ドラマ化されるということで。
    けど映像より何百倍も面白い!と思う。ドラマが進まないうちに一作品読破できて良かった。別物として楽しめそう。(こういう作品がドラマ化さろると単一的になるのは視聴率とらなくちゃならないから演出が単一的になるのかな…)
    理系的要素が主でありながら、心情的なところ人間味も随所に見受けられて、これからの展開にも期待。しっかりと読み込みたい。

  • 【S&Mシリーズ1】孤島の隔離された研究所で生活を送る天才プログラマー真賀田四季に興味を持ち、犀川助教授と女子学生・西之園萌絵が密室殺人に挑んでいく物語。真賀田四季が印象的。ロボットのような冷たい印象で怖いが、少女的なところもあり、魅力的。思考は理解できないが。「神の作ったプログラムのバグこそ、人類」バグかぁ~。まあ、私はバグかもしれない。

    「今は夏。彼女はそれを思い出す。」

  • ドラマ化されるってことで再読。
    というか、文庫の表紙はこれじゃなくて以前の黒いやつのほうだった。これはこれでオシャレですが。

    再読してみて結構ストーリ忘れてるな〜と思いながらよんでたんだけど、森博嗣の小説って物語の面白さとかより登場人物の会話とか考え方とか読むのが楽しいからシリーズとかも読破しちゃうんだよね。自分ではこんなこと考えないだろうなってことを、ふ〜ん、こういうふうに思う人もいるのかーと眺める感じ。特に、

    「思い出と記憶って、どこが違うか知ってる?思い出は全部記憶しているけどね、記憶は全部は思い出せないんだ」

    って台詞はなるほどーと思いました。この言葉は覚えてたけど、どういうシーンで言ったかは全然覚えてないあたりに森博嗣作品に対する自分の読み方がわかるなと。

  • 孤島の密室殺人。
    (ネタバレ)何年も前から緻密なにプログラムを仕込んで実行した真賀田四季は天才だけど、そもそも森博嗣という作家が天才なんじゃないかと感心しました。
    理科系頭脳を持ち合わせていない私は、16進法のFの謎を理解するのに必死でしたが(笑)
    犀川先生の頭脳と萌絵のひらめき、このコンビのシリーズをもっと読みたいです。

  • 興奮している。綿密なロジックで練り上げられた最高級のミステリィ!それに加えて、キャラクタの思考過程によりその個性を浮き立たせる筆力は感激に値する。日本文学的な美しい文章とは言えないながらも台詞や言葉選びへの気遣い、なによりもその言葉の持つ力強さが愉しい。そんな小説でした!

  • ドラマ化原作、初めての森博嗣。
    読後感は、まさに「理系ミステリ」!
    プロット、伏線、トリックに至るまで・・・真剣に読み進めないと置いて行かれそうな感覚でした(^_^)
    IT関連のネタが少々時代を感じさせますが(執筆は90年代中盤)私的にはそれがかえってツボで・・・
    かなりの長編、圧倒的文章量ですが、あまり苦にならず読み進めました。
    シリーズ続編が気になります・・・

全2218件中 1 - 25件を表示

すべてがFになる (講談社文庫)に関連する談話室の質問

すべてがFになる (講談社文庫)に関連するまとめ

すべてがFになる (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すべてがFになる (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すべてがFになる (講談社文庫)の作品紹介

2014年にドラマにもなったサスペンス小説です。天才的頭脳を持った主人公が難解な密室殺人のトリックを暴いて行きます。すべてがFになる。のFとは何か?様々な伏線が最後にひとつの答えにつながる。森博嗣さんの描く世界観が普通のサスペンスとは違った魅力を引き出しています。個性的なキャラクター、難解な密室トリック、謎解きに引き込まれてしまう作品です。

すべてがFになる (講談社文庫)のKindle版

すべてがFになる (講談社文庫)の新書

ツイートする