スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

  • 8499人登録
  • 4.00評価
    • (997)
    • (1116)
    • (739)
    • (93)
    • (25)
  • 739レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2010年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062765565

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 作家、脚本家、映画監督の卵
    漫画家の卵、画家の卵 が
    一つのアパートで共同生活*

    一人一人のキャラクターが
    とても好きで引き込まれます。
    辻村深月さんの本は長いけど、
    あっという間に読めちゃう◎
    下巻が楽しみでしょうがないです❤︎

  • 手に取ったきっかけは、自分が観劇をしている劇団が舞台化するのを受けて、予習もかねてどういう話かおさらいをしておこうと思ったのが動機。上巻は「スロウハイツの神様」=千代田公輝を中心とした、スロウハイツに住む人たちの住むまでのいきさつや住み始めてからの出来事が話の中心。これまで色々な面でうまくいっていた人間関係も新しくスロウハイツに入って来た加々美莉々亜が、波乱の種になりそうな予感。続けて下巻も読んでいきたいと思う。

  • 自分の仕事に拘り続ける人たちが、一段の拘りを持つオーナーのもと、スロウハイツに一緒に住む。
    前半はその人たちの紹介から始まり、色々なところに沢山の事が隠されている。
    後半一気にそれらが繋がっていくが、気持ちを貫く強さが清々しく心地よかった。

  • ところどころ、自分を重ね合わせながら、
    その心境の変化を味わう。
    身近なようで、身近ではなく羨ましくもあり、真理でもある。
    下巻に手を伸ばさざるを得ない展開に、完全に引き込まれてます。

  • 上巻は登場人物の紹介のような内容だった。だけれど、辻村さんの作品はいろんなところに伏線があるから、慎重になってしまう。 お話しの内容的にも自分と重ねることができる作品だったから、下巻が楽しみ。

  • 相手に対する思いやりの表現方法は人によって180度違うこともある。見守るか指摘するか甘やかすか糾弾するか。
    受け手側の人によってもタイミングによっても感じ方がまた違う。
    人間関係って複雑で愛おしいものなんだと感じる。

  • 上下巻を読んでの感想
    傍に置いていつでも手に取れるようにしておきたい物語がある。
    「スロウハイツの神様」は私にとってはそんな1冊だ。
    いつまでも手元に置いて何かあると開いてみる特別な1冊だ。
    第一章で語られる赤羽環は強い人だ。
    彼女なりのきちんとした「美学」がありけっしてそれを崩そうとはしない。
    「スロウハイツ」の住人たちは、環の「美学」に合格した人たちばかりである。
    環には迷いがないように周囲からは見える。
    繊細で傷つきやすいところも、弱いところも、すべてを自力で抑え込んでスッと立っている。
    環が別れた元恋人を何故「スロウハイツ」に誘わなかったのか?と聞かれたときの答えがいい。
    たとえ元恋人だろうと容赦なく分析しているところが、いかにも環らしい。
    「美学」に反していても恋人ならば許せる。
    けれど、同居人や友だちには対しては一切妥協はしない。
    環の中では恋人が占める比重はごく軽いものだったのだろうと思ってしまった。
    下巻の最後まで読み終えたとき、どうしようもない切なさがわきあがってきた。
    公輝はなんて素敵な人なんだろう。
    そして、なんて哀しい人なんだろう。
    環を公輝をめぐる人たち。
    彼らの生きている姿が、前に進もうとあがいたり悩んだりする姿が、どうにもならないこともあるのだと受け入れる姿がとても好きだ。
    人の価値は見た目ではわからない。
    近くにいてもなかなかその本質的なものは見えないし、どんな人なのかなんてわからないことが多いだろう。
    大人になればなるほど、自分を隠すことが上手になる。
    相手の望む自分・・・無意識にでも意識的にでも・・・になろうとしているときがある。
    本当はちょっと不愉快なときでも、無邪気さを装って笑ってその場を凌いだりする。
    環のようには生きられない。
    傷つくことを誰よりも怖れながら、傷ついてもかまわないと思える強さなんて持てないから。
    だからこそ、この物語は手放せない。
    ときどきは環や公輝に会って、言い訳好きな自分を環目線で見つめたくなるから。

  • 上巻は、ゆっくりと話が進んでいく。
    しかし、下巻の中程から涙が止まらなくなった

  • たぶんほぼ初めて読む辻村作品。
    この作品が人気があるのは知ってたけど、こういう作風とは知らなかった。ラノベっぽい。
    でも、ストーリーの設定は好き。
    アニメとか漫画とかは苦手だけど、芸術家が集まるアパートっていうのはいい。
    話の展開が全く読めないまま、下巻に続く。
    2017/02

  • 単なる 仲良しクリエイター達の青春物語だったら、ここまで 面白いと感じなかった。プロ論あり、「愛とは何か」あり、「人間の弱さ」あり、爽やかな雰囲気あり


    他のクリエイター達と 距離感を持ち、自分を保ちながら、新しい金脈を探し続ける 黒木に共感する

  • 私にとってこの小説こそが神様のよう。

    救われたり怒ったり泣いたり、登場人物を見ているとまるで自分を見ているようで。
    大切な1冊。

  • 2017年1月28日読了。
    2017年17冊目。

  • 上巻を読む限りでは微妙。面白くもつまらなくもなりそう

  • 愛とは執着って深い!

  • クリエイターが集って暮らす、現代版ときわ荘のような「スロウハイツ」。
    しかし、住民の中の多くはまだ芽が出ない苦労人。
    家主で脚本家の環と、有名小説家チヨダコーキと、同居人たちの生活を描く小説。
    とある事件をきっかけにコーキは世間からバッシングを受けるが、「コーキの天使ちゃん」の新聞への投書により小説家復帰を果たす。
    そしてスロウハイツに引っ越してきた少女が「天使ちゃん」かもしれず…。

    スロウハイツにある荷物が届き、開封した環が愕然とした場面で上巻は終わっています。
    続きがどうなるか、気になるところです。

    上巻の印象として、特別大きな事件が起こるわけでもなく、創作活動にいそしみ、また人間関係に悩む若手クリエイターたちの生活が淡々と描かれている印象です。

  • とってもいい空気感。
    チヨダコーキは菅田将暉に演らせたい~。
    地味凄前でも絶対そうおもった。

  • 凍りのクジラにつづきこれ。各々の登場人物の個性が出ててよい。登場人物の名前覚えるの苦労したけど笑

  • 元旅館だった建物に、人気急上昇中の脚本家がオーナーとなり、人気小説家やクリエーターの卵が暮らすお話し。

    上巻はそれぞれを取り巻く日常だけど、下巻に続く最後が気になる感じで終わる。続きが楽しみ。

  • 人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだーー

    あの事件から10年。
    アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。
    夢を語り、物語を作る。
    好きなことに没頭し、刺激し合っていた6人。
    空室だった201号室に、新たな住人がやってくるまでは。

  • 辻村さんの作品は凍りのくじらに続き2作品目。
    凍りのくじらの理帆子もそうだったけど、辻村作品に出てくる主人公って何でこんなに生きることに不器用なんだろう。
    本人は小器用に生きているつもりになってるところも不器用でなんだかそこが切ない。
    今回は上巻ということで物語の序章。
    スロウハイツに集まるクリエイター志望の若者たちとそこにまつわるエピソード。
    そして新たに住人となった莉々亜とスロウハイツに届いた手紙を環が開けたことによって事件がはじまりそうな予感が。
    下巻が非常に楽しみです。

全739件中 1 - 25件を表示

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)に関連するまとめ

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)の新書

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする