ルール

  • 112人登録
  • 3.81評価
    • (25)
    • (15)
    • (33)
    • (0)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 古処誠二
  • 集英社 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087753066

ルールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第二次世界大戦中、フィリピンで米軍に追われ、ジャングルの中を彷徨う日本軍の兵士達。その最大の敵は、飢餓だった。米軍に勝たなければ、飢えは充たされない。だが飢えを充たさなければ、米軍には勝てない──。

    凄絶、その一言に尽きる。飢えを凌ぐために、自分の血を吸う蛭ですら喰う男たち。餓えは常識や道徳や規範など容易く越える。彼らの捕虜となった米軍兵士の“普通”の感覚が異質にしか思えないほどだった。
    日本軍の兵士の多くは誇りや忠誠のために自決したという。けれども、誇りを取るか、生命の純粋な欲求を取るか、その境目はあまりにも脆い。
    その飢餓という凄惨な状況下で、あるひとつのルールを守り抜くことは愚かか、それとも誇りか。どちらが彼らの選ぶべき道だったのか、その答えはたぶん、永遠に出ない。

  • 読んでて痛かった・・・

  • 終戦間際のフィリピン戦線。物資を輸送する任務を受けた鳴神中尉は、部下を死なせずに任務を全うすることを自らに課す。
    しかし彼の前に現れた敵は、アメリカ軍でもゲリラたちでもなく・・・。

    極限状態におけるルールの存在とは、一体何を意味するのか。
    〈それ〉を行わず、部下を死なせない事を心のよりどころに、限界を超える状況を耐える鳴神。
    鳴神と八木沢を生かすため、〈それ〉を行う姫川。
    どちらが正しい道だったのか。
    それを判断できる人はいるのだろうか。
    人として正しい道をたどる、という事が、こんなにも困難を伴うものだとは・・・。
    事実、こういった人は、当時多くいたことでしょう。
    私たちが平和を謳歌することができるのは、おぞましく耐えがたいものを目の当たりにした人たちが礎となったから。
    今を生きる私にできるのは、その事実を受け止める事だけ。
    でも忘れずにいるということは、一つの力になると思うのです。
    今の時代を薄っぺらく感じる人がいたら、ぜひこの作品の中に描かれた苦悩を読んでみてほしい。
    生きるってどういうことか、考えるヒントがあると思うから。

    ラスト間近、小指が切り取られた手のひらで、鳴神が八木沢の鼓動を確かめ続けるシーン。
    気がつかないまま読み進めてしまったのだけれど、少し先になって急にあることに気がついて号泣。
    自らのルールを守り切って、彼が最後に辿りついたもの。
    それが、〈平穏〉であってほしいと願います。

  •  あの異常すぎる状況下でも、鳴神中尉の部下を大切に思う気持ちは最後までぶれませんでした。でも姫山軍曹の忠誠心が変わらないことが不思議に感じました。もちろん、上下関係も最後まで崩れることはなく、この二人に従う八木沢一等兵はどれだけ心強いだろうと思っていたら、この結末。
    とてもやり切れないです。
    「私は死神ではなかった」という中尉の言葉が心に突き刺さりました。
     最後まで本を握りしめるように読んでいましたよ。ハードカバーなので痛かった……でも痛いと思ったら申し訳ないと思わせる内容でした。

     戦争小説を出版し続けている古処さん。この作品は特に難しい題材に挑まれたんだと思いました。一般受けはしないだろう‘戦争’をここまで固執して書かれる理由はなんでしょうか。
    でも、古処さんにはこれからもずっとこの題材に挑み続けて欲しいです。

  • 漢古処が大好きなんですけど。
    第二次世界大戦小説では、ピカイチだと思っております。
    フィクションでしかありえないのに「、臨場感があるというか…戦争の現場の哀しさが溢れていて、毎度泣かされているんですけど。

    これも、戦争(の現場)にルールはない、ただ殺し合うとか、敵に恐怖するとか、生の感情が行き交うのみなのだと思い知らされます。
    統治者から見れば、戦争も外交手段の一つなのかもしれませんけど、最前線の現場はそんなものじゃないということですよね。

    逃げたって良いと思う。生きていた方が良い。殺し合うよりはずっと良い。

  • 戦争モノです。
    内容としては悲惨なのですが、それを強調するような描き方ではなく、淡々とした印象で、読むのが苦痛という感じはありません。
    読後にタイトルはこれしかないな、と思わせるような作品です。

  • 勝利≠飢餓。

  • 太平洋戦争の、一番深く、悲惨な部分を見るような作品。
    読むのに勇気が必要だが、読んでよかったと思う。
    これを読んだら、いかに戦争が残酷なものかがわかる。
    人間から尊厳を奪い、人であることのルールすら、奪う。
    深くエグい部分が胸に突き刺さる。

  • 2010 5/16読了。つくば市立中央図書館で借りて読んだ。
    友達がずっと好きだと言っていた小説。
    5年前から読もうと思っていて、やっと読んだ。

  • 戦争モノのミステリー。 最後のインパクトが薄い気がするが途中の描写や心の葛藤が凄すぎるので最後が霞むような感じかも知れない。

全24件中 1 - 10件を表示

古処誠二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
古処 誠二
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
ZOO
乙一
古処 誠二
小野 不由美
伊坂 幸太郎
古処 誠二
有効な右矢印 無効な右矢印

ルールに関連する談話室の質問

ルールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルールを本棚に「積読」で登録しているひと

ルールの文庫

ツイートする