鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

  • 671人登録
  • 4.11評価
    • (38)
    • (39)
    • (16)
    • (4)
    • (1)
  • 42レビュー
著者 : 川上和人
制作 :                      
  • 新潮社 (2017年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103509110

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
辻村 深月
三浦 しをん
宮下 奈都
皆川 博子
有効な右矢印 無効な右矢印

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。の感想・レビュー・書評

  • テンション高めの文章と畳かけるおやじギャグに目がくらんで、なかなか内容が頭に入ってこない。いにしえのテキスト系サイトだと思うとしっくりくる。

  • 面白い。古今東西のネタを縦横無尽に織り込んだ文章がまず目を引く。だんだん慣れてみると、軽妙な文章だけでなく紹介されている知識やものの見方自体がそもそも興味深い。
    キョロちゃんが実在の鳥ならどんな生態か?同じ場所に似た種類の鳥が住んでいると、交雑しないために目印を持つように進化したりする…等、等。孤島に侵入した外来種の駆除に関わる努力は、以前読んだこの本[http://booklog.jp/item/1/4163900810]にも通じる。
    予算やマネジメントの締め付けがきつい昨今、学術研究を「面白い」と語ることがなにか憚られるかのような世の雰囲気があるけれども、面白さを伝えてくれることもひとつの社会貢献。

  • ネットで見かけて。

    笑えた。
    どらえもんやガンダムや迦陵頻伽、昔話なとが、
    絶妙なタイミングで飛び出てきで、みぞおちを突かれる感じ。
    だんだん慣れてきて、この角で秋元康が来るな、と思っても、毛利元就だったりとか。

    とはいっても鳥類研究の話も面白かった。
    ズクロミゾコイの調査をしていて、その声に似ている牛舎の前にたどりついたり、ホンダのバイクの後ろにいたことがあるとか。
    環境保護地域の南硫黄島への調査に向かうために、一週間前から種子のある果実は食べず、道具はすべて新品を用意し、クリーンルームで準備をして、地域外の動植物をもちこまないように気をつけたとか。
    ボルネオ島の研究対象地がコーヒー農場や違法な石炭採掘場になってしまったとか。

    こういうタイプの本は、最初飛ばしても、最後に失速してしまうことが多いが、最後まで美味しかった。
    そういう意味では、最後までアイスクリームがつまっている抹茶パフェというべきか。
    チョコパフェほど甘くはない。
    抹茶アイスとか生クリームとか抹茶シフォンとか白玉とかあんことか、それぞれ美味しい鳥ばなしがてんこもり、そこにアクセントが効いてる感じかな。
    でも、そのアクセントは、例えるなら何だろう。
    コーンフレークじゃないとは思うんだけど…。

  • 初っ端からエンジン全開で梅干しと酢豚のパインへの愛憎を語り、絶妙なタイミングでサブカルネタを繰り出す海千山千最強の理系蛮族にして鳥類学者川上和人。
    彼のグイグイと読ませる文章が、我々を火山や絶海の孤島に生きる鳥たちの世界へと誘う。

  • タイトル詐欺っぽい感じだな~という予感はしていたが、やっぱり鳥好きでなくちゃやってられんだろう!という学者生活を、サブカルてんこ盛りな文章で綴ったエッセイというか何というか。
    そこでコレを!自由過ぎだろ!って脱線が多くて久しぶりに吹いた。友達だったら飲んで話を聞くの面白いと思うけど、自分の夫や父だったらちょっと冷たくあしらっちゃうかもー、というヘタレで甘ったれ。

  • ユーモアと知性は隣り合わせ。タレント学者の本と違って説得力ある。

  • 溢れ出る盆暗感。おもろすぎる。

  • 文章のセンスは森●の下位互換といったところだけど薀蓄や体験談など内容自体はそこそこ面白い

  • 鳥類学者が書いた本。本の中で有名な鳥類学者というとジェームズ・ボンドぐらいしかいないと書かれていたが、有名で本を書く鳥類学者と言えばジャレド・ダイアモンドがいる。著者は日本のジャレド・ダイアモンドになれるのだろうか。芸風が違うけれども。

    内容としては、何か一つのテーマを深掘りするというわけではなく、独立した小さい話を集めたものとなる。中にはチョコボールのキョロちゃんの生態を鳥類学者の視点から考える、というのもある。タイトルの通り、鳥そのものよりも鳥類学者を知ってもらうという本なのだろう。

    それにしてもマンガ・アニメのネタが随所に盛り込まれている。一般向けに生物の本を売るにはこういったネタが必須なのだろうか。それとも生物学者にオタクが多いだけなのか。

  • <書きかけ>
    ・ハードモードなフィールドワーク。
    ・マニアックなことをライトな層がゲラゲラ笑って読めるようにする文章力。飽きさせず、緩急つけるテンポがいい。
    ・学者って頭おかしい(褒め言葉)
    ・鳥にほんのちょっと興味が湧いた、、

  • 『関東の「カール」も食べつくされるのか ある島のカールを食べつくした危険な学者』

    デイリー新潮社会面にて2017年7月13日に掲載された記事のタイトルである。
    「カール」は製菓大手の明治のスナック菓子のことであり、ここで「危険な学者」などと危険外来生物扱いされているのは、鳥類学者の川上和人氏。本書の著者。
    その第五章でカール好きを公言し、それゆえフィールドワーク先の小笠原諸島の商店で売っているカールを食べ尽くしたことを告白、しかも小笠原は商品を積んだ船が6日に1便しかないため、次の入荷まではしばらく待たなくてはならない状態に。

    “自分も困るが、地元のカール中毒の皆さんになんとお詫びすれば良いのだろう。島の大切な資源を食べ尽くすなんて(p000)”

    普段こんなことばかりやっていて、こんなネタで記事にされたりしているが、先生は素晴らしい仕事をしている鳥類学者…だと思う。
    研究室内でデスクワーク…というイメージが強い研究者だが、その実、研究対象が生き物となると、対象の生息する無人島へ上陸したり、その調査地に溶岩が押し寄せたり、はたまた断崖絶壁を登ったり、蛾が耳の中に入って七転八倒したり、酔っ払って転倒して顎を強打したり(これは先生が悪いね)、土方焼けに苦しんだり……と、過酷なフィールドワークの日々を過ごしている。
    それと外来生物の問題、生息地域の消失、希少種の保護、そして新種の発見や命名などについてを、ちょいちょい笑いのネタを挟みながら鳥類学の論点や研究過程を紹介するエッセイ集。

    さて、カールもいよいよ、8月生産分をもって全国販売を中止。西日本地域に限定されてしまう。
    どうするの、川上先生!?

  • 今一つ読みにくい。内容はそれなり。
    2017.7.30

  • うざい。
    余計な情報、無駄な言葉遊びが多すぎて読みづらい。
    雑誌の連載記事をそのまま1冊にしたから?こんなものかね?

    ラジオ番組に著者が出演しているのをたまたま聞いて興味を持って読んだのだが、鳥の話が素直に頭に入ってこなくて、実にもったいない。
    同じ人が書いた、より専門的な本の方が面白く読めるかもしれないので探してみる。

  • そこらへんにある生き物たちには
    全て意味がある
    それを知らなかったからといって
    どういうことはない
    でも、その一端を知ることは
    なんだか 素敵な気持ちにさせてもらえる

    鳥類学者としての造詣に裏付けされた
    軽妙洒脱な文章によって
    素敵な気持ちにさせてもらえました

    鳥取環境大学の小林朋道センセイがお好きなら
    大好きな「生き物」エッセイでしょうね

  • その道の研究者って「読ませる」人多いよなあ、とあらためて思う。
    特に鳥に興味があるわけでもないのに、読んでしまった。

    鳥と人間は二足歩行…確かに…

  • マイナー生物学者の日々の過ごし方をおもそろおかしくエッセーとして綴る。
    社会の直接的な役にはあまり立たないが、研究対象としては今日類とのつながりや体の複雑な作り、飛ぶという独自の機能を生かした様々な行動パターンが面白い鳥類。

  • 軽快な文章。正直、もうちょっと真面目な鳥類学エッセイかと思ったら、そんなことは全然なかったぜ!
    感想は、「入院中で暇してる&気分が塞いでる友人に贈りたい感じ」。

    文のいたるところに散りばめられるサブカルネタ。90年代初頭がメインか。ジョジョとのび太とナウシカが多めなので、知っていた方が面白く読める(はず)。知らなくても無問題。

    あと、そんな使わねえだろという漢字や単語にルビがない。本や文章を読み慣れていない人は読むのがキツイかもしれない。

  • いちいち挟まれる小ネタが面白く、他の著書も読みたくなった。

  • 内容も文章も面白かった。鳥類学者の実態から縦横無尽に繰り出されるネタから幅広く。サブカルネタも多かったけど、詳しい人は世代なくついてこられるんだろうけど、こちらは浅くしか知らないのでこういう時同世代で得。
    それとは別に調査で入った島の◯◯の死体××いっぱいの口の中。下手なホラーより怖すぎる。

  • 鳥類学者のエッセイ。新潮の雑誌の連載をまとめたもの。
    コミカルな文章で、鳥類の生態、自然科学者、進化について小ネタ的知識が得られる。

  • ずーっととぼけた文章である。妙に頻出するのび太。著者もきっとのび太的なんであろう。
    ネタが分かりすぎるので同世代かと思ったら少し上であった。イカした1973年生がまた増えてしまった。

  • 前評判通り、めちゃくちゃ面白い!
    1つの大事なことを伝えるためには3つ以上のしょうもない話をする、って決めてるのか?
    いや、もうそのしょうもない話が面白くて面白くて大事なメインの話はなんだっけってなっちゃうくらい面白い。ネタも豊富だし文章もうまいし、とにかく読ませる。
    そして元はやはりまじめな学者なんだろうね、しょうもない話に埋もれているような気がしていた大事なことがしっかりと頭に残っているではないか。読んだ後に鳥類への興味ががぜんわしわしとわいてくる。
    今年の「勝手に課題図書」に入れるべきだった。

  • はじめに、或いはドモダチヒャクニンデキルカナ
    【鳥類学者には、絶海の孤島がよく似合う】
    《わざわざ飛ぶ理由がみつかりません》
    やれるものならやってみたまえ / 空席があるならくつろぎたまえ / 必要なければやめたまえ / そろそろ、交替したまえ
    《火吹いて、地固まる》
    1Q73 / 絶望に一番近い島 / 行こう、行こう、火の山へ
    《最近ウグイスが気にくわない》
    オノマトペ / 告発 / 侵攻
    《帳と雲雀のあいだに》
    寝ない子ダレダ? / 耳をすませば / 仄暗い穴の底から
    【鳥類学者、絶海の孤島で死にそうになる】
    《南硫黄島・熱血準備編》
    鳥類学者は南をめざす / 知人者智 自知者智 / 宇宙の海はおれの海
    《南硫黄島・死闘登頂編》
    カフェ・パラ / 雨に唄えば / 白玉楼中の鳥
    【鳥類学者は、偏愛する】
    《筋が通れば因果は引っ込む》
    風になれ / 骨まで愛して / 目的は結果についてくる
    《それを食べてはいけません》
    ヤギさんからの贈り物 / ヤギが吹けばネズミが儲かる / 現実的大科学実験
    《赤い頭の秘密》
    まずは友達から始めよう / 次は宿敵と手をつなごう / 赤は血の色、黒は罪の色
    《カタツムリスティックワンダーランド》
    聖なる嫌われ者の活躍 / 冷たい目で見ないで / 翼を持たないフェニックス / 果実となるか、種子となるか
    【鳥類学者、かく考えり】
    《コペルニクスの罠》
    陽気なネズミが世界を回す / ヒトは回して追い抜いた / 自分でするのはイヤなのです / きっと幸せはそばにある
    《二次元妄想鳥類学事始め》
    脳内講座の始め方 / そこに趾があるから / 信じても救われるとは限らない
    《冒険者たち、冒険しすぎ》
    ガンバりすぎ / 招かれざる賓客たち / 悪党のパラドクス / 海を泳ぐネズミ
    《シンダフルライフ》
    擬似の科学 / 死にたくなければ死んだふり / 不死鳥伝説の正体 / ウソカマコトカ
    【鳥類学者、何をか恐れん】
    《熱帯林の歩き方》
    はじめに言葉あるべし / 拝啓、南の森の日常 / 諸行無常の響きあり
    《エイリアン・シンドローム》
    世界の国からコンニチハ / 闘え在来種防衛軍 / 自分を信じちゃいなよ
    《となりは何をする人ぞ》
    みなさんのおかげです / 本当は昔から好きでした / 第三の男
    《恐怖! 闇色の吸血生物》
    戦慄! ヴァンパイアの接吻 / 登場! 怪傑黒マント / 真実! 吸血鬼の裏腹
    【鳥類学者にだって、語りたくない夜もある】
    《素敵な名前をつけましょう》
    冒険の始まり / 一生の不覚 / 後の祭りの後始末
    《非国際派宣言》
    誰か嘘だと言ってくれ / そうだ、島に行こう! / 第一種接近遭遇
    《林檎失望事件》
    裏切りの果実 / 色彩の魔力 / 見かけ倒しじゃありません / 誰がために色は咲く
    《ダイナリー・イン・ブルー》
    パーフェクト・アニマル / ファミリー・ツリー / ミステリアス・ライフ
    おわりに、或いはカホウハネテマテ

  • 新潮の雑誌で連載されていた、鳥類学者によるエッセイ本。文章力ありすぎるだろ・・・気を抜くとネタを突っ込んできてしかも特に説明がないので、変な方面へのリテラシーが時々求められるけど、なくても面白い。
    適当なことばっかり言っているけど研究には真摯らしいところ、でも研究テーマ自体は超受け身に選んでいるところが親近感が湧く。他の著作も読んでみよう。

全42件中 1 - 25件を表示

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。を本棚に「積読」で登録しているひと

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。の作品紹介

出張先は火山、ジャングル、無人島……センセイ、ご無事のお戻り、祈念しております。必要なのは一に体力、二に体力、三、四がなくて、五に体力?! 噴火する火山の溶岩、耳に飛び込む巨大蛾、襲い来るウツボと闘いながら、吸血カラスを発見したのになぜか意気消沈し、空飛ぶカタツムリに想いをはせ、増え続けるネズミ退治に悪戦苦闘する――アウトドア系「鳥類学者」の知られざる毎日は今日も命がけ! 爆笑必至。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。はこんな本です

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。のKindle版

ツイートする