風が強く吹いている

  • 5383人登録
  • 4.40評価
    • (1882)
    • (730)
    • (541)
    • (20)
    • (10)
  • 1301レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 新潮社 (2006年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104541041

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

風が強く吹いているの感想・レビュー・書評

  • 心は、一緒に駆け抜けた!
    大手町から芦ノ湖へ。そして、芦ノ湖からみんなの待つ大手町へ。

    すごいなぁ!どうがんばっても体育の通信簿は3で
    校内マラソン大会が怖ろしくてたまらなかったこの私に
    竹青荘のみんなと一緒なら(特に、ハイジが一緒なら♪)
    走ってもいいかなぁ。。。と思わせてしまう、この感動!

    「つきあわせてすまなかった」ではなく「ここまで一緒に来てくれて、ありがとう」と
    心をこめて訂正するハイジに「合格」とつぶやく王子も

    練習では、個性的すぎてともすればぶつかりがちなメンバーを穏やかに宥め
    花の二区を7人抜きでしなやかに駆け抜けたムサも

    これまでずっとお互いがお互いの目標だった双子の弟が
    走ることで新たに見出した世界を、一縷の淋しさを抱えながら応援したいと願うジョータも

    よりによって襷を渡された瞬間に、葉菜ちゃんの気持ちを知って
    「好きなら走れ!」という走からの伝言そのままにハイテンションで走るジョージも

    ムサと共に穏やかにチームを支える存在であったのに、本番で体調を崩し
    高熱と頭痛で意識も朦朧とする中、山登りのきつい5区を走りぬいた神童も

    再婚した母と、その夫と、半分だけ血のつながった幼い妹の予期せぬ応援に
    それまで抱いていたわだかまりを解いて雪道を跳ぶように駈けるユキも

    禁煙し、ダイエットに励み、自分の体質に絶望して一度はやめた陸上に再び挑む中
    勝つことではなく、信頼とつながりのために走ることの喜びを知ったニコチャンも

    無駄に高いプライドに邪魔されて、誰とも深く交われない自分が
    駅伝という夢を一緒に追い、仲間と濃密な時間を過ごせたことに感謝して走るキングも

    「俺にとっての最高のランナーは、きみしかいない」というハイジからの言葉を胸に
    淋しく孤独な走りから解き放たれ、自分以外のだれかを恃む尊さに心震わせながら
    藤岡が出した区間新記録を1秒でも塗り替えてハイジに襷を渡すために駈ける走も

    竹青荘の10人目を辛抱強く待ち続け、あらゆる努力を払って準備を整え
    ほとんど素人同然のメンバーひとりひとりの心に寄り添い、練習に心を配って
    完治していない古傷を抱えながら最後の10区を魂を込めて走り切ったハイジも

    みんなみんな、あきれるほどひたむきで、美しい。

    ハイジ♪ 竹青荘のみんなと一緒に、私にも頂点が見えたよ!
    そして、きっちりシード権を獲って、
    次の世代にまで襷をつないだ10人に、乾杯♪

  • 読了後の爽快感は例えようもないほどです。

    しをんさんが綴る言葉の一つ一つが
    燦々と輝き、キラキラと舞い降りて
    言葉で表現出来ないくらい感動しパワーをいただきました。

    ただひたすらに走り、10人で
    たすきを繋ぎ、タイムリーなことに
    箱根駅伝放送を見ながら、この本を読んだので
    時間と自分という見えないものとの戦いに
    私は「走る=生きる」と感じました。
    そして知らず知らずのうちに涙が…。

    大きなキラキラしたエネルギーの塊な本だと
    思いました。

    疾走感、爽やか、爽快感、気持ちのいい本です♪
    ありがとう。

  •  昨日図書館で借りたこの本を読み終わって、気づいたら本屋でこの本を買っていた。
     多分、この作品は私にとっての2012年上半期ベスト本になると思う・・・

     箱根駅伝って、陸上のエリート中のエリートの、そのまた選ばれたエリートが走る場所だと思ってた。才能あふれるアスリート大学生がちょろっと努力して、そんでもってプレイしてる、そんなイメージだった。でも、そんな彼らだって、この10人のように、血を吐くくらいの努力をして辿りついた地なんだろうな。私は今まで間違った認識を持っていた。それに気づかされた。

     個人的には、復路のユキ、ニコチャン、キングのくだりが一番泣けた。彼らはこの箱根駅伝を最後に長距離をおしまいにする。理由はそれぞれだけど、彼らは走りながらハイジや走や青竹荘の面々に感謝の意を表す。もう、そのくだりが泣けて泣けて・・・今思い出しても泣けるくらい・・・

    ユキ(第6走者 山くだり区間)「走、お前はずいぶん、さびしい場所にいるんだね。今日でおしまい。だけど最初で最後にこのスピードを味わえてよかった。」
    ニコチャン「走のように、選ばれ祝福されたランナーになりたいものだと、ニコチャンは心から願ったが、それは果たされるべくもない望みだ。でも、まあいいじゃねえか、とニコチャンは思う。選ばれなくても、走りを愛することはできる。抑えがたく愛しいと感じる心のありようは、走るという行為がはらむ孤独と自由に似て、ニコチャンの内に燦然と輝く。それを手に入れられたのだから。」
    キング「俺は、こんなに、だれかと濃密に過ごせたと思ったことはなかった。一緒に、心から笑ったり怒ったりしたことはなかった。たぶんこれからもないだろう。ずっとあとになって、俺はきっと、この一年を懐かしく思い返す」
     
     うつくしくきらきらした彼らと寄り添えて、私は本当に幸福だった。こんな私も、きらきらと永遠に輝く、とても大切なものを少しだけもらえたと思う。彼らと同じような思いを味わえるなら、それがたとえつらく苦しい日々であったとしても、耐えて乗り越える価値はあるのだと思える。

  • 間違いなく生きてはいるのだけれど。

    実際に、
    「今、生きている」事を実感している意識って、
    私の場合、特に無いな。と感じてしまった。

    無意識に繰り返す呼吸。
    規則正しく、心臓に負担かける事もなく、
    穏やかに、
    心地よく、
    まるで、息をしている事を忘れなさい、なんて
    暗示をかけられているか、のごとく。

    だから、
    彼らの走りを傍観していて、
    いろんな意味で胸が苦しくなった。
    いつもの呼吸が激しく乱れた。

    走る事に何の意味がある?

    チームの為に、死力を尽くさなければならない理由とは何?

    走らなくても
    人は生きていけるのに、

    何故、彼らは10人がそれぞれの区間に、
    何もかもを注ぎ、次のランナーへと托す襷に全てをかける事が出来たのか?

    「俺は知りたいんだ。走るってどういう事か。」

    心が体をどうしようもなく、突き動かす事がある。
    それは、一体何故だろう?
    どこから沸いてくる思いだろう?

    人によって、心にふつふつと芽生えるそれは
    全く異なるとは、思うけれど。

    疑わず、その芽を摘まず、
    心の赴くまま、目の前に現れた「道」を
    ひたすら突っ走ってみよう、と、決めた彼らのほうから、
    強く風が吹いてくる様な気がした。

    それは、間違いなく「生きている」事を実感させてくれる風であった。

  • 長距離という、永遠に独り孤独な道を走っていく。
    目的は、人それぞれの思いを秘めて。


    箱根駅伝に対する気持ちが、だいぶ変わってきた。

    走るとは何か・・・それを追求し、愉快な仲間と夢の箱根を目指す!!
    努力は、無駄ではない。実る!ことを、実感させられた。

    ハイジさんと、走(カケル)とのコンビが素敵です♪

    図書館で借りた本なので、人生で迷った時悩んだ時に再読したいため購入を検討中(笑)


    -追記-
    思い切って、買ってしまいましたヽ(^o^)丿

  • 新春1冊目。明日からの箱根駅伝前に読み終えようと、一気に読了。面白かった!!なるほど、10人分を一人ずつ丁寧に描ける「駅伝」ってかなり特殊だけど面白い題材だ。

    山口晃が描く表紙絵が秀悦過ぎる。山口晃節で描かれる登場人物たち。細かく見ると、この物語を一言で表していて、読了後に見るとまた面白いです。文庫本は残念ながら(絵が小さくなりすぎて分からないから!?)、表示絵が違うので要注意。

    なんとなく、コースも頭に残っているうち、明日からの箱根駅伝は楽しく見れそう♪。

  • 箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。たった十人で。それぞれの「頂点」をめざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた書下ろし1200枚!超ストレートな青春小説。
    「BOOK」データベース

    青春とはこういうことなのだなぁ.
    よくもここまで細かな心理描写ができるものだと思う.作者は箱根駅伝どころかマラソンもしないだろうに、下調べやインタビューなどからここまで書けるのだろうか.筆者の妄想力に脱帽する.
    メンバーの中に素晴らしい才能の持ち主がいたとはいえ、走り始めて1年足らずの素人が箱根駅伝で大活躍するなんて夢物語かもしれない.でも、この本を読んでいると、途中から単なる夢物語で終わらない予感のようなものを感じるようになるのだ.
    もしかして、もしかして.時にぶつかりながらも絆を深めていく10人に、いつしか期待を膨らませている自分を発見する.

  • 映画DVDを見てから感想を書きたかった。
    子供に勧められて手にとった本。
    今年読んだ一押しの作品のように思える程、感動した。
    一人一人の性格や情景や息遣いまでを感じられる素敵な作品でした。
    以前は走る事が大好きだったが、今は走れない体となったけど、読んでいて一緒に走ってる感じを受け頑張る力を頂いたような気がする。
    お正月の箱根駅伝の見方も変わるだろうな!きっと「ガンバレ!」と声援おくることだろう。
    来年も素敵な本に出会えますように・・・。そして、ありがとう!

  • 素晴らしい!!
    10人の登場人物が生き生きと描かれ、10人だけで箱根駅伝に挑戦する姿に深い感銘を受けた。
    チーム結成から練習、記録会、予選会までの中盤はユーモアのある描写で、サクサク読め、それぞれの人物に感情移入も出来る。
    駅伝本番を描いた中盤以降は、ページをめくるたびに涙が頬を伝った。本を読みながら涙を流すことは稀なのだが、大げさでなく本書ではページをめくるごとに涙が出てきた。
    読後感もいうことなし!!

    誰かにお薦めの本を訊かれたら、迷わず本書を挙げたい。
    遠く何年も前に置き去ってきた「輝き」のようなものを思い出させてくれる一冊である。

  • 装丁がすごくよかった!本を読みながら何度も見てしまった!初めは江戸時代的な装丁だなぁ…とあまりよく思っていなかったのに(笑)

    一人一人のキャラがたっていて、現実的にはまぁありえないことだと思いつつ、すごくリアルに感じられたのは、描き方が繊細で一人一人の心情が伝わったからかなぁ。
    何の分野でも秀でた人への羨望や嫉妬、自分の劣等感は出てくるし、そこから純粋に頑張ることができるかどうかって、いくつになっても難しいなぁと思ってしまう自分にとって、学ぶことも多かったなぁ。
    そして走のように走りたい!という衝動に刈られる!

  • 素人集団が箱根駅伝を目指す!?
    コンビニでパンを万引きし、ひたすらに駆ける蔵原 走(カケル)。
    彼の走りに魅了され、自転車で追いついた清瀬 灰二(ハイジ)。
    ――「走るの好きか?」
    かくして案内されたアパート「竹青荘」。通称・アオタケの住人十名が、箱根駅伝で「それぞれの頂点」を目指す青春小説。

    マラソンやジョギングはまとめて苦手な私ですら、読んでいて疾走感を味わえた。ビルや道の端が、すごいスピードで後ろに遠ざかっていく心地よさ。癖になる。
    竹青荘(通称あおたけ)の十人も個性的にして魅力的。
    車道の脇から全力で応援したい。

  • 瀬尾まいこさんの「あと少し、もう少し」を読んだら、無性にこれも読みたくなって、ずいぶん久しぶりの再読。駅伝チームがどうなるか知ってるのに、最後までハラハラしながら一気に読んでしまった。

    思えばこれでしをんちゃんにはまったのだった。今読むと、しをんちゃんがすごーく楽しんで書いたんだろうなあと思える。いや、もちろんこれだけの疾走感を持った陸上小説を書くには大変な苦労があったんだろうけど、それとは別に、一人一人のキャラクターを作っていくのなんか、きっとウヒウヒ楽しんだに違いない!それぞれの味わいがあってとてもいい。私は神童が結構好き。

    それはそうと…、最初にこれを読んでからしばらく熱心に箱根駅伝を見てたのだけど、ここのところちょっと見るのがつらくなってきた。過熱ぶりについていけない。あんなに選手をスター扱いしなくても…とか、余計なことを色々考えてしまう。ま、結局見て、目頭を熱くしてるんで、えらそうなことは言えませんが。

  • できすぎ感はあるけど、読んでて前向きになれる。
    そして、走り出したくなるし、自分も走れちゃうかも!?と思わされる…実際、ジョギング始めた。

  • 今年も箱根駅伝を見て、思わず涙があふれました。いつも「なんで駅伝を見ると心がざわざわと揺り動かされ涙があふれるのか?」と思っていたのですが、この本を読んで「あぁ、選手の走りがきれいだからか。」と納得しました。

    清瀬くんがいいセリフを吐きまくってます(笑。弱小の陸上部が箱根駅伝出場を目指す話で、表紙や裏表紙をよく見ると、話の内容の情景がうっすらと書かれていてぐっとなりました。

    いいなぁ~こんな青春。たった1年の激走でしたが、ページをめくる手を止められませんでした。駅伝をいつも見てる人にも、見たことない人にもお勧めしたいです。

  • この時期になると、必ず思い出す作品。

    駅伝なんて、まるで興味がなかった。
    そもそも自分が持久走が大嫌いだし、
    観ていても時間が長いし、
    いつもお正月はほかの番組が見たかった。

    自分が大学生になったとき、
    ふと駅伝の選手が同学年と気付いた。
    少し観てみようと思った。
    前よりおもしろかった。

    そんな中、この本を読んだ。

    涙が止まらなかった。

    出場ぎりぎりの人数でしかもほとんど素人。
    そんなメンバーひとりひとりを正しく捉えて、
    着実に駅伝出場への道を開拓するハイジ。

    10区間それぞれに、10選手それぞれのストーリがある。
    10区間それぞれの道と、10選手それぞれの走る意味がある。
    10人誰が欠けても襷がつながらないことを痛感させられる。

    だから今年も駅伝を観ていると、時々泣きそうになる。

  • 小・中・高と、学生の時は
    陸上部に入っている人の気持ちが
    分かりませんでした。

    「一人で走ったり跳んだり投げたり
    して楽しいのかな。」
    そんな感じで運動場の横をみてました。

    10人で箱根駅伝を目指す物語です。
    非現実的な感じもしますが、
    走ることの楽しさ・苦しさ・奥深さを
    感じさせてくれる小説だと思います。

    速く走るのではなく強く走る。
    そんな感じで書かれている文章が
    印象的でした。

  • おもしろかった。ほんっとおもしろかった。
    私は駅伝なんて全く興味が無く、
    正月の箱根駅伝でさえチャンネルを変えてしまう。
    走るのも素人、走るのを見るのも素人やからこそ楽しめたのかも。アオタケの人達同様ゼロからのスタートやったから。
    三浦しをん=BLっていうイメージがあるので、
    所々これって…?って勘ぐりたくなる部分もあるけど、
    それもまたひとつの楽しみ方なんかな。
    予選会で泣かされ、箱根では最後まで泣かされっぱなし。
    ゴールしてほしいけどゴールしたら終わってしまう。
    読み終わりたくないと感じた本は久しぶりやった。

  • 私は、同じ本を何度も繰り返して読む、という人や、そのこと自体に憧れている。
    以前の職場の同僚に、何度も読み返す本はありますか、と尋ねたところ、この本だと教えてくれた。
    箱根駅伝をテーマにした本だということは知っていたので、読む時期を待っていた。

    1区  王子
    2区  ムサ
    3区  ジョータ
    4区  ジョージ
    5区  神童
    6区  ユキ
    7区  ニコチャン
    8区  キング
    9区  走
    10区 ハイジ

    30日に少し読み、31日の夕方から1日の3時までは、ほとんどずっと読んでいた。
    表紙と標題紙から、どんな登場人物がいて、どんなことが起こるのか、が伝わってくるようだ。
    登場人物がみんないい味を出している。
    私はなかでもハイジが好きだ。
    あんなに強い人がいるんだろうか、とほれぼれする。
    アオタケのみんなの思いも、箱根駅伝の場面で丁寧に描かれている。
    切実だと思うと、ばかげていたりするのが、人間らしい。
    言葉であらわせるものと、あらわせないものがあるということを、再確認した。
    言葉ではあらわせなくても、伝わる思いがたしかにあるという。
    「走るという行為は、一人でさびしく取り組むものだからこそ、本当の意味でだれかとつながり、結びつくだけの力を秘めている。」
    読んでいて、共通点が二つあり、とても嬉しかった。
    20代のうちにマラソンに出場したいと宣言したものの、シューズも買っていなかった。
    いよいよ!

  • 無名の弱小大学が箱根駅伝に挑戦する。
    バラバラだった10人の心がつながっていく。でも一つになることはない。それでいいのだ、とこの本は説く。

    箱根駅伝は、正月に欠かせない行事だし、自分でもよく見る。カミさんからは、「ただ走っているだけなのに、どこがいいの?」と言われながら。
    これまでは、それに答えられなかった。でも面白い。なぜだろう。

    この本の、駅伝の最中に語られる各人の思いを読んでいると、何となくその答えが分かったような気がする。

    表題のフレーズ「風が強く吹いている」は、とてもいいところで使われていて、グッとくる。

  • まず表紙が楽しくて暫く眺めてしまいました。新たな人物が登場する度、表紙に戻り確認しながらの読書となりました。ハイジやユキ、王子などネーミングも楽しい。マラソンだけは向かないと日頃から思っている私でさえ、走るっていいかも♪ 風をきって走ってみたい♪ と思わせてくれます。箱根駅伝の前に読むつもりでしたが、間に合わなくて残念でした。 箱根を走ったそれぞれのチームにもいろいろなドラマがあったのだろうと思うと感動も一入です。

  • アオタケの皆が個性強すぎてもうなんだか、目に浮かぶようです。竹青荘での暮らしとか、酒盛りの風景。あと、バンでの一騒動も!笑

    それぞれが走ることで自分の気持ちと向き合い、光を見出していく姿に心を揺さぶられました。

    箱根駅伝に全くと言っても良いほど興味が無かった私ですが、今年はTVで、お節でもつまみながら見てみようと思いました。
    この日に読み終えたのも、きっと何かの縁あってのことでしょうから(*^^*)

    2014.01.01

  • 半分以上がマラソン初心者というメンバーが1年程度の練習で箱根駅伝に出場しシード権を得る走りを見せた。

    マラソンってテレビで見ていても全然面白くないと今まで思っていた。が、しかし、本書は面白かった。直球ど真ん中のセリフが全く不自然ではなく、むしろ涙が出そうになった。

    来年は箱根駅伝見てみようかな。

  • マラソンを2時間じっと見ていることはできなくても、毎年、正月になると箱根駅伝を10時間見続けることは出来ます。別に母校が出ているわけでもないのに、ひたすら走り続ける姿を見ていられる、そんな魅力が箱根にはあります。ありえない話とわかっていても、そんなこと関係ないと思わせるぐらい、それぞれのランナーの思いが息遣いまでが聞こえてきそうなほどとてもリアルで、襷が繋がっていくその姿に涙がこぼれそうになります。すがすがしく、そして箱根駅伝の魅力がいっぱい詰まった、陸上ファンにはたまらない一冊です。

  • 最高でした。

    箱根駅伝がこんなに感動的でドラマチックなイベントであることに気づかずにいた事が悔やまれるくらい。

    1区から10区、10人すべてに何かしらの共感を覚えて愛しくなり、ただひたすら心の中で懸命に旗を振り続けた。
    途中から涙が込み上げてばかりで困った、、、

    経験した人にしか分からない究極の世界。
    箱根の神に選ばれずとも、本書を読んで共に体感出来た(ような気分になれた)ことに感謝。

    躍動感、疾走感 、興奮冷めやらずで、読了後も気持ちが熱いままです。

    竹青荘の皆が好きになりすぎて、エピローグに進むのがつらかったくらい。

    私も、頂点をみなと一緒にみれたかな。
    遠い昔の自分を思い描いて。

  • 娘と一緒に読みました。箱根駅伝に参加するための長い根回し、説得、交渉、計算。夢の実現には、技術も根気もコミュニケーション能力も運も時間も全て使えるものは使いまくることが必要なんですな。これ読んでから、お正月の箱根駅伝がさらに面白く見られるようになりました。

全1301件中 1 - 25件を表示

風が強く吹いているに関連する談話室の質問

風が強く吹いているに関連するまとめ

風が強く吹いているを本棚に「読みたい」で登録しているひと

風が強く吹いているを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風が強く吹いているを本棚に「積読」で登録しているひと

風が強く吹いているの作品紹介

箱根の山は蜃気楼ではない。襷をつないで上っていける、俺たちなら。才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。たった十人で。それぞれの「頂点」をめざして…。長距離を走る(=生きる)ために必要な真の「強さ」を謳いあげた書下ろし1200枚!超ストレートな青春小説。最強の直木賞受賞第一作。

風が強く吹いているの文庫

風が強く吹いているのKindle版

ツイートする