0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる

  • 1219人登録
  • 3.47評価
    • (37)
    • (141)
    • (151)
    • (27)
    • (8)
  • 128レビュー
  • ダイヤモンド社 (2015年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478029060

0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できるの感想・レビュー・書評

  • ・子供のように柔軟に、0ベースで思考することが、真実にたどり着く。
    ・課題を捉えるときは、小さい(具体的な)ほうがいい。
    ・一般通念はたいてい間違っている。
    ・問題設定を間違えると答えも間違える。

  • いまいちのめり込めなかった

  • 2回目
    ピロリ菌の発見
    インセンティブ
    ストーリーとエピソード

  • タイトル通りゼロベースでものを考えるということについてはもちろん、ワールドワイドな問題についても多々触れられており、教養にもなる良著。
    ・知らないを認めること
    ・問題設定を変えること。既存のハードルに振り回されないこと
    ・根本原因までさかのぼって考える。
    ・何かの質問で雑草を自動選別させる。

  • 事例集、読み物としては面白い。
    でも、「こうしたらいい」っていう実践の方法とか、読後に得られるものはあまりなかった。

  • 「道徳的インセンティブ」では人を動かせない
    慈善も「経済」の問題になる

  • 面白い物語がたくさんあって楽しめたけど、重要なところは忘れてしまう…。結構、翻訳本にありがち。
    0ベース思考のすごさはよく分かったけど、この本ではその技術を手に入れるのは無理。

  • うまくいかなかったことを止めるのは「失敗」ではなく、「袋小路の発見である」、その道を二度と行かずにすむ。これは大きな貢献だ。
    >失敗=不名誉ではない、失敗から貴重なリソースを得られることもある。「うまく失敗する」ことも重要

    世界でいちばん言いづらい言葉は「知らない」、「知らない」と言って現実に直面し、合理的に考える。
    >「知っているという思い込み」「知ったかぶり」で物事を進めていないか、「知らない」ことを認める

  • 思い込みを捨ててゼロベースで考えろ、子どものように考えろ、根本原因を探せと唱える本。あちらのビジネス書ってどうしてか、切り口がスパッとしていて読みやすい感じがある。

  • この本を読んでる途中の健康診断で自分にピロリ菌がいる疑いが出たので、とてもタイムリーだった。偏見や憶測ではなく、素直な気持ちで研究して見つけてくれたんだよね。ありがとうございます。

  • 今時の考え方でやってみた実例集でハウツーものではない。

    一言で言うなら「神は細部に宿る」

  • とんでもないアイデアを考えるのがフリーク。その事例は痛快でとても面白い。

  • エピソードを楽しんだ

  • 読者に先入観を持たずフリークみたいに考えてほしいと説得するため一貫して「物語」を語っている。
    「人工中絶と犯罪率」「落ちこぼれ教師の見つけ方」「相撲の八百長」など、レヴィット氏の独自の着眼点から解析した研究結果を紹介していた前作に比べると新鮮さがないが、人々のやる気を引き起こすインセンティブの研究の紹介は興味深かった。「化石をとらないでください。xxトンも失われています」の警告は「化石が取れること」「無断で持ち出す人が多数いること」を暗に示しているし、「通り抜けしないでください」の看板は「頻繁に通り抜けしている人が多い」ことをわざわざ教えているとも言える。インセンティブの心理学はもう少し掘り下げてほしいテーマ。

  • タイトル勝ち。原題「Think like a Freak」の直訳じゃあ、ここまで売れなかっただろうなぁと思わせる。中身も面白いけど、このway of thinkingをどこまで実践に落とし込めるかという方法論ではなく、単なる事例紹介なのであくまで読み物としての面白さ。

  • 経済学者が書いた思考法の本。タイトルにある、難問を解決するためには固定観念を捨てよう、という事柄のほか、聞く耳を持たない相手の説得の仕方、やめる決断の意義などについても書かれている。インセンティブ(行動を促す動機付け)についての項目が興味深く、自分や周囲のヤル気をキープするために、今後学んでみたい。主張は納得のいくものばかりで、内容は面白かった。

  • 0ベース思考とは書いてあるが、実際には「think like a freak」の原題にあるように、普通の思考をしないことの重要性を説いた本である。その意味では、ヤバイ経済学、超ヤバい経済学、の続編であると思う。

    内容は、章立ててある内容で、
    ・バイアスを0にして考えること(知らないと言うことの大切さ、実験で確かめること、原因を考えること、子供のように考えること)を5章を元に
    ・インセンティブ(道徳的など)の方法論、ソロモン王などの方法の紹介
    ・相手を立てて、自分を完璧だと見せず、物語を語ること
    ・やめることの大切さ

    全9章で解説している。まあ、読み物としては面白いが、自己啓発本やビジネスホンとして読むと期待を裏切られると思う。 

  • とにかく先入観にとらわれず、子どものように考えてみようという話。
    でも、実際にやるにはとても難しい。

  • 『ヤバい経済学』の著者による最新作。

    今までと同じテイストで、既存の常識にとらわれない分析をしている。

  • ブレストを含めて「柔軟な発想」「固定観念にとらわれない発想」は多くの場面で求められているところです。それらの事例が本書には面白く描かれており、参考となる一冊です。

  • ノウハウを提供する本ではない。これは単なる読み物ということに注意が必要。
    小林尊さんが、ホットドッグ早食い大会の記録を2倍近く塗り替えた話だけが印象に残った。
    要は、バカの壁を超えろ、ということらしい。色々な事例から学べるかも知れない。

  • Think Like a Freak:
    The Authors of Freakonomics Offer to Retrain Your Brain
    http://www.diamond.co.jp/book/9784478029060.html ,
    http://freakonomics.com/

  • 「どんな難問もシンプルに解決できる」ほど単純ではありませんが、ものの見方が多様化します。これが大事なポイントではないかと思います。この著者が書いた「ヤバい経済学」のほうを読んでみたくなります。即効性のあるビジネス本よりも読み物としておもしろいと思いました。

  • ボスに勧められて読んだ!
    「お前変態だからハマるよ」と言われ、見事にハマった!
    「変態」=「フリーク」ってことね!
    私は「フリーク」なんだな〜

全128件中 1 - 25件を表示

0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できるに関連するまとめ

0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できるのKindle版

ツイートする