もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら

  • 838人登録
  • 3.42評価
    • (13)
    • (20)
    • (49)
    • (3)
    • (3)
  • 51レビュー
  • 宝島社 (2017年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784800271105

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
エラ・フランシス...
スティーヴン・ガ...
朝井 リョウ
大竹 昭子
村田 沙耶香
三浦 しをん
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたらの感想・レビュー・書評

  • ああ、なんかもう絶対バカ本だってジャケットや帯で分かりすぎるくらいにわかる!
    だけど、こういう本つい買っちゃう。
    むしろ好きだったりする(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

  • ‹オビより›
    「切実に馬鹿だから、なんかもう泣けてくる。」
    太宰治、村上春樹、星野源…ネットで大反響の文体遊戯!
    100人の多彩な文体で綴るフタ、かやく、湯切り…

    ーーー
    さまざまな”文豪”や”思想家”、”小説家”、”俳優”などが、「カップ焼きそば」の作り方を書いたら、というtwitterではじまった?ことを書籍にした本。
    カップ焼きそばを作る、「蓋をあける」「かやくとソースをとりだす」「かやくを入れる」「湯を沸かす」「湯を注ぐ」「待つ」「湯切る」「ソースと混ぜる」「食べる」というステップを、それぞれの作家だったらどのように感じ、また書くだろうか、という試み。
    「あとがき」の部分にもあるが、レーモン・クノーの『文体練習』に近いイメージの本です。
    特別、「何かが得られる」という本ではありませんが、「たしかにこの人だったらこういうことを言いそうだな」と思わせる文章や絵(漫画家のパロディもあり)で、フッと笑わせられます。
    疲れているときなどにオススメ。
    ただ、それなりに掲載されている作家の文章を知らないと、笑うポイントもわからないかもしれない、という点で、きっと万人が無条件に楽しめる本ではないのだろうなと感じます。

  • ネットで評判になったのですね
    ほんと、ばかばかしくて楽しい
    うんそうかもなんて納得したりニンマリしたり
    知らない人もいたけれど楽しんだ
    単に文豪だけでなく週刊誌とか、笑ってしまった
    カップ焼きそば久しく食べてないよなあ

    ≪ 馬鹿の本 楽しく笑って 馬鹿になる ≫

  • 文体って不思議なもので、うまく説明はできないけど、たしかに存在する。
    週刊文春のネタは読みながら妙に感動してしまった。

  • 王様のブランチで紹介されたの?
    この前、
    池袋の壬生に行ったときに、
    新装開店したヴィレッジヴァンガードに行ってきました。
    シールとか、
    携帯ケースとか、
    悩みに悩んだんですがあっさり買ってしまったのがこれ。


    「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」
    パラパラ読んだらそこそこにおもおしろかったんで衝動買い。
    暇潰しになるかなって買ったんですがその日は割と暇がなくって、
    昨日と、
    今日で読み切ったっす。。。


    かぐりんが気になったところだけな。
    「太宰治」
    人間失格のパロディやな。
    つまり、
    作家「太宰治」の文体を模倣してるのではなく、
    人間失格をパロッてるだけ。


    「村上春樹」
    エレベーターの階数表示?
    どこでカップ焼きそば作ってる設定なんだ?!
    村上春樹さんは湯切りが下手なイメージ?


    「コナン・ドイル」
    外国人の書いたものってなんか回りくどい感じがしませんか?
    そういう意味ではコナン・ドイルかと聞かれると困るが、
    外文っぽくはある。


    「松尾芭蕉」
    文豪?
    歌人ではなく?


    「漫才」
    人ですらなくなった。。。


    「池上彰」
    文豪?
    文豪どころは作家でもない。
    つか、
    劇団ひとりに、
    東ちづるに、
    土田晃之の人選って・・・。


    「相田みつお」
    予想つきませんか?


    「夏目漱石」
    と、
    本宮ひろ志が夏目漱石を描いたらを田中圭一が描いたらともども、
    くだらん笑


    「週刊文春」
    ゲスってキーワードでネタというか、
    元ネタが分かるのもどうかと思うよね。


    「シェイクスピア」
    ロミオとジュリエットのパロ。
    あの回りくどさがこうなるのかって関心。


    「イケダハヤト」
    つか、
    消耗って使えばイケダハヤトだと思ってませんか?
    もしくは、
    高地とかnoteとか。。。


    「小林よしのり」
    小林よしのりさんをやるんなら、
    マンガで表現して欲しかったなぁ。。。


    「西尾維新」
    西尾維新さんって読んでみたいんですよね。
    オススメってありますか?


    「週刊プレイボーイ」
    「君」を「クン」にすればいいと思ってる?


    「稲川淳二」
    怖くなるよねぇ。。。
    つか、
    もうそういうイメージしかないよね。
    元お笑い芸人ですかね?


    「西野亮廣」
    偏ってる感じがする、すべてにおいて。。。


    「俵万智」
    もう、
    サラダ記念日しか知らない笑

     
    「松浦弥太郎」
    こういうのを意識高い系っていうのですか?
    かぐりん的には1番めんどい人。


    とりあえず、
    買う必要はないかな?
    ヴィレッジヴァンガードで立ち読みして、
    おもしろかったら買えばいい。
    気になったのは、
    「湯切り」なんですよ!
    そんなに湯切りって難しい?
    そんなに湯切りって失敗する?
    そんなに湯切りって大事なことなん?

    昨日読んで、
    今日読み終わったんですが、
    眠い。
    さっき食べっちゃいました!



    変な時間に炭水化物取ると眠くなる。。。
    おやすみなさい。。。

  • もし文豪たちが「カップ焼きそばの作り方を」書いたら、というよりは、
    もし「カップ焼きそば焼きそばを作る場面がある物語を」文豪たちが書いたら・・・
    のほうが内容的にはしっくりくる本ですが、
    面白い。

    学生のころ、「原稿用紙に、大作家の小説をただ書き写すだけで勉強になる」と言われたけど、
    それをしてなくても、登場人物がいかにもだったり、小道具が凝っていて、ニヤリとさせられてしまう。

    いや、読んでない作家さんだとその面白さが半減してしまう。未読のものは是非、代表作なりを読んで、またこっちも読んでみたらもっと面白いのではと言いたい。

  • 今日、図書館で、ネット予約してた、この本を借りた。

    『1973年のカップ焼きそば』を読んで、少しだけ笑った。

  • とにかくおもしろい!
    1人につき2ページ程度で読みやすいのと読んだことある人が出てくると「あーー!!わかるー!」みたいな。
    あとこの本きっかけで作品を読んで見たいなと思った作家さんもいたり。
    私もやってみたいいな

  • 太宰治や夏目漱石、大江健三郎といった日本を代表する文豪から、松浦弥太郎、林真理子、吉田豪といった現役の書き手さん、果てはヒカキン、雑誌「VERY」、ビジネスメールまで多彩な100の文体を完全模写した『カップ焼きそばの作り方』についてが書いてある。

    個人的に好きなのは「池上彰」。声出して笑った。

    大人が全力で馬鹿をやり切った一冊。
    ちょっと落ち込んだとき、またこの本を開こう。

  • 馬鹿なことを全力でやりきった感じ
    読んでいて面白い。続けて読む気はしないけど、暇な時にふと手に取りたくなる。

  • 今売れまくりの一冊。

    文体模写力が、ぱないっすw

    村上春樹のまわりくどさ(ハルキストさん、ごごごご、ごめんなさい…)、
    太宰の廃人感がヤバくて、
    糸井重里パパの「焼きそばはいいのぉ」で吹き出し、

    雑誌シリーズなら
    POPEYEのサブカル感、
    ロッキンオンのロック感、

    対談なら
    坂本龍一×村上龍の経済人トーク

    などなど、笑いました(*≧▽≦)ノ

    真剣にくっだらなくて、バカバカしくて、賞賛( •̀ .̫ •́ )✧

  • 最後に各カップ焼きそばのレシピが付いていますが、メジャーなのは3分。
    本文中は5分になっていたのはなぜ?

  • それなりの予備知識が必要。

  • 太宰治さん、村上春樹さん、星野源さんからヒカキンさん、海外作家、週刊誌調、道徳の授業風、インスタグラム風にまで、幅広い文体で、カップ焼きそばのつくり方が書かれていて面白かった。特に面白かったのは、西野亮廣さん、石野卓球さん、グラビア調、迷惑メール、求人広告、暮しの手帖、雑誌VERY、利用者の声の文である。最後に一般的な作り方の説明が掲載されていたが、改めて文豪たちの説明と読み比べてみると、実にシュールで、この企画を思いついた方は天才かと感じてしまうほどで、センスに脱帽であった。

  • 【読了】

     たまにはこういう本で思いっきり笑うのもいいですね。それにしても、「カップ焼きそば」縛りでこれだけ文章が書けるって流石の一言です。さすがプロ^^

  • とにかくひどい大人の悪ふざけ。
    面白い。

  • もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら
    というテーマの本。
    これを書いた人はセンスあるなぁ
    知らなかった作家
    フィッツジェラルド
    トマスピンチョン
    スーザンソンタグ
    松浦弥太郎

  • タイトルの通り、様々な作家やエッセイストの
    特徴ある文体を真似た著者(2名)が、100通りのカップ焼きそばの作る過程を表現した一冊。

    太宰治や夏目漱石、川端康成といった王道たる純文学作家の文体から、
    森見登美彦や星野源といった最近の作家やエッセイストの文体、
    果ては『週刊文春』や『暮しの手帳』といった記事の文体までとにかく多種多様。

    基本全部が出落ちだけど、ここまで書き分けられることに素直に感動。
    難しいこと考えずにクスリと笑いたいときに丁度良い感じ。

  • 色々な文豪たちの、有名な作品の一部分を、カップ焼そばの作り方に変えて書かれた本。
    短編。
    小説だけでなく、新聞のコラムや、週刊誌のスクープ記事、国語のテストなどの文章も使われていて面白い。

  • その場で笑って何も残らない…まさにその通りの本
    真剣にくだらないのは大好き
    文豪をよく知らないのが残念ねしたが、特に今の気分にぴったりでした

  • カップ焼きそばを作る、ただそれだけのことを太宰治、星野源、村上春樹、シェイクスピアら作家だけでなく、週刊文春が書いたら、国語の試験になったらなどいろんなパターンで見せてくれる本です。元ネタを知っているとより笑えますが、こっちを先に読んで原作にたどりつくのもあり。肩の力を抜いてパラパラと読んでみてください。

  • 内容紹介
    ツイッターで発信され、ネット上で大拡散されたあのネタが、太宰治、三島由紀夫、夏目漱石といった文豪から、
    星野源、小沢健二らミュージシャンまで、100パターンの文体にパワーアップして書籍化されました。
    読めば爆笑必至の文体模倣100連発。

    さらにイラストは、手塚治虫をはじめとした有名漫画家の模倣を得意とするマンガ家・田中圭一氏の描き下ろしです!

  • 星野源の文章は読んだことがないのに、
    完全に星野源が話している声で再生された!

    もっといろいろな作家の作品を読んでいれば
    「ぽさ」とか「面白み」を感じられたのだろうけれど
    作品を読んでいない作家もいるから、こういう感じのことを書く人なのかと思うにとどまった。

    文体練習を読んでみたいな。

  • 中三長女が興味を持って読みたがったので購入。明治の文豪から最近の人気作家やミュージシャンまで100の文体で「カップ焼きそばの作り方」を書くというアイデアがおもしろい。一つ一つのできは玉石混交で、正直言って雑だなと思うものもあるけど、レーモン・クノーの99を意識してここはどうしても100揃えたかったのね…そしてどれぐらい楽しめるかは読み手の読書量・教養次第かな。
    こういうのが好きな人には清水義範のパスティーシュ小説群や和田誠『もう一度倫敦巴里』(ナナロク社)もおすすめなり。

全51件中 1 - 25件を表示

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたらに関連する談話室の質問

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたらを本棚に登録しているひと

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたらを本棚に「読みたい」で登録しているひと

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたらを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする