ブクログ大賞

あひる

  • 653人登録
  • 3.54評価
    • (20)
    • (63)
    • (62)
    • (11)
    • (3)
  • 75レビュー
著者 : 今村夏子
  • 書肆侃侃房 (2016年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863852419

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あひるの感想・レビュー・書評

  • 読書芸人で知って、読んでみました。
    ・・・が、うーん、とにかく気持ち悪い話で、好きじゃない。
    「あひる」はふつうに理解できた(と思う)けど、
    後の2作は、ワタシの理解力では分からなくて、完全に消化不良。

  • 後味の悪い話。
    三作ともモヤッとして好みには合わなかった。

  • 図書館で借りた本。
    読書芸人で紹介されていたけど、図書館になくてあきらめていた本。いつの間にか図書館に入っていたので、すぐに予約して借りた。内容3つの短編集で、どれもほんわりとして、半分も理解できてないと思われる。それでも集中してすぐに読めた。

  • 怖い。
    一見ハートフルとも思える始まり方で、じわじわと、気がつけば脱出不可能な、地獄のような日常に追い詰められている恐怖。
    読後しばらくは謎の焦燥が止まらない。

  • すごく不思議な世界感。

    物語は、どこといって特別変わったところのない日常を描いている短編。
    なのに印象的でした。

    「あひる」
    「おばあちゃんの家」
    「森の兄妹」

  • ゾワッ怖!
    人の生きがいは他人との触れ合いなんだろうな。

  • kindleunlimitedで扱われていたので読んでみた。著者の今村夏子は今年の芥川賞候補に挙がっている。

    優しい文体で過去を振り返るような、懐かしさがある。しかし決して快いだけの「昔」ではなく、幼い純真と現実の硬さがチクチクと痛い。

    昨日山形のばあちゃんが亡くなったと母から電話があった。3年ほど前に施設に入っているばあちゃんにあった。いろんなことは忘れていっているみたいだったが、僕のことは覚えてくれていた。僕が結婚して奥さんがいて、子供がいることは忘れちゃっていたみたいだったけど。一緒に暮らしていたわけじゃないし、もう94にもなるからと気持ちは静かだけれど、心が何かを感じようとしている気がする。

    読みながらばあちゃんのことを思いだした。じっと考える良い機会を与えてもらった。


    17.6.24

  • 衝撃作と言うとまた大袈裟に!と言われそうだが掛け値無しで衝撃作だった「こちらあみ子」…それ以来「書きたいものがない」と半ば引退同然だった今村さんが「書きたいもの」が出来たときのペンは鋭く次作を待ち望む気持ちを裏切ることはなかった。
    誰にも似ていないその世界観はなんと例えたらいいのだろうか?
    強いていえば「合わせ鏡のホームドラマ」…
    一見なんの変哲もない家族の風景なのだが重なり合う鏡の何枚かに見てはいけないものが写り込んでいるような心のざわざわ感がこの人の作品の特徴でこれがまた癖になる。
    短い本だが紛うことない傑作

  • この人の作品は心にすっと入ってくる
    同年代だからか?!
    内容がリアルすぎて。。。
    言葉に無駄が一切なく読みやすい

  • 今村夏子さんの本は、心がざわざわするね。
    誕生日会に誰も来ないとか。
    インキョて言葉とか。
    拾った軍手はめて貸してもらった漫画読むとか。

  • 良いところだけ取り上げれば幸せそうに見えるけど、
    その対極にあるネガティブな部分をチラつかせながらも、あえて隠して書いてあるように感じた。
    その違和感の理由が明記されていないから、あれこれ考えて推察してしまう。
    でもこの作業が楽しかった。

  • 3篇どれも子供から見たよくある日常の延長で、ほんの少しだけ黒い影がさしている。その黒さについて描写されることはないのだが、だからこそ読み手側は強く意識してしまう。誰の日常も、全てをつまびらかにすれ
    ば、こういうざらっとした割り切れなさを含んで過ぎているのかもしれない。

  • 不思議だけれど、どれも思わず引き込まれるような話。

  • なんとなく平和な感じで
    なんとなく不穏で
    悲しくて
    もやもやーとする

    いい意味で!

  • +++
    あひるを飼うことになった家族と学校帰りに集まってくる子供たち。一瞬幸せな日常の危うさが描かれた「あひる」。おばあちゃんと孫たち、近所の兄妹とのふれあいを通して、揺れ動く子供たちの心の在り様を、あたたかくそして鋭く描く「おばあちゃんの家」「森の兄妹」の3編を収録。
    +++
    表題作のほか、「おばあちゃんの家」 「森の兄妹」
    +++

    外から一見すると、ほのぼのとした日常の暮らしのひとコマのように見える。だが、一歩近づいてみると、そこにはほんのわずかな歪みや傷があり、胸のどこかをざわめかせるのである。しあわせそうに見える光景から、表面の薄皮をはいでみたら、見てはいけないものがふと現れてしまったような、不穏な心地にさせられるのである。かと言って、ほんとうにひどいことが行われているわけでもない。その不穏さの忍び込ませ方が絶妙で、何となく厭な気持ちになりそうになりながらも先へ進まずにはいられないのである。あっという間に読めてしまうにもかかわらず、胸の奥深くまで沁みとおる一冊である。

  • 可哀想な人って誰ですか?

    それを決めるのは誰ですか??

    静穏に見えている日々にも
    それぞれの思惑はあって……

    小説ならではの居心地の悪さが
    心地いい。

    ヒップホップのパンチラインの様に
    毒がチクチクと刺さりこむ。

  • 日常に起こる、起こったかどうかもわからないような小さな事件に、どれだけ心を寄せられるか、何かを感じられるか、が、日々を深く豊かに暮らすカギで、そんな日々が続いてゆくことが幸せなんじゃあないか、なんてことを考えてしまうような、静かであたたかですこしさみしい今村夏子さんの物語が、一文一文が、大好きです。「こちらあみ子」、文庫に併録されてるのが単行本とちがうなんて知らんかった!ので買わねば。

  • …「昨夜はありがとう。お父さんとお母さん、あなたが来てくれて嬉しそうだった」… 51-2
    …のりたまに会いにくる子は後を絶たなかった… 10
    …資格があれば仕事が決まる… 34
    …「お父さんお母さん。のりたまが死んだよ」… 53

  • 読了。

    とてもよかった。
    『こちらあみこ』みたいな不思議感と切なさとか。

    表題以外の「おばあちゃんの家」と「森の兄妹」がまさかの連動でおもしろかった。

    雄の雉ってなんのメタファーだったのかな。
    (170328)

  • 面白かったです。初めから感じる不穏な空気が怖かった。『こちらあみ子』とはまた違ったざわざわ感。癖になりそうです。

  • 噂通り心がざわつく。決して怖い話では無いのに背筋がぞっとする。日常と狂気は紙一重か。

  • 短編。
    あひるが家にやってきて、周囲が変化していって…。どの話もぞっとするような、ふわっとするような。

  • 初読みの作家さん。

    最低限の言葉で綴られていて読者にイメージさせて完成する、
    そんな作品集。
    決して未完成という意味ではありません。

    「あひる」は子どもと動物がでてくるのに決して明るくない。
    ごく普通にふるまう子どもたちの
    言動の裏を読みたくなってしまう。

    子どもに妙に気を遣う、
    でもちょっと嬉しいと思ってる夫婦の裏も読みたくなってしまう。

    「おばあちゃんの家」も「森の兄妹」も
    ただただ、朗らかなだけの子ども時代ってないかもなぁ、と思った。

    でも、それが、それぞれの日常なんだよね。

    言葉は本当に少ない。

    それだけに、軽く読むか重く読むかも読み手次第。

全75件中 1 - 25件を表示

あひるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あひるの作品紹介

■あの第155回芥川賞候補作、待望の単行本化!
文学ムック「たべるのがおそい」創刊号に掲載された注目の表題作ほか、書き下ろし2編を収録

【新たな今村夏子ワールドへ】
読み始めると心がざわつく。
何気ない日常の、ふわりとした安堵感にふとさしこむ影。
淡々と描かれる暮らしのなか、綻びや継ぎ目が露わになる。

あひるを飼うことになった家族と学校帰りに集まってくる子供たち。一瞬幸せな日常の危うさが描かれた「あひる」。おばあちゃんと孫たち、近所の兄妹とのふれあいを通して、揺れ動く子供たちの心の在りようを、あたたかくそして鋭く描く「おばあちゃんの家」「森の兄妹」の3編を収録。

あひるのKindle版

ツイートする