あひる

  • 703人登録
  • 3.48評価
    • (20)
    • (73)
    • (75)
    • (15)
    • (4)
  • 92レビュー
著者 : 今村夏子
  • 書肆侃侃房 (2016年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863852419

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あひるの感想・レビュー・書評

  • どこにでもあるような家族の不思議な手触りの三つの物語。
    あらすじを聞いても全然そそられないかもしれないけれど、これを読まないで今年を終えたらきっと後悔すると思う。5年後とか10年後に、きっと後悔する。そんな一冊。
    しかしなんだろう。このざわざわとした感じは。
    読んでいる人の皮膚の下を動き回るような、そんな落ち着かないざわざわした感じがくせになりそうで。
    普通の毎日、何気ない日々、当たり前の時間。そういうものを少し斜めから見ている視線。
    こういうなんかよくわからないけど読んだ後、ずっと時間が経ってから何かの拍子に表にぽんっとでてくるような、そんな物語を描く人なんだな。

  • 怖い。
    一見ハートフルとも思える始まり方で、じわじわと、気がつけば脱出不可能な、地獄のような日常に追い詰められている恐怖。
    読後しばらくは謎の焦燥が止まらない。

  • 「あひる」「おばあちゃんの家」「森の兄妹」
    読み手によって受け取り方がかわってくる不思議な物語。私はどうしてもネガティブに深読みしてしまう傾向が強いので灰色ぽく感じてしまった。

    「あみ子」の時もそうだったけど、時が止まった昭和の夕暮れから夜…みたいな雰囲気がこわかった。今作ではますますホラー感が増していて、読み終えてからすぐに読み返しました。すごいとは思ったけどざわざわして何とも言えない…。

    物語の中で“お彼岸のおはぎ”が出てきたけど、いまちょうどその時期でシンクロしてぞわっとした。

    この単語は何にかかっていくのだろう…と、文章の句読点や区切りが不自然で数か所意味が分からなくて、何度も読み返した部分がある。(これたぶんわざとこうしてるんだろうなぁ…)ホラーやイヤミスもイケるんじゃないかな。あひるという単語を調べた。

    自分の子供の頃の行動にも心当たりがあり過ぎて、読むたびにあの頃が浮かんで不安になる今村さんの作品。境い目がハッキリしない良さとこわさがごちゃごちゃに…。(面白いという感覚ではないけど最終的に4回ほど読み直した)

  • ・あひる
    ・おばあちゃんの家
    ・森の兄弟

    「こちらあみこ」を読んで、この人の作品をもう一つ読みたくなった。

    この人の作品は、描かれている人の視点が、感情が少し変わっていて、それをそのままで読むと、情景がぐにゃりとゆがんでしまう。その常識と違ったぐにゃりとした情景を楽しめるかどうかなんだと思う。

    誰が悪いとか、誰が変だとかそういう話ではなく、ただ、感性が異なる人目線での日常が、通常と異質なだけなのだけど、でも、やっぱり読んでいると気持ちが悪い。

    嫌いじゃないけど、気持ちが悪いから、もうこの人の作品は読みたくないと思った。

  • 衝撃作と言うとまた大袈裟に!と言われそうだが掛け値無しで衝撃作だった「こちらあみ子」…それ以来「書きたいものがない」と半ば引退同然だった今村さんが「書きたいもの」が出来たときのペンは鋭く次作を待ち望む気持ちを裏切ることはなかった。
    誰にも似ていないその世界観はなんと例えたらいいのだろうか?
    強いていえば「合わせ鏡のホームドラマ」…
    一見なんの変哲もない家族の風景なのだが重なり合う鏡の何枚かに見てはいけないものが写り込んでいるような心のざわざわ感がこの人の作品の特徴でこれがまた癖になる。
    短い本だが紛うことない傑作

  • 噂通り心がざわつく。決して怖い話では無いのに背筋がぞっとする。日常と狂気は紙一重か。

  • 正直なところ、わかるようで何だかわからない。と言った感じ。
    短編集なので、スラスラ読めるが若干怖い。あひるについては、こども達を引き止める為に何羽も連れてきたのかな。でも、こどもは残酷で、、
    私の読解力がないのか、何が何だかわからないところもあるが一気に読める作品であることは間違いない

  • 三つの小品を集めた作品集。
    どの作品も、ほのぼのとしているようで、少し異界を描いている。
    そして、読後感もなんとなくぞわぞわして違和感が残る。
    続いて読みたくはないなぁ。

  • カラッとした日常なのに、どこか不気味。でも先が気になって読み進めてしまう3篇。面白かった。

  • なんだか不思議な作品。ふわっとして終わるけど、なんか切なくてあたたかい。

  • あひるを飼うことにより、平穏だったはずの生活が徐々に変わっていく様を描いた表題作ほか2編。

    あひるにひかれ近所の子どもたちが集うようになる最初のうちは、表紙の絵のように微笑ましく童話的。が、子どもたちの傍若無人振りはエスカレートし、同時にじわじわと家族の異常性も露呈して不穏なムードが広がっていく。
    一度も外で働いたことのない三十路の娘と、子どもたちの要求を無条件に受け入れ、次々とあひるを補充する両親。作者は、表面的な出来事を優しい言葉で淡々と並べ、詳しい説明はあえてしない。でも、そこには確かにいびつなものが存在する。
    たとえば、一見は愛情たっぷりと思える両親の行動も、じつは恐ろしく無責任で嫌なものはなかったことにしているだけ。その結果、社会に不適応の娘がいる。まともなのは弟だけだ。

    ほかの2編も、読み手の想像力次第で物語の奥がいくらでも広がっていく。
    穏やかな語り口調で余分な情報は与えずに、目には見えないような小さなトゲを蒔いていく不気味さには、小川洋子に通じるものを感じた。

  • 「あひる」の「わたし」は「おばあちゃんの家」の「みのり」で、インキョのおばあちゃんが「森の兄妹」のおばあさん
    という感じでゆるくつながる短編3作。

  • 読んでいて、これは何を言いたいのだろうと思ったが、
    「あひる」「おばあちゃんの家」「森の兄弟」を読んでいるとなにか心がぞわぞわする。なにかぞわぞわすること、そんなことを書きたかったのだろうか。
    かわった出版社だなぁ。

  • 譲り受けたあひるを飼いはじめたら庭に子供が集まるようになった話「あひる」。インキョで一人で過ごすおばあちゃんを見守る孫娘の話「おばあちゃんの家」。幼いモリオとモリコが近所を歩く話「森の兄妹」。
    善悪の入る余地のない、子供が見たありのままの日常。
    三話ともご近所。

  • 初めて読む作家さん。
    読後感はちょっともやもや、心がざわつく感じ。
    この本に収録されている3作品ともに不思議な世界観の作品だなと感じた。

  • うーん。何が言いたいのだろうなぁ。読みやすいのだが何が言いたいのかわからんなぁ。

  • 29.8.13読了。
    3作の短編集。短くて文章もとても読みやすい。読みやすすぎてラストは3作ともに「あれ?もう終わった?」って呟いた。
    どれも一見明るいホームドラマのようで、でも流れる空気は確かに不穏で。「見ちゃいけないものを偶然見ちゃった」ような居心地の悪さ。

  • あひるや、老夫婦とこどもの交流など、一見かわいらしくほのぼのとしたモチーフが、その陰に潜む家族の病的な閉塞感をあぶり出していきます。型通りの幸せに執着し、体裁を重んじる日本人の風潮が、この一家に凝縮されているようで怖いです。
    時系列がバラバラですが、収録されている三作は、どれもこの一家のお話ではないでしょうか。だとすると、この一家の(日本の)闇が世代を超えて受け継がれていくようで、なんともいえない不穏な気持ちになりました。

  • 読みやすかったです。
    3作ありますが、どれももやっとするところがあります。

  • 簡易で読みやすいほのぼのとした物語のように始まりますが、そこはさすがの芥川賞候補。家族の日々が少しずつ歪んで行く過程に、ゾワゾワと鳥肌が立つような恐怖を感じます。人の心にはちょっとした歪みがあるのは当然だけど、それが家族間でうやむやに誤魔化され共有されてしまうと、決定的なひずみになるというお話です。表題意外の収録作も、どことなく気持ちの悪いお話しでした。軽くホラーです。

  • 「あひる」
    両親に反抗してばかりだった弟
    この人はこの人で問題を抱えてるのだけども
    その一家の中では、結局いちばんまともな大人になったという

    「おばあちゃんの家」
    なんとなく厄介者あつかいされているおばあちゃんだが
    その実、家庭内の精神安定を一手に担っていた

    「森の兄妹」
    貧乏な母子家庭の兄妹は精神的にも物質的にも飢えていて
    とくに兄のほうは臆病で卑屈なくせにちょっと意固地なとこがあって
    まあ狷介な性格なのだが
    それでも母親が物わかりのいい性格なので救われる
    魔界ゾンべえじゃないがなんかそんなようなタイトルの漫画が出る

  • 読書芸人で知って、読んでみました。
    ・・・が、うーん、とにかく気持ち悪い話で、好きじゃない。
    「あひる」はふつうに理解できた(と思う)けど、
    後の2作は、ワタシの理解力では分からなくて、完全に消化不良。

  • 後味の悪い話。
    三作ともモヤッとして好みには合わなかった。

  • 図書館で借りた本。
    読書芸人で紹介されていたけど、図書館になくてあきらめていた本。いつの間にか図書館に入っていたので、すぐに予約して借りた。内容3つの短編集で、どれもほんわりとして、半分も理解できてないと思われる。それでも集中してすぐに読めた。

全92件中 1 - 25件を表示

あひるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あひるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あひるを本棚に「積読」で登録しているひと

あひるの作品紹介

■あの第155回芥川賞候補作、待望の単行本化!
文学ムック「たべるのがおそい」創刊号に掲載された注目の表題作ほか、書き下ろし2編を収録

【新たな今村夏子ワールドへ】
読み始めると心がざわつく。
何気ない日常の、ふわりとした安堵感にふとさしこむ影。
淡々と描かれる暮らしのなか、綻びや継ぎ目が露わになる。

あひるを飼うことになった家族と学校帰りに集まってくる子供たち。一瞬幸せな日常の危うさが描かれた「あひる」。おばあちゃんと孫たち、近所の兄妹とのふれあいを通して、揺れ動く子供たちの心の在りようを、あたたかくそして鋭く描く「おばあちゃんの家」「森の兄妹」の3編を収録。

あひるのKindle版

ツイートする