どろぼうだっそうだいさくせん!

著者 :
制作 : 西村 敏雄 
  • 偕成社
3.80
  • (13)
  • (16)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033314808

作品紹介・あらすじ

ろうやにいれられた3にんのどろぼうがじゆうなくらしをとりもどすためにたちあがった!「よし、ちからをあわせてここからにげだそう!」「おう!だっそうだいさくせんだ!!」3歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後はそうきたか…良いオチだ!!

  • けっこうブラックなおち。子どもは笑ってくれる。

  • 2011/7/1

  • H29.2.21 20分放課

  • 檻の中から脱走したい三人組の泥棒。
    シマウマに変身したり、トラに変身って脱走するが、脱走した先は、動物園の檻の中‥。笑

  • 読み終えてみたら、結局3人とも檻の中というオチ。

    三人組のどろぼうは決してドジではない。
    脱獄に至るまでの発想と過程が好き。

  • イチドジル、ニスベル、サンマヌケルという命名からもうおもしろすぎ。子供がえらく気に入った。

  • 面白かった。絵も好き。

  • 牢屋に入れられた3人の泥棒が、面白い方法で脱獄するお話。絵本ならではのトボケた展開が面白いです。全然頼りにならない見張り番がいいなぁ。オチも素敵です。

  • 2013/10/15 5年2組
    2013/11/19 6年2組

全30件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1989年愛知県生まれ。小沢正氏、立原えりか氏に師事後、絵本・童話作家に。
『さるのせんせいとへびのかんごふさん』(ビリケン出版)、『ちゅうしゃなんかこわくない』『どどのろう』『あかいのあつまれ』(岩崎書店)、『どろぼうだっそうだいさくせん!』(偕成社)、『とうさんとうさんいかがなものか?』(あかね書房)、『なきんぼあかちゃん』(大日本図書)、『よるのさかなやさん』(文溪堂)など著書多数。
日本児童文芸家協会理事。

穂高順也の作品

ツイートする