GOTH 僕の章 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.68
  • (1086)
  • (1134)
  • (2173)
  • (135)
  • (28)
本棚登録 : 9649
レビュー : 802
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044253059

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編で空いた時間にサクッと読めます。


    内容(「BOOK」データベースより)
    この世には殺す人間と殺される人間がいる。自分は前者だ―そう自覚する少年、「僕」。殺人鬼の足跡を辿り、その心に想像を巡らせる「GOTH」の本性を隠し、教室に潜んでいた「僕」だったが、あるとき級友の森野夜に見抜かれる。「その笑顔の作り方を私にも教えてくれない?」という言葉で。人形のような夜の貌と傷跡の刻まれた手首が「僕」の中の何かを呼び覚ます。彼女の秘密に忍び寄った彼が目撃するのは…。圧倒的存在感を放ちつつ如何なるジャンルにも着地しない乙一の、跳躍点というべき一作。「僕」に焦点した三篇を収録。

  • 猟奇的。
    ミステリーは好きなのですが、あまりにも猟奇的で、、、´`
    ただ、世界観はすごいと思います!物語の登場人物が、実は…ということが多くて、なん度も読み返して想像を膨らませたり、予想をしながら読むのですが、良い意味で裏切られたり。
    話の作りがすごいのですが、ちょっと猟奇的な部分で感情移入ができず★2つ。

  • 夜の章のほうが面白かった。やっぱりちょっと怖いから深夜には読めないし、かと行って朝でもないから帰りの電車にちょうどいい作品。実際の殺人事件のニュースがあると、妙にリアルに描写が浮かぶようになってしまった。

  • リストカット事件



    土が気に入っているかもしれない。
    他二つは私はこういう人間なので衝動にしたがったんですよねーという感じなのだけど、土の犯人は衝動に従ってしまうのだけど同時にそんな自分を哀れんでいて背徳感のようなものを見れたので良かった。
    声は、名前を故意に明かしていないのが頭の中にあったので、そういえば名前なんだっけ?な状態にしていてくれたら迷いが生まれていたと思う。
    やっぱり痛みと恐怖の感情を読みたかった。

  • 上巻に記載

  • 気持ち悪い

  • (130207)
    小説は先の内容を予想しながら読むということはしないのだけど、
    これはそれでも予想できてしまった。
    ミスリードがあからさますぎ。
    内容も自分には合わなかったようで。

  • こちらも最後のやつが良かった。

  • 不快な作品でした。

  • ミステリーらしく、
    僕、と俺、が同一人物だった、
    所が面白かったです。

著者プロフィール

乙一(おついち)
1978年福岡県生まれ。山白朝子(やましろ あさこ)、中田永一(なかた えいいち)の別名義で執筆する小説や、安達寛高(あだち ひろたか)という本名名義で脚本を記すこともある。
1996年に『夏と花火と私の死体』で、第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞してデビュー。
2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞受賞。2012年、『くちびるに歌を』(中田永一名義)で第61回小学館児童出版文化賞。
代表作として、映画化もされた本屋大賞ノミネート作『くちびるに歌を』のほか、『暗いところで待ち合わせ』『きみにしか聞こえない CALLING YOU』『失はれる物語』などがある。作品の多くが漫画化、映画化された。

GOTH 僕の章 (角川文庫)のその他の作品

乙一の作品

ツイートする