ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.82
  • (414)
  • (906)
  • (656)
  • (56)
  • (4)
本棚登録 : 5470
レビュー : 736
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048691895

作品紹介・あらすじ

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 太宰づくしのシリーズ第6巻。
    本のつないだ奇妙な縁が栞子さんと大輔くんを取り巻いているようです。
    今回も息つく暇も惜しいくらい、夢中になって一気読みでした。

    かつて栞子さんを石段から突き落とした男が、再びビブリア古書堂の2人の前に現れます。
    …ただし、今度は依頼人として。
    その依頼は過去の出来事へと2人を導いていきました…

    ついに恋人同士の間柄になった栞子さんと大輔くん。
    今回の事件はいつも以上に危険な気配が漂っていますが、いつしか2人のあいだに強い信頼関係が結ばれていたことに気付かされる場面が多くてきゅんとしました。

    そろそろシリーズクライマックスとのこと。
    早く読みたいような、名残惜しいような…。

  • やはり、『晩年』が関わってくるのね〜。
    大輔の祖母、栞子さんの祖父といろいろな人が繋がっていく。
    縁のある人とは、そうなるようになっているのか。
    だから、「栞子さんと巡るさだめ」なのか。
    本のためにそこまで必死になれるってある意味凄いな。

  • 栞子さんが足を怪我することになった太宰の「晩年」を巡る事件が再び戻ってきます。
    あの時焼き払ったことになっている栞子の「晩年」は、突き落とした犯人の田中の捜していたものではなく別の「晩年」があるという。
    一冊まるまる太宰治の今作は、古書への執拗なまでの想いというか執着が空恐ろしいお話です。
    栞子と大輔の祖父母の代まで遡って、物語が解き明かされていきます。
    もはや血のつながりも本の所有もややこしくなってきて混乱するけど、栞子と大輔の絆は深まったということで。
    そして、やっぱラスボスは智恵子なんですかね。

  • 面白かった。
    太宰治の「晩年」が絡めていった人の人生。

    ミステリーとしても興味深い展開だった。

    人と人が絡んでいた。絡まっていた。
    物語だからこその人間模様のはずなのだが、とても人間臭い。

    栞子さんの大輔さんに対する気持ちもまっすぐで微笑ましい。

    あとがきに、次か、その次の巻でビブリアが終わりとある。
    終わり方に幸あれを願う。

  • 面白かった。ビブリアも6冊目になるが、なかなか飽きることなく楽しませてくれます。最後の盛り上げ方がうまいですね。中盤以降は一気に読み終わりました。

  • 知り合いの知り合いは皆知り合いだ。物語で繋げよう知り合いの輪♪年末年始の暇潰し読書に最適です

    追記
    ブログで批評したとき星4つにしてました
    ちょっと甘すぎる気もするけど、何か琴線に触れたのかな

  • 『晩年』再び。。。 この本を巡ってのしがらみに、大輔君と栞子さんは出会うべきして出会ったんだと、乙女チックな感想を持ってしまう!(笑) 田中さんとのこれからも、楽しみじゃない!?もう、出てこないかな??

  • 一冊を通して太宰にまつわる話。登場人物が多く複雑に絡み合う。例にもれず作中に出てきた太宰作品は読まずにいられない。

  • 7巻を読み始めた時に話の内容に違和感を感じ、
    6巻を読んでいない事に気付きました。
    でも、6巻み初めてもしばらくは?で、
    前の内容思い出すのに時間かかった(^_^;)

    太宰治の「晩年」を巡る話。
    古書を愛しすぎている人間の
    執着心とか手段を選ばない姿が
    恐ろしいと感じた一冊だった。
    こう言うのって、物語の中だからなのか
    実際の古書業界も黒い感情が渦巻いてるのか…
    本好きな人に悪い人はいないと思ってたけど、
    いや、今でもそう思ってるけど。。。

  • 最初から不穏な感じで始まってどうしてこうなった! と続きが気になる構成。
    一巻から続いた流れに決着がついて、でもそこからさらに何かあるぞ、というところで話が終わっているので読み終わっても続きが気になる気になる。

    古書にとりつかれた人間の狂気、なんだけど、それだけではない普遍的な人間の性が容赦なく描かれている感じがしました。

全736件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年、神奈川県横浜市生まれ。 武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て、『ダーク・バイオレッツ』で2002年デビュー。2011年に発表した古書ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』が人気作になる。同作は2012年に本屋大賞にノミネート。2012年、「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」(『ビブリア古書堂の事件手帖2』に収録)で第65回(平成24年度)日本推理作家協会賞短編部門にノミネート。2014年3月14日、『ビブリア古書堂の事件手帖4』(メディアワークス文庫)で第67回(平成26年度)日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にノミネート。

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)のその他の作品

三上延の作品

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする