青白く輝く月を見たか? Did the Moon Shed a Pale Light? (講談社タイガ)

著者 :
  • 講談社
4.03
  • (42)
  • (85)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 569
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940757

作品紹介・あらすじ

オーロラ。北極基地に設置され、基地の閉鎖後、忘れさられたスーパ・コンピュータ。彼女は海底五千メートルで稼働し続けた。データを集積し、思考を重ね、そしていまジレンマに陥っていた。
 放置しておけば暴走の可能性もあるとして、オーロラの停止を依頼されるハギリだが、オーロラとは接触することも出来ない。
 孤独な人工知能が描く夢とは。知性が涵養する萌芽の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ウォーカロンシリーズ

    北極基地に設置され、基地の閉鎖後、海底5千メートルに沈んだ潜水艦に置かれ100年放置されてきた
    スーパーコンピューター

    ハギリ博士は、そのコンピューター
    「オーロラ」とコンタクトを取る事をマガタ博士に依頼される

    100年孤独に稼働し続けた人工知能はどうなっているのか

    オーロラの「月を見せたくて」のセリフがすごい。

  • 今回の話は、海底に沈んでいる原子力潜水艦とそれに搭載されている人工知能のお話。
    人工知能が進化したら果たしてどこに行きつくんだろうか、っていうのが面白かった。現在の科学レベルでの人工知能は、この小説のレベルまで達していないので大きな問題にはなっていないけど、将来的にはこういった人工知能がでてくるんだろうなぁ、と思うと、その先を見てみたくなるような気がする。
    あと、この小説はどこに最終地点があるんだろうか?

  • 話が進むごとに進化が進んでいるのが見えて興味深い。
    オーロラの知性はもう人間に寄りすぎてて怖いようにも思えるけど面白い。
    ちょっとした表現にセンスがあって、あちこちでクスリと笑えるのも楽しいです。

  • 科学系は難しくて詳細を理解できているわけではないが、それでも昂るものはある。   
    この物語を読むのは楽しいと感じる。   
    博士たちの会話は面白い。興味深い。楽しい。   
    まだまだ読んでいたいシリーズではあるが、この物語の行き着く先がどんな景色なのか気になりもする。   
    絶妙だ。

  • 決してそういう内容ではないけれど
    読み終わると、わたしもこのままでいいのかも、と少し思えて元気になれます。
    自作もたのしみです。

  • 拗ねたAIをよしよしするお話。
    実際こんな人工知能はないと思うが。
    著者の考えすぎな一面もあるように思う。

    ウグイ、もう出てこなくなるの?つまらんなー

  • プロローグ
    第1章 赤い光 Red light
    第2章 青い光 Blue light
    第3章 白い光 White light
    第4章 黒い光 Black light
    エピローグ

  • オーロラ。北極基地に設置され、基地の閉鎖後、忘れさられたスーパ・コンピュータ。彼女は海底五千メートルで稼働し続けた。データを集積し、思考を重ね、そしていまジレンマに陥っていた。放置しておけば暴走の可能性もあるとして、オーロラの停止を依頼されるハギリだが、オーロラとは接触することも出来ない。
    孤独な人工知能が描く夢とは。知性が涵養する萌芽の物語。
    「講談社タイガ」より

    どんどん面白くなっていく.
    人工知能って本当にどこまで行くんだろうとワクワクする.
    100年間学んだオーロラが感情を学んでそれを実行していることに驚いた.人間をしていると一番やっかいに思える感情は、人工知能にとっては有意義なものだったということだろうか.または、やっかいと思っている感情こそが有意義なものなんだろうか.そんなことを考えた.

  • 北極の海底深くに沈む原潜にひっそりと稼働し続ける人工知能のオーロラが存在する。外界を遮断し、学ぶ目的を失った人工知能、まるで躁鬱状態に陥ったようです。オーロラを治療するかシャットダウンもしくは破壊するか。核燃料を抱えたオーロラに下手な手出しはできない。人工知能であるがために抱える内面の問題は、人が人であるためを示すようである。

  • 2018.01.26読了

全58件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

青白く輝く月を見たか? Did the Moon Shed a Pale Light? (講談社タイガ)のその他の作品

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

青白く輝く月を見たか? Did the Moon Shed a Pale Light? (講談社タイガ)を本棚に登録しているひと

ツイートする