終末のフール (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.61
  • (1503)
  • (3080)
  • (3295)
  • (620)
  • (120)
本棚登録 : 25324
レビュー : 2069
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087464436

作品紹介・あらすじ

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小惑星が3年後に落ちるまで8人の主人公らが生と死の狭間で生きる意味を模索する話。世界観は世界の終わりが決まってからあちこちで暴動が起きた後の小康状態。世界が終わること以外は現実世界と変わらない。

    めちゃくちゃ面白かった。ありえない設定だけど普通の小説として読めて、死が迫っているから一段とセリフに重みを感じるし、登場人物のそれぞれが持つ現代特有の背景が死と絡まることでら、彼らが生きることとどのように向き合っているかが読み取れる。

    一番良かったのは、死に直面した時の人々の愚かさ。
    死が確定すると誰もが仕事や役割を放棄していて、まさに化けの皮が剥がれた状態になる。仕事の罪悪感や死への恐怖で辞める人がいる一方でいまだに店を開けてたり、使命感で仕事する人もいる。『もうルールに縛られる必要がない』と知った途端にありのままの姿を晒す。もし強い諦めを強要するような事態になっても普段と変わらない自分でありたいと思う。

  • 読書感想文にオススメ。

  • ここまで心を揺さぶられる小説を読んだのは久しぶりです。
    本当に心が洗われるというか、人生を前向きに考えられるようになる小説でした。

    この小説のあらすじですが、8年後に小惑星の衝突により世界が破滅するという発表があってから5年後、残り3年しかないという状況で、仙台にある『ヒルズタウン』とよばれる町で生活している人々の姿を描いた8篇の短編集です。
    8つの物語のなかでそれぞれの主人公達はそれぞれの想いを胸に日々を生きています。
    8つの物語、それぞれ心を打つものがあります。

    ここに描かれている人達は、命について「達観」しているというか、「悟りに至っている」という言葉が正しいのか分かりませんが、そういった境地にたどり着いている人が多いのは必然なのでしょう。
    なぜなら、この小説では直接的な描写はありませんが、ここに至る5年間の間に、暴動や大規模な騒乱、略奪、強盗に殺人、そして自殺といったあらゆる不幸な出来事がおき、世界の破滅を迎えるに至って、それに耐えられず精神に異常を来した人達やそれ巻き込まれた人など多くの人々が命を失っています。
    つまり、そういった異常な事態を生き残った人達がここに描かれている人達ですので、ある意味においては、もう既に選ばれた人々なのです。

    8つの物語のなかで、僕が一番刺さった物語は、4番目の物語『冬眠のガール』です。
    現在23歳の彼女は、4年前の19歳の時に突然両親を失います。殺されたのでもなく、事故や病気で失ったのでもなく、二人そろって自殺してしまったのです。一人娘である彼女を残して。彼女はそれ以来、3つの目標を立て、それを紙に書いて壁に張り、4年間何とか一人で、その目標を実現するために生き残ります。その3つの目標とは、
      〇『お父さんとお母さんを恨まない』
      〇『お父さんの本を全部読む』
      〇『死なない』
    読書家だった彼女の父は、自分の書斎に数千冊の本を所蔵しており、彼女はその本を4年間かけて全部読み切ります。この『冬眠のガール』は、彼女が最後の本を読み終わったところから始まります。
    2番目の目標を達成してしまった彼女は、新たな目標を探すために、多少の落ち着きを取り戻した町に繰り出します。そこで彼女は新しい目標を見つけます。その新しい目標とは・・・。

    彼女は、あくまでも素直で前向きです。そして3つの目標を忠実に守る。余命3年であるにもかかわらず新しい目標に向かって努力を惜しまない。そのひたむきな彼女の姿に心を打たれます。

    この小説がこれだけ感動を呼ぶのは、『死』を目の前にした人々の生活に真っ正面から取り組んでいるからでしょう。

    僕たちは、誰でも死にます。それはいつか分からない。誰もがもっと先のことだろうと何の根拠もなく思っています。
    『死』を意識しながら生きている人は少ないでしょう。しかし、そこに明確な『死』の期限が設定されれば、誰でもその圧倒的な威圧感の前で立ちすくみます。
    誰の前にも『死の壁』は立ちはだかっているはずなのに、それが透明で見えないからこそ、誰もが全力でそこに向かって走っていくことができるのです。
    でも、その壁に色がついてしまったら?
    あなたはそこに向かって全力で走って行くことができますか?

    この小説に描かれている人達は、全力とは言わないまでも、その『壁』に向かって確実に一歩一歩に前に向かって進んでいく人達です。
    そこには、諦めや達観や希望や絶望や、ありとあらゆる感情が渦巻いています。でも、そこにあるのは、決して『絶望』だけではないのです。
    「子供を産もうとする夫婦」「恋人を探そうとする若者」「誰よりも強くなろうとする少年」「最後の最後まで小惑星を観測しようとする天文学者」など、この小説に登場する彼らは、最後の最後まで諦めません。いや、生き残ろうとするのではなく、最後のその日までしっかりと生きようと心に決めているのです。

    この小説は、人生の素晴らしさ、ありがたさ、そして、この世界をいとおしく感じることをもう一度改めて思い起こさせてくれる、素晴らしい物語です。
    少年少女から老人まで、一人一人考えることは違うかもしれません。
    ただ、誰にとってもかけがえのない自分の一生を見つめ直すきっかけを与えてくれる本であることは間違いないと思います。

  • R1.8.9 読了。

     8年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから5年が過ぎた頃の仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちが余命3年の時間の中でそれぞれの人生を見つめ直す物語。目次の短編集のタイトルを見た時に思ったことは、「ハライチの漫才ネタのようだ。」だった。
    読み始めてみると、こんな状況に自分が置かれたらどう生きるだろう?と頭の片隅で考えていた。この小説の登場人物たちのように、最後日まで大切な誰かと一緒にいられたら幸せかもね。「鋼鉄のウール」が特に良かった。
     やっぱり、伊坂幸太郎さんの小説は良いですね。

    ・「こんなご時世、大事なのは常識とか法律じゃなくて、いかに愉快に生きるかだ。」
    ・「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」
    ・「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」
    ・「やるべきことをやるしかない。」
    ・「何かに夢中になる人をオタクって言うなら、それは敬称だ。」
    ・「一生懸命に考えて、決めたなら、それはそれで正しいんだと思うんだよねえ、わたしは。外から見ている人はいろんなこと言えるけどね、考えて決めた人が1番、偉いんだから。」
    ・「死に物狂いで生きるのは、権利じゃなくて、義務だ。」

  • 連作の中で、一番好き

  • 伊坂幸太郎は上手すぎる。(東野圭吾も)。だから いい話を8つもそろえられたけど★3つ。上手すぎて、鼻につく?のかな。でも最初の短編 週末のフールはお母さんに★5つ。簡単には許さないでください。終末ものは、新井素子の「ひとめあなたに」とダブってしまって、最後まで、これ読んだことあるっけ?感がただよってしまった。たぶん初読だと思う・・・・

  • 各章のタイトルがすき

  • 3年後に小惑星が落ちて人類が滅亡する中、力強く生きる人達の話。短編だけど、少しづつ絡み合ってて、知り合いが出てくる感じ。

    自分だったらどうするかなー?とりあえず家族で1つになって生き延びるかな。とりあえず、どんな感じで終わるのかを見てみたい。さぁ、おれの妄想癖が火を噴くぜ!

  • 伊原幸太郎さんが地球に小惑星が衝突し滅亡する運命を予告された三年前の今を生きる人々の気持ちの持ち様、心の在り様を描いた人生物語8編の連作短編集。本書はSFパニック小説みたいに小惑星の軌道を変えて人類滅亡を回避するといった物語ではなく衝突はほぼ不可避の事実として描かれますが、でも必ずしも100%決定的ではなく僅かに覆る可能性も残していますから著者の死神シリーズより若干は希望の余地がありますね。伊坂さんは悲しみや恐怖心の中にもとぼけた冗談や笑いを織り交ぜて冷静な自分である事の大切さを説かれているのでしょうね。

    伊坂さんは芯の部分ではごく真面目ではあってもそれをやたら深刻調にしたり教訓的にしたりせずにさらりと軽快に描かれる所が人気の秘密なのだと思いますね。そういえば伊坂さんのキャラにはプライドの高い人間はまずいなくて気さくな一般人か飛び切りの変わり者が多いですね。そして8編全てに過去に何らかの事情で亡くなった方が出て来ますが幸いに生き残った人々は少なくとも3年後まではどうにか頑張れそうな運命が暗示されていますね。但し「天体のヨール」の主人公は不吉なラストですが私は再び冒頭に戻ってぐるぐる回る話であれと願いますね。

  • 初めて読んだ、伊坂幸太郎の小説。
    一番好きな、伊坂幸太郎の小説。

    あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?(引用)

全2069件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

終末のフール (集英社文庫)のその他の作品

終末のフール 単行本 終末のフール 伊坂幸太郎
終末のフール (集英社文庫) Kindle版 終末のフール (集英社文庫) 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品

終末のフール (集英社文庫)に関連する談話室の質問

終末のフール (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする