鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.43
  • (36)
  • (21)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 435
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088820804

作品紹介・あらすじ

無惨を討つため無限城に突入した鬼殺隊。上絃の弐・童磨と激闘を繰り広げるしのぶは、毒が効かない童磨に対し苦戦を強いられる。果たして姉の仇を討つことができるのか…!? 一方で、善逸の前にも鬼が立ちはだかり――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 盛りだくさん…!で、あと何回か読まないと消化できなさそう。

    カナヲのその後がすごく気になるし、善逸がとてもカッコいいし悲しいしかわいいしで心が忙しい。いつかアニメで動くのを見られたらいいなぁ。村田さんたちもどうか無事でいて…。

    炭次郎の、ひどく怒っているのに、それでも話しかける時は悲しい顔をするところがとても好きです。次巻が待ち遠しい…!

  • 内容濃かったなー。

  • 善逸と元兄弟子との戦いがカッコよかった

  • ネットでネタバレうっかり見て読む勇気がなかった巻。
    それからネットで感想断ちしてるけどどうやらアカザとのネタバレも踏んでたな?!くそぅ。もう〜〜
    同時多発で乱戦状態なので感想が難しい。もう誰にも死んでほしくない。

  • しのぶさんがまさか…!炭治郎頑張れ…!!

  • 無惨を討つため無限城に突入した鬼殺隊。上弦の弐・童磨と激闘を繰り広げるしのぶは、毒が効かない童磨に対し苦戦を強いられる。果たして姉の仇を討つことができるのか…!? 一方で、善逸の前にも鬼が立ちはだかり――!?(Amazon紹介より)

  • また柱が一人、善逸なんか寝てないのに強い!!炭治郎も戦いの中でまた次のステージに?!あー続きが気になる

  • 最終局面だと?
    善逸良かったなぁ。絶対ギャグ方面だと思ってただけに、シリアス方面でびっくりしたわ。

  • どんどん面白くなっていく

  • めちゃめちゃ泣いた。いや、泣かない巻がないんだけども。

    善逸、そういうとこやぞってめちゃめちゃ泣いた。この巻に関しては彼が優勝だと思ってる。

    普段は大声で泣いて仲間に助けを求める彼が、どんな思いで手紙を受け取って、覚悟を決め、たった一人で乗り込んで兄弟子を斬ったのか、考えるだけでつらい。

    多分だけど、善逸って「死」について、怖いけど受け入れてる節がある。じゃなきゃ兄弟子を斬りに独自の型を生み出して戦いを挑んで、「一緒に戦いたかった」なんて言葉が出るだろうか。本当に死が怖いならきっと「あいつは許せないけど、俺じゃ勝てないよな」って炭治郎と一緒に行動するはず。
    あの台詞は、戦いに勝ったから出た言葉じゃなくて、負けても同じことを言ったと思うんだよなあ。ううん、何なんだそのすべてを受け入れた行動と態度は。

    ほんとに16歳か?


    羽織が破れて、隊服の「滅」の文字が見える必殺技のコマ、彼が戦いに関してちゃんと目を背けずに相対し、この兄弟子との戦いが彼の鬼殺隊士としての〈本当の覚醒〉や〈はじまり〉を意味してるような気がしてならない(深読みしすぎかもしれないが)。

    主人公がもちろん主体だから、戦いのページこそ少ないけれど、読み取れるものがありすぎて泣いた。マジで。

    もうみんなで海外旅行とか言ってくれ。
    じゃないと読者の心が死ぬ。

全31件中 1 - 10件を表示

鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックス)のその他の作品

吾峠呼世晴の作品

鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする