斜陽 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.73
  • (1029)
  • (1136)
  • (1853)
  • (119)
  • (20)
本棚登録 : 9232
レビュー : 1077
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101006024

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なっかなかの衝撃作な気がする…
    直治の遺書、からのかず子の手紙。ひゃーっ…!

    最後の貴婦人である母、破滅への衝動を持ちながらも”恋と革命のため”に生きようとするかず子、麻薬中毒で破滅してゆく直治、戦後に生きる己れ自身を戯画化した流行作家上原。
    4人4様の滅びの姿を描く…。

    「民衆の友」になりたくて、周りに馴染もうとしたものの、うまく生きることのできなかった直治。「僕は、貴族です」と言って死んだ直治がなんだか哀れで、不憫で…最後の遺書は少し泣けました。
    貴族育ちがコンプレックスの直治と田舎育ちがコンプレックスの上原との対比…各々苦悩して生きているのにわかりあえないものだなぁ。

    かず子の成長の物語とも読めますが、私はもうかず子が怖くて怖くてしょうがなかったです。
    死に向かう直治に対してなんて生きる力にみなぎっている女性なんだろう。
    どんどん強くなるかず子、そして貴族の強い時代の終わりを告げるかのようにどんどん弱っていく母。
    母娘の共依存みたいな関係性もちょっと怖かった…

    母、かず子、直治、上原、みんなどこか痛々しい。
    それぞれの立場でこの時代の変容について考えるのもおもしろいのかも。
    そういう風に難しく考えずとも、読んでいて普通におもしろかったです。
    太宰治の文章って、嫌いじゃないかも。と思えた一冊です。
    もう一度、じっくり読もうと思います。

    • けいたんさん
      はじめまして(^-^)/

      リフォローありがとうございました。

      斜陽は好きな小説のひとつです。
      内容はちょっと困ってしまう事も...
      はじめまして(^-^)/

      リフォローありがとうございました。

      斜陽は好きな小説のひとつです。
      内容はちょっと困ってしまう事もありますが、文の美しさがなんとも言えなくて。
      太宰の文章が嫌いじゃないかもと書いてあって嬉しくなりました(^-^)

      今、風が強く吹いているを読んでいます。
      yamatamiさん、好きな本の2位になっていますね。
      本当に素敵な話で毎日ドキドキしています♪
      明日の箱根駅伝予選会までに読み終わりたいのですが…微妙です(笑)

      では、これからよろしくお願いします。

      2015/10/16
  • 冒頭、かず子の母がスープを飲む場面からいきなり引き込まれてしまいました。
    ひらり、ひらりと燕のようにスプーンを運ぶ母の姿からうかがえるかつての日々と、現在のこの母子の境遇の差にくらりとさせられるのです。
    物語が始まった時点で、すでに彼らの滅びの予感は漂っているのですが、どんどん濃厚になっていく滅びの色から目が離せなくなってしまいました。

    語り手のかず子、彼女の母、弟の直治、小説家の上原。
    この主要な登場人物たちには、共感できない部分や思わず眉をしかめたくなってしまう言動もあります。
    しかし、自分の中にもこの4人がいるような気にさせられるから不思議です。
    程度の差こそあれ、きっと誰の心にも4人は潜んでいて、普段はそのことに気付いていなくても太宰治の文章を読んでハッと気付かされているのではないでしょうか。

  • 断片でとるととても秀逸で、寓話に富んでいる。
    全体を見ると、これはこの時代に、その空気のなかだからこそ書けるのだとおもう。
    太宰はほんとうに、その時代の空気感、人の心の機微を肌で感じる作家であったのだ。
    その肌感覚の鋭敏なること!
    それを言葉で表せるかという驚きが、何十年もたった今でも、鮮度高く、身に迫ってくるのだ。

    さいごの解説も秀逸です。

    だいぶちがうけど、朝井リョウとかはいつかこういう本が書けるかもしれない。

  • またひらりと一さじ、スウプをお口に流し込み…
    スウプをひらり?普通ならおかしいと感じるこの表現をお母さまなら全然おかしくない、そう思わせる太宰治はすごい。
    この作品に出てくる4人すべてに似ているらしい太宰治。
    どれだけこの世の中が生きにくかったのだろうか。

    • yamatamiさん
      けいたんさん、はじめまして、こんばんは!
      こちらこそ、フォローしていただいてありがとうございます!コメントまでいただいて、とてもうれしかっ...
      けいたんさん、はじめまして、こんばんは!
      こちらこそ、フォローしていただいてありがとうございます!コメントまでいただいて、とてもうれしかったです(*^^*)

      太宰治の作風と、文章の美しさとのギャップが不思議と心地よくて...いろいろ挑戦したいなと思います(^^)

      明日は予選会!うわぁ、熱い、熱いですね!!
      作品を思い出すと、胸が熱くなり、涙がでそうになります。年末に向けて私も読み返そうかなぁ。けいたんさんの感想、楽しみにしております(*^^*)

      けいたんさんの本棚、かなり自分のツボで拝見していてとてもわくわくします!
      梨木香歩さん、私も大好きですー!

      またいろいろ語ることができたら嬉しいです。これからどうぞ、よろしくお願いします。
      2015/10/16
  • 衰退、妄想、破滅…。生きる事にどうでもよくなって酒に溺れ自殺、妄想癖からの不倫へ走って恋愛を生き甲斐にしたり…。闇があるから生き様が輝く!内容は泥々なのに読みやすく面白い。

  • 美しい、誇り高き心。

  • 戦争が終わった昭和20年。没落貴族となった上、父を失った親子がいた。“恋と革命”を掲げ、自分の信じた道を必死に生きる主人公・かず子。日本で最後の“貴婦人”であった穏やかな母。薬に手を染め、ゆっくりと破滅していく弟・直治。3人の親子は“貴族”というカテゴリに縛られ、もがき、それぞれの形で向き合っていく。

    進む道に正解はないけれど間違いもない。考え抜いて出した選択を信じて前に向かうだけ。孤独ではあるけれど、同時に強さもそこには見出せる。
    太宰治の作品に出てくる女性は、皆強さと逞しさを兼ね備えていて好きです。

  • お母さまがかわいい。

    直治の手紙の「僕は、貴族です」は、「僕は貴族であることから逃れられませんでした」ということだと思う。

    中学生のときに一度読んだ記憶があるけれど、今再読してみて実に味わい深い作品だったのだなあと実感した。

  • ひさびさ太宰!戦後没落した貴族の家庭の話。
    まず、思ってた以上に聖書のことばがたくさん出てきてびっくりした。太宰は聖書に興味があったのかしら!…と思ったけど、よく考えたらこの時代は上流階級の間でキリスト教思想が流行っていたので、貴族の実情の描写として用いられてたにすぎないのかもなぁ。。
    話の展開は暗いのに、最後不気味に明るい感じもして、太宰は不思議だなぁと思いました。

  • ・出てくる人出てくる人が分かりやすいくらい全て太宰の分身。自分の色んな側面を抽出して人物を創り上げてる。一人何役も演じてるよう。

    ・一方でかず子の母、上原の妻は太宰の理想?

    ・今は死語になったキレイな日本語たちを挟まれた中の、「...殴るわよ?」はまさにかず子の心の中の蛇を感じた。
    一文だけで頭に焼きつくセリフを書く。やっぱり太宰治好きだ。

著者プロフィール

1909年6月、青森県生れ。学生時代から小説の創作を始める。東大仏文科入学を機に上京。在学中に非合法運動に従事するもやがて転向し、以降、本格的な執筆活動を開始する。1935年に「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。1939年に結婚し、「富嶽百景」や「女生徒」、「走れメロス」などを発表。戦後には『斜陽』がベストセラーとなり、流行作家となる。「人間失格」を発表した1948年の6月に、玉川上水で入水自殺。織田作之助、坂口安吾らと共に「新戯作派」「無頼派」と呼ばれた。

「2019年 『太宰治 女性小説セレクション 誰も知らぬ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斜陽 (新潮文庫)のその他の作品

太宰治の作品

ツイートする