一年ののち (新潮文庫)

  • 新潮社
3.44
  • (17)
  • (23)
  • (76)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 402
感想 : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102118030

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一年とは短いようで、人生の全て、始まりから終わりまでの一連の流れがそこには集約されている。そこには必ず一つのベクトルが敷かれており、その流れは何者にもどうする事も出来ない。人はその大きな流れに絶望し、感嘆とする。空虚な流れを、パリに住むある階級の男女間の交流に描いたフランソワーズ・サガンの第3作目。

  • (ひとは孤独を糧にして生きてるんですよね、
    愛はよくわからんけど、恋は人を孤独にする、たぶんそう)

    この小説に漂う雰囲気をして、
    あきらめ、とか虚無、とか言うけど、まあそれももっともだ、
    一秒、一時間、一日、一年、
    生きるってことはただ時間を消費するだけなのに、すべては変ってゆくのに、
    永遠や、挽回や、(満たされる)幸福、なんてものを信じる方がよっぽどあほらしいよな、と思った。


    「ええ、わかってるわ。」と、ジョゼが言った。

    サガンなんか読んでる場合なのか、夏。

  •  人の数ほど男女関係もさまざま。特別な筋がある本ではなく、複数の男女関係の入り乱れる様子を描いたもの。その中から見えてくる、恋愛関係の曖昧さと、恋愛に求める価値観の違いが面白かった。
     今の自分では、彼らの哲学はほとんどわからない。だけど、恋愛に対する様々な価値観に触れられたことは大きい。そして、男と女の間には、超えてしまうと戻れない曖昧な一線があるのかなと考えた。
     熟練したように見える人々でも、恋愛感情に弄ばれるものなのかな。

  • 気に入ったのは、静かな諦めと、薄笑いの中の絶望と、友人に対する嫌悪と、愚かな自分。
    ぼくにとっては、ベアトリスに恋する愚かなアランも、ジョゼと語り合う虚しいベルナールも、ファニーに慰めを求める堕ちたエドワールも愛すべき友人であり、憎悪すべき自分自身だと感じる。
    相手がいる身で女と共に寝、感動した口調でその夜だけの愛を語る。
    でもそれが酷い事だろうか。肉体的な欲望ならまだ止める理性はあるが
    逃れられない悲しみや差し迫った絶望の中でその場の優しさに心許してはいけないだろうか。
    辛い時にそばにいて優しくしてくれる人がいたら。
    そんなことを考える。

  • あとがきにもあるように、スリルや刺激を求めるはちょっと違う作品。男女の恋愛群像劇。途中から、この人誰だっけ?と混乱することがありつつも「恋愛って往々にしてこんなもの。でも、そこに味わいがあるよね」と言われた気になる。さすがサガンである。

  • いつごろ読んだのか?
    サガンの3作目

  • 佐藤真由美「恋する世界文学」つながり。パリのふた組の夫婦、二人の女性をめぐる恋愛模様。とりとめないといえばとりとめないのだけれど。人の気持ちが変わるのは光速の17倍に、と仏典にあるという木皿泉のエッセイを思い出しつつ。そしてうまくいくかどうかは多分にタイミング、相手のご機嫌がうるわしいかうるわしくないかという側面も。そしておおっぴらに他に好きな人がいても隠そうともしない側面もあったり。最後はまた振り出しに戻ったような。読み終わってみれば、ベルナールの吐く言葉に一番惹きつけられていたのかもしれない。/文化とは、何もできない人間に残された唯一のものなのさ(ベルナール)/どうして、ある人たちからは何かを感じ、ほかの人たちからは何も感じないのだろう?(ベルナール)/そんな問題じゃないんだ。おれは分けあわないんだ(ジャック)/彼は、情熱というものが、人生にとってなくてはならないものであることを知りすぎるほど知っていたのだ。それから、情熱が君臨しているときはそれなしには生きられないということも。そのくせ、そうでない時、我々は結構情熱なしで生きられるのだが(アラン)/人は叫び声をあげて生まれる、それは意味がないわけではない、それからあとは、この叫び声の徐々に弱まった続きでしかないのかもしれない。(ベルナール)/人生には恋以外のこともあるのだ、と彼は気づいた(エドワール)/不幸は人に何も教えず、あきらめた人間というものは醜い(ベルナール)/われわれはまたもや孤独になる、それでも同じことなのだ。そこに、また流れ去った一年の月日があるだけなのだ(ベルナール)/以下備忘録的、人物一覧。アラン …ベアトリスが好き/ファニー …アランの妻ベルナール …ジョゼが好き/ニコル …ベルナールの妻ベアトリス …女優志願/ベアトリス夫エドワール …アランの甥。ベアトリスが好き。/ジョリオ …ベアトリスが好き。ベアトリスに良い役を与えられる劇場支配人。アランの友人。ジョゼ …25歳の魅力的な女性/ジャック …医学生。ジョゼが好き。

  • 『ジョゼと虎と魚たち』より。

  • 淡々としているけれども実は昼ドラ並にドロドロとしている。
    サガンの登場人物達は皆好きになってしまうけれどベアトリスが特に好き。

  • 続編を読むために再読。

    粗くてエネルギッシュ、初期のブルーハーツのようなエネルギーを感じた。
    本当に自分が思ってることに迫っていくワクワク感、書いていて何かが明らかになって進んでいく興奮、それにのっかってただかきつらねた文章。実際にレベルがどうとかじゃなく、本人にとってそれを書くことにどういう意味があるかが何より大事なんだろう。いいなぁ、楽しかったろうなぁ。
    一つ一つの言葉が世界を広げていく、やりすぎてる位ロマンチックだけど、この世界ではそれがリアリティー。
    短編小説のように説明する言葉の数は少ないが、その選択は的確で、それがかえって人物、展開の濃さをうんでいるとおもう。
    おれはこの本好きだなぁ。

全35件中 1 - 10件を表示

フランソワーズ・サガンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランソワーズ ...
フランソワーズ ...
フランソワーズ ...
フランソワーズ ...
フランソワーズ ...
フランソワーズ ...
有効な右矢印 無効な右矢印

一年ののち (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×