インシテミル (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.50
  • (533)
  • (1637)
  • (1546)
  • (408)
  • (92)
本棚登録 : 10048
レビュー : 1422
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167773700

作品紹介・あらすじ

「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給十一万二千円がもらえるという破格の仕事に応募した十二人の男女。とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕する。それはより多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだった-。いま注目の俊英が放つ新感覚ミステリー登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 外部と隔絶された空間での人文科学的実験の被験者、時給1102百円、1日の拘束時間は24時間、期間は7日間。
    そんな破格のアルバイトに応募した男女12名。
    地下の部屋に通された12名は、実験の目的とルールを知る。人を殺した場合、殺された場合、殺した人を指摘した場合、ボーナスが出ます…
    各参加者にはそれぞれ異なる武器が与えられている。
    当初は冷静に対処しようとしていた面々だったが、3日目の朝に死者が出る…。

    閉ざされた空間での殺人ゲーム。
    3日目の夜のあたりは特に、怖い怖い怖い、と恐怖でした。
    途中、「ええええこの人死んじゃった?!」と、続きが気になって気になって。。
    後半は心理戦というより解決に向けた推理中心で少し拍子抜けかも。
    でももしこれが、全員がお金に困ってボーナス点を虎視眈々と狙っているような状態だったら、もっと違う話になったんだろうなぁ。
    それはそれで読んでみたい気もするが、カイジとかの二番煎じになっちゃうのかな?

    すごくどきどきして面白かったし最後の終わり方も好きなんだけれど、いくつか解消されない疑問があって。
    特に、犯人がお金をほしかった理由について、読者の想像にゆだねすぎな気がする。
    気になってネットで色々見たけれど、みんな「?」で終わっているみたい。
    これは、もっと推理できる材料を与えてくれてもいいのにな。
    あと、あの人がこのゲームに参加した理由も納得がいかないなぁ。。
    どんだけ豪胆やねん、と思う。異次元の人なんだきっと。

    こういう閉じられた空間で複数人が死んでいくクローズドサークルものを読むと、自分だったらどう行動するかとか、この中にいた場合の立ち位置を考えてしまう。
    私はチキンな妄想家なので、狡猾な犯人役や冷静沈着な探偵役には絶対なれなくて、途中で「もういや!こんな場所!誰も信じられない!」とパニックに陥ってひとりで部屋に籠り、後で部屋で死んでいるのを発見されちゃう系の、中途半端な(2人目か3人目の)被害者あたりかしら。
    でもできれば、名探偵の推理を拝聴して驚き、「そ、そうだったの、〇〇さん!どうして!」とか言ってる脇役生存者がいいな(笑)。
    まぁ今や、外部との接触が許されない場所なんて、ミステリーの世界以外には残されてないと思うのだけど、そんな妄想もけっこうコワ楽しい。

    ちなみに、寝る前に途中まで読んでから寝たところ、悪夢にうなされて起きました。夜読む方は気を付けて。

    • まろんさん
      マリモさん、こんにちは♪

      米澤穂信さんは好きな作家さんなので、読破したいと思いつつも
      超弩級のチキンな私は、テーマがテーマなだけに、この本...
      マリモさん、こんにちは♪

      米澤穂信さんは好きな作家さんなので、読破したいと思いつつも
      超弩級のチキンな私は、テーマがテーマなだけに、この本には手が出せなくて。。。

      でも、きっと、パニック→籠る→いつのまにか死んでる、という
      中途半端な被害者になること必至の私も
      脇役生存者というラッキーな立場には憧れます(笑)
      朝早くから読み始めて、日が高いうちに読み終われば平気かなぁ?(>_<)
      2012/12/02
    • マリモさん
      あ、まろんさん♪

      ちょうど私も今ブクログ見てたところです~。いつもコメントありがとうございます♪

      真ん中あたりが一番怖いんですよ~(;;...
      あ、まろんさん♪

      ちょうど私も今ブクログ見てたところです~。いつもコメントありがとうございます♪

      真ん中あたりが一番怖いんですよ~(;;)
      夜の場面を夜に読まない方がいいです!
      私は変なところで区切って寝てしまったので、悪夢の原因になりました。
      でも最後の方はそうでもないですし、読後感もそんなに悪いわけではないです(…と思うのですがやや麻痺しているかも)。
      きっとお昼だったら、読み通せるのではないかと思いますー。人は死ぬので元気なときに!

      私はまだ、ボトルネックとインシテミルしか読んだことがないのですが、米澤さんは青春なお話も書かれてるんですよね。というより、そちらの方が多いのかも?
      私はまろんさんのレビューを参考に、今度は怖くない優しいものを選びたいと思います(笑)。
      2012/12/02
  • 伏線がすべて明らかになってはいないので、ちょっとモヤモヤが残るが、設定としては面白いな。

  • バトルロワイヤルとライアーゲームを足したような感じ。
    半分意外で半分予想通りだった。
    読みやすくて一気に読んだ。

  • 映画化もされた作品。

    地下閉鎖空間で、男女12人が主催者の「悪質」なサバイバルゲームに翻弄されていく話。

    「シークレットゲーム」や「クリムゾンの迷宮」でも使われた設定なので、使い古された感は否めない。
    ストーリー展開も「意外性」が少なく、登場人物の「個性」も中途半端。

    米澤作品の中で世間的には代表作ととらえられているが、単純に「おもしろさ」から言えば全作品中でも下のほうだと思う。

  • 大学

  • 推理小説というのは久しく読んでなかったが、この作品はとっかかりやすく、最後まで楽しめたと思う。
    読み進めていく上で、ともに推理を進め、後に覆されるという口惜しさを楽しめた。
    最後まで読んで、やはり、と思わされるものが多かった。オチはすごくよかったと思う。

  • 途中までは、設定や人間関係の緊迫感がすごく面白かった。けど、最後の方は、ちょっと物足りなかった。

  • 否定的な感想、以下、ややネタバレあり。
    登場人物の思考や行動が単純すぎる。皆中学生であればちょうどいいと思えるくらい。
    理不尽とか非論理的なのではなく、無・論理的。
    ストーリーに都合のよい思考や行動だけをさせているからそうなってしまうのか。
    バトルロワイヤルやキューブ、ソウといったお話のような舞台装置を使ってみたかったので書いてみましたー、という感じ。
    ありえない設定を使うというのは物語の醍醐味だから、それを否定するものではもちろんないが、その設定をいかにもっともらしくして引き込んでくれるかというのが、少なくともぼくが期待すること。けっこう複雑な設定で、「主催者」もずいぶん饒舌であるのにも関わらず、そこに何らかの一貫性や根拠を感じさせるものがないので、逆に非常に嘘っぽくなってしまっている。
    さらに、その極端な設定の中でこそ、登場人物たちの振る舞いが人間の業や性を露わにする、そこにそうした設定を持ち込む意味があるはずなのだが、閉鎖空間の中で人の死をもたらすことに対しての葛藤や煩悶がほとんど感じられず、人を殺すことや殺人をあえて傍観することに対する動機の重さも描かれない。なので感情移入がしにくく、何かドット絵のキャラクターをやっつけるゲームをぼうっと見ているかのような感覚。
    「殺人をゲームのように楽しむとは!」と言っているのではないですよ。架空のことなのだから、そこで起こる殺人を題材に「楽しむ」のは小説ならでは。
    でも、この小説は、物語を楽しむというよりも「設定」を楽しんでいるにすぎないのではないか。

    設定の嘘っぽさについては百歩譲るとしても、このような「設定だけを楽しむ」話がそれなりにウケているようであることは、ぼくを不安にさせる。
    深く考えない、想像することをしない。小説自体がそのようになっているし、作者も読者にもそのことを求めていない。そしてウケているということは、読者もそれで満足しているということ。
    ぼくは、「生きている人間の姿」がないのでツマラナイと思うのだけれど、これが面白いのだとするならば、生きている人間の姿などあまり見たくない、という人が多いということなのかもしれない。
    想像力を働かせるよりも、目の前の事象に単純に反応することが「生きること」になってしまっているのかもしれない。

  • どういうオチなのだろう? と不安になりつつ読んでいたが
    思っていた以上にしっかりオチがあって、唸らされた。

    主催者の意図がどういう形で語られるのかと思っていたが
    最後まで語られることはなく・・・「興業」という言葉に代弁される

    鬼気迫る中の緊張感の描写は、うまいな~と

    登場人物が多い割に、キャラ付けがしっかりしていて
    その点では読みやすかった

    ストーリー自体は不気味だが面白く、読みやすくはあったけど
    著者はなにを伝えたかったのか

    欲望に理性が支配されてしまった人間
    男気あふれるやつ、姑息な奴
    プライドに支配される人間

    いろんな人がいるということか
    想像もできないけれども、自分だったらどうするだろう・・・

    もしかしたら、小説を読んでいる自分自身は
    主催者の立場から傍観し、ともすれば楽しんでしまっているのかもしれない
    そんな自覚は全くないけれども・・・ ある意味、危険な小説

  • 時給十一万超の実験モニターに応募した人々が《暗鬼館》という舞台で殺人ゲームを繰り広げる……本格ミステリを主題にしたデスゲーム小説。2010年に『リング』の中田秀夫監督によって映画されているので、タイトルを耳にしたことがある人も多いはず。映画版は主演の藤原竜也を意識してか、前年に公開され大ヒットした『カイジ 人生逆転ゲーム』を彷彿させるようなエンタメ作品(キャッチコピーは《究極の心理戦!》)となっており、原作の魅力であるミステリよりもデスゲーム要素を強調していた印象。残念ながら、実写のほうはあまり評判もよろしくない。
    だが、小説では「厳密なルールが定められた空間での殺人劇」という設定が非常にうまく練り上げられており、キャラクター造形の巧みも相まって一級のエンタメ作品となっている。恐怖・殺人・疑心暗鬼といったファクターが物語の核となるミステリとデスゲーム的世界の親和性は高く、飽きることなく読み進めることができた。
    この作品ではゲームの参加者全員に一つずつ「凶器」が配布されることで、謎解きに新たな要素が与えられている。作中に登場する凶器が一つであれば、読者(探偵)は通常フーダニットを追求するが、本作の環境下では必然的に「誰の凶器を使って?」という、いわば《フーズダニット》に焦点が当てられることになる。Aという凶器を用いて犯行が行われたが、その凶器を所持しているのはBという人物……しかし、Cが凶器をすり替えた可能性はないだろうか? といった具合である。お馴染みの密室やアリバイトリックは出てこないが、こういった斬新な謎が提示されるのは嬉しい。
    もちろん、推理小説に興味がなくともサバイバルゲーム的な読み方で楽しむこともできる。新本格以降の作品によくある「騙される快感」はやや物足りないが、それでも十分お勧めしたい一作だ。

全1422件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)
1978年、岐阜県生まれの小説家、推理作家。金沢大学文学部卒業。
大学在学中から、ネット小説サイト「汎夢殿(はんむでん)」を運営し、作品を発表。大学卒業後に岐阜県高山市で書店員として勤めながら、2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞し、デビューに到る。同作は「古典部」シリーズとして大人気に。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)、2014年『満願』で第27回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。『満願』は2018年にドラマ化された。直木賞候補にも度々名が挙がる。
その他代表作として週刊文春ミステリーベスト10・このミステリーがすごい!・ミステリが読みたい!各1位となった『王とサーカス』がある。2018年12月14日、集英社から新刊『本と鍵の季節』を刊行。

インシテミル (文春文庫)のその他の作品

インシテミル (文春文庫) Kindle版 インシテミル (文春文庫) 米澤穂信
インシテミル 単行本 インシテミル 米澤穂信

米澤穂信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

インシテミル (文春文庫)に関連する談話室の質問

インシテミル (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする