検察側の罪人 上 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.59
  • (32)
  • (109)
  • (115)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 899
レビュー : 72
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167907846

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雫井さんの作品を読むのは、火の粉に続いて2作目かな。

    少し前に、太田愛さんの書いた”幻夏”を読んでなぜ、冤罪が起こるのか?という流れを知ったが、これもそれと同じで検察側の人間が冤罪を作り出している。

    本来ならば、法の下において正しい手順で裁判を迎えなければいけない検察官の最上が、自分の個人的な感情(正義感?)とエゴで暴走していく姿は正直、気分が悪い。だからと言って、ここに出てくる弓岡や松倉が良いのか。と言われれば当然、そんなはずはない。彼らも罪をおかした罪人なのだから。

    読んでいて気持ちの良い小説ではないけれど、ページをめくる手が止められなくて上巻を一気に読んでしまった。下巻では、沖野と最上、そして松倉の関係性がどう変化していくのか先が気になるところである。

  • 映画は見ていない。ベテランのエリート検事が自分の正義の為に壊れていく様が描かれていてチョット怖い。下巻をすぐに読み始めよう。

  • 映画先行で小説を読み始めた。
    行き着く先は知っているが面白い。

  • 久しぶりに実用書と漫画以外の本を読んだ!

    (下)で感想書きます。
    でもおもしろそうな雰囲気パンパンです(*^^*)

  • 検察でのキャリア形成のケースなど、内部事情が細かく描かれている。最初は読みにくいか、途中から面白く成っていく。

  • 老夫婦殺人事件の容疑者に23年前の未解決事件の重要参考人が。重要参考人の松倉が未解決事件の関与を認めた後、最上検事は松倉を罰するため、自ら手を汚し工作を開始する。

  • なかなかの緊迫感で進んでいく。上巻の残り四分の一で急激な展開が。

  • 映画を見たので原作も、と購入。
    展開が分かっているからか、色々と回りくどいようにも感じてしまったが、本来正しい姿はこちらなのだろうと思った。
    下巻も早く読み終えたい。

  • 【作品紹介】
    蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に時効事件の重要参考人・松倉の名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。正義のあり方を根本から問う雫井ミステリー最高傑作!

    ※感想は下巻読了後に記載。

  • 2018年6月14日読了。最初はあまり波のない話なのかなーと読むペースも遅く進み具合も芳しくなかったですが、途中から急旋回!すごく面白くなってきました。これは下巻が楽しみで仕方ありません。

著者プロフィール

雫井 脩介(しずくい しゅうすけ)
1968年、愛知県生まれの小説家・推理作家。専修大学文学部卒業後ひとたびは就職。出版社などを経て、1999年内流悠人(ないる ゆうと)という筆名で応募した『栄光一途』が第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、2000年同作でデビューする。
2004年『犯人に告ぐ』が、2004年版「 週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位、第26回吉川英治文学新人賞の候補として選ばれ、第7回大藪春彦賞を受賞。豊川悦司主演にて映画化・ドラマ化。代表作となる。
2006年に恋愛小説『クローズド・ノート』を発表し、沢尻エリカ主演で映画化。2013年刊行の『検察側の罪人』は2013年度「週刊文春ミステリーベスト10」4位など評価を受け、2018年8月24日木村拓哉・二宮和也共演で映画化。

検察側の罪人 上 (文春文庫)のその他の作品

雫井脩介の作品

ツイートする