アンテナ (幻冬舎文庫 た 12-7)

  • 幻冬舎
3.25
  • (57)
  • (139)
  • (526)
  • (43)
  • (9)
本棚登録 : 1483
感想 : 162
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344402478

作品紹介・あらすじ

大学院生・祐一郎の妹は、十五年前のある朝、忽然と消えた。必死にその行方を探した家族も、七年前の父の死から、母は新興宗教にのめり込み、弟は発狂していく。なんとか家族を支えようとする祐一郎だが、SMの女王様ナオミと出会ったことで封印してきた性欲が決壊し、急速に何かが変容し始めていた…。衝撃の話題作、文庫改稿版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2007.12
    田口ランディはダメや。変態か。すでに記憶に残ってない。

  • 盛り上がりはあるが、結末は今一歩。

  • んー…
    田口ランディっぽさは出てるけど、私的にはイマイチだったかな…

    15年前にいきなり失踪した妹。
    その影にずっと翻弄される家族。
    自傷癖のある兄、新興宗教にハマる母、精神病院に入院した弟。

    話の内容的にも私の好きなん感じだったんですが、前作のコンセントがほんとに秀逸だったので、期待が大きかった部分もあるかな。

    ラストももう少しインパクトがほしかった…

    これは再読はないと思います(ノД`)

  • 難しかった… 私は最初のミステリーっぽいところは東野圭吾さんに、SMのくだりは山田詠美さんに描いて欲しかったなーと思った…
    描写もなんかつまらない!
    しかもあまり意味わからない!

  • 後半は飛ばし読み。

  • オカルト的な小説。好みが分かれそう。
    途中かなり飛ばし読みした。

  • 99/100
    『アンテナ』は盗作が発覚して絶版となり、“改稿”して文庫化された。
    らしい、改稿ってなんなんだ。
    ふつう発行停止じゃないのか。
    元原作は『Fuckin' Blue Film』(藤森直子・ヒヨコ舎)なんですって。
    田口ランディ2冊目で期待して読んだが、
    今回は盗作疑惑がわたし的には驚いたので、内容的には特にコメントなし。
    あえて書くなら、アンダーグランドなら村上龍なんじゃない。
    この本は後味がわりとすがすがしく感じてしまい、苦々しい気味悪さは残らなかった。

  • コンセントと傾向が同じ。
    結論だけ知りたくなるストーリーは、
    好きじゃない。

  • ただのエロ小説かーい!
    って思った私は浅はかでしょうか。

    思考が深すぎてついていけない。
    ランディはエッセイからはじめよう。

  • つまらなさすぎる。夢と幻ネタばかり。こんなのが売れてよいのだろうか。こんな人の本は2度と読まない。初の☆1つなのでは。

全162件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。

「2015年 『講座スピリチュアル学 第4巻 スピリチュアリティと環境』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田口ランディの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×