山女日記 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.66
  • (79)
  • (197)
  • (168)
  • (29)
  • (6)
本棚登録 : 1491
レビュー : 171
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344425163

作品紹介・あらすじ

こんなはずでなかった結婚。捨て去れない華やいだ過去。拭いきれない姉への劣等感。夫から切り出された別離。いつの間にか心が離れた恋人。…真面目に、正直に、懸命に生きてきた。なのに、なぜ?誰にも言えない思いを抱え、山を登る彼女たちは、やがて自分なりの小さな光を見いだしていく。新しい景色が背中を押してくれる、感動の連作長篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頂を“征服する”事が目的なのは男たちの登山。
    ここに登場する女たちは、目標として頂上は目指すが、むしろ“道程”が大切なのだ。

    そして「山」は、彼女たちにとって乗り越えなければならない人生の問題を象徴しているようでもある。
    普段見られない景色の中に自分を置いたら、何かを感じる。何かが変わる。

    「山女日記」は、作品内に登場する、山好きな女子たちのための情報交換サイトの名前でもある。
    “山ガール”が流行っているというけれど、いざ登ってみると若い女の子をそんなに見かけない、というのが登場人物たちの感想。
    流行はすぐに変わるし、“流行り”だけでノるには登山は覚悟が必要だからだろう。
    その前から、中高年の登山ブームが続いている。
    心乱れ、少し息も上がった彼女たちの横を、中高年のグループがしっかりした足取りで楽しげに追い越していく様も描かれている。
    年季が違うのかもしれない。
    人生も、多分そうだ。


    『妙高山』
    デパート勤務の律子は、催事の「アウトドアフェア」にヘルプで入って、一足の登山靴に心奪われる。
    苦手な同期の子と二人きりで、屈託を抱えたまま妙高に登ることになる。

    『火打山』
    若い後輩から「バブルを引きずっている」と前世紀の遺物のように言われている美津子。
    山に誘ってくれた神埼も、“美津子さんに合わせようと思って”と高級なもてなしをしようとする。

    『槍ヶ岳』
    事故や遭難に遭う中高年の見本が木村さんです。
    ひとりで山に登りたいしのぶは、迷惑するが…
    山が好きだった父と、いつも帰りを待つだけだった母を思い出す。

    『利尻山』
    雨女の希美は、医者の妻となって優雅に専業主婦をしている姉から「北海道に旅行しよう」と呼び出され、はめられて登山することに。
    案の定天気は下り坂。

    『白馬岳』
    希美は再び姉と登山する。
    なぜかピカピカの青空だ。
    同行した姉の娘、小学校5年生の七花のおかげだろうか。
    七花は、パパも一緒に来られなかったことを残念に思っている。
    近すぎて見失っているものもある。

    『金時山』
    律子、由美と同期3人組の舞子。
    なんてったって富士山がナンバーワンなのに、行き先にリクエストするたび却下されるとは何事!?
    自分の足元は見ることができない。
    少し離れてみることも大切。

    『トンガリロ』
    15年前を辿る旅。
    すれ違った、でも本当に好きだったのだ。
    柚月は思い出の色に帽子を染め、遠くに旅に出す。

    『カラフェスに行こう』
    単独行が好きという人も多い。
    一人で行けば…山は考え事をするのにちょうどいい。
    でも、ちょっと山友達もほしくなった希美。

  • こんなはずでなかった結婚。捨て去れない華やいだ過去。拭いきれない姉への劣等感。夫から切り出された別離。いつの間にか心が離れた恋人。…真面目に、正直に、懸命に生きてきた。なのに、なぜ?誰にも言えない思いを抱え、山を登る彼女たちは、やがて自分なりの小さな光を見いだしていく。新しい景色が背中を押してくれる、感動の連作長篇。

  • 湊かなえ2冊目。
    人に貰ったので、せっかくだからと読み始めたけれど、タイトル・装丁・あらすじ…どれを取っても面白そうに思えない…。
    そんな不安を抱えながら読み始めましたが、低いハードルで読み始めたせいか、意外に面白かったです。面白いけれども、エンタメ的ではないので、そこを期待して読むと、肩透かしを喰らうと思います。
    湊かなえと言えば、イヤミスのイメージしかなかったので、そこも構えて読み進めてましたが、そんなこともなく。読んでいると、自分も山に登ってみたいなあと、ぼんやりと思ったりもしました。

    連作短編集だけど、時間を空けて読む。なんてことを数回繰り返したせいで、それぞれの登場人物のことを朧気にしか思い出せないので、一気に読んだ方が(なんの本でもそうかもしれないけど)、もう少し楽しめたのかもしれない…とちょっと思いました。
    ただ読んでいる間は、終始、「自分も山を登ったりしてみたら、価値観が変わったり、抱えてる悩みがバカバカしくなったり、新しい発見があったりするんじゃないか」という好奇心というか憧れというか、そういう思いを抱いたので、読んで良かったです。

    まあ、あらすじは嘘を書くわけにいかないので仕方ないとして、タイトルと装丁はもうちょっと何とかした方が…という印象です。
    「湊かなえ」というネームバリューがあるから、ファンの人とかは買うかもしれないけど、そうじゃない人が書店とかで見かけたときに、「面白そう!」とはまず思わないんじゃないか…と思ってしまいました。そう言った意味では、勿体無い気がします。
    個人的には、「花の鎖」よりは、こっちの方が好きでした。

  • タイトルどおり、山ガールたちの登山にまつわるお話が全部で8編載っています。
    一話ごとに主人公が異なりますが、連作なので前に密かに登場していた人が後のお話でクローズアップされていたりするので、注意深く読むことが肝心です。
    (私もこの人誰だっけ?とページを戻して読むことがしばしば…)登山は一人で登るのも良し。仲間同士で行くのも良しですが、決して楽な行程ではないので(この本に登場する山も皆、標高のある山ですから)途中人間同士の色々なドラマがあります。下界の生活では分からない姿が見えてくることもあるので、意外性が吉と出るか、凶と出るかその後の人間関係を左右することもあるようです。
    人それぞれ色々な荷物を持ちながら登り、帰りは軽くなる人もそのまま抱えて帰る人も、荷物をどうしようかと思いあぐねる人もいて…山に登ると風景も季節ごとにお天気ごとに違ったり登山は当に人生そのものですね〜
    前に読んだ北村薫さんの登山小説は、ご自分は全然登らないで書いたそうですが、湊さんは実際に登ったのでしょうか…気になります。

  • ★3.5
    これまで主流だったミステリではなく、登山を通して新たなる一歩を踏み出す女性たちを描いた優しさ溢れる1冊。とは言うものの、やっぱり女同士の面倒臭さはしっかり健在。一緒に働いていても相容れぬ同期、立ち位置が難しい女子3人組、虚勢を張り続けてしまう姉妹等、彼女たちが抱く感情は私自身が抱く感情と同じ。が、例えそれが負の感情であっても、取り繕うことなく綴る湊かなえが好きなのである。人生の決断や思い出との決別等、山と向き合う彼女たちの胸中は人それぞれ。登山の趣味はないけれど、その景色を見てみたい、と思った。

  •  自分の現状にどことなく鬱屈を感じる女性たちが、それぞれの思いを抱えながら、登山に挑む様子を描いた連作小説。

     湊さんの人間描写、心理描写がますます冴えてきていることが分かる小説です。

     結婚や離婚、姉妹関係、彼氏との関係……。悩みのある女性が山に登っていく中で、その思いを変えていく、という似た展開の話ながら、それぞれの心理描写や立場が見事に描き分けられています。

     そのため話に飽きがくるどころか、いずれの悩みや鬱屈も包み込む山の大きさや偉大さ、そして登場人物たちの変わっていく姿を、さわやかに受けとめられる作品となっています。

     この作品で印象的だったのは、湊さんらしい、嫌みな登場人物やリアルな負の感情も書かれるのですが、それが話の負の方向に作用するのではなく、正の方向に作用することです。

     調子のいい同僚、偉そうな登山者、説教ばかりする成功した姉夫婦……。そしてそれに対しての鬱憤や嫉妬……。

    『告白』や『贖罪』などの初期の湊さんは、それを暴走させて、作品を作り上げていた印象があるのですが、最近の湊さんはそうした感情を、より等身大に近づけて、そして、それを打ち破る人の正の部分見出す、そんな作品が増えてきたような気がします。

     それぞれの悩みや鬱憤を抱えた女性たちの心理が、ゆっくりと解きほぐされていく姿は、湊さんなりの人間賛歌のように感じました。

  • 真面目に正直に懸命に生きてきたはずなのに、報われない人生。山を登る彼女たちに訪れる小さな光を、優しい視点で描き出す連作長編。
    いつもの湊かなえ作品とは違う趣が、しっくりくるか否かで評価が別れそう。私も何回か見出しに戻って作者を確認した。登山に全く興味がなくても、自然の荘厳さに圧倒される作品である。

  • 今まで読んだ湊かなえ作品とは印象が違った

    湊かなえはニュージーランドまで行ったのかなぁ
    なんて思いながら読んでいた

    短編ごとの主人公の心情に今までの自分を重ねながら
    仕事、恋愛、結婚について振り返ることができ
    同時にこれから自分はどうなりたいのかも考えられた
    結論は出てこないけどね。。

    でも結局、正解なんてない
    というか、自分がこれでよかったと
    納得できたらいいんだよね

    だから、迷ったり悩んだりして立ち止まっても
    引き返してやり直したくなっても、
    頂上目指して一歩一歩進んだらいいんだよね
    って励ましてもらえた

  • 山ガールでもいい。何も抱えず生きている人はいない。動機も目的もそれぞれ、山に登り降りる。その中で考えたりわかり会えたり、前に進めたり。
    重すぎず、かる過ぎず、気持ち良く読めた。この作家の推理ものより好きかも。

  • 湊かなえさん、好きです
    これは友人がからもらいました
    私は山を知らないけれど楽しめました
    流石の筆力です
    それぞれの悩みを抱えた女性が微妙にクロスしながら
    山から何かを得てまた歩いて行きます
    いいです!
    ≪ この景色 共有したい 人がいる ≫

全171件中 1 - 10件を表示

プロフィール

湊かなえ(みなと かなえ)
1973年、広島県生まれ。武庫川女子大学家政学部卒。
2005年に第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。2007年には第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。読んだ後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の優れた書き手として著名。
「聖職者」から続く連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。デビュー作でのノミネート・受賞は、共に史上初。2012年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)、2016年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。ほか、直木賞で度々候補になっており、2018年『未来』で第159回直木賞に3度目のノミネート。同年『贖罪』でエドガー賞候補となった。
映画化・ドラマ化された作品多数。特に映画では、2010年『告白』、2014年『白ゆき姫殺人事件』、2016年『少女』、2017年『望郷』と話題作が多い。

湊かなえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
湊 かなえ
湊 かなえ
湊 かなえ
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

山女日記 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする