団体旅行の文化史: 旅の大衆化とその系譜

著者 :
  • 創元社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422230443

作品紹介・あらすじ

団体旅行と聞くと、旗を持った添乗員に連れられた、主体性のない旅行者の集団、といったイメージが思い浮かぶ。

近年の観光学もまた団体旅行に対してはネガティブな評価をしがちで、団体旅行の発達によって「旅行のワンパターン化」ないし「旅行の画一化」が拡大されたといった言説が目立つ。

しかしながら、団体旅行の発展によって、誰もが安全に旅ができる「旅の大衆化」が進んだこともたしかであり、むしろ肯定的にとらえることもできよう。旅行機会そのものがまだ少なかった時代にあって、旅が体験できる貴重な手段でもあったのである。

一方で、団体旅行の発展は、交通網の整備、宿や食事の提供といった旅を支える諸条件はもちろん、旅人と旅先とを結びつける仲介者を必要とし、同時代の社会の変化と密接な関係にある。

そもそも、現代の多様化した旅も、こうした団体旅行のノウハウと経験の積み重ねを応用することで成り立っている。こうした点もまた、これまで十分に検討されてきたとは言えず、あらためて考察する意義があろう。

本書では、日本社会に団体旅行が定着していく過程を時代背景とともに読み解き、団体旅行の発展を日本の観光文化史のなかに位置づける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:384.3A/Y31d//K

  • 江戸時代のお伊勢参りに始まり、修学旅行、戦後の農協や社員旅行まで日本の団体旅行の系譜をたどる本。戦後の内容については当時旅行代理店で実際に各種団体旅行の販売や添乗員などを務めていた人からの聞き書きが中心。昭和30年代、新宿西口の高層ビル群がなくまだ浄水場があったころ、地方から夜行バスで早朝に新宿についた団体客がこぞって浄水場の空き地で野グソしていたとか興味深い話が多い。
    個人的には戦後の団体旅行についてもっと紙幅を割いてもらいたかったかな。(お伊勢参りなどは他にいろいろ本が出てるし)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

山本志乃(ヤマモト シノ)
1965年鳥取県生まれ。神奈川大学国際日本学部歴史民俗学科教授。博士(文学)。民俗学専攻。定期市や行商に携わる人たちの生活誌、庶民の信仰の旅、女性の旅などについて調査研究を行っている。著書に『女の旅――幕末維新から明治期の11人』(中公新書)、『行商列車――〈カンカン部隊〉を追いかけて』(創元社、第42回交通図書賞(歴史部門)受賞)、『「市」に立つ――定期市の民俗誌』(創元社)、『日本の民俗3 物と人の交流』(吉川弘文館、共著)、『落語にみる江戸の食文化』(河出書房新社・共著)、『絵図に見る伊勢参り』(河出書房新社、共著)、『乾杯の文化史』(ドメス出版、共著)、などがある。

「2021年 『団体旅行の文化史 旅の大衆化とその系譜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本志乃の作品

団体旅行の文化史: 旅の大衆化とその系譜を本棚に登録しているひと

ツイートする
×