誘拐ラプソディー (双葉文庫)

著者 :
  • 双葉社
3.59
  • (146)
  • (301)
  • (387)
  • (52)
  • (8)
本棚登録 : 2063
レビュー : 242
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575509700

作品紹介・あらすじ

伊達秀吉は、金ない家ない女いない、あるのは借金と前科だけのダメ人間。金持ちのガキ・伝助との出会いを「人生一発逆転のチャンス?」とばかりに張り切ったものの、誘拐に成功はなし。警察はおろか、ヤクザやチャイニーズマフィアにまで追われる羽目に。しかも伝助との間に友情まで芽生えてしまう-。はたして、史上最低の誘拐犯・秀吉に明日はあるのか?たっぷり笑えてしみじみ泣ける、最高にキュートな誘拐物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 素直な伝助、間の抜けた誘拐犯。漫画のような逃亡劇だが、心踊るハラハラ感が好きだ。
    爽やかなハッピーエンドだけど、お務めが終わったら、おじさんは生きてられるのかなぁ。

  • *伊達秀吉は、金ない家ない女いない、あるのは借金と前科だけのダメ人間。金持ちのガキ・伝助との出会いを「人生一発逆転のチャンス?」とばかりに張り切ったものの、誘拐に成功はなし。警察はおろか、ヤクザやチャイニーズマフィアにまで追われる羽目に。しかも伝助との間に友情まで芽生えてしまう―。はたして、史上最低の誘拐犯・秀吉に明日はあるのか?たっぷり笑えてしみじみ泣ける、最高にキュートな誘拐物語*

    のっけから自殺未遂コメディーで笑わせ、すっとぼけた伝助とのやり取りで吹き出させ、思わぬ展開に面白おかしく一気に読んでおりましたが…伝助の母多香子が一世一代の芝居を打つ部分でぐぐっと胸を掴まれました。そりゃそうだわ、母の気持ちになってみたら…面白可笑しく読んでごめんなさい…。ラストまで疾走感を失わず、無理のない着地も素晴らしい。軽妙な読後感もよし。

  • 親方を殴って逃走、金無し前科有の伊達秀吉が出会った少年はぼのつく職業の父を持つ大金持ち。うまい話が転がり込んできたと思いきや、人相の悪い方々に追われ、身代金どころか命が危うい!
    しみじみ泣け…はしないが、ダメ男が子ども(ただしちょっとバカ)と触れあううちに、自分の過去に向き合うようになっていく過程が、ギャグ展開も交えつつ続くので飽きない。やってることは最後まで犯罪ではあるが。しかし、伊達秀吉と名付けられた時点でぐれても仕方がない気もする。

  • 伊達秀吉は、金ない家ない女いない、あるのは借金と前科だけのダメ人間。金持ちのガキ・伝助との出会いを「人生一発逆転のチャンス?」とばかりに張り切ったものの、誘拐に成功はなし。警察はおろか、ヤクザやチャイニーズマフィアにまで追われる羽目に。しかも伝助との間に友情まで芽生えてしまうー。はたして、史上最低の誘拐犯・秀吉に明日はあるのか?たっぷり笑えてしみじみ泣ける、最高にキュートな誘拐物語。

  • 201804/映像化したら楽しそうだな、と思ってたらしてました。わくわくドキドキした物語。

  • 金なし家なし女なし、あるのは借金と前科だけ…。そんなダメ人間の伊達は絶望していた。
    死にきれずにいたところに幼い男の子が転がり込んできた。どうやら金持ちの子供らしい、
    カモがネギしょって勝手にやってきた。人生を賭けたギャンブルの始まりだ…!

    誘拐ドタバタ劇です。タイトルのイメージ通り、とは言え狂想曲と勘違いしていました。
    ラプソディー(狂詩曲)は、大騒ぎの様ではなく自由奔放なイメージなのですね。
    想像の上を行くような展開にはならなかったものの、さくさく読めて楽しめました。

  • 楽しく読めた!

  • 古典的なドタバタ逃走劇。だがそこは荻原浩、たっぷり笑わせ、最後はホロリとさせる人情味溢れるコメディーとなっている。登場人物全員が憎めないキャラ。漫才のような会話シーン、特に主人公(秀吉)と子供(伝助)のとぼけたやりとりは、もっと読んでいたいと思った。

  •  自殺しようとしていた伊達秀吉は、そこで偶然金持ちの子ども伝助を見つけ身代金目的の誘拐を思いつく。しかし、伝助にはある秘密があり……

     ユーモア小説を書かせるとやっぱり荻原さんは上手いなあ、と思います。冒頭の本気で自殺する気が全くうかがえない伊達の心理描写や一人語り、誘拐した子どもの正体を知ってからの伊達の煩悶、伊達と伝助の軽妙なやり取り、徐々に絆を深めていく二人、この手の描写は荻原さんでしか書けないものだと思います!

     ユーモアだけでなく、この誘拐劇が少年の成長、そして伊達の再生への物語にもなっているのもいいなあ、と思いました。そしてところどころで垣間見える、登場人物たちの優しさもまた心地よかった一冊です。 

  • (裏表紙より)
    伊達秀吉は、金ない家ない女いない、あるのは借金と前科だけのダメ人間。金持ちのガキ・伝助との出会いを「人生一発逆転のチャンス?」とばかりに張り切ったものの、誘拐に成功はなし。警察はおろか、ヤクザやチャイニーズマフィアにまで追われる羽目に。しかも伝助との間に友情まで芽生えてしまう―。はたして、史上最低の誘拐犯・秀吉に明日はあるのか?たっぷり笑えてしみじみ泣ける、最高にキュートな誘拐物語。



    ***


    笑えて、どきどきして、それから泣ける。最高に面白い1冊でした。いろんな形の家族が登場して、父親の形があって、登場人物全員が魅力的で、本当に面白かった。
    比較的長めですが、スピード感もあり、読むのを止められませんでした。いくつもの伏線がはられていて、どこに向かっているんだろう?主人公はどうあがいたって幸せになんてなれないんじゃないか?と思っていた私を裏切り、最高の形で完結させてくれました。
    伝助との友情もとても良かったです。このコンビが本当にすき!自殺しようとしていた男の数日間がこんな風に完結するなんて。荻原さんの本は何冊か読んでいて好きだな〜と思っていましたが、この本で決定的に好きな作家になりました。

全242件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年埼玉県生まれ。広告制作会社勤務を経て、コピーライターとして独立。97年『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。2005年『明日の記憶』で山本周五郎賞、14年『二千七百の夏と冬』で山田風太郎賞、16年『海の見える理髪店』で直木賞を受賞。『砂の王国』『花のさくら通り』『ストロベリーライフ』『海馬の尻尾』『極小農園日記』など著作多数。

「2018年 『それでも空は青い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

誘拐ラプソディー (双葉文庫)のその他の作品

誘拐ラプソディー 単行本 誘拐ラプソディー 荻原浩

荻原浩の作品

誘拐ラプソディー (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする