バカなおとなにならない脳 (よりみちパン!セ)

著者 :
  • 理論社
3.42
  • (20)
  • (37)
  • (102)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 381
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784652078112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なぁるほど、と感じることが沢山あって、とっても為になった。だって、とっても自然なんだもの。何度も読み返してみたい本。私は、養老先生に真っ先に叱られるべき親だな、って反省した。子どもを自分の概念でがんじがらめにしちゃあいけませんね。バカな大人にならない脳なんて言ったら叱られます。

  • よかった

    ただ養老さんって脳科学者のくせにやたら、バカとか言うよなー
    何でだろ

    ただこれ読んで子供天才って思ったな!
    大人にないタオを発言しまくると

  • 子ども達の素朴な疑問・悩みに答える形式。
    結果を簡単に求める大人や
    電化製品・ゲームなどボタンを押すだけで
    すぐに結果がでてしまう世の中を批判し
    学ぶプロセスの重要性を説く。
    子どもの頃は身体を使った経験をたくさんして
    その過程やままならないさを知りなさいって事かな。

  • B\100 小5の娘の為に購入したが、大人が読んでも充分納得できる本。バカなおとなにはなりたくないなぁ‥。

  • わからないことがあることを前提でものを考える謙虚さは必要だと思う。

    働け 農業しろ 

    という著者のコメントに意味があると思った。

  • 理論社のHP「人間科学なんでも質問箱」に寄せられた子どもたちの質問に、養老先生が明快?に答えておられる一冊。一番面白かったのは「言葉のできる動物とできない動物の脳の違い」に対する質問の答え。英語を習いだして最初に躓くと思う定冠詞と不定冠詞の違いをわかりやすく紐解いてくれてます。子どもたちもこういう教わり方だったらわかるだろうなぁと思います。科学の元になるものは自然とたくさん付き合う幼少の遊びの記憶だということがよくわかる1冊です。

  • こういう大人にはなりたくありませんね。。。

  • いろんな場所でいろんな経験をすること。完全な自然の中で体を動かすことが大切らしい。わかったような、わかりきれなかったようなところもあったけど、おもしろかった。養老さんがイラっとして答えてるのが、たまに伝わります。

  • 大人をバカにしてるところが、読んでる子供にとっては痛快w
    何がバカで、何がまともかってのは早いうちから知っとくべき

  • ■結論は農業が大切?みたいな。要は時代が悪い点もあって、とにかく無我夢中に体を動かしてみよう!っていう感じのオチが多くて。でも実際田舎のほうに住んでた自分としてはどれくらい田舎だったらいいのかっていうのが親としたら迷いものだなぁって思った。でも実際新発見も多かったかな。

全52件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

解剖学者

「2019年 『世間とズレながら、生きていく。(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バカなおとなにならない脳 (よりみちパン!セ)のその他の作品

バカなおとなにならない脳 (よりみちパン!セ) 単行本(ソフトカバー) バカなおとなにならない脳 (よりみちパン!セ) 養老孟司

養老孟司の作品

ツイートする