多動力 (NewsPicks Book) [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
3.80
  • (27)
  • (53)
  • (35)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 379
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (193ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 堀江さんの考え方を知ってればそこまで新しい情報は無いけど、「具体的にどう行動を変えるべきか」にフォーカスした内容なので、自分に照らし合わせて考えやすかった。

  • 「多動力」
    著者:堀江貴文   発行日:2017年5月27日
    評価:★★★★☆
    読破冊数:6/100冊


    ◼︎こんな人におすすめ
    ・堀江貴文が好きな人
    ・人生観を変えたい人
    ・好きなことで働きたい人


    ◼︎内容紹介
    堀江貴文のビジネス書の決定版! !

    一つのことをコツコツとやる時代は終わった。
    これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶ける。
    このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ。

    第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
    第2章 バカ真面目の洗脳を解け
    第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
    第4章 「自分の時間」を取り戻そう
    第5章 自分の分身に働かせる裏技
    第6章 世界最速仕事術
    第7章 最強メンタルの育て方
    第8章 人生に目的なんていらない


    Iotという言葉を最近ニュースでもよく耳にすると思う。

    これは、ありとあらゆる「モノ」が
    インターネットとつながっていくことを意味する。

    すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。
    この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

    そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる
    「多動力」なのだ。

    この『多動力』は渾身の力で書いた。
    「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。

    「はじめに」より
    著者について
    1972年、福岡県生まれ。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開。有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の読者は1万数千人の規模に。2014年8月には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタートした。引用先:Amazon

    ◼︎この本から学んだこと
    「とにかくチャレンジしようという行動力とアイデアを進化させる力が求められる。」
    今やりたいことをチャレンジするということがどれだけ重要なのかを学ぶことができる本。とくに第1章のこの文は考えさせられる。
    「見切り発車でいい」まず始めることがいかに重要か!そこが一番のポイントだと改めて知らされた。
    完璧主義な面がある自分にとって、「不完全でもいいからとりあえず始めてトライ&エラーを繰り返すほうが有意義」であると心を打たれる文。

    とりあえず、そろそろ思いついたものから始めてみようと思う。
    そう思わせてくれた本でした。

  • ホリエモンはどこを切ってもホリエモン

  • 自分の有限の時間をワクワクするものにだけ使うためにはどうすれば良いかという本。そもそもワクワクすることが少ない人には不要かも。ホリエモンほどではないが私もやりたいことは多い方なので参考になる。私はプロジェクトに関わるのであれば、作ろうとしているものの構想と概略設計やプロモーションの方向出しくらいまではドップリ浸かりたいが、ホリエモンはどこまで関わって、どこから原液を薄めた人たちに任せているのだろうか?ウォークマンやプレステの開発に当時のソニーの社長がどこまで関わったのかは知らないが、たぶんそんなに細かい指示までしていないだろう。ホリエモンは各プロジェクトに事業部長並に関わっているのか、開発部長並に関わっているのか、PM並に関わっているのか、気になるところ。最後の、「今がすべてであり、『将来の夢』や『目標』なんて必要ない」というのはかなり極端な言い方に思う。「ビジョンはあるけど、他に面白いことがあればいつでも優先順を変えたりやめたりする」ということだろう。巻末でHIUの信者たちをうまく使っているのがわかった。

  • 至る所で評判になっている堀江貴文さんの多動力を読んだ。
    内容云々はいろいろあるが、パワーがあるなぁというのが最初に感じたことだった。
    正論だしロジカルだし恐らく本質的に正しいことばかりだと思う。実際、全部のチェックリストを達成できたらかなり堀江さんに近いところまで辿り着けるかもしれない。
    堀江さん自身が本書の中で書いているが、個別のノウハウは大して重要ではなく、結局は自分の感情のブレーキを外せるかどうかなんだと思った。
    自分はこのブレーキが強いと思っていて、なかなかスピードが上がらないと感じていたので、考えさせられる良著でした。

  • こんな風にアグレッシブな人に本当に憧れる。本にあるようにいつしか「お利口」を目指して、肝心な行動力を失いつつあった自分を奮い立たせてくれる一冊。

  • やるたいことをやる、生きたいように生きる。そのための堀江メソッドが満載。「おかしな奴とは付き合うな」とか「愛想振りまいているうちに人生終わってしまう」とか「電話には出ない」とか。
    自分もなんとなく仕事や人生で嫌だなと思っていたことがホリエモンも嫌いだったようで、嫌なことは絶対しない、それを貫き通しているところが面白い。

  • 2018/5/27読了

  • 自分に正直に、自分の生きたいように生きる(時間も自分のために使う)という信念を貫いている印象を受けました。

    ・ほしい肩書きは何か?理想を洗い出してみる。100人に1人になるために1万時間を確保する必要があるその時間をどう捻出するか?
    ・全て自分でやろうとしない。他の人でもできる仕事はアウトソースする。自分にしかできない仕事に集中する。
    ・たまには手を抜く。大事なところでしっかりと仕事する。緩急を大切にする。8割の仕事で終わらせる。浮いた2割の時間で新しいことをしてみる。
    ・準備はしてもよいが、とりあえず見切り発車で経験を積んでみる。
    ・仕事は選ぶ。選んでもなんとかなる。嫌ならやめる。付き合う人も選ぶ。時間は有限である。現代の時間感覚も意識しよう。
    ★ワクワクしない時間は減らす。やらないことを決めていこう。経費生産や食事、掃除、移動時間など、自分にとってワクワクしない時間を削減しよう。
    ・80点とるまでは早いがそこから100点にすることは大変。別に飽きてもよい。それは成長が早いということだから。色んな80点の領域を作ろう。
    ★原液を作る。1人での活動には限界がある。24時間しかないのは変わらないから。そのために、濃いコンテンツを作り、拡散してもらう。自分は原液を作ることに集中する。自分が会議で発言した内容が独り歩きするか?というのが一つの指標。
    ・原液をつくるためには教養が必要。ホモサピエンス全史など。現在に振り回されず、時代を先読みできるようになる。
    ・仕事はリズム。長文メールはは送らすに簡潔に済ます。添付ファイルを開かないで済むようにテキストで送る。
    仕事はまとまって進める、もしくは隙間時間で進める。
    ・たまったメールは災害現場の医師のトリアージのように仕分ける。

  • ・人は肩書を3つ持つ
    ・自分がやるべきタスクの選択と集中をする
    ・付き合わない人を決める
    ・自分の発言が他に影響を持っているか
    ・質問力をつける
    ・暇な人ほど返信が遅く忙しい人ほど返信が速い

    仕事をする上で重要視したい事象が多く、参考になった。

全44件中 1 - 10件を表示

多動力 (NewsPicks Book)のその他の作品

多動力 (NewsPicks Book) 単行本 多動力 (NewsPicks Book) 堀江貴文

堀江貴文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
ロバート キヨサ...
伊賀 泰代
デール カーネギ...
ジェームス W....
岸見 一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

多動力 (NewsPicks Book)を本棚に登録しているひと

ツイートする