展覧会なう

本を読む人の何パーセントかは、展覧会を見に行くだろうと思います。絵画・彫刻・工芸品が好きな方がいるだろうと思います。そこで、
こんな展覧会を見てきたよ。
こんな展覧会が開かれるよ。
こんな展覧会が実現できたらいいな。
テレビでこんな絵画・彫刻・工芸品が紹介されていたよ。
本や映画で、こんな絵画・彫刻・工芸品が登場したよ。
絵画・彫刻・工芸品に関するこの本が面白かったよ。
等、ご紹介ください。
  • 投稿日時 : 2011-12-14 18:47:44
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0
青森県立美術館であいはらひろゆき、あだちまみさんの「くまのがっこう」展やってます。
[一般主催]誕生15周年記念くまのがっこう展
[開催期間]2018年6月9日~7月29日

あと少しで閉幕なので梅雨明けにでも生きたいと思います。

  • nakaizawaさん nakaizawa さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-07-19 21:38:02
投稿ありがとうございます。

「くまのがっこう」という絵本のシリーズがあるんですね。
絵本の原画等が見れるようですので、ぜひ楽しんできてください。
0
イサム・ノグチ ─ 彫刻から身体・庭へ ─
期間:2018年7月14日[土]─ 9月24日[月]
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
本展は、ノグチが抽象彫刻の分野にあっても常に「身体」を意識し続けたことや、そうした意識が、子供のための遊具デザインやランドスケープといった人間をとりまく環境へ向かい、ノグチ自身がいう「空間の彫刻」=庭園への情熱に拡大していったことに着目します。
0
巨匠たちのクレパス画展
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
会期:7月14日(土)~9月9日(日)
本展では、サクラアートミュージアムの絵画コレクションから、クレパス開発と普及に関わった画家・山本鼎をはじめ、大正から昭和にかけて日本画壇で活躍した巨匠たちを中心に、現代の作家たちの作品も併せて紹介します。100人を超える作家たちの魅力あふれるクレパス画の競演をどうぞお楽しみください。
0
第73回 春の院展
会場:そごう美術館
会期:2018年7月13日(金)~22日(日)
本展では、同人作家作品35点をはじめ、受賞作品および関東出身・在住作家を中心に206点を展覧いたします。現代日本画壇を彩る秀作をぜひお楽しみください。
春の院展は、1945年に「日本美術院小品展覧会」として始まりました。サイズが限定されているため、実験的な作品が多く出品されるのが特徴です。
0
モネ それからの100年
会場:横浜美術館
会期:2018年07月14日(土)~09月24日(月)
本展では、モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像66点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにします。そして、「印象派の巨匠」という肩書にとどまらず、いまもなお生き続けるモネの芸術のゆたかな魅力に迫ります。
0
いわさきちひろ、絵描きです。
会場:東京ステーションギャラリー
会期:7月14日-9月9日
今なお広く愛され続ける画家・絵本作家、いわさきちひろ(1918-1974)。生誕100年を記念し、ちひろをあらためて「絵描き」として捉え返す回顧展を開催します。ちひろはいかなる文化的座標に位置し、いかなる技術を凝らしたのか。新出の資料も交えて生涯を辿りながら、童画家としてちひろイメージの刷新に挑みます。
0
金剛宗家の能面と能装束
会場:三井記念美術館
会期:6月30日(土)~9月2日(日)
京都の金剛流宗家が所蔵される能面と能装束の展覧会です。幽玄の美を象徴する優品の多くは、東京では初公開となります。なかでも豊臣秀吉が愛蔵した小面三面「雪・月・花」のうち「雪」が同家に伝わっており、今回この「雪の小面」と、当館が所蔵する旧金剛宗家伝来の「花の小面」(重要文化財)が久方ぶりに再会します。
0
没後40年 濱田庄司展
会場:世田谷美術館
会期:6月30日~8月26日
濱田庄司(1894-1978)は、民芸陶器で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された、世界的にも知られる陶芸家です。大阪市立東洋陶磁美術館には、堀尾幹雄氏寄贈の200余点が収蔵されています。本展はこれらの作品を中心に、その創作の源泉として濱田が蒐集した素朴な器などと共に、暮らしに息づく濱田庄司の器の魅力をご紹介します。
0
中村忠二展 オオイナルシュウネン
会場:練馬区立美術館
会期:6月22日~7月29日(日)
中村忠二(1898~1975)は、交流のあった画家・水波博の影響を受けモノタイプ(ガラスや金属に描画して紙に転写する版画技法)の研究を始め、忠二でなければできないといわれるほどの大作も生み出しました。また詩画の制作にも精力的に取り組み、『蟲たちと共に』『秋冬集』など、生前5冊の詩画集を自費出版しています。
0
ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力
会場:東京都庭園美術館
会期:2018年6月30日(土)-9月17日(月・祝)
南米大陸、ブラジル北部のアマゾン河やシングー川流域で暮らす先住民の人びと。彼らの作る一木造りの椅子は、動物のフォルムや機能的なフォルムに独特な幾何学模様が施されており、ユニークな造形作品として捉えることができます。
全395件中 1 - 10件を表示

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする