こんがり、パン(おいしい文藝)

3.12
  • (1)
  • (17)
  • (49)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 267
レビュー : 39
たまもひさん アンソロジー   読み終わった 

あまり読んだことのない方の文章が読めるので、こういうアンソロジーは楽しい。今回一番面白かったのは(文章ではなくマンガなんだけど)犬丸りんさんの「ヤキソバパンの思想」。味わいのある絵がとても良かった。「おじゃる丸」、子どもたちと一緒によく見た。好きだったなあ。亡くなられたのを知ったときはとても悲しかった。

伊藤比呂美さん、佐野洋子さん、岸本佐知子さん、穂村弘さん…、こういうラインナップには本当に嬉しくなる。必ず面白いんだもの。とりわけ心に残ったのが、伊藤比呂美さんによる次のくだり。

「日本語の幼児語では、パンを、『ぱんぱん』という。ぱんぱんたべる? と、こう、あかんぼに身をかがめて、その乳くさいにおいを嗅ぎながら訊きますと、答えはどうあれ、なんですかそこに、ふわふわの子育てが、子育てのきたない部分も、うっとうしい部分も、泣きたくなる部分も、何もかもとけてってしまうような、そんなふわふわの部分が、立ち上がってくるような気がします。しません?」

しますします。

レビュー投稿日
2016年7月21日
読了日
2016年7月19日
本棚登録日
2016年7月15日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『こんがり、パン(おいしい文藝)』のレビューをもっとみる

『こんがり、パン(おいしい文藝)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする