疾走 下 (角川文庫)

  • 5992人登録
  • 3.65評価
    • (690)
    • (756)
    • (1290)
    • (132)
    • (50)
  • 642レビュー
著者 : 重松清
  • 角川書店 (2005年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043646036

疾走 下 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • つらい。
    きつい。
    苦しい。
    死にたい。
    重い言葉ばかりが浮かんでくる物語ではあるが──
    やはり私は、この小説を多くの人々に読んでもらいたい。
    何故なら。
    どんなに苦しくても、最後には希望の光があなたを包んでくれるはずだから。

    「いつか……走れるから」
    「いつか……走ろう、二人で」

    重松清。数多の涙する名作あれど。
    この作品は作者自身がわが身を削るような思いで、書ききった名作だと思う。

    珍しい二人称の語りでの文章。
    でもこの物語は、一人称でも、三人称でもここまで心に届くような作品にはならなかったはずだ。
    二人称の「シュウジ、おまえは──」というような語り口だからこそ、心に響く物語。

    すさまじいまでの迫力で、悲惨な現実が少年シュウジをどこまでも追い詰める。
    弱者が、これでもか、というほど虐げられる。
    途中までは、ある意味、映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の悲惨さと遜色ないかもしれない。
    つらすぎて、読むのをやめたくなる人もいるだろう。
    それでも──
    最後まで読んでほしい。
    シュウジの命を懸けた懸命の走りを、最後まで追いかけてほしい。
    最終ページでの神父の言葉の意味を深くかみ締めてほしい。
    それが分かれば、誰もが涙を浮かべるだろう。
    それは哀しみの涙ではなく、感動で体が打ち震えるときにあふれ出る涙だ。
    その言葉がそれまでの悲惨さを全て吹き飛ばし、未来に希望の持てる物語に一変させる。

    個人的には、あまりに読むのがつらすぎて好きな傾向の作品ではないはずなのに、読み終えた後、感動の涙がとめどなくあふれ出た。
    しおれ、枯れ果てぬばかりになっていた花に、
    その涙の雫がこぼれ落ちたことで、再び花が生気を取り戻した。

    本物の小説家、重松清の真髄を見せつけた不朽の名作だと思う。
    こどもを主人公とした多くの名作を出し続けている重松氏だが、
    小説家としての素晴らしさは、やはり
    「その日の前に」「君去りしのち」や「カシオペアの丘で」などの、生と死に真っ向から向き合う作品でこそ、彼の真髄を発揮するように思える。
    彼が小説家になるために師事した、早稲田の(あれ? 名前忘れちゃった。平岡先生でしたっけ? たぶん)平岡篤頼教授が
    「重松君。物書きは、やはり長編を書けなければだめだ」
    と諭されたという話をどこかで聞いた記憶があるが、師匠からの叱咤は、彼の心の中にしっかりと刻み込まれているはずだ。

    この作品を「最後まで救いのない物語」と感じた方のレビューを読んで、
    最終ページの文章の意図するところをどう理解したのだろうかと気になった。
    それが分かっていても「救いのない物語」と読んだのであれば、返す言葉はないけれど。
    もちろん、小説の読み方は人それぞれ、正解などないことも分かっているけれど。
    それでも、最終ページの神父の語りをもう一度だけ読んでほしい。

    そして、シュウジ。
    最後の最後だ。
    聞こえないか? シュウジ。
    我が家の玄関前の、なだらかな坂道をのぼってくる足音が。
    かけっこが得意な望に付き合って家の近所を一回りして、望よりずいぶん遅れて、いまゴールイン間近のひとの足音が、シュウジ、おまえにも聞こえないか?

    ここから最後の一行までの語りこそが、悲惨な話としてそのまま終わらせないために、重松氏が渾身の力を振り絞った文章のはずだから。
    (不覚にも私は、この数ページ前から涙が止まらなくなった。そして、ラストまで読み終えて「そうか。シュウジ、良かったな」と、目の前になどいないはずの彼の肩を優しく叩きたい気持ちになった)

    ブクログ様、すみません。
    「グレイメン」読まずに、こっちのレビューを書いてしまいました。申し訳ない。
    でも、まだ二週間あるから、ご勘弁ください。

  • この町にいても嫌な未来しかない。主人公シュウジは町を出た。大阪で性と暴力に溺れ、ヤクザを殺す。東京でずっと会いたかったエリに会い、その叔父を刺す。エリと共に元の町に帰ったものの警官に射殺される。

     誰か一緒に生きてください。強い「ひとり」に憧れ、それを目指したからこその言葉だろう。強く胸に響いた。結局何一つ報われることは無く、まさに煉獄の道のりを走り続けたシュウジ。
     シュウジがこの世に作り出した命。シュウジの子「望」。最後の場面でこの子とエリが元気に走り回る姿が描写されており、初めて心温まった。しかし、「伝道の書」に書かれた一文「この世に生れ落ちるよりも流産して闇に消え去った方が幸せだった」を頭に思い浮かべてしまった。心が暗くなった。

  • 15歳になった少年・シュウジの人生は、相変わらず悪いほうへとしか進まない。
    兄の放火事件をきっかけに一家離散に追い込まれ、故郷を捨て、ひとり東京へ向かう。

    「感動のクライマックス」という触れ込みの下巻だが、感動というには違和感がある。
    後味は決して良くはないし、読み返したいとも思わない……けれども、やはり重松清の文章力(さり気ないのに、グイグイ惹き込まれる)は圧巻。

  • 読み終わったあと、何を感じるだろう?

    たった15歳のシュウジを絶え間なく襲う悲劇。加えてアカネやエリ、みゆきの話まで加わって、上巻以上の破壊力。クライマックスも決してハッピーエンドではない。だが私には希望が感じられた。

    「ぼこぼこ、あなぼこ」を求めたシュウジ。でもそれは絶望ゆえのことであり、本当はそうではなかった。「おまえ」と語りかけていた者の正体がわかったとき、そして「ひとり」が「ひとつ」になったとき、あれほど不平等だったシュウジの人生が報われた気がした。ラストは不覚にも涙してしまった。文句なしの大傑作だ。

    追記:作品の趣旨を壊してしまうことは承知で、いつの日か重松氏に「最後にもしシュウジが転ばなかったら」というアナザーストーリーを書いていただくことを切望したい。

  • 少年の「疾走」に胸を震わせた。

    すさまじい勢いで駆け抜けた彼の人生に涙を禁じ得ない。そして彼とともにうまく人生を歩くことのできなかった少女。

    辛く悲しい読後感だった。作者の狂気に胸を切り刻まれた。

  • 読み終わった。
    レビューが書けないほど打ちのめされたのは初めてだ。
    自身で読んで欲しい。感じて欲しい。

  • とてもいい終わり方だと思う、重松清らしいといえばそうかもしれない。すごく残忍だったけど優しい男の子の話だった

  • 20140308再読了。
    (上)では読むことを勧めたけど、誰もが読んでいい本ではありません。
    描写のキツい所もあるし。
    でも、読んだ後に何も感情を起こさない人はいないはず。
    誰もが弱い人。
    人は誰もが弱い人だから。
    小説の中の話ではありますが、その後を書かれた人、書かれなかった人の幸せを願ってやみません。

  • 読み出したら途中で止められない、という点では面白い本なのだと思う。ただし好きか嫌いかで言えばあまり好きではないし、子供には読ませたくない。読後なんとも言えない気分になった。村上龍に似てるかも。

  • 重松清は、「流星ワゴン」ともう一冊くらい読んだが、どうも“上手さ”が肌に合わない気がして、その後は手を出していなかった。が、今回はフラフラとこの本を買うことになり、それでも「すぐに挫折するかもしれないから」と上巻だけ購入。結局は慌てて下巻も注文し、届くのを待ちわびるという結果に。

    ストーリーも、内容だけ見れば不幸の連続だし、ヤクザはとことん暴力的だし、エグイ場面はこれでもかというほどだが、なぜか嫌な気分になったり、読むのを止めたいとは思わせない。
    主人公が救われることを、ハッピーエンドを願って読み進めるのではなく、これだけの荒波なのに、力いっぱい泳いで、もがいて、それでもやはり水に飲まれていく彼の姿が美し過ぎて、目が離せない。


    シュウジ、神父、エリ。みんな強い。たとえ勝てないとしても、生き切る姿に、涙が出た。

全642件中 1 - 10件を表示

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

疾走 下 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

疾走 下 (角川文庫)の作品紹介

誰か一緒に生きてください-。犯罪者の弟としてクラスで孤立を深め、やがて一家離散の憂き目に遭ったシュウジは、故郷を出て、ひとり東京へ向かうことを決意。途中に立ち寄った大阪で地獄のようなときを過ごす。孤独、祈り、暴力、セックス、聖書、殺人-。人とつながりたい…。ただそれだけを胸に煉獄の道のりを懸命に走りつづけた少年の軌跡。比類なき感動のクライマックスが待ち受ける、現代の黙示録、ついに完結。

疾走 下 (角川文庫)のKindle版

ツイートする