重松清のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

重松 清(しげまつ きよし)。1963年、岡山県生まれの小説家。早稲田大学教育学部卒業。
出版社勤務を経て、フリーライターとして独立。ドラマ・映画のノベライズなどを手がけたのち、1991年『ビフォア・ラン』で小説家デビュー。

1999年『エイジ』で山本周五郎賞、2000年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞を受賞。
『とんび』、『青い鳥』をはじめ、多くの著作がドラマ化、映画化されている。


重松清のおすすめランキングのアイテム一覧

重松清のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

流星ワゴン (講談社文庫)

15990人が登録 ★3.82 2117 レビュー
重松清 2005年2月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 788

ナイフ (新潮文庫)

6727人が登録 ★3.39 714 レビュー
重松清 2000年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

疾走 上 (角川文庫)

6587人が登録 ★3.65 716 レビュー
重松清 2005年5月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 679

きみの友だち (新潮文庫)

6297人が登録 ★4.20 694 レビュー
重松清 2008年6月30日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

疾走 下 (角川文庫)

5777人が登録 ★3.66 630 レビュー
重松清 2005年5月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 648

その日のまえに (文春文庫)

5513人が登録 ★4.11 642 レビュー
重松清 2008年9月3日 Amazon.co.jpで見る ¥ 648

ビタミンF (新潮文庫)

5226人が登録 ★3.47 563 レビュー
重松清 2003年6月 Amazon.co.jpで見る ¥ 594

きよしこ (新潮文庫)

5128人が登録 ★3.75 534 レビュー
重松清 2005年6月26日 Amazon.co.jpで見る ¥ 562

エイジ (新潮文庫)

4994人が登録 ★3.58 520 レビュー
重松清 2004年6月27日 Amazon.co.jpで見る ¥ 724

とんび (角川文庫)

4443人が登録 ★4.39 608 レビュー
重松清 2011年10月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

その日のまえに

3560人が登録 ★3.92 722 レビュー
重松清 2005年8月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,543

青い鳥 (新潮文庫)

3081人が登録 ★4.28 332 レビュー
重松清 2010年6月29日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

卒業 (新潮文庫)

2763人が登録 ★3.74 318 レビュー
重松清 2006年11月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

カシオペアの丘で 上 (講談社文庫)

2746人が登録 ★3.93 166 レビュー
重松清 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

カシオペアの丘で 下 (講談社文庫)

2417人が登録 ★4.02 193 レビュー
重松清 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 699

十字架 (講談社文庫)

2395人が登録 ★3.98 300 レビュー
重松清 2012年12月14日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

くちぶえ番長 (新潮文庫)

2174人が登録 ★3.72 293 レビュー
重松清 2007年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 497

小さき者へ (新潮文庫)

2148人が登録 ★3.54 203 レビュー
重松清 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 724

日曜日の夕刊 (新潮文庫)

2044人が登録 ★3.49 218 レビュー
重松清 2002年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 724

きみの友だち

1904人が登録 ★4.10 422 レビュー
重松清 2005年10月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728
全423アイテム中 1 - 20件を表示

重松清に関連する談話室の質問

「重松清」を談話室で検索する

重松清に関連するまとめ

ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)

北川恵海

大ヒットしたデビュー作に続くお仕事小説

前作でデビュー作の「ちょっと今から仕事やめてくる」が40万部突破の大ヒットとなった北川恵海さんの2作目は、世間で注目を浴びる売れっ子漫画家や人気上優を裏から支えるヒーローズ(株)の働く人たちにスポットライトを当てた作品です。
前作では、ブラックな職場から脱出するというテーマで書かれており、今作では無色透明で平凡な人が少しずつ変化していくストーリーです。
前作同様にお仕事小説であり、前作と同様に多くの人が共感出来る要素がある作品となっています。
最後のあとがきを読めばわかりますが、大ヒットした後の作品ということで2作目を作る上でかなり悩まれたようです。そうした新人作家の心も感じ取れる作品で、前作の「ちょっと今から仕事やめてくる」とセットでこの『ヒーローズ(株)!!!』は読んでいただきたいです。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする