重松清のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

重松 清(しげまつ きよし)。1963年、岡山県生まれの小説家。早稲田大学教育学部卒業。
出版社勤務を経て、フリーライターとして独立。ドラマ・映画のノベライズなどを手がけたのち、1991年『ビフォア・ラン』で小説家デビュー。

1999年『エイジ』で山本周五郎賞、2000年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞を受賞。
『とんび』、『青い鳥』をはじめ、多くの著作がドラマ化、映画化されている。


重松清のおすすめランキングのアイテム一覧

重松清のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

流星ワゴン (講談社文庫)

16086人が登録 ★3.82 2127 レビュー
重松清 2005年2月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 788

ナイフ (新潮文庫)

6762人が登録 ★3.39 716 レビュー
重松清 2000年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

疾走 上 (角川文庫)

6623人が登録 ★3.65 717 レビュー
重松清 2005年5月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 679

きみの友だち (新潮文庫)

6362人が登録 ★4.20 698 レビュー
重松清 2008年6月30日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

疾走 下 (角川文庫)

5803人が登録 ★3.66 631 レビュー
重松清 2005年5月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 648

その日のまえに (文春文庫)

5568人が登録 ★4.11 648 レビュー
重松清 2008年9月3日 Amazon.co.jpで見る ¥ 648

ビタミンF (新潮文庫)

5263人が登録 ★3.47 569 レビュー
重松清 2003年6月 Amazon.co.jpで見る ¥ 594

きよしこ (新潮文庫)

5172人が登録 ★3.76 538 レビュー
重松清 2005年6月26日 Amazon.co.jpで見る ¥ 562

エイジ (新潮文庫)

5033人が登録 ★3.58 525 レビュー
重松清 2004年6月27日 Amazon.co.jpで見る ¥ 724

とんび (角川文庫)

4494人が登録 ★4.38 614 レビュー
重松清 2011年10月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

その日のまえに

3582人が登録 ★3.92 724 レビュー
重松清 2005年8月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,543

青い鳥 (新潮文庫)

3123人が登録 ★4.28 335 レビュー
重松清 2010年6月29日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

卒業 (新潮文庫)

2786人が登録 ★3.74 318 レビュー
重松清 2006年11月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

カシオペアの丘で 上 (講談社文庫)

2773人が登録 ★3.94 169 レビュー
重松清 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

カシオペアの丘で 下 (講談社文庫)

2441人が登録 ★4.02 197 レビュー
重松清 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 699

十字架 (講談社文庫)

2428人が登録 ★3.98 305 レビュー
重松清 2012年12月14日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

くちぶえ番長 (新潮文庫)

2188人が登録 ★3.73 296 レビュー
重松清 2007年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 497

小さき者へ (新潮文庫)

2167人が登録 ★3.54 204 レビュー
重松清 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 724

日曜日の夕刊 (新潮文庫)

2057人が登録 ★3.49 220 レビュー
重松清 2002年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 724

きみの友だち

1915人が登録 ★4.10 423 レビュー
重松清 2005年10月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728
全440アイテム中 1 - 20件を表示

重松清に関連する談話室の質問

「重松清」を談話室で検索する

重松清に関連するまとめ

ちょいな人々

荻原 浩

ちょっとおバカだけど憎めない人々の日常を、ユーモアたっぷりに描いた物語。

隣の庭木を憎む主婦、いじめられっ子と一緒に復讐する相談員など、「ちょい◯◯」な人をブラックユーモアも交えながらコミカルに描いた、全7話の短編集です。
どこかから回っているけど憎めない登場人物ばかりで、現実に遠くなく、こういう人いそう!と思わず納得してしまう面白さがあります。
もしかしたら、今、フツーにとなりにいるアノ人も、よく観察したら「ちょい」な人かもしれません...(笑)

本の詳細&レビューを読む

ツイートする