重松清のおすすめランキング

ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

重松 清(しげまつ きよし)。1963年、岡山県生まれの小説家。早稲田大学教育学部卒業。
出版社勤務を経て、フリーライターとして独立。ドラマ・映画のノベライズなどを手がけたのち、1991年『ビフォア・ラン』で小説家デビュー。

1999年『エイジ』で山本周五郎賞、2000年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞を受賞。
『とんび』、『青い鳥』をはじめ、多くの著作がドラマ化、映画化されている。


重松清のおすすめランキングのアイテム一覧

重松清のおすすめランキングの作品一覧です。
ブクログでのおすすめ、人気、レビュー数、発売日順で並び替えたり、電子書籍化されている作品もチェックできます。

流星ワゴン (講談社文庫)

16052人が登録 ★3.82 2122 レビュー
重松清 2005年2月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 788

ナイフ (新潮文庫)

6750人が登録 ★3.39 713 レビュー
重松清 2000年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

疾走 上 (角川文庫)

6604人が登録 ★3.65 717 レビュー
重松清 2005年5月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 679

きみの友だち (新潮文庫)

6334人が登録 ★4.20 698 レビュー
重松清 2008年6月30日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

疾走 下 (角川文庫)

5789人が登録 ★3.66 630 レビュー
重松清 2005年5月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 648

その日のまえに (文春文庫)

5542人が登録 ★4.11 645 レビュー
重松清 2008年9月3日 Amazon.co.jpで見る ¥ 648

ビタミンF (新潮文庫)

5244人が登録 ★3.47 567 レビュー
重松清 2003年6月 Amazon.co.jpで見る ¥ 594

きよしこ (新潮文庫)

5152人が登録 ★3.76 537 レビュー
重松清 2005年6月26日 Amazon.co.jpで見る ¥ 562

エイジ (新潮文庫)

5013人が登録 ★3.58 521 レビュー
重松清 2004年6月27日 Amazon.co.jpで見る ¥ 724

とんび (角川文庫)

4480人が登録 ★4.38 612 レビュー
重松清 2011年10月25日 Amazon.co.jpで見る ¥ 691

その日のまえに

3572人が登録 ★3.92 723 レビュー
重松清 2005年8月5日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,543

青い鳥 (新潮文庫)

3104人が登録 ★4.28 334 レビュー
重松清 2010年6月29日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

卒業 (新潮文庫)

2777人が登録 ★3.74 318 レビュー
重松清 2006年11月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 680

カシオペアの丘で 上 (講談社文庫)

2761人が登録 ★3.94 167 レビュー
重松清 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

カシオペアの丘で 下 (講談社文庫)

2433人が登録 ★4.02 195 レビュー
重松清 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る ¥ 699

十字架 (講談社文庫)

2416人が登録 ★3.98 305 レビュー
重松清 2012年12月14日 Amazon.co.jpで見る ¥ 700

くちぶえ番長 (新潮文庫)

2184人が登録 ★3.73 294 レビュー
重松清 2007年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 497

小さき者へ (新潮文庫)

2157人が登録 ★3.54 203 レビュー
重松清 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 724

日曜日の夕刊 (新潮文庫)

2054人が登録 ★3.49 220 レビュー
重松清 2002年6月28日 Amazon.co.jpで見る ¥ 724

きみの友だち

1909人が登録 ★4.10 422 レビュー
重松清 2005年10月20日 Amazon.co.jpで見る ¥ 1,728
全437アイテム中 1 - 20件を表示

重松清に関連する談話室の質問

「重松清」を談話室で検索する

重松清に関連するまとめ

終電ちゃん(1) (モーニング KC)

藤本 正二

明日からの元気がもらえる、人情味あふれる終電ちゃんと、乗客たちの終電をめぐる物語。

残業で遅くなった、同僚と飲んできたなど、様々な事情で利用する終電。
新宿駅、中央線の最終電車、終電ちゃんは乗客の名前を呼んだりしながら乗車を促し、ときに山手線や小田急線の終電ちゃんたちと連絡を取り合い、接続調整をしながら、すべての乗客を無事に帰るべきところへ送り届けます。
ぶっきらぼうだけど、それぞれの事情を気遣っての判断や言葉は、日頃電車を利用している情景と重なり、癒やされます。
「おまえたち、明日は必ずもっと早い電車で帰るって約束しな!」
終電ちゃんには会ってみたいけど、終電のお世話にならないような生活を心がけながら明日も頑張ろう、そう思わせてくれる作品です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする