夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

  • 32771人登録
  • 3.99評価
    • (4670)
    • (3785)
    • (2646)
    • (648)
    • (276)
  • 3815レビュー
著者 : 森見登美彦
  • 角川グループパブリッシング (2008年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043878024

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • こころがきれいになる。私もこんな風に、いろんなひとと出会ってお酒を飲んで楽しく過ごしたい。 おともだちぱんち!小さくて丸いものは良きもの。そして、なむなむ! わたしもお祈りしなくちゃ、どこかに古本の神様がいると思ったら…!ね。 どんどん彼と彼女の距離が近づいていくのを見てるとワクワクする。わたしの人生も、これからもオモチロイことがたくさんありますように。……いや、ないわけがないわね、だって、わたしの人生だから

  • 発売当初に読もうと思った時は本の世界観に付いていけなかったけど、時を経てはまってしまった。
    黒髪の乙女は純粋で良い子だな。
    やはり食べず嫌いはダメね。
    不思議な世界を体験できました。

  • 京都を舞台とした大学生の恋愛小説で、サークルの後輩である「黒髪の乙女」に恋をした「先輩」が古本市や学園祭など彼女が行くところはどこにでも現れて、なるべく彼女の目にとまろうと奮闘するお話です。この物語の魅力の一つはその世界観です。現実に即したお話なのかなと思えば所々にファンタジー要素が盛り込まれていたり、先輩の語り口調が独特だったりと、最初は違和感を覚える方もいるかもしれませんが、読んでいくうちにその独特な世界観に引き込まれてしまいます。

    また、もう一つの魅力は乙女の純粋さです。先輩と乙女、二人の視点で物語は進むのですが、先輩がかなりのひねくれ者で二人の捉え方が全然違うので、より乙女の純粋さや可愛らしさが際立ちます。可愛らしい乙女にほんわかするのも楽しみ方の一つではないかと思います。(ao.ao)

    本館2階学習室(日本の小説)
    913.6||Mo 207003959

  • 「ナカメ作戦」
    「ひとりある身をなんとせん」
    「ロマンティック・エンジン」
    とにかく、こうした一つ一つの造語がツボ。
    語り口調にしたら面倒な奴だけど、語彙としては持ち合わせておきたい。

  • 「黒髪の乙女」と、ひそかに彼女に恋する「先輩」
    そしてふたりを取り巻く、摩訶不思議な人々

    夜の先斗町を、古本市を、学園祭を
    そしてタチの悪い風邪が席捲する京都の街を。
    事件に巻き込まれ、巻き起こしながら
    歩き回る、なんとも独特な世界のファンタジー

    言葉の使い方がツボ!
    映画も観てみたいです

  • 奇想天外だけど破たんしていない、お勧めです。

  • 非常に面白かった~~
    言葉が美しい楽しい!

  • 京都を舞台にした大学生の恋愛小説。だが、独特な言い回しとファンタジーな雰囲気で、普通じゃない恋愛小説になってる。
    最初はかなり違和感を覚えたが、徐々に慣れてくるに従って逆に心地よくなる不思議。学園祭の話が楽しかった。

  • 2017.5.7読了。オモチロイ!ビスコ!

  • 森見登美彦の独特の文体が好きだった。

  • 癖があって最初は身構えるものの、気付くとへんてこワールドに取り込まれていた。彼女は可愛いし偽電気ブランは飲んでみたい。ナカメ作戦は参考にしようと思う。

  • 森見登美彦作品の中で初めて読んだ本。
    最初は独特の言い回しについていけるか心配だったけど、すぐに慣れたし、とても心地良い文章だった。
    京大生としては知っている場所やイベントが目白押しで面白くないわけがないという感じ。
    文量が少なめで一気に読めるのも自分の中で評価が高い。でもそんな少ない中でもたくさんの情報や感情が伝わってくるのは本当にすごかった。
    大好きな作品になった。

  • 作者のクセがすごいな。京大卒!?って感じで賢い人には理解できるんだろう。最後のホッコリするところが良かったから読んだ気分がいい。

  • 先輩と乙女の2人の視点から描かれ、登場人物は多いけれども、どの人物も特徴的で物語に引き込まれる。京都の町並みも目に浮かぶように描写され、先輩や乙女と街散策をしている気分になる。

  • ページをめくる疾走感、黒髪の乙女への淡い恋心、阿呆で助平な先輩への叱咤激励。
    全部が全部、まるっとぐるっと愛おしい!

    映画も観てきたが、ハイテンポな映像に合わせた軽やかな音楽がピッタリだった。

    なんだかんだでお似合いなふたりなのかもだけど、先輩、これからが勝負どころですよ!

  • 10年ぶりくらいに読み返してみた。あの頃はちょうど四畳半神話大系も読んでいたので、若干内容がごちゃ混ぜだった。
    映画化の話題で久しぶりにモリミーの独特の世界観に浸ったのだけど、案外よかった。最後は意外とほっこり気分になれる恋愛小説だったのだなと、改め直した。
    でも、やっぱり独特過ぎて万人受けしなそうだなって(笑)

  • 1年以上前に購入して、途中で投げ出してしまった本。アニメ、四畳半神話体系を見たので、出張の移動中に再読開始。

    最初読んだときは、独特な言い回しにどうも抵抗があったんだけど、慣れてきたらそれが癖になる。思わずクスッと笑ってしまう表現ばかり。こんな文章が自分で書けるようになったらいいなぁなんて思いつつ...!

    黒髪の乙女に恋をした先輩はナカメ作戦(なるべく彼女の目にとまる作戦)を実行するが、乙女はいつ何時も「奇遇ですねぇ」と言って気付かない。硬派な先輩と、純粋無垢で会う人すべてを魅了する黒髪乙女のファンタジー青春ラブストーリー!!

    映画も観なければ!!

  • 積読本になっていたのを映画が公開されるのに合わせて読み始めた。
    森見作品は二作目か三作目かな。とにかく乙女が魅力的。あとはハチャメチャだけど、なんとなく受験生の頃に行った舞台となった大学の光景が思い出されて懐かしい思いとともに、「先輩」と同じような経験をしたことも思い出されてこっぱずかしい…(^^;;
    それと、赤玉と電氣ブランが飲みたくなる。神谷バーへ行きたくなってきた。偽電氣ブランってのも気になるけどね。

  • 映画を観る前に文庫で再読。初めて読んだ森見作品で、かつ一番好きな作品だ。その後読んだ兼業作家時代の作品にはずっとこの「夜は短し」的なものを探していたような気もする。面白おかしく、不思議で可愛い世界観はもちろん好きなのだけれど、あらためて読むと恋愛って素敵だなと思わされる。この2人は相手にいろんな誤解や勘違い、理想化をしているのだけれど、恋ってそういうものだし、それでも素敵と思わされる魅力的な作品。ロマンチックエンジン!

  • 映画を見に行った。この作者はどの作品もリンクしていて同じキャラクターが登場するから、作品を読めば読むほどわかる設定が増えて楽しい。
    四畳半神話大系もすごくよかったし、この作者のアニメを製作してるスタッフ陣は素晴らしい。アジカンもよくあってる。

  • 電気ブランと紅玉ポートワインが飲みたくなる
    古本に触れに出かけたくなる(東京だと神田神保町かな
    先斗町、moonwalkに行きたくなる。
    進々堂の長テーブルでコーヒーを飲みたくなる。

  • 2017/4/9
    アニメが映画化すると話題になってるのもあって読んだみた。森見さんの作品で知ってたのはアニメ化したよ四畳半神話体系もあったし、この本の存在は大学の頃から知ってたけど、読んだのは今更感がある。内容は、女子大生に一目惚れした先輩と、一目惚れされた女性の微妙なすれ違い?から、最後にはめでたく二人が付き合い始めるまでの、ひょうきんな人たちとの出会いのエピソードを交えて展開する。
    この物語に登場する人物たちはとにかく個性的すぎるような気がする。先斗町で出会った東堂さんをはじめとして、樋口さん、羽貫さん、李白氏、パンツ総番長、事務局長とか、とにかく出てくる人物皆のキャラが濃い。先輩は、何とか一目惚れした女性に取り入ろうとナカメ作戦を色々なところで実行するのだが、そこで起きるエピソードも破茶滅茶なような気もする。まあ、現実ではなかなかないかなあ、、、
    途中で出てくる10歳の少年も中々いい味を出してるし、それぞれのキャラが織りなすエピソードに先輩と私が絡んでいくのが読みどころだと思う。
    文章が少し古風というか、現代的な感じで書かれているわけではないので、少し読みにくいところもあるかもしれないけど、京都が舞台だし少し古風な言い回しも何だかあっている。

  • 高校生の頃読んだときには、
    この本の面白さが
    分からなかったけど、
    大人になって読み返して
    本当に面白いと思った!!
    読み返してよかった~!

  • 京都を舞台にしたファンタジー。ファンタジー色が強すぎて舞台は京都じゃなくても架空の何処かの街でも良かったんじゃないかと思うくらい。逆に京都というリアルを混ぜ込んだがために読みにくかった。文体も古風にアレンジされておりすんなりと入ってこない。そういったものは全て作者の意図だとは思うが肌に合わなかった。残念。

全3815件中 1 - 25件を表示

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)に関連する談話室の質問

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)に関連するまとめ

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)の単行本

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)のKindle版

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)のKindle版

ツイートする