島はぼくらと

  • 3512人登録
  • 4.03評価
    • (447)
    • (624)
    • (302)
    • (44)
    • (4)
  • 559レビュー
著者 : 辻村深月
制作 : 五十嵐 大介 
  • 講談社 (2013年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062183659

島はぼくらとの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ああ、この人はお母さんなんだなぁ」

    辻村深月さんが、新刊『島はぼくらと』のプロモーションのために出演した情報番組でのインタビューをテレビで観ていた。
    お子さんを保育園に預けてその時間を執筆に当てているのだそうだ。
    「子供がくれた時間で書かせてもらっているんです」
    そう語る彼女の声をききながら早速パソコンを立ち上げ、図書館のホームページから『島はぼくらと』をネット予約した。

    瀬戸内に浮かぶ「冴島」を舞台に、そこでの生活が池上朱里(いけがみあかり)、榧野衣花(かやのきぬか)、矢野新(やのあらた)、青柳源樹(あおやぎげんき)ら、島で四人だけの高校生の視点で語られる。

    僕は熱心な辻村ファンというわけではないが、それでも『スロウハイツの神様』で心を掴まれ、『ぼくのメジャースプーン』『凍りのくじら』と読んで、この作家を追いかけていこうと思っていた。
    なのに『名前探しの放課後』やそれ以降をぶっとばして、最新作に手を出してしまった。

    明るい。
    『島はぼくらと』は明るいのだ。
    潮の匂いがして、太陽を感じて、健康的で生気に満ちあふれている。
    もちろん、ミステリ出身の作家さんらしく物語は緻密な構成で、一見うまく回っているような島の生活に不穏分子がはいってきたり、登場人物たちも謎や秘密を抱えていたりと、「辻村節」は健在なのだが何かが違う。
    レゴブロックで精巧に構築された箱庭にキャラクター達を正確に配置し、「よーいどん!」でピタゴラスイッチのように物語が収束していく従来のカタルシスも捨て難いが、この『島はぼくらと』は人々がもっとゆるやかに繋がり、活き活きのびのびと互いに影響しあって物語を奏でているのがいい。
    サプライズや伏線の回収があったとしても、「そんなの関係ないぜ」と違う人生を生きる。そんなことだってありえるかもしれない。

    「冴島」という架空の舞台には登場人物達が一人減ろうが増えようが、いくらでも物語が湧き上がってくるような生命力が宿っている。

    いい人だとか嫌なヤツだとか、人はそんなに単純じゃない。
    スーパーヒーローのように見えても、すべてが得意なわけでもない。
    また、何も持ってないようでも、必ず突出した何かがある。
    それぞれの人が、それぞれの役割で、それぞれに適した場所で、静かに連なっていければこれ以上に幸せなことはない。

    辻村深月はこんなに素晴らしい作品を産み落とした。
    彼女は母となり、新しいステージに突入したのだ。
    僕は勝手にそう解釈している。

  • ──辻村深月が帰ってきてくれた。
    「スロウハイツの神様」「名前探しの放課後」「凍りのくじら」などの
    彼女の生み出した初期の名作を読んで、感激し、感動した読者のもとに
    辻村深月が帰ってきてくれた。
    所々に散りばめられた数々の伏線を、ラストシーンが近づくにつれ、
    見事に回収されていく。
    その爽快感を味あわせてくれる名作の数々。
    最後は、必ずハッピーエンドで終わり、
    感動の涙で読者の心を虜にする彼女の講談社路線とも言うべき初期の名作群。
    その路線を受け継ぐこの作品は、また新しい名作の一つとして仲間入りするに違いない。

    物語の終盤。
    突然の、ずっと忘れていた、でもずっと会いたかった
    「スロウハイツ」のあの女性の突然の出現に驚き、
    何故かその名前を聞いた瞬間に不覚にも涙した。
    そして、思わず心の中で叫んでしまった。
    「お久しぶりです」と。

    辻村深月さんは、
    「最近の自分の作品を物足りなく感じていた初期の頃からのファンのために書いた」
    とあるインタビューで答えていたとおり、
    この作品は、本当に昔からのファンのために書いてくれたのだなあ、
    とあらためて彼女のサービス精神が嬉しかった。

    これで、最近の彼女の作品を読んでその魅力をどろどろした嫌らしさと思われている読者の方々に胸を張って大声で言うことができる。
    彼女の作品の本当の魅力は登場人物たちの思いがけない優しさなのだと。

    瀬戸内海の島に住む四人の高校生たち。
    彼、彼女を取り巻く様々なしきたりや縛り。そのなかで育まれた友情。
    父母や、祖父母の昔のエピソード。そこから現在につながる物語。
    最後も爽やかな涙がぼくの頬を伝った。
    ありがとう、辻村深月さん。
    この路線をまた書き続けてください。本当にありがとう。

  • キラキラした青春小説だろうと思い読み始めた。
    心の芯がジーンとなって読み終えた。

    伸びやかな少女、朱里。
    美人で気が強く、衣花。
    東京から連れてこられた、源樹。
    熱心な演劇好き、新。
    4人が冴島で育ち、生きていく。

    青春だけじゃない。
    都会から島に逃げてくるしかなかった親子の物語。
    一緒に生きていきたかった祖母、母の物語。
    ヨシノ、環の伝える言葉、生き方に共感する。

    母子手帳、幻の物語に込められた想い、願い、やさしさが深い。
    そして、衣花の溢れだす想いに涙を零してしまった。
    ぐっときた。

    「おはよう」「おはよう」
    「いってらっしゃい」「いってきます」
    そして「おかえり」...「ただいま」。

    相手がいるからこそ伝えられる。

    良い物語でした。

    いつかまた出会いたい。
    朱里、衣花、源樹、新の大人になった姿に。

  • しかし、なんと胸を打つラストだろう。
    万感の思い溢れるとはこのことだし、
    映像喚起力に優れた文章が
    容易に絵となって登場人物たちの笑顔と覚悟を読む者にイメージさせ、
    美しい島の四季折々の自然や
    潮の香り、照りつける太陽の暑さまでリアルに届けてくれる、
    この巧みな辻村マジック!


    太陽を受けきらめく、銀色のコンクリート。
    どこまでも続くエメラルドグリーンの海。
    麦わら帽子と赤いサングラス。
    オレンジ色に染まる、傾いた夏の日。
    主要キャラたちがフェリー乗り場に集まる冒頭場面だけで
    彼、彼女らがどういう人物でどういう性格なのかが瞬時に伝わってきて、
    心地良く物語の中、引き込まれていく。

    母と祖母の女三代で暮らす、
    ショートカットの心優しき高校二年生の少女、池上朱里(いけがみ・あかり)。

    網元の娘で、天然茶色のウェーブヘアにグレーの瞳を持つ美少女、榧野衣花(かやの・きぬか)。

    演劇部メガネ男子で脚本家に憧れる矢野 新(やの・あらた)。

    リゾートホテル経営者の息子で
    着崩した制服と金髪がよく似合うイケメン少年、青柳源樹(あおやぎ・げんき)。

    この島暮らしの4人の同級生たちの青春と
    島暮らしの理想と現実を徹底的にリアルに描いたストーリーです。


    瀬戸内海に浮かぶ人口三千人弱の火山の島、冴島(さえじま)がこの物語の舞台。
    中学まではあるものの、高校は島にはないため
    中学卒業と同時に誰もが
    フェリーで本土の高校に通わなければならなくて、
    卒業すれば進学や就職のために
    殆どの若者が島を出ていってしまいます。

    つまり、若者たちは自分がいつか、ここを出ていくことをみんな理解して、
    親たちも高校卒業と同時に子供との別れが待っていることを最初から分かっているし、
    覚悟しているんですよね。

    だから美しい島の描写と人懐っこい島の住民との触れ合いを描きながらも
    いつもそこかしこに別れの匂いや予感が漂っていて、
    花火を観たあとに感じる儚さや
    祭りの終わりの寂しさ、切なさを
    読みながらずっと感じていました。


    島に来る人がいれば、島を去る人がいる。

    Iターン移住者の問題、医者不足に病院不足、仕事がないこと、
    夢を抱き移住したはいいが
    島に溶けこめず本土にまた帰る人たち、
    身内を亡くし居場所がなくなる高齢者たち。
    傲慢でワンマンな村長と保守的な
    古くからの島の住民。
    気が合う男同士が「兄弟」の杯を交わし助け合う、昔からの島の風習。

    僕自身、年を取ってリタイアしたら
    小さな島で暮らすのもいいなぁ~なんて
    安易に考えていた時期もあったけど、
    コレ読むと島には良い部分以上に様々な問題があって
    理想と現実との違いをあらためて思い知らされたし、

    奇しくも同じテーマを描いた現在放送中のNHK朝ドラ「まれ」で
    まれの母親役の常盤貴子さんが
    島の住民と移住してくる人たちの関係を
    『本当はお互いがお互いに憧れてるのかもしれんね…』と言っていた言葉が
    この物語を読んで初めてストンと腑に落ちたのです。

    そして物語のクライマックス、
    4人の少年少女たちがあるお婆ちゃんのために
    東京や大阪を奔走する、
    時間制限付きのロードムービーのひたむきな思いには
    まんまと泣かされましたよ…( >_<)

    そして永遠に続くかと思われた少年少女たちの島での日々にも訪れる
    別れのとき。

    それぞれの夢や目標を手に
    島に残る者ととどまる者。
    行ってらっしゃいと送り出す者と
    行ってきますと旅立つ者。

    帰る場所があるってことは
    なんて素晴らしいことなんだろう。


    遠くまで旅する人たちに あふれる幸せを祈るよ!

    僕らの住むこの世界では 太陽がいつも昇り

    誰もみな 手を振っては しばし別れる…


    『ぼくらが旅に出る理由 / 小沢健二』

    オザケンオリジナル↓
    https://www.youtube.com/watch?v=ByaGUx2HfbQ&feature=youtube_gdata_player

    秀逸なアレンジと豪華メンバーによる安藤裕子のカバーVer.↓
    https://www.youtube.com/watch?v=23achdSE-QI&feature=youtube_gdata_player


    ラストシーンを読んだ僕の胸には
    いつまでもいつまでも
    大好きなこの歌が鳴り響いてました♪


    P.S. シングルマザーの蕗子(ふきこ)が作った
    お酒入りの手作りフルーツポンチを朱里が食べるシーンと
    新が朝食に食べる手作りみかんジャムのシーンが個人的には好き~(笑)

  • 直木賞受賞後の作品。
    瀬戸内海の小さな島に住む高校生4人を中心にした話。
    島ならではの問題もあるけど、基本的にはさわやかに読めました。

    瀬戸内海に浮かぶ人口3千人の小さな島、冴島。
    朱里、衣花、新、源樹の4人は、フェリーで本土の高校へ通っている。
    フェリーの時間の関係で、部活は出来ないので、帰るのはいつも一緒。
    朱里の母は、食品加工会社の社長。といっても、公民館に集まって仕事のある季節だけ皆で作業する会社で、くじ引きでトップになったのだ。
    朱里は見た目にはあまり力を入れていない。親友の衣花が誰が見ても群を抜いた美少女で、いつも彼女が目の前にいたからだ。
    クールな衣花は地元で一目置かれる網元の家の跡取りだが、そのために島の外へ出ることがまず出来ない運命も背負っていた。

    リゾートホテルを親が経営する源樹は、Iターン組。とはいえ、源樹は島育ちなのだが。
    やや派手な雰囲気の源樹に比べると平凡に見える新は、実は文才がある。
    フェリーに乗って露崎という脚本家の男性が現れ、島を引っ掻き回しそうになる。
    幻の脚本を探しているというのだ‥
    4人は、彼を追い出そうと計画し‥?

    この件だけではなく、島での揉め事と高校生たちの成長がかなりゆっくりと描かれます。
    気持ちよさそうな島の風景と、町おこしを目指す町長、地域活性デザイナーとの関わりなど、その土地ならではの事情が展開します。
    悪気のない子供たちの感情がさわやかで、広い対象に読んでもらうことを意識した作品だと思いました。
    エピローグで大人になった衣花が幸せそうで、明るい未来を感じさせる結末。
    心地よい読後感でした。

  • 辻村さん久しぶりの青春小説♪
    瀬戸内海の小さな島「冴島」で育ち、島外の高校に通う4人の高校生。
    島に残るという「幻の脚本」を縦軸に、それぞれの視点で島での日常、
    島と自分たちの未来が綴られていく。

    辻村さんと田舎といえば、暗さと閉塞感がつきものという感じがしていたけれど、
    読後感も爽やかで、瀬戸内海がきらめく島で、伸びやかに成長する高校生というイメージ。
    ここに綴られる冴島の生活にも、胡散臭い霧崎ハイジや、Iターンの悩み、
    村長の意外な裏の顔…など、一筋縄ではいかないこともあったりして、
    多少の息苦しさはあるけれど、Iターンやシングルマザーを受け入れていく
    島の懐の広さや島民の柔軟性とか、島の前向きな要素がふんだんで。
    なにより、高校生たちが島のこと、自分の将来のこと、真剣に考えているのが
    いいなぁと思った(オバサン的な意見?!)。

    最近、色々な出版社で本を出すようになったからか、他の作品とのリンクも
    以前と比べると減っていたけれど、この作品では「おおっ、こんなところで!」という
    再会があってうれしかった♪
    パクってデビューした霧崎ハイジにはインパクト強いわりに、それで終わり?
    というところで違和感だったけど(笑)。
    朱里たちが島を出てからの生活や交流なんかも知りたいし、スピンオフでいいから続編が出たらいいのになぁ。

  • よかった。すごくよかった。
    辻村深月にしては、割と普通というか等身大の登場人物が多くて
    多少の毒はありつつも、とても真っ直ぐで明るくて爽やか。
    表紙もかわいい。

    島という閉鎖的なコミュニティかと思いきや、
    そんなおどろおどろしい感じや前時代的な古臭さもさほどない。
    どんな場所でも住民の入れ替わりや世代交代はあるけれど、
    最初から出ていくことを前提に子育てをする島のお母さん、
    真っ黒になるまで母子手帳に書き込みをするという。
    巣立つときに子供に渡すんだね。
    同じ瀬戸内でも、本土の都会に生まれ育った私は
    まるで聞いたことのないエピソードでした。
    わたし母子手帳は母が保管しているし、そういうものだと思っていて
    私自身、娘の母子手帳はわたしのものだと思っていた。
    故郷という立ち位置の濃さが違うにしても、
    やっぱり地元にいつでも帰れることってとても幸せなことなんだな。

    シングルマザーの蕗子や、ヨシノの生き方や
    おじいちゃんおばあちゃん世代のほろ苦い思い出に
    高校生4人の関係も希望も葛藤も、
    眩しかったり霧に包まれていたり波に洗われたりして
    それぞれの思いが心に響いてきて、何度も涙が出た。
    盛り沢山な内容だったけどすっきり纏まって、ハッピーな余韻もたっぷり。
    赤羽環まで出てきて、にやにやしてしまったよ。

    しかし、朱里と源樹の絡みがないまま終わってしまって残念だ。
    まぁきっと卒業までにはうまくいってたんだろう。

  • 舞台は瀬戸内海に浮かぶ冴島。
    本土までフェリーで20分のところにある。

    この島に住む4人の高校生たち。
    明るく、素直で、人が寂しさや辛さを抱えているのをほっておけない朱里。
    美人で、少し冷めたところのある、衣花。網本の一人娘であるが故、島から出ることはできないとあきらめにも似た気持ちを抱えている。
    子どもの頃に移り住んできた、少々不良っぽい、源樹。
    演劇に対する深い思いを持ちながら、フェリーの時間の制約のために部活動に打ち込むことができない新。


    島と本土とを隔てる海によって、島の生活は一見穏やかに守られているように見える。けれど海は、高校を卒業してこの島を出て行った者と残った者との間をその距離以上に隔てているようだ。

    母親が経験した友人との思わぬ別れによる寂しさを、祖母には味わってほしくないと朱里は奔走する。人が抱える辛さを思いやることができる彼女は、本土における別れ以上に、島から出ていく人との心理的な距離を敏感に感じている。島を取り巻く自然環境や特有の生活環境が高校生の彼らを少しばかり早く大人にさせるようだ。


    海がなくても、距離が遠くなくても、会わずにいる人が何人もいる。年賀状に書かれたコメントへの返事を次の年の年賀状に書いたりして。

    『会いたいね』ではなく、せめて今年は『会おうよ!』と書いてみようかなあ。

  • いままで辻村さんの作品では、地方にうまれた子が、その狭い場所から抜け出せない葛藤を描いていたりしたんだけど、今回の作品の高校生たちは、それを苦しみではなくてとてもあかるく前向きにとらえてて、そこからさらっと解放されててちょっと驚いた。
    新しい世代ってことかもしれないなあ、と。
    現実的に、地方在住でもネットがあるからわりと仕事はできたりするし。
    そんで、地方を活性化させるためのコーディネーターもキーパーソン的に配置されてて、それも地方の新しいあり方を提示してて面白かった。

    都会が華やかな勝ち組で、地方がさえない負け組みたいな価値観はもういまや古いんだろうなあ。

    あと、辻村さんって人と人の関係性を描くのがすごくうまくて、今までは、どっちかというと狭くて濃い関係の中でみえてくる、人間のどうしようもないいやーな部分を絶妙に描いてたりしたんだけど、今回は逆に、わりと閉ざされた人間関係の中なのに、それがしがらみではなく、むしろ強い結びつきっていう好ましいものとして描かれてるのも、いい意味で意外でした。
    ちょっといやな奴でもむしろそのマイナス部分までおおらかに包み込んでいて、心底いやな奴ってのは出てきません。

    ので、島の海のさわやかな雰囲気ともあいまって、どっかすこーんと突き抜けたようなあかるさがあり、希望にあふれた作品になっていました。

    「スロウハイツの神様」のあの人も登場したりする、ちょっとうれしいサプライズも。

  • すごく良かった。色々な部分が全部。

    母子手帳の件と母親の覚悟の件は、この本を読むよりも前に、辻村氏が新聞に書いていらしたコラムを読んで知っていた。
    本書を書くにあたって取材した実際の島のことだったと思う。
    その覚悟は母親としてとても切ない。
    でも、親にも子にも(早くに離ればなれになる)その覚悟があるからこそ、島の子たちはしっかりしていて立派だと思う。
    それに比べて、うちのダラダラした大学生2人とその母である私は、これじゃあいかんなあと思ってはみるけど、もう手遅れ。(^_^;)

    辻村氏の著書はこれで3冊目だが、私はたまたま独立した作品を3つ読んでいたことになるらしい。
    今後は、この順で読むと良いと言われているものを参考にして読む予定。

全559件中 1 - 10件を表示

辻村深月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
辻村 深月
辻村 深月
辻村 深月
辻村 深月
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

島はぼくらとに関連するまとめ

島はぼくらとを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

島はぼくらとを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

島はぼくらとを本棚に「積読」で登録しているひと

島はぼくらとの作品紹介

直木賞受賞、第一作
待望の書き下ろし長編

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。
美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。
父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。
熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。

島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。
「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、
島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。
故郷を巣立つ前に知った大切なこと――すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。

島はぼくらとの文庫

島はぼくらとのKindle版

ツイートする