島はぼくらと

  • 3475人登録
  • 4.03評価
    • (436)
    • (617)
    • (299)
    • (44)
    • (4)
  • 552レビュー
著者 : 辻村深月
制作 : 五十嵐 大介 
  • 講談社 (2013年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062183659

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
辻村 深月
三浦 しをん
辻村 深月
有川 浩
辻村 深月
三浦 しをん
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

島はぼくらとの感想・レビュー・書評

  • 瀬戸内海にある架空の島、冴島を舞台にした
    高校生4人を軸にしたお話。
    冴島は人口3000人ほどの離島で高校がない
    ため彼らは本土の高校にフェリーで通っています。

    父親を幼い頃に亡くし、祖母と母と女三世代で
    暮らす朱里。
    網元の一人娘で美人で気が強い衣花。
    Iターン組で父親は島でホテル経営
    母親は島を出ていった源樹。
    高校で演劇部に所属しているがフェリーの時間
    の関係で毎日30分しか部活できない新。

    過疎が進む島の復興、Iターンしてくる人々、
    シングルマザーの人たち。
    大人たちの事情も高校生なりに理解しようとする年頃。
    その中で自分たちの将来を模索し選んでいく彼女たち。
    揺れ動く心情の描写がとてもうまいし、たくさん
    出てくる登場人物たちがそれぞれに個性的で、
    物語にグイグイと引き込まれていく。

    Iターンしてきて知らない土地で一から人間関係を
    作っていく不安。
    自分の居場所ができる安心感。
    優しくて温かい本でした。

    彼ら、彼女らの続編が読みたいなー。

  • ボクも瀬戸内海の島生まれ。面白かった。高校生だった頃を少し思い出したがこんなにみんなが仲良しではなかったな。

  • 昔仕事でお邪魔した島の事を思い出します。やはり噴火の後で山肌がめちゃくちゃに崩れた後だったけど、「次は遊びに来てください。今はこんなだけどとてもいいところです。」と声をかけてもらいました。離島に住むことに覚悟はいるのでしょうがそれを感じさせない爽やかな人達でした。この作品の若者たちはきっと同じように強く優しいのでしょう。読了し、とても嬉しくなる一冊です。

  • 離島で生活する高校生4人のお話。

    続編望む!

  • 実家を出ざるをえない彼らと、出なくてもいいのに出た私とじゃ全然思いが違うだろうけど。
    それでも読んだら帰りたくなる、帰ることを考える。

    源樹が語り手の章がとてもよかった。

  • 離島に暮らす高校生男女四人の話。ふわふわとした青春ポイ話しでも離島あるあるでもなく、きちんと人間のことが書かれていて読み進めるほどに気持ちが熱くなる。小豆島も高校を卒業するとほとんどの子どもが島からでていく。息子も読んでほしい。

  • 出産時にこの本でどうにか陣痛を耐え忍んだ思い出に残る一冊となりました。

    いや、全く耐えられなかったけどギリギリまで粘って読んだ。笑!!!

    こんなことならもっと気が遠くへ追いやられるほどに、先の気になるハラハラドキドキな本選んで持ってくべきだった!!!

    とはいえ、北の国からのような田舎を舞台に繰り広げられるヒューマンストーリーで、ステンドバイミーのような青春と、北の国からの融合のようなテイストの涙を誘うほんわかストーリーでありました。

    冴島。ホントにあるのかな?

  • 島に住む高校生4人の話。都会とは離れたところに住むってこういうことかなっていう部分もあって面白かった。読み易く一気読みした。

  • 故郷のあたたかさと煩わしさと。すごくよく分かる。良い面も嫌な面も爽やかに書かれていて読了後の余韻もよい。

    2017.3.22

  • 瀬戸内海の島に住む高校生4人が主人公。島の生臭い政治がらみの騒動やIターンで移住してきた訳アリの母娘との交流を通して、大人の色々な側面に気付かされ自分の考えを深めていく。4人しかいない同級生全員がほんとに良い子で、それぞれ悩みはあれど心の闇を見せるような子が一人もいないのはファンタジーみたいだけど、幼い頃から自分も島の大切な一員だと嫌でも自覚するような社会で育てば、自然とそうなるのかな。必ずいつかは島を出ていく子供のために、贈る言葉をびっしり書き込むという母子手帳の話は胸が熱くなった。親や島の大人たちの思いをちゃんと受け止め、今後の生き方を決めていく彼らがとてもすがすがしくて、とても気持ち良かった。

  • えぇ話やぁ~。
    めっちゃ、えぇ話!
    いいねぇ。
    環ちゃんも出てきたねえ。
    嬉しいねぇ。

  • 瀬戸内海の小さな島、冴島。
    今、ここで暮らしている17才はたった4人。
    高校2年生の彼らの別れの時はもうすぐだ。

    祖母、母と女だけで暮らす朱里。
    網元の一人娘、衣花。
    島にある唯一のリゾートホテルの息子、源樹。
    演劇が好きな新。

    彼らの青春物語というだけでも、もちろん面白いんだけど、島の開放的な部分と閉鎖的な部分や、彼らの目を通して見た島の大人たちの姿がとても興味深かった。

    シングルマザーの蕗子や悪い人ではないけれど謎の男元木がここに来たのは何故なのか。
    ヨシノの「地域活性デザイナー」という仕事とは。
    そして、なぜ彼女は自分の故郷でもない場所でそんなに一生懸命になるのか。
    村長や網元、ここで生きてきた男たちの意地。
    ここで生まれ育ち、母となった女たちの覚悟。


    母子手帳のエピソードはとてもいいなと思った。
    4人は島から通える高校を選んだけれど、もし他の学校を希望したら、わずか15才で島を出ることになる。
    母親たちはそれを覚悟しながら島で子育てをしていく。
    だから、島のお母さんたちの母子手帳はたくさんの書き込みで真っ黒なのだという。
    そして、島を出るとき、その母子手帳を子供に渡す。
    とても素敵だと思った。

    あと「兄弟」の盃も、ちょっと怖いし面倒くさそう…と思う反面、そうやって結びつきを強めることが生きていく上で必要だったんだよなぁと感じた。
    本当は男たちのものだったこの風習を彼女たちがどう説得して、おじさんたちに納得させたのか、かなり興味深い。

  • 辻村深月さんはハズレがない

  • コミュニティーデザイナーという仕事の理解を深めました。
    という素っ気ない感想からはじめないと、まだ、胸が熱くてうまく、文章が書けません。

    高校生のときの、子供と大人の狭間にいる自分を思い出してました。ほんとうに、揺れていた。
    ムラのある固まりかけの自分。

    衣花の覚悟が、新の源樹の朱里の覚悟が、固まって行く様をみていることは、切なさや苦しさもあるけど、やっぱりずっと島の風が渡るような爽やかがありました。

    高3の11月に私はある大事な『気づき』を得たのですが、ものすごい涙とともに。あのときのように鮮やかに変わってゆくときを彼らも彼らの場所と時間で過ごしたのだと思うと愛しい。

    「兄弟」の契りをむすぶ、は泥臭く生々しい関係も全部ひっくるめて尊いこと。
    まっすぐな心根で、お互いが結ばれたとしたら、人をしなやかに、たおやかにできるのだろうと思う。
    直系や親戚よりも確かで強く、血のかよう繋がり。
    私はこれからの時代(過去もだけども)、これを紡いでいけるかが、社会を世界をよくしていけるかだと思う。うすっぺらい繋がりがはびこるこのいまの時代に。


    ちゃんと向き合い、ほんとの気持ちを
    伝えること。
    すぐじゃなくても、後悔するまえに、
    ちゃんと伝えておこう、と誓う。

    母に伝えたいな。
    あなたのもとに生まれてよかったと思ってると。
    孫を側で育てたかった、でもできなくてごめんなさい。こんなに私を大事にそだててくれたのに。

    まだこれらを伝えられてない。
    だから、あの人を支え続けたい、いまは。

    いま、わたしはリスタートの時期が来ていて
    そのときにこの本に出会えてよかったです。
    たくさんのヒントをもらいました。
    わたしはいつか故郷に帰り故郷に恩返ししたいと考えてるのですが、この10年はしっかり母からたくさんのことを受け継いで、帰ったときに役に立てる人間であれるよう磨きたい。

    衣花は、
    島のことを劇的に変わるのではなく
    いろんな人がかかわりあいながらうまくやりながら
    ゆるやかに変わっていくといっていた。
    このことは私に響く。
    一度力を抜いて、見渡してみて、
    時々霧の海を眺めたりしながら
    受け入れ、ありのままを感じてみることが必要ね、
    生き急ぐな、ってことだな、と勝手に自分へのメッセージによみかえてみた。

  • タイトルの意味は、朱里達が卒業後、未菜たちの標語に関するもので、島の暮らしが次の世代に渡って継がれ、世代を超えた繋がりの深さに、じんわりと感じる。島の暮らしについて考えさせられ、以前から住んでいる人と、Iターンで移り住んだ人との価値観の違い、Iターン同士であっても、価値観の違いなどで、溶け込まなかったり、昔からのしきたりが良い所や辛い所もあり、島の人同士の助け合い、楽しさもあると実感。卒業し、島を離れたが、再会し、過ごした日々が蘇るのもまた良い。衣花が村長選に候補するが、良い方へ行けばと思う。

  • 瀬戸内海の小さな島。そこで生まれ暮らす、高校生4人を中心とした物語。
    家の事情、地域の確執、将来のこと。
    人それぞれ抱えるものは違うけれど、限られた、島で暮らせる時間が大切なものであるという自覚は皆同じで。
    繊細で、きらっとした、それでいて棘もあるような、そんな時間が素敵でした。
    こんな時間を過ごせたら、きっと故郷は忘れられない思い出の場所になるんだろうなぁ。

  • 瀬戸内海の島に暮らす高校生男女4人の青春群像劇。

    サクサクと読みやすかった。
    島での生活、Iターン、村長と島の人々…

    ラストはそうきたかって感じですごくおさまりがよく、さわやかな読了感だった。

  • 図書館で借りたもの。

    瀬戸内海に浮かぶ『冴島』が舞台。
    フィクションの物語だけど、実際こうなんだろうな~って思った。
    狭いコミュニティの中での暮らし。
    私には無理だ…。
    離島の復興を支援するための「地域活性デザイナー」という仕事があることを初めて知った。

    いずれ島を出ていく子どものために、島のお母さんたちは母子手帳にたくさん書き込みをする…っていうのが泣けたな。
    エピローグが本当に素敵。
    島には病院ができて、朱里は看護師に。衣花は26歳で村長に!
    「冴島の日々は、続いていく」

    「スロウハイツの神様」の赤羽環が出てきてびっくり。
    こういう作品間の繋がりが嬉しい♡

  • 世の中、己の平凡さに涙することも多い中、こんなバラエティ溢れる4人組男女が離島に存在するわけがない。
    が、まぁよしとする。

  • 島で暮らすのはやはりムリ。

  • 『ーーーこの子と過ごせるのは、15年だけだって、最初からそういう気持ちでその子を産んで、覚悟を決めて子育てしてる』母子手帳に込められた思い。送り主不明の島案内。つまりお母様方がステキだ!逆に島のオッサン達は全然いいとこ無かったな!

  • 2016.10.瀬戸内の冴島に住む高校3年生は,朱里,衣花,新,源樹の4人のみ.毎日,フェリーで本土に通学している.ある時,冴島にあると言われている幻の脚本を探しに霧崎という嫌な男がやって来た.新が書いた脚本を霧崎に見せると,こっそりと本土に持ち帰り自分が書いた脚本として賞を受賞する.朱里の祖母に碧子という親友がいたが,本土に渡った後に連絡が取れなくなったことを知り,朱里たち4人は東京の修学旅行中に抜け出して探しに行く.そして,その時に知り合った有名な脚本家の環から大阪にいるようだと手がかりをもらう.碧子は大阪の小学校の先生になっていた.朱里たちは,大阪に会いに行ったが,すでに碧子さんは亡くなっていた.しかし,一緒に働いていたという教諭から話を聞くことができた.碧子さんは,その小学校で劇を指導していた.その劇のビデオを見せてもらうと,その劇は冴島に代々つながる朱里たちも演じた「見上げてごらん」という演劇だった.この劇の脚本こそが有名なウエノキクオが書いた脚本だったのだ.とってもいい青春小説,感動した.

  • 文句なしの評価5。ここで赤羽環をぶちこんでくるとは、度肝を抜かれた。大事な人というくだりはチヨダ・コーキなのかと。ここから一気に物語は加速してあちこちの伏線が一気に噴き出していたね。

    男女4人の話だったから恋バナに終始するのかと思ったり、ちっとも進んでいかないお話に焦れていたりもしたけれど
    みんなみんな辻村深月さんの計算だったんだろうね。
    人と人との絆が大切に描かれているとてもステキな物語でした。

    たぶん、男の子たちのその後は続編かな。

  • 瀬戸内海に浮かぶ島での高校生4人の物語。広島で中高時代を過ごした私にとってはなんだか懐かしくてこそばゆい物語だった。

    辻村深月作品はスロウハイツの神様から2作目。
    早くもはまってしまいそうだ。
    スロウハイツでも思ったが、物事には繋がりがあり、人の行動には理由があると読んでいて感じさせられる作品だった。

    是非、架空の島冴島に私も渡ってみたい。

  • 瀬戸内海の島で暮らす高校生たちの話。
    ただの青春話だけではなく、島で暮らす人々の色々な面を描いていて引き込まれる。
    ラストは出来すぎの感もあるが、とても気持ちよく読めて温かい気持ちになれた。

全552件中 1 - 25件を表示

島はぼくらとに関連するまとめ

島はぼくらとを本棚に登録しているひと

島はぼくらとを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

島はぼくらとを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

島はぼくらとを本棚に「積読」で登録しているひと

島はぼくらとの作品紹介

直木賞受賞、第一作
待望の書き下ろし長編

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。
美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。
父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。
熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。

島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。
「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、
島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。
故郷を巣立つ前に知った大切なこと――すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。

島はぼくらとのKindle版

ツイートする