ブクログ大賞

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

  • 8430人登録
  • 3.40評価
    • (399)
    • (1072)
    • (1292)
    • (359)
    • (103)
  • 1280レビュー
著者 : 朝井リョウ
  • 集英社 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087468175

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 桐島というバレー部のキャプテンでありリベロが止めることに直接・間接的に影響を受ける人たちのストーリー。
    バレー部のメンバー、その彼女、考えに嫉妬する人などなど。
    ”光”に関する様々な表現を用いて、青春の光(希望)と影(悩み)が巧みに表現されている。

  • 朝井くんの作品、なんとなく読まず嫌いでこれで2作目です。今後はちょっとずつ読んでいけたらいいなと思います。

    やっぱりタイトルが良い。思わず口にしたくなる感じ。
    映画部の涼也の台詞“なんでだろうなんでだろう、なんて言いながら、僕は全部自分で決めて、自分で勝手に立場をわきまえている”。これはもう本当にその通りだと、自分のことも省みて、胸がきゅっと苦しくなった。
    全体から感じる瑞々しさ、懐かしさが、切なく眩しかった。
    涼也の話と、ブラスバンド部の亜矢の話が特に好きです。

  • 高校生が読む本なのか、大人が読む本なのか。。

    これをどうやって映画化したのか、そっちのほうが気になる。さほど抑揚があるわけではないんだけど。。

  • 2.5 高校生の青春群像。桐島は出てこないが、部活を辞めたことによる各人へのちょっとした影響についての話。誰がダサいとか、運動できるとカッコいいとか、下位グループ上位グループとか浅い感じが多く、モラトリアムという感じもせず、リアルなのは分かるがあまり面白くなかった。 犬童一心監督のジョゼと虎と魚たちの話が出ていた。

  • 田舎の進学校での話。
    バレー部のキャプテン桐島が部活を辞めるらしい。

    そこから周りの高校生たちの物語が始まる。


    スクールカーストを上手く説明しています。宏樹や実果はカーストの頂点で涼也は最下層。ただカッコイイ可愛いだけで頂点で暮らす人達や、何らかを認められて頂きにいる人達。何も無い薄っぺらだけど影響力があるってのは害だなぁと改めて思った。

    高校生を通過した人達はきっと何処かで共感出来る作品だと私は思う。

  • 登場人物が多いです。でもそれぞれにストーリーがあって、それぞれ絡んでる。桐島ともつながってる。おもしろかった。

  • ずっと家にあって読んでなかった。
    桐島くんは一度も登場しないが、同じ学校の高校生の視点からのいくつかの話で構成。自分の高校の時の気持ちや雰囲気が再現されてる部分がよくあった。あの時のあの気持ちって私だけじゃないんだ。。

  • 高校生の時の記憶が蘇って懐かしく読めた。
    今では、理由も原因もわからないけど、当時はくだらない上下関係の中での高校生活。グループ同士の確執とか、虐めとか、一人じゃかっこ悪いとか。それでも、グループを持って、一人にならず、つかず離れずの高校生活。誰しもが通ってきた道で、誰しもが不思議に思ったけどそれでも、レールからは離れなかった高校生活。

    ”一番怖かった。 本気でやって、何もできない自分を知ることが。” 菊池宏樹 のこの一言がぐんと心にきた。

    つまらない人間になるな!っていうことを著者が痛いくらいに伝えたかったんじゃないだろうか。

  • Amazonの批判コメントの多さに驚いた。
    僕は純粋にこの本は面白いと思った。まず、構成。「桐島」という人物は主人公として表に出てくるわけではなく、あくまで彼を取り巻く周りのエピソードを描いており、この書き方は秀逸だと感じた。
    確かに文章は少し子供っぽいところはあるかもしれないが、夢に向かって熱中することの大切さをメッセージとして残したいという著者の気持ちも熱いものを感じた。

  • こちらも映画先行。原作と映画の違いが楽しめる

  • 高校生で、いつも何が心に引っかかっている人に読んでほしいな。

  • 主人公である桐島は一度も、本人として出てこなかった。何人かの会話の中に、桐島という人物が登場してきて彼らの転機となるキーパーソンである。
    多感な若者という時期に取り巻く感情について、うまく焦点を当てて書かれているなと感じた。
    中でも、高校という狭い世界が全てだと思っている高校生を客観的に批判している内容のようにもみられた。

  • こういう構成、好き。これを19歳の時に書いたのか。
    大人になってもどこにいても、ランク付けグループ分けして自分の立ち位置を探している。
    探すべきは自分が輝ける夢中になれるもの。

  • 読み始めたらとてもあっというま。
    実果の章は読んでる時も読んだ後も、なんともいえない感情になる。

    詩織みたいな子がわたしは好き。

  • 2017.03
    青春時代あれやこれや考えてたことってみんな思ってたんだなー。懐かしかった!

  • 直木賞作家・朝井リョウのデビュー作。高校が舞台。タイトル通り、バレー部をある日やめた桐島によって、周囲の友人たちの様子が変化してくる。高校生各人をテーマに、短編のように紡がれていく青春小説というべきか。しかし、世代間ギャップも禁じえなかった…。

  • 心理描写が最初はくどいなと思っていたのが、段々と溶け込んできて、気がつくと読みふけってた。もうずいぶん前に抱いていた感情を思い出させてくれた。

  • 久々の朝井リョウ作品。
    感情表現がやはりすごいな、と思った。伏線というか、うまいことつながっているな、という感じ。
    でも、やはりその後どうなるんだろう、というのが気になるあたりなので、そういう意味ではすっきりしない。さらに、題名の桐島が部活をやめたのか、やめたならその理由もはっきりとはしない点においてはっきりしないところが気になった。
    しかし、総合的にはぱっと読むにはいい作品だな、と思った。

  • 読んでいて苦しくなった。学生時代にありがちな出来事ばかり。こういうことがあることを知っておく価値があると思う。中高生は読むべき本。

  • 5年位前か、同僚が本作を読んで、めっちゃリアルと評した。
    スクールカーストとか、違うグループの子との距離感とか、それとは別の、十七歳特有のもどかしさとか。

    彼女もいて、バレー部キャプテンで、「上のランク」の桐島は、作品には直接的には現れない。
    周辺の生徒たちから噂されるだけ。
    不在の中心。
    なにか「藪の中」的な構成。

    ただ、部活をやめた桐島が、作中で絶対的な存在かというと、そうでもない。
    むしろ、映画部の前田くんの存在感が大きくなっているような気がするのは気のせい?
    そうして、この、下層カーストの人として登場した前田くんが、上のカーストにいるはずの広樹の目からは、光を放つ存在として語られていく。

    死んだ異母姉の身代わりを、葛藤しながらも引き受けようとする実果の物語も、切ない。

  • デビュー作というのがすごいな。リアルさを感じさせる心象風景、表には出さないが、それぞれが他者を羨む構図、その構図がじゃんけんのようにループする。短編連作のように視点が多重であるが、それぞれが繋がりを持っているところはいい。私としては、高校生は遥か彼方だが、今の学生がこれをリアルに感じるなら、昔も今もあまり変わらないのだな(言葉遣いはともかく)、と感じる。ただし、実果のくだりは、本作の雰囲気とは異質な感が残る。

  • 映画より本で読んだほうがおもしろかった!

全1280件中 1 - 25件を表示

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)に関連するまとめ

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)の作品紹介

田舎の県立高校。バレー部の頼れるキャプテン・桐島が、理由も告げずに突然部活をやめた。そこから、周囲の高校生たちの学校生活に小さな波紋が広がっていく。バレー部の補欠・風助、ブラスバンド部・亜矢、映画部・涼也、ソフト部・実果、野球部ユーレイ部員・宏樹。部活も校内での立場も全く違う5人それぞれに起こった変化とは…?瑞々しい筆致で描かれる、17歳のリアルな青春群像。第22回小説すばる新人賞受賞作。

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)に関連するサイト

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)のKindle版

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)の単行本

ツイートする