細雪 (上) (新潮文庫)

  • 2069人登録
  • 3.82評価
    • (223)
    • (170)
    • (313)
    • (16)
    • (3)
  • 189レビュー
著者 : 谷崎潤一郎
  • 新潮社 (1955年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101005126

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
フランツ・カフカ
遠藤 周作
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

細雪 (上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 大阪の旧家の四姉妹が繰り広げる、四季折々の物語絵巻。

    この作品を読んだころ、私は「名作って、読まなきゃいけないのかなぁ」なんて考えていた。
    というのは、高校の図書室の先生と仲良くなって、彼女に名作をもっと読むことを薦められていたからだ。
    そこで漱石とか三島とか、ちょびっと読んでみたのだが、どうにものめり込めない。
    怠け者の私は、「ああ、やっぱり私には早いんだ」と単純に考えて、名作からしばらく離れていた。

    ところが、ちょっとした偶然から(?)私の敬愛する作家である恩田陸氏が「自分の中で面白い小説」とかいう本を3冊紹介しているのを読んで、その中にこの『細雪』が挙げられていた。
    そんなわけで、名作素人の私はいきなり、上中下巻の大作の『細雪』を手に取ったわけである。

    この本は私が今まで抱いていた「名作」のイメージとは、全く違う本だった。
    まず、会話が全部関西弁というところからして驚きのはずなのだが、名作初心者の私はそんなことには全く気づかず、一文がとにかく長いことにびっくりした。
    それまではなんとなく、名文と言うのは贅肉のない簡潔でストイックな文章のことだと思い込んでいたのだ。しかし、この本ではゆらゆらとしかし不思議にたおやかな文章が、取り留めなく語られている。それが不思議と心地よく、姉妹の会話がそのまま耳に聞こえてきそうで、面白かった。
    また、人間の機微や心理描写など、じれったくなることを細々と書かない乾いた語り口にひかれた。私は基本的に、アンニュイな湿っぽい雰囲気が苦手なのである。

    というわけで、この本は初めて「名作も面白いんだ」と思うことが出来た、私にとっての記念の本なのだ。
    名作だからのめりこめなかった、というのではなく、新刊でも自分に合う合わないがあるのと同じように、名作にも相性があるだけなんだ、とこの本が気づかせてくれたのである。

  • 1948年(昭和23年)。
    しっとりとした日本情緒と、瀟洒な昭和モダンの雰囲気、双方が味わえる風雅な風俗小説。前者の象徴として雪子が、後者の象徴として妙子が配置されていて、その対比も面白い。それもステレオタイプに美化されているのではなく、内気な雪子が実は強情で口論となると舌鋒鋭かったり、怖いもの知らずにみえる妙子が案外意気地がなかったりと、人物造形がリアルで生き生きしている。世間体を気にする所や、金銭的にガッチリしている所も、関西人らしくて楽しい。幸子が桜に思いを馳せるくだりでは、日本人なら誰もが感じ入るところがあるのでは。

  • 戦争中は言論統制によって発表の場を奪われていた『細雪』だけれど、上巻はどこに差し支えがあったのかわからないのんびりホームドラマ。というか雪子がはっきりしなさすぎで驚き呆れる。上流なのか関西なのか、まったく別文化の世界。

    着飾った三姉妹が外出するシーンが、においたつようなうつくしさ。これは映画化されるのがよくわかる。あと、ウサギの耳というか足の話は、谷崎らしいなと思った。

  • なんと上中下巻それぞれ108円で古本を見つけた。それが読むきっかけ。
    こいさん?きあんちゃん?のっけから誰が誰なの???なスタートだったが、すぐになんてことなくなった。どちらかというと、上巻はのんびりしたテンポ。

  • 2・30年前に一気読み。しかも数年を経て再読。
    今また再々読。
    生涯、何度もページをめくる本ですね、きっと。

    やっぱり、映画よりこちらのほうがいい。

  • 上・中・下巻とあるが、読んでいて一度も飽きることはない。
    一文が長い。読点で文を繋いでいく。
    しかし、言葉を選び抜いている。だらだらと締りがない印象は全く受けない。文体に心地いいリズムを与えている。それが読み手を物語へと引き込む。

    関西の上流階級の姉妹達がいろんな騒動を起こす。
    見合い。結婚。出産。病気。事故。本家との反目や確執。恋愛。女性の自由・・・・。
    人物描写だけでもおもしろいが、作中に描写される季節の行事や行楽も情感がたっぷりでいい。

  • 谷崎潤一郎という文豪が、「細雪」という文豪の代表作が、とか色々言われているが、小難しとか難解ということは全くなく、素直にオモシロい!たしかに「上」「中」「下」と長いが谷崎の美文ですらすら読める。

    最初にとっとと四姉妹の名前さえ覚えてしまえばこちらのものだ!読める!

    あ、唯一、いかにもなお嬢様感(特に「雪子」の)が少しだけ鼻につくかも。それはそれでオモシロいけど。

  • 「こいさん、頼むわ。―」

  • なんて上手い描写だ、などと意識する事もなく、ふとした折に流れる文章に驚嘆する、これが小説が優れているということではないか

  • 上中下三巻。男の作家が描く女性像は大抵気に入らないのだが、谷崎は別だ。打算的で人目が気になる、でも情の深い生きものとして描き出された女性像には、よく知ってんなあとほとほと感心するしかない。無口で強情なモテキャラ雪子よりも、時に妹を憎いと思いながらつい心配してしまう幸子の方が、正直で魅力的に映る。
    日本人のあけすけさ、したたかさ、慎み深さが思い出されて、まんざら日本人も捨てたもんじゃないと思える。

  • ★評価は再読了後に。
    いや何年振りかな、この本を手にしたのは。こんなに関西弁を流暢に使いこなしてたのね、いや、やっぱりしゃべり言葉とは微妙に違ってる。だからこそこの作家の文体は皆の気を惹くのかくもしれんです。
    それにしても戦前のお話だったのか、うーん、勝手に戦後をメインにした話と思い込んでました。まぁ大手なら映画化したがる気持ちは分かりますな、この作品は。

  • 谷崎潤一郎の本は、10年ほど前に、痴人の愛を読んで以来。
    結構敷居が高いと思っていたが、とても読みやすい!
    これからどうなるのか気になります。

  • 旧家の四姉妹の日常生活を描いた、四季折々の描写が美しい一冊です。『教養として読んでおきたい』と思いつつなかなか手が伸びない、いわゆる純文学の代表格ではありますが、意外に大衆的で読み進めやすい物語。同じくリベラルアーツ資料所蔵の映画『細雪』(市川昆監督)も是非併せてどうぞ。
    (金属工学科 B4)

  • 古さを感じさせない。聞きなれない関西言葉に戸惑ったが、次第に馴染んでくる。関西上流社会の話ではあるが、昭和初期の街の様子なども知れておもしろい。

  • 上より中、中より下の方がページ数が多くて「大丈夫やろか?」と心配していますが、上を読み終えた段階では、早く次が読みたい気持ちでおり、いい感じです。

  • 長編小説。雪子の見合い話が中心のお話。あまり喋らないし、「ふん」が口癖。後半ようやく面白くなる。
    縁談の仲人夫妻は配慮がなくて、さらに相手方にも配慮がなかったりと落ち度が多い。さらにお見合いする前にはまず興信所で下調べするんですね。今も昔も変わらず配慮に関してはいろいろ考えねばなりませんね。中に続く。

  • 昔の有名な作家だから、と変な堅いイメージができてしまっていましたけど、やわらかくて読みやすいです。予備知識もなく読んだのと、名前がみんな「子」で終わるので最初は誰が何番目の姉妹なんだろう、と混乱しましたが、そんなのは物語に引き込まれ、すぐに慣れてしまいます。
    この作品は四人姉妹の日常がさっぱりと、かつ愛おしげに描かれています。いまのところ個人的には2番目の幸子が好きです。旧家の女性らしさもあり、明るく可愛らしさもある魅力的なひとだと感じました。
    祖父母の生まれる少し前の作品だと思うと感慨もより深くなります。私は好きな作品です。

  • わたしが読んだことがなく、生きているうちに必ず読もうと思っている作品は三つある。「レ・ミゼラブル」「カラマーゾフの兄弟」そしてこの「細雪」。
    谷崎潤一郎は美しい文章であるけれど、少し読みにくく感じた「春琴抄」があるため、読みたいけれど読むのを躊躇していた。それでも今読んでおかなければ、この先いつになったら読めるかどうかわからないため三冊まとめて購入。

    読んでみたら、物凄く読みやすく面白い。

    これに尽きる。
    わたしにとってはなかなかの一大決心で読み始めた「細雪」だけれど、躊躇うことなど何も無かったのだ。

    「こいさん、頼むわ。」
    この書き出しから一気に関西の上流家庭である蒔岡家に引き込まれる。

    船場の蒔岡家の四姉妹、鶴子、幸子、雪子、妙子。
    美しい四姉妹の次女幸子を中心に三女雪子の縁談と、奔放な四女妙子の行く末を描く。

    物語それ自体は難しいものではなく、四人の女性の心情や戦中の日本の世情などを描いたもので、文体も平易で美しい。
    物語の中心である幸子家族の暮らす蘆屋、花見に出掛ける京都などの様子が描かれ、「細雪」を持って作中に出てくる場所を巡ってみたくなる。

    読む手を止められないまま中巻へ。

  • 懐かしき昭和の生活、和風若草物語。

    なんとなく、読んでいなかったので手に取る。谷崎はこれを戦時中に書いたという。彼が求めた日本の女性の美とは。しかし、美人だけど内気で無口な雪子が縁付かないのを焦る姉の幸子というのも、とても昭和だなあ、とか。そんなぼんやりした読み方になってしまった。

    四姉妹なのでつい『若草物語』を思い出しますが、この三女は病気で亡くなりそうにはないですね。四女が奔放な印象なのは変わらないんだけど。そして、長女の影の薄さも。

  • それぞれ個性を持った四姉妹の話。三女の雪子がちょうど今の自分と同い年なので、この姉妹の中では一番身近に感じられた。おとなしいのに頑固なところもけっこう好き。
    次女幸子の娘の悦子もおませな感じでかわいい。雪子と悦子の叔母・姪関係も仲良くていいな~と思った。こんな姪っ子がいたら超かわいがる…絶対。悦子の作文の「うさぎの耳を足でつまむ姉ちゃん」がかわいすぎる。
    雪子のお見合いの話がメインっぽいけれど、その間に描かれている何気ない日常の場面の方が当時の生活をうかがうことができて面白かった。袋分け節約法ってこの頃からあったのか、とか。はじめの方で、音楽会に行くのに「袋帯がキュウキュウいう」といってあれでもないこれでもないと姉妹三人で帯を選ぶ場面も好き。みんなで京都にお花見に行くところも華やかで憧れる。
    書いているのは男性(谷崎潤一郎)なのに、女性の描き方が男性視点っぽくなくて、すごいと思う。しかも古臭い感じもしない。大変読みやすいのでサクサク進む。

  • (旺文社文庫版)
    谷崎さんは猫と正造と二人のおんなしか読んだことないんやけど、そのときとおんなしで関西弁のテンポのいい会話文に、一文は長めやのに無駄なくすーんと入ってくる地の文で、読みやすいです。知らなんだわ。

    雪子の縁談話を軸にした分家の日常みたいな感じでぬるぬる話が進むので、気楽に読めるしむしろトイレにおいといてもいいかもしれん。ていうかそれでまだ上巻やけんか知らんけど雪子の話が進まんくて話の中心というか盛り上がりが捉えにくい、ってかもしかして中心は幸子さんとこ夫婦か。あのふたり仲良しで、やりとり読みよったらほっこりしてくる。上巻の終盤はかなり大変そうなんやけど。
    ってか妙子さんは彼氏とどうなっとん

  • (2016.06.04読了)(2013.01.25購入)(2009.10.30・百十刷)
    登場人物たちを整理しておきましょう。
    中心となるのは、蒔岡家の四姉妹です。
    鶴子 長女、本家、大坂上本町在住、37歳
    辰雄 鶴子の夫、婿養子、銀行員
    幸子 中姉ちゃん、次女、分家、芦屋川在住
    貞之助 幸子の夫、計理士、商大卒、
    悦子 貞之助・幸子夫妻の子供、10歳
    雪子 雪姉ちゃん、きあんちゃん、三女、英文専修科卒、三十歳
    妙子 こいさん、四女、二十歳の時駆け落ち事件、人形制作、夙川に作業場、二十五六歳
    奥畑啓坊 貴金属商の倅、妙子さんの駆け落ち事件の相手
    井谷 神戸の美容院の女主人
    瀬越 MB化学工業勤務、41歳、雪子さんの見合い相手

    雪子さんと妙子さんは、次女で分家の幸子さんのところにいます。
    話は、幸子さんの家族と雪子さんを中心に進んでいます。雪子さんの役割は、幸子さんの子供である悦子さんのお相手ですね。
    妙子さんは、人形製作の仕事をしています。夙川にアパートを借りてそこを仕事場にしています。仕事が忙しくなると、仕事場に泊まり込んだりしています。
    二十歳の時に、駆け落ち事件を起こしていますが、駆け落ち相手との交際は今も続いており、姉の雪子さんが、結婚したら、結婚するつもりで、いわば順番待ち状態です。
    雪子さんと瀬越さんの見合いは、順調のようだったのですが、瀬越さんの母親の病気が、精神病らしいということで破談となりました。
    見合いの場合は、興信所を使ったり、お互いの身内のものが、相手のことや家族のことをしっかり調べたうえで結婚が妥当かどうか判断することになります。
    健康面が疑われる場合は、診断書を提出します。
    現在はどこまで行われているのでしょうね。
    幸子さんの隣の家には、ドイツ人が住んでいて、子供たち同士で仲良くなっています。
    妙子さんのお弟子さんには、ロシア人がいます。さすが神戸は、国際色が豊かです。まる
    幸子さんの春のイベントは、京都の桜見物ということで、かなり丁寧に書いてあります。日帰りではなく、何泊かするんです。
    本家の辰雄さんが、東京に転勤になり、一家で引っ越すことになりました。原則論に従い、雪子さんと妙子さんも、本家といっしょに東京に移ることになります。ただし、妙子さんは仕事の区切りがつき次第ということで、猶予がありました。
    雪子さんが東京に引っ越したら、悦子さんの寝つきがうまくいかず、手こずっています。精神科医を紹介してもらい、薬を処方してもらっています。
    雪子さんは、子供の扱いが上手なようで、東京の本家でも、子供の看病などで重宝されています。大阪に行きたくても、わがままを言える質ではないようなので、我慢しています。
    幸子さんは、二度目の見合いを口実に、雪子さんを神戸に呼び寄せます。
    二度目の相手は、四十代半ばの、妻に死別した人物です。
    雪子さんの見合いが迫ったころ、幸子さんは、流産してしまいます。二人目がなかなかできなかったので、せっかくの二人目を残念なことをしてしまいました。
    見合いの日取りを延ばし伸ばしにしたうえに、見合いの段取りも齟齬が重なり、破談となりました。
    流産後の、体調不十分なまま無理をしてしまった幸子さんの今後の成り行きが心配です。

    ●未年(26頁)
    関西では、未年の女は運が悪い、縁遠いなどと云い、殊に町人の女房には忌んだ方がよいとされているらしく、「未年の女は門に立つな」という諺まであって、町人の多い大阪では昔から嫌う風がある
    ●本家の家族(184頁)
    出立の日は、辰雄夫婦と、十四歳を頭に六人の子供と、雪子と、九人の家族が、女中一人と子守一人を連れ、総勢十一人で、大阪駅を午後八時半発の列車に乗り込むことになった。
    ●暖房(210頁)
    ... 続きを読む

  • 春琴抄がすごく良かったので読んでいるが、非常に長く、また、あまり楽しめていない。面倒くさい人間関係の描写や、当時の優雅な生活ぶりの描写などは面白くもあるのだが、かといってこの分量を読む気力を湧かせるほどのものでもない。一旦寝かせる。

  • 上中下買い揃えてあったのになぜか手付かずで放置していたのをようやく決心して読み始めた。
    四姉妹の名前が覚えられず、ロシア小説を読み始めた気分になる。さらに話の展開がとてもゆっくりで、朝の連続テレビ小説を「見ている」よう。関西弁は慣れないし、読みにくいし、これは困った。何が言いたいのかなぁ、何が起きるのかなぁと数十ページが過ぎていくと突然、ストーリーにどっぷり引き込まれてる自分に気づいた。
    とても魅力的な小説だ。

    上巻は三女の雪子の結婚が話の中心となっている。
    当時結婚がとても大げさなものだったことが随所に見られる。お家柄というものがとても大事だったようだ。「身元の詳細を調べる」という言葉にはロマンチックのかけらも見られない。

    ふと着物が登場したり、四姉妹がひょいと口にした言葉であったり、描写には上流社会の豊かさがさりげなく垣間見られておもしろい。
    もちろん着物は花見をする日のためだけに用意されたものだ。

全189件中 1 - 25件を表示

細雪 (上) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

細雪 (上) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

細雪 (上) (新潮文庫)の文庫

細雪 (上) (新潮文庫)のKindle版

細雪 (上) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする