勉強の哲学 来たるべきバカのために

  • 752人登録
  • 3.81評価
    • (26)
    • (57)
    • (24)
    • (8)
    • (3)
  • 44レビュー
著者 : 千葉雅也
  • 文藝春秋 (2017年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163905365

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森田 真生
三谷 宏治
村田 沙耶香
リンダ グラット...
J・モーティマー...
國分 功一郎
又吉 直樹
ミシェル ウエル...
内田樹
有効な右矢印 無効な右矢印

勉強の哲学 来たるべきバカのためにの感想・レビュー・書評

  • 勉強=いままでのノリから抜け出すこと

    相対的に比較していくことで世界を認知するならば、比較対象を増やしていくことはより比較の精度を上げることになる。

    懐疑(アイロニー)と連想(ユーモア)を繰り返して思考を深めていくが、それは際限がないので享楽(自分のこだわり)によってある程度見切りをつける。

    自分の享楽について理解するためには欲望年表を作成すると良い。

    「ある程度勉強した状態」はあっても「勉強完了」の状態はないので享楽を繰り返しながら深めていけば良い。

    この知の有限化のプロが教師。教えられる者は何を教わっているかと同時に教師は何を切り捨てているのかも意識できた方が良い。

    学問も、それぞれの世界にノることと同義。入門書→教科書→基本書→専門書と深めていく中でその学問のノリに入っていく。そうした書物はプロ・モードで書かれているためにそうして慣れていかないと理解ができないから。

    本は修正が効かない分注意深く書かれていることが多い。でも間違っていることも往往にしてある。プロ・アマ両輪で読むことによって必要な分だけ自分のものにしていく。

    ノートは勉強のタイムラインになる。
    考えた結果を書くというより書きながら考える。箇条書き(アウトライン化)も有効。

  • 処女作『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』も、一定の評価と受容を見ている。その題名からも分かるように著者の専門はフランス現代思想。大学二年で東浩紀の『存在論的、郵便的』に出会い、哲学を志したという。その著者が、『勉強の哲学』というタイトルで書いた本が、東大と京大の生協書店で売上No.1だという。今の学生もフランス現代思想を前提とした勉強の哲学なるものを興味を持って読むのかと思うと大変な驚きである。前著も読んでいないのだけれど、参加する読書会で取り上げるということなので読んでみた。

    「勉強」という一連の作業の中で、情報を探すということに関しては、著者がいうように現代はかつてないほどよい環境となっている。90年代末に学生であった著者からしても「勉強のユートピア」と呼んでもいい時代になったという。そのときに、今までにない程、情報と勉強に関するリテラシーを身に付けることが必要な時代でもある。だからこそ、少し意識の高い学生には受けるのかもしれない。

    著者は勉強をすることは、「ノリが悪くなることである」と告げる。それまでの「ノリ」から自由になり、別の「ノリ」に移るということでもある。それは著者自身の経験でもあったのだろうか。「勉強とは喪失すること」という。つまり、「勉強とは自己破壊である」ということである。そのことを著者はキモくなるとも表現する。東大・京大で売れているのは「キモく」なることへの自己正当化にもなっているのだろうか。

    そもそも人間は「他者によって構築されたもの」である。もう少しいうと「自分に言語がインストールされている」という事実が、他者によって構築されたものでことを示している。なぜなら「言語は他者」であるからである。そして、人間は「言語的なヴァーチャル・リアリティ」を生きているといえるのである。フランス現代思想において、「言語」への拘りと同時にそこからの自由を求めることが哲学というものなのかもしれないと考えていた。フランス現代思想とは、言語の他者性について考えることと、そこから自由になるための勉強論であるのだろうか。

    そして、ツッコミ=アイロニーとボケ=ユーモアを、既存のコードから自由になるための思考スキルだという彼のフレームワークは知的な刺激ではある。著者はアイロニーを過剰化せずにユーモアへと折り返すことを推奨する。柄谷行人に『ヒューモアとしての唯物論』という著作がある。柄谷は、ここではアイロニーに対して、ユーモアを上に置いている。「」いずれにせよ、アイロニーとユーモアを対置するフレームは新しいものではない。

    もうひとつ具体的なツールとして、フリーライティングを勧める。自分もEvernoteを利用して読書ノートを付けて、少し形をまとめてブクログに上げるようにしている。勉強を継続するためにノートアプリを利用して書くことを薦めるが、まったくその通りだと思う。

    そして、比較を続けること、絶対的な結論を出さないこと、最終的な決断をしないことこそが大切なのだという。その思考スキームは現実の世界においては、実際のところちっとも役に立たない。勉強とはすでに役に立つものでもなくなっているのだ。それでもなお「信頼に値する他者は、粘り強く比較を続けている人である」という言葉には強く共感するのである。

    この本を読んで、ポスト構造主義(ドゥルーズ・ガタリやデリダ、ラカン、バルト)が残したものは何であろうかと考えた。「深く勉強することは、言語偏重の人になることである」と著者はいう。それは、彼らを結果として裏切りはしなかったか。
    壮麗な装丁の『アンチ・オイディプス』を買ったとき、『差異と反復』も『千のプラトー』もまだ邦訳が出ていなかった。その『アンチ・オイディプス』も結局読むことなく書棚に鎮座してい... 続きを読む

  • 著者の千葉雅也は、2013年発表のデビュー作『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』で注目を集めた、フランス現代哲学を専門とする新進の哲学者。
    本書は、著者曰く、「ドゥルーズ&ガタリの哲学とラカン派の精神分析学を背景として、僕自身の勉強・教育経験を反省し、ドゥルーズ&ガタリ的「生成変化」に当たるような、または、精神分析過程に類似するような勉強のプロセスを、構造的に描き出したもの」である。
    私は、現代思想に関して専門的な知識は持たず、著者が補論でも語っている本書の学問的背景はよくわからなかったが、興味をもって読み進めることができた。
    というのは、私はおそらく一般の人と比べると、文系・理系に限らず幅広いジャンルの数多くの本を読むが(と言っても、著者のいう「一般書」の範疇だが)、自らの、著者のいう“ノリの悪い語り”を意識することがあるのだ。。。例えば、皆がコラーゲンやグルコサミンの効用についての経験を話していると、「それは分子生物学的にはあり得ない」と否定してしまったり、中国の駐在経験者たちが、中国の生活の不自由さについてあれこれ話をしていると、「中国共産党政権は、ソ連と同様に遠からず崩壊するはずだ」と呟いてしまったりするのである。。。
    著者は、勉強するとは、言語偏重の人になることであり、言語偏重の人とは、その場にいながらもどこか浮いているような、ノリの悪い語りをする人である、と述べているが、日頃自分が持っている違和感をポジティブに説明してくれたような気がして、その先一気に読み切ってしまった。
    前半の原理篇1~3のロジカルな分析と比較すると、後半の実践編1~2は、著者自らの体験に基づく記述が増えて、別の本のような印象すら受けるが、読者がそれぞれの立場で意味を感じられるような一冊ではないだろうか。
    (2017年7月了)

  • 千葉雅也『勉強の哲学』読了。「勉強」とあるけれど、広義的な「勉強」と捉えられる内容で、ある種のオタク分析のようにも読めて、非常に興味深かった。内容としては、勿論『勉強』についてではあるんだけど、勉強というツールを使ったコミュニケーション論であり、言語論といった感じで、面白かった。
    『勉強の哲学』読んでて、サルトルの「人間は自由の刑に処せられている」という言葉がふと浮かんだのだけれども、『勉強は自己破壊』という文中の言及、元々存在する環境(不自由)からの脱却は時として重圧である、自由(自己責任)の方が困難なこともあるよなぁと改めて考えたりしたわ。
    まぁ、その読みも知識のない私の勝手な解釈に過ぎないけれど…。内容としては大枠としては理解したつもりになっているけれども、所々、前提条件とされる知識が曖昧な部分があったりして、勉強不足を痛感したよね……。言葉は多く持っているに越したことはない………。

  • 勉強とは何か、ということについて哲学的に書かれた本。途中何度か見失いそうになったけど、何とか最後まで読み終えた…。全く詳しい訳ではないけど、構造主義的な立場、なのかな。

    印象に残った点は3つ。
    ・深く勉強するというのは、ノリが悪くなることである。
     勉強によって自由になるとは、キモい人になることである。
    ・ツッコミ=アイロニーとボケ=ユーモアが、環境から自由になり、外部へと向かうための本質的な思考スキルである。
    ・信頼に値する他者は、粘り強く比較を続けている人である。

    最後に結論としてまとめがあったのでだいぶ助かった。
    こういう本、考えることについて考えるみたいな、ある行動や概念について構造的に多角的に見た本はなかなか難しいけど、好きだ。

  •  勉強とは何なのかを考える本。
     1、2章が原理編
     3章が原理&実践編
     4章が実践編
     原理編は分かるようでわからなかった。
     実践編は具体的な方法が書かれており読みやすい。ただ、○○をすると身につきやすいといったような内容ではない。
     正直、自分がレビューできるような内容でなく(悪い意味ではない)実際に読んで欲しい。

  • オビに「思想界をリードする気鋭の哲学者による本格的勉強論」とあるのだけど。

    「本格的」な勉強論とは……一体?

    勉強するということを比喩から始めて、哲学的に捉えているのは、なんとなく分かる。
    その場の空気に同調している、そんな自分を客観視して、なんで同調しちゃってるの?ってツッコミを入れられる批判的な自分を作っていく。
    それこそ、その空気を作り出している人に、モノに、テーマに、世界に……。
    あらゆる角度から切り込んで、ズブズブと深めていくことは、傍目に見ると気持ち悪いことかもしれないけど、それが勉強だ、と言っている?
    んー。まあ捉え方はズレてるかも。

    言葉の記号化、決断の意味。
    哲学的に面白い部分と、紹介する本の多彩な引用を読んで、筆者の中身にはものすごく面白い世界が詰まっているだろうに、と思った。

    でも、この本の対象の見えなさと、比喩の軽さと、ページの空白の多さに、「ちゃんと理解しよう」という気持ちが削がれ続けて結論に至ってしまった。
    タイトルは面白いけれど、中高生にはある意味で難解だと思う。
    そして、社会人を対象にしているのなら、実践編をもう少し広く書いて欲しい。

    ある境界を越えて、苦しんだ後にふっと楽しめるバカになっていた、それは勉強の魅力だと思う。

  • 私は勉強が好きなつもりだ。
    その「勉強」について深く考えて見たくて読んだ。

    ちょっと難しかったかな。
    しかし、「勉強とは自分を破壊して、違うノリにうつることだ」という考え方は、転職を目前にしている自分としてはなんとなく共感できる部分があった。

  • 哲学者による自己啓発的な本。自分は啓発っぽいノリは苦手なのだが楽しく読めた。
    千葉雅也に対する関心が止まらない。ギャルっぽい容姿なので、もっと激しい思想の持ち主かと思いきや…。
    「勉強するとキモくなる」「来たるべきバカ」などなど、独特な言葉遣いがハマればハマる。難しめの単語も出てくるけど、集中してたら一気に読めると思う、自分は途中で集中が途切れた。実践編2のあたり。
    とりあえず欲望年表は作りたくなったが、未だに作れておらず

  • 難しい。
    でもなんとなく面白かった。

    言語的な話が出てきたのが個人的に嬉しい。
    というか、惹かれた理由だろうな。

  • アイロニーとユーモアでは、ユーモアを優先するという考え方が、自分との親和性を感じさせてくれた。年齢的にはひと昔前の世代の著者である。興味も全く別の所にあると感じていたようなタイプの人もこのように感じるのかというところが、今回の爽快な読後感に繋がっているんだと思う。

  • ゴシック体になっている部分だけを読めばいいでしょう。東大京大で最も読まれているなんて、本当だろうか。自己啓発セミナーみたいな残念な内容の本だ。

  • 割と読みやすく、わかりやすい内容でした。
    また、著者の頭の良さがよくわかるような気がします。
    ただ、ここに書かれてあることについては、自分も含めて
    みんながある程度知らず知らずにやっていることでは
    ないかと思います。思考がまとまるとき、うまくいくとき
    にやっているやりかたであるような気がします。
    ただ、そういうことを論理に則って展開していくところ
    がよく考えられていると思います。
    また、一般的に言語論は面白いと思います。

  • 現状の破壊(打破)のため、方法としての勉強論を書いた本。

    物事をアイロニー(懐疑的に捕らえる)とユーモア(視点をずらす、見方を多様化する)ことによって、「こうするものだ」という社会や共同体の「ノリ(暗黙の了解)」に無意識的に従っていたこれまでの自分を破壊することが出来ると主張している本。勉強の哲学という題名だけに、勉強するにあたっての考え方を教えてくれている。少しわかりにくい箇所もあるが、最後にまとめで要約してくれているので理解はできると思います。

  • タイトルに惹かれて読んだ本。視点が面白い。勉強を啓蒙するわけでもなく、勉強というプロセスが何をもって形成されるのかを訴えているように感じた。ある分野にのめり込めばのめり込むほど他の分野にも興味が移り、さらにその分野の勉強をする。来るべきバカのために勉強は続く。

  • 勉強の方法論で、今までぼんやりと思っていたことが、明文化されていて、すっきり。

  • 座学が大好きだから、座学が評価されているのは
    嬉しい。

    アイロニーからユーモアへの転回が難しいんだろうな。
    欲望年表のコンセプトになるような
    ぴったりくる抽象的な言葉を見つけるのも難しい。

    言葉が好きだと思っていたけれど
    突き詰めた、ただそのものの現実を求めてた、
    求めているってことになるのかな。

  • アイロニーとユーモアの対立から勉強の方法を示す。アイロニーが至る先の「決断主義」はまさにかつて陥ったものだな、と思ったし今もそれに引き摺られている。
    アイロニーからユーモアへ移動し、ユーモア過剰を区切るのが「享楽的こだわり」。この辺りがとても現実的。そして享楽は勉強によって変化可能。以前は自分は心理学やサブカルに興味あったが、今は海外の事や政治や家庭科に興味が出てきたなーと思っており、それは試しに情報を仕入れてみた所面白かったからであった。複数のタイムラインの発生。
    現在のコードに乗っかりつつも、一方でコードから離れ浮遊し他のコードのタイムラインを作成・没入し、自分に特有の享楽(バカな部分)を自由に変化させつつ、比較を続ける態度。難しいですね。
    読んでると自由な気持ちになれる。コードから離れていいんだな、ユーモアへ移動していいんだな、中断していいんだな、身近な関心は学問の専門分野へと通じているし、既にそこで論じている人達がいるんだな。心地よかった。

  • ノリの良いバカは勉強を通してノリの悪い小賢しい人間になり、またそのうちノリの良いバカになる。
    ノリとはその場の環境が持っている「コード」を読むことでありその場その時で変化するし、勉強によるアイロニー、ユーモア、ナンセンスでその「コード」を乱していく。
    なぜ乱すのか。より深く、より広く、根源へと向かうため。でも根源へと辿り着くことは出来ず、勉強を継続していくことが重要。

    ゲンロンゼロの扱う観光客の一つの表れが本書での「勉強」であるかな、と思いつつ読みつつ、どう呼応するのか、しないのか、についてを「勉強」していこう、と思っている。
    iPad proを買っていたのは良いタイミングだったけど、本はお風呂で読むことが多いから、どうやって勉強に取り入れるかも考えよう。

  • 勉強とは、自己破壊だ。
    新しい自分との出会いを楽しもう。

  • "勉強する"ということ、その原理を、哲学的に分析し哲学の言葉で定義した本。
    であると同時に、勉強の基本的な部分のノウハウ本?

    哲学ってこういうことなのかと思わされるのと同時に、勉強ってなるほどそういうことかもとも思える。哲学の本のような勉強のノウハウ本のような、ちょっと不思議な読後感。

    勉強は中断してもいいんだ。脱線してもいいんだ。そこからまた戻って来てもいいんだ。それを繰り返してもいいんだ。そうすることで、色々な分野が繋がって、深みを増していくんだ。

  • わかりやすい言葉で勉強意欲が湧きました

  • 「勉強とはなにか」を考える本。自分にとってはそれほど新しい発見はなかったけど、自分のばくぜんとした考えを理論立てて説明してもらえた気がする。初めて著者の本を読んだけどとても読みやすかった。
    決断することの危うさを書いているところがあり、以前読んだ「ニーチェ入門」で、キリスト教や科学が真理を追い求めることでニヒリズムに至る、という記述とリンクしたのが印象的でした。

全44件中 1 - 25件を表示

千葉雅也の作品一覧

千葉雅也の作品ランキング・新刊情報

勉強の哲学 来たるべきバカのためにを本棚に「読みたい」で登録しているひと

勉強の哲学 来たるべきバカのためにの作品紹介

勉強ができるようになるためには、変身が必要だ。勉強とは、かつての自分を失うことである。深い勉強とは、恐るべき変身に身を投じることであり、それは恐るべき快楽に身を浸すことである。そして何か新しい生き方を求めるときが、勉強に取り組む最高のチャンスとなる。なぜ人は勉強するのか?勉強嫌いな人が勉強に取り組むにはどうすべきなのか?思想界をリードする気鋭の哲学者が、「有限化」「切断」「中断」の技法とともに、独学で勉強するための方法論を追究した本格的勉強論。

勉強の哲学 来たるべきバカのためにのKindle版

ツイートする