新・夢十夜

  • 22人登録
  • 3.07評価
    • (1)
    • (3)
    • (8)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 芦原すなお
  • 実業之日本社 (1999年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408533490

新・夢十夜の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは久しぶりにどんどん続きが読みたくなる本だった!ドキドキハラハラとかそういうのではないもやもやとした「夢の中の危機感」とでもいうべきものをうまく表現していると思う。語られる夢に微妙な既視感を覚えるのは多分私だけではないはず…。タイトルもうまいですな!思わず手に取ってしまった。物語の構成としては漱石よりも面白いと思う。文学としてはまた別の話だけども。

  • 「新・夢十夜」芦原すなお
    ドリーム・ホラー。そんなジャンルあるのか?和色全般。

    本作を読んで気付きました。"夢"を扱っている作品は既視感を受けやすいのではないかと。
    怖いくらいに作品世界への染み込み方が滑らかな印象でした。抽象的ですね・・・汗。
    楽しめ度としては本家にひけをとらない読み物であると思っております。

    「青春デンデケデケデケ」も、本書も、一作家で二度美味しい!
    おすすめです。(4)

  • 夢にまつわる十の短編集。
    作者が触発されたという漱石の「夢十夜」は未読。

    古来より人の夢の話を聞くほど退屈なことはないと聞くけれど、この作品はきちんとテーマを持たせて、なおかつ夢の不思議さを描いているのできちんと読み終えることが出来た。
    大抵の夢が死にまつわるもので、読みながら背中がぞくりとするようなものが多かった。
    大人の怪談かな。夏の夜に読むのにお勧めかと。
    あとこのまま短編オムニバス形式映画にすると怖そうだ。

  • どの物語も夢を題材にした不思議なものばかり。怖かったり、悲しかったり、切なかったりと、これ一冊で色々な物語が楽しめました。

    どこまでが夢で、どこまでが現実なのか。そもそも夢を見ている人物は自分なのか、それとも他人なのか。読んでいると頭が混乱しそうなんですけど、面白いです。一話、一話、先が気になって気になってどんどん読み進められました。会話部分がコミカルなところも良いですね。思わず笑ってしまいます。

    中でも「時の小鳥」と「てんまる」が好きです。悲しいのだけれど、どこかほんのりと温かい。こういう物語は大好き。あぁ、良いなぁとしみじみ感じました。

  • 漱石の「夢十夜」を読んだ高校生の時、感情的・独善的な感想文を書いた覚えがあります。それを懐かしく思いながら借りた一冊。夢はその人の潜在意識や記憶に左右されるけれども、とても自由な存在。それだけに魅力的な題材なんでしょうね。暖かかったり切なかったり怖かったり、色々な夢を見せてもらいました。夢の中で見た夢や、時間軸・空間軸が異次元で絡まりあうような夢。まさに変幻自在ですね。子供の頃は見た夢の内容を良く覚えていたのですが、大人になると目が覚めたら忘れてしまうのはなんででしょう?面白い夢を見た日は忘れてしまうのが残念です。

全5件中 1 - 5件を表示

芦原すなおの作品

新・夢十夜はこんな本です

新・夢十夜のKindle版

新・夢十夜の文庫

ツイートする