六の宮の姫君 (創元推理文庫)

  • 1952人登録
  • 3.59評価
    • (194)
    • (223)
    • (463)
    • (40)
    • (10)
  • 218レビュー
著者 : 北村薫
  • 東京創元社 (1999年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488413040

六の宮の姫君 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 芥川の『六の宮の姫君』を巡るミステリー。主人公の「私」とともに近代文学の資料を読み解いていくような感じ。
    近代文学が好きじゃないと辛いかも。学生時代に円紫さんと私シリーズを読んではいたものの、これだけ途中で挫折。○年たった今、再び手に取りようやく読了しました。

    芥川は「六の宮の姫君」という作品を指して、「あれは玉突きだね。……いや、キャッチボールだ」と表現したという。「六の宮~」は今昔物語の同タイトルの話を芥川が新たに書きなおした王朝もの。この作品からなぜそんな言葉が出てきたのか。芥川は何を思い「六の宮~」を書いたのか、それが「私」と円紫さんや周りの人たちにより少しずつ明らかになっていく。

    芥川が自殺した後、葬儀の際に総代を努めたのが菊池寛。
    芥川と菊池は対照的な作家と言われ、小説で芸術を突き詰めたのが芥川なら、菊池は大衆小説の大御所になる。
    芥川と菊池は昔からの友人だったが、芥川が菊池の作品について肯定的に言及していることは少ない。
    芥川が、中学(旧制中学)の時に書いたのが『義仲論』という文章。この文章の中で語られた義仲像こそ、芥川のなりたい人物そのものであった。
    その他、各作品において、芥川は「自分のなりたい人物」を登場させている。
    芥川は仏教の往生という概念をよりどころとしている節が見受けられる。
    仏教の教えのごとく死を受け入れることをよしとしているような。「義仲」のような人になりたいという気持ちを貫いている。

    一方菊地。
    菊地は各作品において、仏教の往生という概念を壊し、生に縋る人こそ人間そのものだ、という。
    その概念を、菊地は芥川同様自作の中に籠める。

    ……こんな感じのことがだんだんと明らかになっていく。
    そして『六の宮の姫君』は、生死の概念において、芥川が菊池と完全に袂を分かつ意思を告げるために描いた作品であることが判明する。
    つまり『六の宮の姫君』は、小説という芸術の分野においての、芥川からの決定的な別れの手紙だった。

    「六の宮の姫君」が書かれたのは、芥川が自殺する何年か前。そのとき二人の芸術的な道は分かれていた。それでも、葬儀の総代を菊地が務めたという点に、二人の絆を感じる。
    二人の天才が歩んだ道を、「私」と一緒に眺めることができて本当に良かった。

    芥川の研究書のような様相だけど、物語なので、ところどころでに
    「私」がいろんなことを想ったり主張したりしている。
    「私」は余り強く物を言う方じゃないけど、序盤(p91)の、文章の評論家に関する批判めいた主張はニヤっとしつつ同意した。

    一度は挫折して、もう読めないだろうと思った本だけど、年を重ねると読めるし、面白いと思うことがあるんだなとしみじみ感じた本です。

  • 「太宰~」から遡る旅を続けている。前回紐解いた時に印象に残ったまさしく旅にでる(正ちゃんとドライブ)のみならず、芥川、菊池らを巡る過去への推理の旅も初読より十年以上もの年を経た今、理解を深めることができる。とはいえ、拙い私(コレは登場人物ではなく、コノ自分のこと)にとってはややこしく、レベルの違い過ぎる頭脳の自分の限界をまざまざと見せられるということに他ならないのだ。トホホである。

  • だいぶ前に読了してるんですが、ページを繰るスピードがかなり遅かったことしか覚えてない私はこの本を評価したり感想を書いたりする資格はないかなァと思いました(作文)。
    でも星はつける\( 'ω')/←←

  • 「円紫」シリーズです。
    当作の円紫さんはあくまでもアドバイス役であって、謎を解くのは「私」です。
    就職祝いにご馳走する辺りは、お父さんだなと思いました。

    「秋の花」を読んだ時点では、「私には合わないなー」と思って中断していました。
    しかし、ブログの記事整理をしていたら、放置していたシリーズ作を読みたくなる欲が湧いてきました。

    あれ、こんなに読みやすかったかしら。
    以前読んだ印象では、堅苦しくて愛想笑いを浮かべたくなるような感じだったんだけどな。
    当作は文学の謎を色々な文献で調べることがメインですが、「QED」シリーズに慣れたせいかダルさを感じませんでした。

    「私」に親しみが持てるようになっていました。
    いくら文系女子でも、友達との旅行中にディープな芥川の話をするのかとツッコミたくなりますが。
    それでも、若い娘らしいちゃっかりした部分や恋に興味を持っているところなどが見られました。

    当作では、アルバイト先の出版社に勤めている女性・天城さんが登場します。
    天城さんは仕事が出来るタイプの女性という感じです。
    出版社に就職しないかと打診をされて、「私」は働くことを決めます。
    そんな訳で、後の話にも天城さんが出てきそうです。

    人妻になった江美ちゃんは話の中でしか登場しませんが、正ちゃんとは夏休みに一泊旅行をしています。
    そういえば、正ちゃんはボクっこだったわね。
    女子大生がプチ旅行をするのに磐梯吾妻を選ぶのは渋い気がします。
    関東ならば千葉、東北ならば宮城辺りに行くものだと思っていたわ。
    免許取り立てなのに、スカイラインを走るとは大した度胸だわ。

    「秋の花」に出てきた女のコの話もチラリと出ていますが、前向きに生きていると分かって良かったなと思います。

    当作の謎は、「芥川と文学によるキャッチボールをした作品は何か」ということです。
    「六の宮の姫君」のあらすじも、芥川と交流していた作家のことも全く分かりませんでした。
    偶然にも当作を読んでいた時に、TVで芥川と菊池寛が一緒に映っている映像が流れていました。

    「沙石集」に載っていた作品を読んだ菊池寛は、それを受けて怒りながら「身投げ救助業」という作品を執筆。
    菊池の「首くくり上人」という作品を、過去に「往生絵巻」を書いた芥川が読んで、「六の宮の姫君」を執筆されたと思われる。

    確かに図を見ると、ビリヤードのようでも、キャッチボールをしているようでもありますね。

    文学のモチーフによる繋がりを探すのは面白そうですが、それを調べるのは大変そうだわ。

  • 再読だった。。。

    前書北上次郎氏
    解説佐藤夕子氏

    2015年には難解だった今作。
    面白い!!と感じることが出来て感激。。

    主人公が文学部卒論題材に芥川を選び
    その中でたてた仮説を自分なりに調べ、証明していく。。
    円紫氏は流石。。

    菊地寛氏については恥ずかしながら知らず、夏目漱石とか教科書の力は偉大。。
    エッセイもなかなか読めないが好きは自分としては、私小説なる当時の文学者達の作品、交流も気になる。。

    相変わらずの作者の女子大生の描写のさりげない凄さ。。
    『四年生になってみると、この気持ちはよく分かる。…誰でも、学生であるうちに、もっといろいろなことが出来たのではないか、と思うものだろう。…またお芝居なども、もっと観ておけばよかったと思う。更にくだけたことをいえば、…いわゆる≪恋愛≫もしておきたかったおいう、もどかしい口惜しさもある。こればかりは努力して出来ることではない。』

    『何事であれ、知らずに通り過ぎるようなことを、私は他にも沢山やっているのだろう。』

  • 円紫さんと私シリーズの4作目

    大学4年を迎え卒業論文を書くことになった「私」は、文豪・芥川龍之介をテーマに
    芥川作品の「六の宮の姫君」を掘り下げ、文学を巡る歴史の謎の探求に奔走する。

    "あれは玉突きだね。....いや、というよりはキャッチボールだ"

    メインとなる謎は芥川龍之介の謎めいたこの言辞。
    「六の宮の姫君」の作品誕生の秘話ともいえるこの言葉にはどんな意味あるのか....

    とっても難しかったです。
    芥川作品の中身をほとんど何も知らずにうん十年生きてきて...ほんと恥ずかしい...。

    それでもこの本を読むことで
    北村先生から芥川について少し学べた気がしています。
    何か一つでも読んでみなければ!と思えただけでも大きな収穫。

    今回「私」は大学4年生ということで
    新しい出会いありがあれば恩師との別れなどもあり、卒業
    そして就職と、大人になっていく成長の過程がぐぐっと大きく感じられました。

    なによりいちばんなのは「私」と正ちゃんとの友人関係。
    同じ価値観であれだけ議論しあえるっていいなぁ.....羨ましい。とても好きな場面です。
    そして加えてもう一つ、「円紫」さんと「私」の関係もすごく好き。
    自分より頭のいい人(年上で男性で! ^^)と、やっぱり同じ価値観を共にできる
    時間が過ごせるというのはもうね、羨ましいにほかなりません。

  • あらすじは分かりやすい。
    芥川が自分の作品『六の宮の姫君』について呟いたというコメントを巡り、主人公が調べ物をする。
    と書くととても地味だが概ねそんなところなので仕方がない。

    日常の謎といえど学が必要かと思わせる。
    言っていることそれぞれは分からなくは無いのだが、イマイチピンと来ない展開だった。

    それにしても、フィクションはどのくらい入ってるのだろうか。

  • 芥川龍之介「六の宮の姫君」の意図にまつわる文学ミステリー。人の繋がりの不思議を感じた。ミステリーでありながら、再読価値のある本

  • 円紫さんシリーズ3作目。小説に絡めた文学批評でミステリー。こういう形で書く必要があったのだろうか、このシリーズで。読解力の弱い自分としてはとても読みづらかった。でもこのシリーズは好きだから読みたいし。一作目とはかなり趣きが違う。

  • 円紫シリーズの外伝的小説。相変わらず文体が心地いいが、今回はミステリーと言うより文学評論的な要素が多く、いつもの作品とは別物の印象。でもやはり面白かった。

全218件中 1 - 10件を表示

北村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

六の宮の姫君 (創元推理文庫)に関連するまとめ

六の宮の姫君 (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

六の宮の姫君 (創元推理文庫)の作品紹介

最終学年を迎えた「私」は卒論のテーマ「芥川龍之介」を掘り下げていく一方、田崎信全集の編集作業に追われる出版社で初めてのアルバイトを経験する。その縁あって、図らずも文壇の長老から芥川の謎めいた言葉を聞くことに。「あれは玉突きだね。…いや、というよりはキャッチボールだ」-王朝物の短編「六の宮の姫君」に寄せられた言辞を巡って、「私」の探偵が始まった…。

六の宮の姫君 (創元推理文庫)の単行本

ツイートする