卒業 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.22
  • (350)
  • (1216)
  • (2880)
  • (570)
  • (101)
本棚登録 : 14402
レビュー : 1269
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061844407

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東野圭吾作品に頻繁に出てくる加賀刑事が初めて登場する作品。加賀刑事はまだ大学生です。

    感想は・・・

    東野圭吾も、加賀刑事も「若いな~」って感じでしょうか

    最近の東野作品をたくさん読んだ後なので、文章にも無駄が多い気がするし、若さというか、青臭さを感じでしまうし、内容も少しわかりにくい。ミステリー度を難しくしようと頑張ってる感がいっぱいで、逆にわかりにくい。ちょっと飛ばし気味に読んでしまった。。。

    けど、加賀刑事作品が好きな人なら、加賀刑事のスタートとして、一度は読んでおいた方がいいかも?

  • 学生時代の加賀恭一郎。最初の事件。
     
    雪月花のトリックは読んでも理解できなかった。
    挙句の果てに、成功確率低い気がするし・・・

  • 学生時代を過ごしてきた友達
    特に、親友と呼べるほど仲良くしてきた仲間が亡くなったことから
    いつも一緒にいるのに、分からないことだらけだったことに気がついたり
    卒業がキーワードとなり、
    この先の未来のことを考えていたり
    学生時代の仲間の大切さを感じられました。

  • 7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。ある日、祥子が自室で死んだ。部屋は密室、自殺か、他殺か?

    初期の作品だからか、今の作品程のワクワク感を感じなかったかも。

  • シリーズものだときいていたけど、
    加賀恭一郎シリーズ第一弾とのこと。

    読みやすいミステリー。
    ほどほどにわくわく。

    続きを読んでいくつもりなので
    今後の展開に期待。

  • ドラマで新参者を見て気になりました。加賀恭一郎シリーズ1作目です。刑事になる前の大学生の時のお話です。
    トリックは流し読みしてしまいましたが、物語としては青春要素が強くとても楽しめました。卒業間近で最後の部活の試合、就職で離ればなれになり疎遠になっていきそうな切なさ。人間描写が良く、トリックよりも動機が気になって読み進めていました。
    しかし青春といっても爽やかではなく、少しドロドロしています。どんなに仲が良くてもちょっとした些細なことから裏切ってしまい、それが連鎖していく救いのない悲しいお話でした。

  • 加賀恭一郎初登場作品。らしい。笑 雪月花のくだりはめんどくさくて飛ばしてしまった。東野圭吾だから、まぁいいけど。という感じ。

  • 加賀恭一郎シリーズ第一作。本格推理の常道を踏んだ本格推理なのだが、びっくりするほどつまらなかった!人物にもストーリーにもトリックにも興味を持てず。「よく似てるのにちっともおもしろくないモノマネ」みたいな感じである。
    読んでいて何度も、同じ著者の『名探偵の呪縛』を思い出した。本格推理への執着と訣別、そして今なお残る複雑な愛が描かれた作品(←と私は思っているが、ほかの人はそう思わないかも)。おそらくこの『卒業』こそ、著者の本格推理時代に書かれたものだ。そしてこれが本格推理時代の白鳥の歌なのかも…。続編『眠りの森』は、雰囲気が少し違うから。少なくとも、いわゆる「化ける」前の作品であることは間違いないと思われ。
    なんとなくしみじみとした気分になる。

  • 加賀恭一郎。
    雪月花の所を真面目に考える気にならなかったので全部読んでも未だによくわからない話。

    ってかあんな人の限定される茶室で殺人を行おうとする犯人…
    動機も全くピンと来ない。

  • 父に借りたものその1

    ミステリーは犯人が気になって一気に読んでしまう。
    ただ、雪月花之式のくだりは説明読むのが面倒になってさらーっと流してしまった。
    犯人の予想は当たったけど……当たっただけでした(笑)

    私が生まれた年に出版されたものと知ってびっくり。
    東野圭吾ってすごいなぁ。
    父から加賀恭一郎シリーズを借りたので一気に読みたいと思う。

全1269件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

卒業 (講談社文庫)のその他の作品

卒業―雪月花殺人ゲーム 単行本 卒業―雪月花殺人ゲーム 東野圭吾

東野圭吾の作品

ツイートする