あしたのジョー(11) (講談社漫画文庫)

著者 :
制作 : 高森 朝雄 
  • 講談社 (2000年11月1日発売)
3.62
  • (7)
  • (5)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062607742

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハリマオエピソードはいらないような・・・。

    ま、どこか狂っていっている、かもしれないジョーについては、読んでてハラハラして面白いんだけど。

  • カーロスの姿が痛々しくて見てられない。
    野性味あふれるハマリオとの闘いはジョーの本能を呼び覚ます重要なものだなぁ。

  • マスコミへの対応に追われるジョー→ハリマオ登場→対ハリマオ戦の途中まで。廃人化したカーロスの姿が涙を誘う。

  • 確かにジョーはかっこいい。
    ホセ戦の前の武道館の楽屋で、客席を無言で見つめるジョーには泣ける。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

ちばてつや(ちば・てつや)1939年東京生まれ。漫画家。

あしたのジョー(11) (講談社漫画文庫)のその他の作品

ちばてつやの作品

ツイートする