虚空の旅人 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.21
  • (772)
  • (738)
  • (356)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 4827
レビュー : 455
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101302751

作品紹介・あらすじ

隣国サンガルの新王即位儀礼に招かれた新ヨゴ皇国皇太子チャグムと星読博士シュガは、"ナユーグル・ライタの目"と呼ばれる不思議な少女と出会った。海底の民に魂を奪われ、生贄になる運命のその少女の背後には、とてつもない陰謀が-。海の王国を舞台に、漂海民や国政を操る女たちが織り成す壮大なドラマ。シリーズを大河物語へと導くきっかけとなった第4弾、ついに文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 守り人シリーズ4作目。

    今回は新ヨゴ王国のお隣、サンガル王国が舞台。
    新王即位式に招待されたチャグムとシュガが、サンガル王国を支配しようとするタルシュ帝国の陰謀に巻き込まれます。

    サンガル王国にもナユーグルという異界が存在し、その異界の者に憑依され<ナユーグル・ライタの目>となってしまった少女。
    <ナユーグル・ライタの目>となってしまった者は都で最大級のもてなしを受けたのち海に帰すとして殺される運命にあり、
    以前、同じような境遇で殺されかけたチャグムは放っておけず、助けたいと思う反面、皇太子としての立場が邪魔をします。

    一方、以前から少女と顔見知りだった新王の弟であるタルサン王子も、少女を助けようとしますが、
    少女はタルシュ帝国の密使であるヨゴ人の呪術師に操られており、そのせいでタルサン王子も呪いをかけられ
    兄であり、次代の王であるカルナン王子に重傷を負わせ、罪を着せられ死刑判決をくだされてしまいます。

    その後、島守りたちの謀反やタルシュ帝国の侵略など慌ただしく物語が進む中、チャグムはシュガと共に奮闘するのですが、
    なんていうか...完全にチャグムの成長を見守る母親の気分でしたね。
    立派になっちゃって。ぐすん。
    最後の言葉もよかったなあ。チャグムとシュガの関係もすごくいい。
    バルサとタンダがあのチャグムを見たらどんなに喜ぶだろう...ああ!早く会わせてあげて!なんて思ったりもしました 笑。

    あとがきで「やんちゃで真っ直ぐなチビスケ」とチャグムのことを書かれている上橋先生にもほっこりさせられ、なんとも清々しい読後感。たまらん。

  • シリーズ4作目。今回はチャグムとシュガの物語。いつものメンバーの出番が無いのは寂しいものの、代わりにイキイキとした魅力ある登場人物がたくさん出てきます。海に囲まれた南方のサンガル王国の王家のセレモニーに父王の名代として出席するため、はるばる海を旅してきたチャグムとシュガ。サンガルという国は、王こそ男系ですが、各島の長(島守り)の妻として、為政者として徹底的に教育された王家の血筋を引く女性を嫁がせるのが仕来たり。島守がちょっとでも欲を出して隣国に便宜を図ったり謀略に手を貸したりしている疑いがあると、女性たちの情報網と権限によって島守の地位を追われ、罰せられてしまう、という、とても興味深い設定になっています。もともと小規模のグループが身を守るためにゆるやかな連携を図っているうちに王国になっていった、というサンガルの成り立ち、他の国との位置関係、国に属さない海の民(新ヨゴ皇国でいうところのヤク―の存在に近い)の存在も面白い。そういうこまごまとしてち密な設定が、説明調になり過ぎずに楽しみながらさらさらスルスルと理解できるようになっているのが、本当にすごいです。ナユグとサグが揺らいで境目が曖昧になり、そこにつかまってしまった小さな子にまつわる言い伝えを中心に、サンガル王家の兄弟姉妹の性格や資質の違い、将来統治者となる者としてのチャグムの葛藤、それを見守るシュガの決意、などなど、読みどころが満載でした。海の民の娘、スリナァがとても良い子で、ずっと応援しながら読んでいました。とても面白かったです。

  • チャグムイイ男に成長中!(^o^)今回はサンガル王国の新王即位式に招かれたチャグムがシュガと共に大活躍!海底の民に魂を奪われた少女、タルシュ帝国の侵攻、国を守る女たちの画策などハラハラドキドキ展開(;゜∀゜)みんな頑張っていたけれど、今回一番頑張ったのはスリナァだと思う(*^^*)

  • 守り人シリーズのスピンオフ的物語。
    守り人シリーズ第一弾で女用心棒バルサが助けたあの新ヨゴ皇国のチャグム皇太子が主人公の物語。

    チャグムが立派な青年に成長してて感動する。
    チャグムに仕える星読博士のシュガがチャグムを思う気持ちにも心を熱くするし、最後のチャグムの言葉に涙するシュガと一緒になって涙してしまった。

  • チャグムが活躍する話。
    そしてシュガとの絆がより深まる心温まる話。

    「これはチャグムの話だから守り人シリーズの外伝となり、だから“守り人”ではなく“旅人”とした。」とあとがきで読んでから初めて、「ほんとだ!旅人だ!」と気づいた私。

    シュガがなんとかチャグムを助けよう助けようとしているのが、単にチャグムが皇太子で国にとって重要な人物だからという打算なものではないというのがわかるシーンがあり、思わず涙ぐんでしまった。

    これまでシュガは確かに頭はいいけど、打算的なところが好きくないなと思っていた。常にこれは得であるか損であるかを考えて生きているような。
    けれど、それはあくまでも立場からくる役割を果たそうとする使命感からであり、本当のシュガは心のあたたかい人なんだな~とわかって好きになった。
    「聖導師シュガ」が楽しみである。

    一つ、やっぱりなんだかんだバルサと一瞬でも会えるシーンが欲しいなぁ。
    毎回なんだかんだ会えてるじゃん!と突っ込みつつも、チャグムがバルサと会えるとこっちまで嬉しくなるから。

  • 20111027
    1日

  • もう文庫でも出ているんですね!
    チャグムの視点で、サンガル王国での王位継承の式典とタルシュ帝国に操られた反乱の顛末。
    皇太子としては無謀だが心優しい少年チャグムの活躍。

  • 「旅人」と付いているものは守り人シリーズの外伝的扱いらしい。
    読みながら、もしかしてと思っていたが最後までバルサは出て来なかった。
    今回はチャグムが主人公。
    チャグムとシュガが、お互いの立場と責任を超えた絆を深める物語。

    チャグムが聡明であることはかねがね語られていたが、他国の王族からも羨ましがられるほどのほとばしる才気があることが描写されていて嬉しかったな。
    新ヨゴ皇国ではチャグムは神として扱われるから周囲の目にフィルターがかかって当然だけど、そういうアドバンテージがない異国の地でも通用するんだ、しかも14歳で!
    いいですね…。

    テイストとしては闇の守り人に近い政治的な話がメイン。
    ちょっとしか出てこないけど、カームさんがしっかり活躍していた。
    南国は女性が強いみたいな設定ってわりとあるあるなんでしょうか。
    スリナァがお父さんと再会するシーンが無かったのが心配です。お願いします。

  • 皇太子としての自分と他者を思いやることを諦めない自分との間で葛藤するチャグム。少し前まで守られる側であったチャグムの成長が感じられる物語。
    国や自分自身の利害のために動く人がほとんどである一方で、利害よりも自分の感情を大事にするチャグム。彼のこの先の物語が気になる。

  • シリーズ一巻では、守られる側であったチャグムが、今度は皇太子として、また、熱き純粋な心を持った青年として、サンガル帝国を舞台に描かれる政争に身を投じる。
    チャグムやタルサンの幼さ、と表現されるそれは、確かに幼いといえるものなのだが、どんな人にも、価値判断の根底にそういうものはあって欲しい、本書を読んでいて、そのように思った。チャグムもタルサンもこれからその純粋な熱さと現実の狭間で思い悩み、苦闘するのであろうが、ファンタジー世界くらいはこういう純粋な人間がいてくれると、そして、シュガをはじめとした協力者がいてくれると、なんともほっとするものである。
    一巻から読み進めていると、最後のチャグムからシュガへの語りは、なんとも感慨深いものである。

全455件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家、川村学園女子大学特任教授。1989年『精霊の木』でデビュー。著書に野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞した『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、野間児童文芸賞を受賞した『狐笛のかなた』、「獣の奏者」シリーズなどがある。海外での評価も高く、2009年に英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞。14年には「小さなノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞〈作家賞〉を受賞。2015年『鹿の王』で本屋大賞、第四回日本医療小説大賞を受賞。

「2020年 『鹿の王 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

虚空の旅人 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×