新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.93
  • (523)
  • (416)
  • (560)
  • (21)
  • (8)
本棚登録 : 4176
レビュー : 240
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105792

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どうも長い。勧める人は多いけど。全体で2冊ぐらいになりそうな。

  • ”<一言>
    ---
    T:
    P:
    O:
    ---
    <読書メモ>”

  • 読了

  • 乃木希典があまりにも愚かに書かれていて、他の軍人との能力差と、今まで聞いていた人物像と違いすぎて違和感を持ったのでちょっと調べてみると、司馬遼太郎の説は色々言われているらしいことがわかった。歴史解釈歴史研究って(これは歴史小説だけど)、奥が深いなー。

  • 組織としてのあり方や、成功や失敗から得る教訓は今日にも通ずるものがある。通例の常識に囚われず、本質を捉える技巧は見事だと思う

  • 遼東半島での死闘、旅順と、その北東(かなり大まか)の遼陽での戦闘。ともに軍力差からの苦戦があるものの、なんとか食い止まる遼陽に比べて、旅順においては全く戦術も戦略もない、乃木希典司令部の戦下手が描かれる。そこには階級ではなく、明らかな間違いがあっても正せない日本人というものを考えさせられる。

  • いよいよ旅順攻略戦。

    乃木第三軍への悪評に知らず知らずのうちに引き込まれいて、三軍の司令部を嫌いになっていた。洗脳されている!と気づき、ネットでリサーチすると、同じように感じる人たちがたくさんいて、ここまで引き込ませる創造性と文章に感激した。

  • 5

  • 近代戦争を初めて経験する日本は、あらゆる面で後手後手に回ってしまう。
    中でも物資不足は、深刻だった。
    初めての近代戦争に臨むにあたって見通しが甘かった。
    お金が無い中での開戦。
    正に綱渡りの戦争であった。
    そして、度々、議論がある司馬遼太郎による『乃木希典愚将説』
    名将か愚将かは、各個人それぞれに考え方があると思う。
    だから、司馬遼太郎が乃木希典は愚将だと思うならそれはそれで、いいのではないだろうか。

  • 2016/01/12

全240件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1923年大阪市生まれ。大阪外国語学校蒙古語学科卒業後、産経新聞社に入社。59年「梟の城」で直木賞受賞。独自の史観を駆使し、戦後の歴史小説に新風を吹き込んだ。代表作は『竜馬がゆく』『坂の上の雲』『翔ぶがごとく』など。93年に文化勲章を受章。96年に72歳で死去。

「2008年 『豊臣家の人々 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)のその他の作品

坂の上の雲 4 単行本 坂の上の雲 4 司馬遼太郎
坂の上の雲(四) (文春文庫) Kindle版 坂の上の雲(四) (文春文庫) 司馬遼太郎
坂の上の雲 (4) (文春文庫) 文庫 坂の上の雲 (4) (文春文庫) 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

ツイートする