司馬遼太郎のおすすめランキング

プロフィール

司馬遼太郎(1923-1996)小説家。作家。評論家。大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を次々に発表。1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞受賞。ほかの受賞作も多数。1993(平成5)年に文化勲章受章。“司馬史観”とよばれ独自の歴史の見方が大きな影響を及ぼした。『街道をゆく』の連載半ばで急逝。享年72。『司馬遼太郎全集』(全68巻)がある。

「2020年 『シベリア記 遙かなる旅の原点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

司馬遼太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

司馬遼太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『燃えよ剣(上) (新潮文庫)』や『燃えよ剣(下) (新潮文庫)』や『新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫) (文春文庫 し 1-67)』など司馬遼太郎の全2711作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

燃えよ剣(上) (新潮文庫)

18329
4.04
司馬遼太郎 1972年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

※上下巻通しての感想は、下巻で纏めて書きます。 【読もうと思った理由】 歴史好きならほとんど誰もが知っている、司馬遼太郎氏。実は今回が初読みになる。昔か... もっと読む

燃えよ剣(下) (新潮文庫)

14424
4.08
司馬遼太郎 1972年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【上下巻を通しての感想】 司馬遼太郎氏は、こんな熱い漢(おとこ)達を書くんだとは、全く知らなかった。良い意味で裏切られた。僕はもっと史実に則って、淡々と物... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫) (文春文庫 し 1-67)

12544
4.11
司馬遼太郎 1998年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【この作品を短文で】 坂本竜馬は安易に答えに急がず、自分の能力を把握して客観視を保った上で大仕事を成そうと刃を研ぐ。 また、誰にも遅れを取らない自分の... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫) (文春文庫 し 1-76)

11897
3.94
司馬遼太郎 1999年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【あらすじ】 明治時代初期~日露戦争まで。 国力を上げようとしていく日本を舞台として、旧松山藩で軍人の秋山好古・真之兄弟と、俳人である正岡子規を中心と... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (2) (文春文庫) (文春文庫 し 1-68)

7655
4.06
司馬遼太郎 1998年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 まだまだ出だしの第2巻ながら、個人的には少しばかり箸休めの期間かのように感じました。 というのも、この本では黒船到来から開国⇒攘夷運動などに... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫) (文春文庫 し 1-69)

7106
4.09
司馬遼太郎 1998年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 竜馬がゆく3巻目。ここからは土佐藩士ではなく、脱藩後のイチ人間としての竜馬の活躍が光る。 「自分は人生で何を成すのか」という使命を、糸口かも... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (2) (文春文庫) (文春文庫 し 1-77)

6929
3.91
司馬遼太郎 1999年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【あらすじ】 戦争が勃発した…。 世界を吹き荒れる帝国主義の嵐は、維新からわずか二十数年の小国を根底からゆさぶり、日本は朝鮮をめぐって大国「清」と交戦状態... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫) (文春文庫 し 1-70)

6720
4.05
司馬遼太郎 1998年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 歴史小説としては、いよいよ攘夷が無謀なものだという世論に満ちてきて、「攘夷派の後退⇒開国」という流れに傾き始めた点がこの4巻でした。 何度読... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (5) (文春文庫) (文春文庫 し 1-71)

6401
4.09
司馬遼太郎 1998年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 長編だから仕方ないが、些か中弛みが・・・ 勿論、物語自体は面白い。 ただ、個人的に坂本竜馬の「無敵のヒーロー感」がどうしても鼻について... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (6) (文春文庫) (文春文庫 し 1-72)

6282
4.13
司馬遼太郎 1998年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 ついに倒幕の大きな推進力となる薩長同盟を実現させるに至った坂本竜馬。 坂本竜馬ひとりの力で功が成ったとはさすがに言い過ぎだが、やはり坂本竜馬... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (8) (文春文庫) (文春文庫 し 1-74)

6213
4.23
司馬遼太郎 1998年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんなに竜馬アゲの終わり方だったっけ? 慶喜や西郷らを引き立て役に落としすぎなきがして、ちょっと違和感。 竜馬が主役の小説なんだから、いいんだけど。 半藤... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫) (文春文庫 し 1-78)

6202
3.96
司馬遼太郎 1999年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【あらすじ】 日清戦争から十年・・・ じりじりと南下する巨大な軍事国家ロシアの脅威に、日本は恐れおののいた。 「戦争はありえない。なぜならば私が欲しないか... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫) (文春文庫 し 1-73)

6137
4.12
司馬遼太郎 1998年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いろは丸と 後藤象二郎の巻。 先日、鞆の浦のいろは丸展示館なるところへいってきましたが、その いろは丸。 名前がかわいい。 海援隊としての第一歩、という意... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫) (文春文庫 し 1-79)

5738
3.94
司馬遼太郎 1999年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争禍において無能な上司の下に配属されることほど悔やまれる事はないとわかる。また派閥に基づく人事も碌でもない。令和の今となってもその悪しき習慣はある。残念... もっと読む

新選組血風録 新装版 (角川文庫 し 3-1)

5528
3.87
司馬遼太郎 2003年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有名な新選組。討幕、大政奉還辺りの時代のことはまだよく分かっていないのだが、新選組というのが気になり本を手に取った。 新選組といっても、一人称してんから... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (5) (文春文庫) (文春文庫 し 1-80)

5463
3.94
司馬遼太郎 1999年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これまで面白いようで今ひとつ盛り上がりに欠ける印象で読み進めてきましたが、この巻より俄然面白くなってきました。 戦争の行方は戦場での戦闘のみならず、兵站な... もっと読む

関ケ原(上) (新潮文庫)

5275
3.99
司馬遼太郎 1974年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 いつの世も、いくら頭が切れていようが周りを巻き込むことの出来ない人間が日の目を見る事はない。 また、豪放磊落なだけでは天下を取る事は決して出... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫) (文春文庫 し 1-83)

5262
4.14
司馬遼太郎 1999年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治を描く一大叙事詩にして不朽の名作。ドラマ化も原作に忠実になされています。日露戦争をめぐる秋山兄弟と正岡子規の青春群像としての側面もあります。「竜馬がゆ... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (6) (文春文庫) (文春文庫 し 1-81)

5235
3.92
司馬遼太郎 1999年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日露戦争の陸軍のジリジリとした展開からいよいよ佳境に入ってきました。 攻防が手に汗にぎる感じが伝わります。 次巻に期待。 もっと読む

新装版 坂の上の雲 (7) (文春文庫) (文春文庫 し 1-82)

5165
3.96
司馬遼太郎 1999年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まずは、6巻まで文字が小さくて読むのに苦労した。この7巻だけは新装版なので文字も大きく読みやすい。8巻はまた字が小さい(;_;) (坂の上の雲。義父から借... もっと読む
全2711アイテム中 1 - 20件を表示

司馬遼太郎に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×