司馬遼太郎のおすすめランキング

プロフィール

司馬遼太郎(1923-1996)小説家。作家。評論家。大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を次々に発表。1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞受賞。ほかの受賞作も多数。1993(平成5)年に文化勲章受章。“司馬史観”とよばれ独自の歴史の見方が大きな影響を及ぼした。『街道をゆく』の連載半ばで急逝。享年72。『司馬遼太郎全集』(全68巻)がある。

「2020年 『シベリア記 遙かなる旅の原点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

司馬遼太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

司馬遼太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『燃えよ剣(上) (新潮文庫)』や『燃えよ剣(下) (新潮文庫)』や『新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)』など司馬遼太郎の全2405作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

燃えよ剣(上) (新潮文庫)

14947
4.03
司馬遼太郎 1972年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新選組をテーマにした作品は沢山あるが、今までは興味を持って、見てきたものはそれほど無かった。今回も妻からの勧めで、司馬遼太郎作品から始める。あまりにも有名... もっと読む

燃えよ剣(下) (新潮文庫)

11653
4.07
司馬遼太郎 1972年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「男の一生というものは」 「美しさを作るためのものだ、自分の。そう信じている」 歳三が病床の総司に語ります。後に、最後までたった一人の幕士として残り、... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)

10697
4.10
司馬遼太郎 1998年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【この作品を短文で】 坂本竜馬は安易に答えに急がず、自分の能力を把握して客観視を保った上で大仕事を成そうと刃を研ぐ。 また、誰にも遅れを取らない自分の... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)

9818
3.95
司馬遼太郎 1999年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【あらすじ】 明治時代初期~日露戦争まで。 国力を上げようとしていく日本を舞台として、旧松山藩で軍人の秋山好古・真之兄弟と、俳人である正岡子規を中心と... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (2) (文春文庫)

6466
4.04
司馬遼太郎 1998年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 まだまだ出だしの第2巻ながら、個人的には少しばかり箸休めの期間かのように感じました。 というのも、この本では黒船到来から開国⇒攘夷運動などに... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)

6015
4.08
司馬遼太郎 1998年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 竜馬がゆく3巻目。ここからは土佐藩士ではなく、脱藩後のイチ人間としての竜馬の活躍が光る。 「自分は人生で何を成すのか」という使命を、糸口かも... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (2) (文春文庫)

5780
3.90
司馬遼太郎 1999年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【あらすじ】 戦争が勃発した…。 世界を吹き荒れる帝国主義の嵐は、維新からわずか二十数年の小国を根底からゆさぶり、日本は朝鮮をめぐって大国「清」と交戦状態... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)

5678
4.04
司馬遼太郎 1998年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 歴史小説としては、いよいよ攘夷が無謀なものだという世論に満ちてきて、「攘夷派の後退⇒開国」という流れに傾き始めた点がこの4巻でした。 何度読... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (5) (文春文庫)

5397
4.07
司馬遼太郎 1998年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 長編だから仕方ないが、些か中弛みが・・・ 勿論、物語自体は面白い。 ただ、個人的に坂本竜馬の「無敵のヒーロー感」がどうしても鼻について... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (6) (文春文庫)

5292
4.11
司馬遼太郎 1998年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 ついに倒幕の大きな推進力となる薩長同盟を実現させるに至った坂本竜馬。 坂本竜馬ひとりの力で功が成ったとはさすがに言い過ぎだが、やはり坂本竜馬... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (8) (文春文庫)

5234
4.20
司馬遼太郎 1998年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

龍馬の逞しく豪快な生き方に憧れます。 もっと読む

新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)

5175
3.95
司馬遼太郎 1999年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【あらすじ】 日清戦争から十年・・・ じりじりと南下する巨大な軍事国家ロシアの脅威に、日本は恐れおののいた。 「戦争はありえない。なぜならば私が欲しないか... もっと読む

新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)

5156
4.11
司馬遼太郎 1998年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

風雲急を告げる幕末。いよいよここにきて竜馬のバイタリティーが爆発します。揺らぐ幕府の土台に、最後にどんな仕上げを加えるのか。最終巻が楽しみでなりません。 もっと読む

新選組血風録 新装版 (角川文庫)

4801
3.85
司馬遼太郎 2003年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近藤勇、土方歳三、沖田総司、斎藤一などの新選組隊士たちの生き様を描いた15編の連作短編。実在した人物と、司馬遼太郎が描いた架空の人物とが絶妙に織り交ぜなが... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)

4736
3.94
司馬遼太郎 1999年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近代戦争を初めて経験する日本は、あらゆる面で後手後手に回ってしまう。 中でも物資不足は、深刻だった。 初めての近代戦争に臨むにあたって見通しが甘かった。 ... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (5) (文春文庫)

4512
3.93
司馬遼太郎 1999年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二百三高地の激戦の話は聞いたことがあったが、日露戦争において、日本軍がいかに分不相応な戦をしようとし、いかに多くの日本兵を無駄死にさせたか、改めて思い知っ... もっと読む

関ケ原(上) (新潮文庫)

4345
3.98
司馬遼太郎 1974年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 いつの世も、いくら頭が切れていようが周りを巻き込むことの出来ない人間が日の目を見る事はない。 また、豪放磊落なだけでは天下を取る事は決して出... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (8) (文春文庫)

4342
4.11
司馬遼太郎 1999年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東郷平八郎、秋山真之の日本海軍対ロジェストウェンスキー率いるバルチック艦隊の闘い。ここでロシアを殲滅しないと敗戦確定のため、考えに考えを重ねた七段構えの海... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (6) (文春文庫)

4327
3.91
司馬遼太郎 1999年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 なんだか戦況がだんだんよく分からなくなってきました(苦笑)。戦況の話はなぜか頭にはいらないのに日・ロの政治体制とかの話や、ロシアの艦隊のグズグズっぷりの... もっと読む

新装版 坂の上の雲 (7) (文春文庫)

4253
3.95
司馬遼太郎 1999年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奉天会戦のクライマックスが描かれている。 ロシア帝政の腐敗、官僚制の腐敗の根深さがクロパトキンの愚かさを象徴として描かれている。日本自体の国力がほとんど... もっと読む
全2405アイテム中 1 - 20件を表示

司馬遼太郎に関連する談話室の質問

ツイートする
×