革命のファンファーレ 現代のお金と広告

著者 :
  • 幻冬舎
4.13
  • (278)
  • (318)
  • (110)
  • (20)
  • (10)
本棚登録 : 2498
レビュー : 345
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031555

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実際にこれを読んでクラウドファンディングでサクセスした。

    人をストーリーの中に入れるという方法は革命的で人生のバイブル本になりそう。

  • 時代錯誤への論破と、適当なことを言う人への裏付け、図星なことは正直イラッとする。けれど、西野さんの背景とか、事実を捉えるシンプルさ、自分の戦略を公開し、この時代に繁栄する人を多くつくるための最後の応援の言葉に、愛情を感じました。悔しさと暖かみが入り混じる本。行動だ。

  • 今のIT、SNS全盛時代に、彼の考え方がピッタリはまっている。

    実力あるクリエイターがSNSを上手に使っていますよいう話し。

  • インターネットの普及により情報が無料化されることで
    実力可視化されて今まで以上に格差が広がる!

    実力主義最高です!

    年齢性別関係なく実力で評価されるって健全でフェアですよね♪

    圧倒的な努力で変化の時代を駆け抜けます☆

  • 今回、西野亮廣講演会を拝聴する機会に恵まれどうせならとこの本を買ってみました。講演会の内容もさることながらこの本の中には現代社会におけるビジネスのあり方、勝ち方のアイデアが惜しげもなく書かれているのではないでしょうか。
    未来は「覚悟」に比例する。
    腑に落ちました。これからビジネスでなくても、何か新しいことを始めたい人に読んでもらいたい一冊です。

  • コミュニティ作りの参考になります。
    口コミのデザインをして他人に宣伝したもらうなど。
    仕組み作りがとても大事だと思いました!

  • 現代の生き方、ビジネスにとても参考になるビジネス本。
    信用を貯めていくという考えは、今後の自分の志していく方向性に響く。
    そして最後はやはり行動力。
    行動したものが勝つ!

  • 芸人の本ではなく、ビジネス本かな。
    読みやすく、視点が結構面白い。革命のファンファーレがなり響いた。

  • シンプルに面白かったし、西野さん自身の行動力・情報収集力、そして世の中に対する観察力に敬服した。

    そして、自分も頑張ろうと単純に思えた。

    今の仕事でこういう活かし方ができないか?と、読了後モチベーションが高まってる状態だ。

    これを維持して頑張っていきたいと。

    読めてよかった〜!紹介してくれて人ありがとう〜!!

  • この本では、大きく二つのことが書かれている。
    ・お金でなく信用を稼げ
    ・行動しない理由は勇気ではない

    1、ネット社会により信用が可視化される
    今までの社会は袋とじビジネスだった。
    これを見たければ(体験したければ)買ってね。

    ただ、現在はネットで色々な情報が拡散され
    モノ、場所に対して面白いという評価が可視化されるようになった。
    このおかげで、モノや場所自体に信用が高まる。

    そして、これからは、そのレビューが誰が書いたか
    という個人に対する信用にも価値が芽生えてきた。
    なので、信用を稼いでいこうぜ


    2、行動しない理由は”勇気”ではない
    西野さんが『えんとつ町のプペル』の製作にあたって行動した理由を公開している。
    西野さんは「ただ話題になればよい」という無謀な行動ではなく、情報を判断した上で行動している。

    そして、西野さんは、この本で行動しない人は情報を得る努力を怠っていると述べている。

    そして、僕が納得した言葉が
    行動した者に情報が集まり、その集まった情報を元に行動できるようになる

    これは、僕も今感じていることだ。
    これからは、行動しているうちに信用も高まっていくのが一番良い生き方かもしれない。

全345件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1980年兵庫県生まれ。芸人。著書に、絵本『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』『えんとつ町のプペル』、小説『グッド・コマーシャル』、ビジネス書『魔法のコンパス』があり、全作ベストセラーとなっている。『革命のファンファーレ』で「読者が選ぶビジネス書グランプリ2018」総合グランプリ&イノベーション部門賞受賞。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告のその他の作品

西野亮廣の作品

ツイートする