あと少し、もう少し (新潮文庫)

  • 791人登録
  • 4.08評価
    • (88)
    • (130)
    • (44)
    • (9)
    • (1)
  • 106レビュー
著者 : 瀬尾まいこ
  • 新潮社 (2015年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101297736

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
瀬尾 まいこ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

あと少し、もう少し (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 中学生陸上部の駅伝の話。陸上部3人とそれ以外の3人を集めて、漸く県大会の予選へ。それぞれに色々な思いや過去や生活があって、そんな6人が襷を繋いでいく。個性ある一人一人が一本の襷に込めた思いが繋がり、ゴールへと向かっていく。青春ですね。この体験が彼らの一生の想い出となって、生きていく勇気や自信に成ることを願います。おばあちゃんが作ったお弁当。それだけで迂闊にも落涙してしまいました。
    三浦しをんさんの後書き。私たちは決して、一人ではない。あなたがだれかを思うとき、だれかがあなたを思っている。必ず。そう信じて前進する姿は、なんと激しく崇高なのだろう。

  • みんな、自分の思い込みの世界を持っていて、表と裏の顔がある。仲間と関わることで思い込みが覆されていくシーンがよかった。
    欲を言えばもっとぶっとんだキャラ(適任は渡部)がいたほうがメリハリついたかも。全体的にほんのり感動できた。

  • すごくよかったです!
    最近読んだ小説の中では一番かもしれません。
    読むうちにどんどん引き込まれて一瞬で読んでしまいました。
    駅伝見てみたくなりました。

  • 青春。
    スポーツ。
    仲間。
    こういうテーマの話に弱い。
    しかも駅伝だから、みんなの思いが熱いぜ。

    しをん著「風が強く吹いている」といい、
    駅伝がテーマにあると読む方も燃えるぜぃ。

  • それぞれの視点で物語が語られます。それが駅伝にちなんで1区、2区といった形で分けられています。設楽くん目線でみた桝井くんと、桝井くん自身で語る自分とは違っていてそこがこの小説の面白いところだと思いました。それが6人それぞれの視点で語られているので、面白い!当初の上原先生には私もイライラしていましたが、最後まで読むと上原先生がいたから、駅伝を走りきることができたと思います。6人それぞれに個性があってみんな可愛くて愛おしかったです。中学生の青春小説ですが、読み終わると心が温かくなるようなそんな1冊でした。

  • 桝井日向くんを主人公とした6人の中学生の駅伝青春ドラマ。それぞれの区にわけて、各々の過去と駅伝当日までの葛藤が、各々の視点から描かれており、時間経過と小説の進行がクロスオーバーする斬新な作品。初めて読んだ構成かもしれない。もっと若い時に読みたかった気もするが、引きこまれた。あとがきが、三浦しをんなのがまた良い。

  • 駅伝大会までのほんの数ヶ月間を描いた物語。
    1区から6区までの各区間を走るそれぞれのメンバーが、走りながらそれまでの出来事を振り替えっていく。
    面白いのは、駅伝のメンバーが寄せ集めであることと、
    同じ場面を各メンバーごとの視点で何度も描かれていること。
    一方はこう思ってたのに
    もう一方は全然違ってたとか。
    このときこの人はこんなこと考えてたのかとか。
    大人と子供の狭間である中学生という時期に
    十人十色の悩みや思いがあって、
    すごく大人に見えてた人が
    実はとても素直で子供っぽかったり。
    大人が読んでも楽しめる一冊。

  • これまたスポーツものの青春群像、しかも駅伝。
    絶対ツボ。
    だけど、主役たちが中学生にしては大人びすぎてる。
    高校生にした方が違和感がなかったんじゃ?

  • 中学駅伝懐かしかった。成長していく姿が爽やかで、ひたむきな気持ちを思い出させてくれた。

  • 駅伝物は、青春小説だと外れがないだろうな、と思います。
    でも頼りなさそうに見える女性陸上顧問が出てくるところが、やっぱり瀬尾まいこさんだなと思うし好きです。

  • 小学校、中学校、高校、大学、それぞれその時にしかできないことに当時は気がつくこともなく大田のように斜に構えて過ごした。斜に構えていたことよりも、夢中になれるものを見つけられなかったことが残念だ。社会人に比べれば、好きなことに打ち込める時間はたくさんあった。嫌というほど毎日練習なんて、当時は嫌だったけど。そこで得られるものはいまから見れば宝石のようだ。大人になってお金と時間を手に入れて好きなことに打ち込むのとはちょっと違う気がする。三浦しをんは「走ることを描く小説は、なぜこんなにも、ひとの本質に迫ることができるのだろう」と評する。自分のカラダとじっくり対話したり、いつもの風景の中にある輝きを見つけたり、走ることは確かに素敵だと思う。

  • 駅伝が見たくなった。

  • 中学生の駅伝のお話。
    寄せ集めのメンバーたち、変わったばかりの顧問。中学生特有の悩みとか、プライドとか。結果を出したい自分と着いてこない身体。etc…。

    きっと駅伝を走ったことがある人は凄く共感できるんじゃないかなぁと思います。

    そして、本編を読了した後の三浦しをんさんの解説に感慨深いものもあって。
    「もし、そのがむしゃらな姿を嗤う人がいるとしたら、・・・」
    その通りだなとも思ったし、そうはなりたくないなとも思います。

    また、色々な視点から描かれている所も凄く好きでした。

  • あの人のために、自分のために、
    なりたい自分になれるまで、
    あと少しもう少し。
    そんな優しい叫びが聞こえてきそうな繋がりの話だった。
    人に求められている、求められていると想像している自分を考えているうちに、
    本当の自分が自分でもわからなくなってくる。
    だけど本当の自分じゃないと思っているなりたい自分になっているのかもしれない。
    各々の章で語られる周囲の人たちは自分自身の章で語られる自分よりも奥行きがあって優しい。
    大人びて見えて強そうに見えて、実は自分を作って弱い桝井が好きだった。

  • 襷を渡していくような感覚で読める。
    A視点の時にはBとの関わりが書かれ、次にB視点になるとCとの関わりが、C視点ではDと………と繋がっていく。
    A視点の時にBがどんな思いでいるのかは書かれることがないので、もどかしいといえばもどかしいけれど、駅伝という内容に合った面白い書き方だなと思った。

  • 「走る」少年たちの
    息づかいが聞こえてくる
    「走る」少年たちの
    美しいストライドが見えてくる
    「走る」少年たちの
    葛藤が伝わってくる
    「走る」少年たちへの
    声援が聴こえてくる

    瀬尾さんの作品を読むたびに
    「人間っていいよな」
    「人が生きているってこういうことだよね」
    が届いてくる
    もちろん
    この作品にも

    解説を三浦しをんさんが書いているのも
    おしゃれですね

  • タイトルの意味するところが、読み進めるにつれて、
    少しずつ、理解してゆくことができ、
    心が震えてゆくのが、じぶんでもよくわかった。

    登場人物ごとの視点でそれぞれが駅伝に臨む理由が明かされているが、
    それがまた丁寧に描写されていて、得も言われぬ心地になる。

    感動というのは陳腐かもしれないが、やはり感動。

  • 中学生の駅伝。1区から6区のそれぞれの走者にスポットを当てて展開される形。
    やっぱり、部長の桝井君が気になった。不調の原因を知って、(もしかして走れないんじゃ!)とハラハラした。6区、走り切れてホントに良かった(涙)
    個人的に渡部と俊介のエピソードが好きだったな。俊介→桝井の思いに、きゃ!ってなった。青春っていいなー。

  • 話の内容的にはすごくよかった。

    でも、ラストの終わり方に納得いかない。いい青春ものなんだからラストもすっきり終わってほしかった。

    なんだかんだ言って、結局私はこの本で瀬尾まいこが好きになった。いろいろな角度で一つのことをつなげていく。この形の小説が自分は好きみたい。

  • 資料ID:C0036698
    請求記号: 新潮文庫 ; 10214, せ-12-3
    配架場所:2F文庫書架

  • 2014年7月25日に開催された番外編04ビブリオバトル体験講習会で発表された本です。

  • 中学生の駅伝大会。6人の選手と先生が、寄せ集めだけれどそれぞれ一生懸命でいい。
    2016/6/25

  • 同じ場面なのに、あいつはこう思っていて、こいつはこう感じてたんだ。なるほど。おもしろい。わかりあっているようで、わかっていなかったり、自分でも気がついていない自分を見抜かれていたり。駅伝というドラマをとうしての、少年たちの心の葛藤の描き方が秀逸。

全106件中 1 - 25件を表示

あと少し、もう少し (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

あと少し、もう少し (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あと少し、もう少し (新潮文庫)の作品紹介

陸上部の名物顧問が転勤となり、代わりにやってきたのは頼りない美術教師。部長の桝井は、中学最後の駅伝大会に向けてメンバーを募り練習をはじめるが……。元いじめられっ子の設楽、不良の太田、頼みを断れないジロー、プライドの高い渡部、後輩の俊介。寄せ集めの6人は県大会出場を目指して、襷をつなぐ。あと少し、もう少し、みんなと走りたい。涙が止まらない、傑作青春小説。

あと少し、もう少し (新潮文庫)の単行本

あと少し、もう少し (新潮文庫)のKindle版

ツイートする