アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

  • 1288人登録
  • 4.06評価
    • (80)
    • (125)
    • (59)
    • (2)
    • (0)
  • 105レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 幻冬舎 (2017年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344426313

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
朝井 リョウ
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 伊坂幸太郎はいいねぇ。帰省で福岡へ向かう新幹線の中で読了(しかし、今日の混雑は半端ない)。
    今回は、じんわりと胸の中を打たれる奇跡のような出会いのお話が6つ。
    「アイネクライネ」「ライトヘビー」や「ドクメンタ」のようなありそうで実際にはそうはない、小説とすれば些か陳腐な出会いでも、この作者にかかると、自分にもこうしたことが起こるといいなと思いたくなる話になる。
    「ルックスライク」の最後、良かったなぁ。かつての恋人が結婚した相手を見て『素敵な人と結婚したんだな、とわたしも嬉しかった』と言えるなんて…。
    ここまでの登場人物の現在と19年前と9年前が行ったり来たりして語られる最終話「ナハトムジーク」、それまで全く関係なかった司会者の言葉に、またジンと来た。

  • 最近、伊坂幸太郎という作家の持つアトモスフィアが分からなくなりつつあるのだけど、台詞廻しの上手さと、モチーフの秀逸さが光る短編集!

    どの話も、ニコッと笑える。
    安心して最後まで賞味可能。

    冒頭「アイネクライネ」では、あっ、これ斉藤和義‼︎ってフレーズに出会えて、あとがきに記されていたのが楽しかった。
    斉藤さん1回100円。探したくなる。

    時代外れのアンケートに乗ってきてくれた女の子の、カバンについていたバズライトイヤーから、友人夫婦に「トイストーリー」勧められて、「2」まで買っちゃう小野さんが、好きだ(笑)

    「ドクメンタ」では5年に一度の催し物から、免許更新でだけ出会う相手の話が展開される。
    免許更新場での出来事を、宿命的ドラマに出来てしまう作者の発想が、すごい。
    通帳の記帳、私も溜まってるんだよなー。『新党億劫』が出来たら、支持します。

    「メイクアップ」も好き。
    高校時代に仲間外れにされた相手と、ビジネスの場で再会する。
    相手は覚えていないのだけど、彼女が果たして善きものに成長したのかどうか、そして復讐すべきかどうか、とウロウロする話。
    設定としてはある話だけど、どうにもこうにも平行線で、でもささやかな罰が当たればと願ってしまう気持ちって、分かるなぁ。

  • 今空前の伊坂ブームがわたしの中で来ていて買ってしまった。
    短編集で全部面白かった!
    評価が4なのは、なんか全部の話で登場人物が繋がっていて、あ!と思うのに疲れてしまったから、、、笑
    こういう心境なのかな今は。
    前はすごいって純粋に感じていたのにな。

    織田の娘さんと、その同級生の自転車のシール泥棒の話が個人的に一番すき。

    2017.10.08

  • 作者には珍しい、恋愛をテーマにした短編2編に導かれて紡がれた連作短編集。

    3作目に至ってやっと、登場人物たちが時制を変えて繋がっているのに気がついて、登場人物たちの名前と、その年齢を別紙にメモしていった。ただし、言っておくが、これは短編集の第一作からやった方が愉しめる。初期の伊坂幸太郎のように、時制の捻れや、恐ろしい悪人や超能力者は登場しないので、驚きの発見を愉しめるのは3作目辺りからだし、最終編ではキチンとほとんど解説してくれているから早くしとかないと無駄になるからである。(もっとも、メモしていたから解説編は全くこんがらがらなくて済んだのではあるが)

    これを読むと、たまたま車のフロントガラスにバズ人形をくっつけていると、例えば駐車場でたまたま道を聞いて来たような若い彼氏のいない女性が、それを見て、「トイストーリー好きなんですか?」ではなく「伊坂幸太郎好きなんですか?」と聞いてくる幸運は、あってもいいではないか、という気がしてくる、ちょっと伊坂には珍しいハートウォーミングな作品がほとんどだった。

    ところで、文庫解説において
    吉田大助氏が「伊坂幸太郎は友愛の小説家だ」と規定していた。それには、私は異議がある。60%は同意するが、あと40%の伊坂幸太郎を「友愛」というオブラートに包んで意図的に隠そうとしている気がするからである。私は50%か、或いはそれ以上は、「伊坂幸太郎は社会派の小説家だ」と思っている。いや、違う!と伊坂幸太郎ファンで言う人は多いだろう。伊坂はそう言われるのを1番嫌っているんだ、と。本筋とはあまり関係ないが、この作品でこういうくだりがある。

    「でもまあ、危ない目に遭わないで良かったよ。こんなことを言うのもなんだけど、正義とかそういうのって曖昧で、危ないものなんだから」
    「はい」織田美緒は意外にも殊勝にうなずいた。「お母さんに言われます。自分が正しい、と思いはじめてきたら、自分を心配しろ、って」
    「へえ」
    「あと、相手の間違いを正す時こそ言葉を選べ、って。というか、先生、どうしてここに来たんですか?わたしたち揉めているのを察知して?」(187p)

    伊坂幸太郎は、街の自転車駐車場での小狡い料金詐欺から、国家的な陰謀まで、ほとんどの作品でこのように「言葉を選び」「謙遜しながら」「正義」を語って来た作者である。本来ならばそんなことはせずに、もっと堂々とエンタメの極地の恋愛や性や(戦争・冒険という)かっこいい生死を描けばいいのである。しかし伊坂幸太郎は、それを避けて「言葉を選び、謙遜しながら、正義を語って来た」と、わたしは思っている。そうせざるを得ない伊坂の動機があるからだと、わたしは思っている。伊坂幸太郎の観る社会を、読者であるわたしたちは、キチンと受け止めるべきなのではないか。

    本筋とは関係ないけと、そんなことも思った短編集でした。

    2017年9月20日読了

  • ★4.0
    全6編が収録された連作短編集。時に厳しく時に優しい人生が、広いようで狭い人間関係と現在・過去・未来を交えて描かれる。そんな物語の舞台となるのは、駐輪場やファミレス等、誰もが知っている馴染みのある場所。そして、それぞれに何らかの欠点や不得手があるけれど、それがあるからこそ、誰かと一緒に生きていくのだとしみじみと感じさせる。それにしても、個々の状況に合わせたフレーズを聴かせてくれる、“斉藤さん”がすこぶる素敵!殺し屋たちが登場する奇抜な作品も良いけれど、ちょっぴり緩くて温かい本作の方が好きかも。

  • 短編の連作集。
    相変わらず時間軸の使い方と話の繋げ方がうまい。
    語る順番で、こんなにも話にメリハリがつくんだなぁ。
    とても心温まる話でした。

  • お得意の連作短編集で、安心感というか安定感は相変わらず抜群。まあハズレませんわな。今回はミステリ要素とは無縁だったけど、何気ない青春モノというか家族モノも、伊坂ワールドに組み込まれるとこうも楽しくスリリングに。脇役にはなるんだろうけど、ボクサーの彼が好きでした。

  • 妻子に突然逃げられて落ち込むサラリーマン、元いじめっこと思わぬ形で再会した元いじめられっ子、電話だけで繋がりあった男女、日本初のヘビー級ボクシングチャンピオンを巡る周囲の人々。
    それぞれの人生を軽いタッチで切り取った全6篇からなる連作小説。

    6篇の連作は独立したお話になっていますが、登場人物が少しずつ重なっていたり、共通のエピソードが出てきたりと、全体を通して楽しめる作品となっています。

    冒頭の2話は、著者がファンであるというミュージシャンの斉藤和義の新曲のために書き下ろされたものだそうで、作中には「斉藤さん」なる人物も出てきます。
    この「斉藤さん」がいかにも斉藤和義らしい立ち振る舞いをするので、ファンとしてはニヤニヤしちゃいました。

    伊坂さんには珍しく「恋愛」にまつわる連作なのですが、丁寧な日常描写によって露わになるテーマにはしみじみと感じ入りました。
    人の数だけ出会いがあり、それぞれの触れ合いに無数の笑いやかなしみが生まれる――と作者は教えてくれてるのかなと思いました。

  •  情けなくも愛おしい登場人物の不器用な駆け引きの数々が描かれる連作短編集。

     やはり作者の連作短編集ははずれがなく、この作品も思い切り楽しんでしまいました。

     多彩な登場人物たちが時間軸をずらすことによって見事につながっていく展開に夢中になって読んでしまいました。

     それぞれの登場人物たちも不器用だけれど憎めない人ばかりで、心が温まる感じでした。

     ボクシングのラストシーンは、名シーンとして心に刻まれた感じでした。

     明日がちょっと明るく感じられるそんな作品でした。

  • 伊坂幸太郎は「陽気なギャングが・・」で以前読んだことがあるが、その時の印象はあまりよくなかった。(文庫の表紙が悪いせいかも)
    この本は章ごとに話が進むが、登場人物が関係し合っていておもしろいところもあった。
    が、最後の方になると、無理矢理時間を超えてつなぎ合わせようとしているのがあって、登場人物の名前も似ている?ことで整理できないまま終わってしまった。
    ボクシングのチャンピオンがプロポーズするお話と、最初の工事現場で働く女性との出会いのお話がおもしろかった。

  • 伊坂幸太郎さんの小説は何冊か読んでいるので、個性的な登場人物が出てくるのは予想していましたが、今回も変わり者やけど愛されキャラが出てきてあっとゆうまに読めました。
    短編集かな?と思いきや、すべて少しずつ繋がっているのがさすがだな!と思いました。
    が、時間も前後しますし、登場人物が多いので時々それぞれの関係性と時間軸を整理しないと読み進めるが大変でした!

  • 久しぶりに読んだ伊坂さん!
    なんか、伊坂さんぽくなくてびっくりしたけど
    すごくよかった、、
    人と人とが繋がる系、大好きなのだけどこんがらかってしまう。だれか人物相関図つくって!
    自分でも書き出してみたけれど、拾えてないところがあるなー。
    ジム職=事務職 すごくすきだった!
    あと、記帳のエピソード。
    あー。余韻。
    斉藤和義聴こう!!!
    斉藤さんって、斉藤さんだよね。

  • 久しぶりに伊坂幸太郎を読んだ。登場人物が、まるで編み込みのように、絡み合い結びあって、お見事!という感じ。物語のはじめの方に出てくる「斉藤さん」ってまさかあの斉藤和義?と思ったら、やはり…だった。

  • 連作短編集。軽快でテンポがよいです。
    あとがきで伊坂さんが語っていますが、泥棒や強盗、殺し屋や超能力、恐ろしい犯人、特徴的な人物や奇妙な設定がほとんど出てきません(笑)
    多少の変化球は入っていますが、「恋愛モノ」として読みやすいです。後半の現在と過去を行ったり来たりは少々読みづらいかもしれないけど、その仕掛け自体も楽しいです。
    短編の文章が歌詞となっている斎藤和義さんのベリーベリーストロングという曲が気になって聞いてみたら、世界観がぴったりですてきな曲でした。

  • 珍しく恋愛ものだけど、伊坂さんらしさがぎゅっと詰まってて最高の短編集だった!そして斉藤和義愛がひしひしと伝わってきた。
    伊坂さん自身もお気に入りとあとがきで言っていた「ライトヘビー」が最高すぎる…「アイネクライネ」から伏線張ってるというか、ミスリード誘ってるよねこれ…ラストシーン本当に映像で見たい…
    書き下ろしの「ナハトムジーク」もずるい。
    全部読み終み終わると、文庫本の帯にあるコピー「ヒーローはいない。さあ、君の出番だ。」の素晴らしさに感動するはず。。

    伊坂さんの小説はありえそうでありえない感じが絶妙で、私の日常にもいつかこんなことが起こるかもって思ってわくわくする。

  • 珍しい感じだった。穏やかに読めた。

    アイネクライネにでてくる、出会いについての話が、なんとなく分かるような分からないような・・・
    でも、「出会いがない」は、よく友達と話す時のセリフのようになってるから、ちょっと響いた。

  • 6つの短編からなる。
    連作短編と言うものの、これだけ登場人物達が交錯するのであれば一つの長編と捉えることもできる。

    ボクシングの試合の結果で告白する!
    アイネクライネからライトヘビーに跨ぐナイスな伏線になってますね!

    この人を誰の娘か分かって言っているんですか?
    思わず使って見たくなるシチュエーションとセリフ!いつか使える日が来る事を願います。


    織田一真!
    チルドレンの陣内やゴールデンスランバーのロックな先輩!オー!ファーザーの鷹さんのいい加減なところを凝縮した感じが堪りません!



    各短編が適度にヌウヌウと混ざり合っている感じか良いと思う。

  • 面白い。登場人物がみんないいキャラ。

  • 連作短編。
    この人の作品は、読み進めながら、
    前に戻って登場人物確認して、
    ここから、こう繋がったか!!と
    思うところが、内容の他にも楽しいところ。

    あとがきも読んだほうがよいと思う。

  • 伊坂幸太郎作品としては珍しい、ほっこりする物語。個人的に殺し屋とか物騒な話は気分が悪くなるのでこういう作品を書いてくれて嬉しい。耳に障害がある子がボクサーを鼓舞したシーンは自分も嬉しくなった。

  • 伊坂さんですよねー。

    おもしろかった。
    織田一真、いいキャラしてるわー。
    みんないいキャラなんだけど。
    殺し屋も強盗も、悪い人は出てこない。
    気持ちのいい作品だった。

    殺し屋がいっぱい出てくる作品も、それはそれで好きだけれど。

    ずーっと登場人物が繋がってて、最後の最後まで繋がってて、ステキだった。

    ただ、登場人物の関係だとか、時間軸だとかはメモりながら読んだほうがいいかも。

  • 様々な人の人生が暖かく重なり合っていく話。
    苦労を重ねながらも、ちゃんと落ち着くとこに落ち着いていっていい本だと思います。

  • 短編集だけれど、登場人物が繋がっているタイプのもの。特定の行動が波及していくなど、お互いに言動の影響している様子が見えるのは面白いと思う。課長の結婚例えは言いえて妙な感じもする。

  • 全ての短編小説がひとつひとつ読み終わるごとにどんどん繋がっていって、爽快。人と人の繋がりが「固い絆!」とか「熱い友情!」とか「運命の相手!」とかで結ばれているわけでなく、ゆるくでもしっかりと繋がっているからこそそれぞれが抱く感情が心をぽかぽかさせました。

  • 2017年74冊目

    自分にとっては何気ない瞬間が、誰かにとっては人生を変える転機になったりする。そして人は皆、どこが実はつながってる。そんなお話。

全105件中 1 - 25件を表示

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)の作品紹介

妻に出て行かれたサラリーマン、声しか知らない相手に恋する美容師、元いじめっ子と再会してしまったOL…。人生は、いつも楽しいことばかりじゃない。でも、運転免許センターで、リビングで、駐輪場で、奇跡は起こる。情けなくも愛おしい登場人物たちが仕掛ける、不器用な駆け引きの数々。明日がきっと楽しくなる、魔法のような連作短編集。

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする