アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

  • 584人登録
  • 4.05評価
    • (21)
    • (42)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 幻冬舎 (2017年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344426313

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 伊坂幸太郎はいいねぇ。帰省で福岡へ向かう新幹線の中で読了(しかし、今日の混雑は半端ない)。
    今回は、じんわりと胸の中を打たれる奇跡のような出会いのお話が6つ。
    「アイネクライネ」「ライトヘビー」や「ドクメンタ」のようなありそうで実際にはそうはない、小説とすれば些か陳腐な出会いでも、この作者にかかると、自分にもこうしたことが起こるといいなと思いたくなる話になる。
    「ルックスライク」の最後、良かったなぁ。かつての恋人が結婚した相手を見て『素敵な人と結婚したんだな、とわたしも嬉しかった』と言えるなんて…。
    ここまでの登場人物の現在と19年前と9年前が行ったり来たりして語られる最終話「ナハトムジーク」、それまで全く関係なかった司会者の言葉に、またジンと来た。

  • お得意の連作短編集で、安心感というか安定感は相変わらず抜群。まあハズレませんわな。今回はミステリ要素とは無縁だったけど、何気ない青春モノというか家族モノも、伊坂ワールドに組み込まれるとこうも楽しくスリリングに。脇役にはなるんだろうけど、ボクサーの彼が好きでした。

  • 最近、伊坂幸太郎という作家の持つアトモスフィアが分からなくなりつつあるのだけど、台詞廻しの上手さと、モチーフの秀逸さが光る短編集!

    どの話も、ニコッと笑える。
    安心して最後まで賞味可能。

    冒頭「アイネクライネ」では、あっ、これ斉藤和義‼︎ってフレーズに出会えて、あとがきに記されていたのが楽しかった。
    斉藤さん1回100円。探したくなる。

    時代外れのアンケートに乗ってきてくれた女の子の、カバンについていたバズライトイヤーから、友人夫婦に「トイストーリー」勧められて、「2」まで買っちゃう小野さんが、好きだ(笑)

    「ドクメンタ」では5年に一度の催し物から、免許更新でだけ出会う相手の話が展開される。
    免許更新場での出来事を、宿命的ドラマに出来てしまう作者の発想が、すごい。
    通帳の記帳、私も溜まってるんだよなー。『新党億劫』が出来たら、支持します。

    「メイクアップ」も好き。
    高校時代に仲間外れにされた相手と、ビジネスの場で再会する。
    相手は覚えていないのだけど、彼女が果たして善きものに成長したのかどうか、そして復讐すべきかどうか、とウロウロする話。
    設定としてはある話だけど、どうにもこうにも平行線で、でもささやかな罰が当たればと願ってしまう気持ちって、分かるなぁ。

  • 短編の連作集。
    相変わらず時間軸の使い方と話の繋げ方がうまい。
    語る順番で、こんなにも話にメリハリがつくんだなぁ。
    とても心温まる話でした。

  • 久しぶりに読んだ伊坂さん!
    なんか、伊坂さんぽくなくてびっくりしたけど
    すごくよかった、、
    人と人とが繋がる系、大好きなのだけどこんがらかってしまう。だれか人物相関図つくって!
    自分でも書き出してみたけれど、拾えてないところがあるなー。
    ジム職=事務職 すごくすきだった!
    あと、記帳のエピソード。
    あー。余韻。
    斉藤和義聴こう!!!
    斉藤さんって、斉藤さんだよね。

  • 久しぶりに伊坂幸太郎を読んだ。登場人物が、まるで編み込みのように、絡み合い結びあって、お見事!という感じ。物語のはじめの方に出てくる「斉藤さん」ってまさかあの斉藤和義?と思ったら、やはり…だった。

  • いろんな出来事がかかわりあって
    いろんな縁ができあがって
    いろんな人生を歩んでいく。
    いろんな人たちの営み。

  • 絡まれた時の「『どなたの娘さんかごぞんじで、そんな…。』作戦」が世の中で流行ってしまったら、使えなくなるなあ。有名になったら困るよw。人間関係、時系列に時々混乱したけど、誰もが自分自身の人生の主役であるという事を楽しく堪能しました。

  • いじめっ子は意識も無いし変わらないものです。

  • これは伊坂幸太郎の一番うけるパターンのやつ!
    結局こういうのが私も好き。文句なし。

    妻に逃げられたシステムエンジニアと通帳記帳
    美容院の客の弟とボクシング世界チャンピオン
    父子そっくりだったり、誰の娘か分からなかったり

    一見つながっていないようなひとつひとつがうまいことつながる。
    この作品の場合は伏線ではなくて、ジグソーパズルという
    ほうが正確ね。

    最後までちっちゃなサプラーイズ!がちりばめられた楽しいお話です。

  • 2017/08/20
    出会いがテーマの作品。
    伊坂幸太郎らしい繋がりが面白い。
    こういうのもいいよねぇ。

  • 緩く繋がる連作短編で、最後まで優しい話。
    面白かったです。文庫化された伊坂幸太郎さんの近年の作品の中では1番好き。
    特別な事件が起こるわけではないけど、最終章を読むと、19年間の話だったんだなぁと思って、なんだか感慨深い。こういう所が上手いと思う。
    …恋愛小説だったとはあとがきまで気づかなかった。言われてみれば。

  • この作家ほど安心して読める作品はなかなかない。
    今回は短編なのだが、それぞれが微妙に繋がる。

    しかし、斎藤さんは気になるなぁ。本名じゃないかも知れないが。

  • 一つの人生はほんの小さな物語。でもその小さな物語が交差してこの世界は無限に広がっている。
    斉藤さん 1回 100円。

  • 僕もスイカに付ける塩のような男になりたい。

  • 斉藤和義さんの歌詞を交えて書かれた作品。私も斉藤さんに会ってみたいです。「明日がきっと楽しくなる」の通り、明日から夏季休暇明けで憂鬱な気分が少し晴れて明るくなった気がします。短編なので気軽に読めてふふっと笑顔になりたい時に読み返したい作品。

  • 伊坂幸太郎著「アイネクライネナハトマジーク」
    作品を書き始めたきっかけはミュージシャンの斉藤和義さんに作詞を頼まれ、作詞の代わりに小説を書いたとのこと。それ良かったのだろうか?
    大抵はバイオレンスが盛り沢山な伊坂さんの作品らしからぬ人と人のつながりを綴った6つの連作短編でした。
    こんな不思議な出会いと繋がりは滅多に無いだろうなと思いながらもそれぞれの作品の主人公の周囲の人たちに支えられた人生に羨ましさを感じました。

  • 久さしぶりに手に取った伊坂幸太郎作品は、氏の真骨頂である連作短編集。収録6話のどれもが愛おしい話だけど、中でも「ルックスライク」がたまらなく好き。

    「やはり人は細胞の入れ替わりと人との付き合いにより、変化するのだなあ。かさぶたを剥がす勇気が湧いてくるほどだ」(「メイクアップ」より)

  • 恋愛ものでした。恋愛というか出会いというか。バイオレンス系が多い作者のようですが、ほんわかする話ばかりでした。登場人物が作品を超えて繋がるのが得意らしく、短編集ですが全作品の登場人物がみんなどこかで繋がります。時間設定とかたまにこんがらがりますが。面白かったです。

  • 伊坂幸太郎さんが珍しく恋愛ぽい内容をそこそこ入れた小説。タイトルは覚えにくい。

    これまでの伊坂幸太郎シリーズといえば、銀行強盗や殺し屋、超能力者や死神、恐ろしく特徴のある犯人等が必ず登場し、コミカルな展開で進んでいくものがほとんどだったけど、今回の作品は、恋愛や友情が入り交じる作品で、短編ごとでストーリーは完結するものの、ぼんやりした感じで完結し、登場人物たちは、その後の篇でも登場する。

    人と人とのつながりや、誰かの友達は誰かの友達というような、みんなどこかでつながってるなというのとを改めて感じるような内容だった。

    レビューを書くにあたって、一番の山場はどこなのかと考えたけど、どこだったのかさっぱりわからない。人それぞれに山場を感じる箇所はあると思うが、日常が舞台なだけに、自分の身の回りにも起こりそうな場面が多く、自分の生活と重ね合わせて読むこともできた。

    登場人物の会話の中で「自分が正しいと思い始めたら、自分を心配しろ。相手の間違いを正すときほど、言葉を選べ。」という一言があった。自分が『正しい』と思うことを誰にとっても正しく、他に正しい道はない!と思い始めたとき、視野が狭くなり自分本位になり、他を除外し始める。そうならないように思い込みをやめ、その「正しさ」で相手に物申すときは、最終的に相手の心に伝わるような言葉や物腰を選ぼうと思う。

  • 作者には珍しい、平凡な登場人物が出てくる。
    平凡な人たちの平凡な毎日に起きるちょっとした奇跡を描いている。
    最終章で、全ての短編が繋がる仕組みになっているのは、伊坂作品ならではの趣向。
    普段のような、殺伐とした設定ではないが、これはこれで作者の良さが伝わる楽しい本。

  • おお新刊!と購入。
    やっぱり伊坂氏は上手だなぁ~と思いました。斉藤和義さんとコラボなのか… なんか豪華というか贅沢。

    アイネクライネ
    出会いとバズ・ライトイヤー
    確かにトイストーリーは泣ける。

    ライトヘビー
    事務職は上手いな。斎藤さん100円、私もちょっと試してみたい。仕事で凹んだときとかに是非。

    ドクメンタ
    5年に一度。記帳で繋がる仲かぁ。
    外ではきちっとしてるのに家では出来ない人って…確かにいるけどそう言うの、許せない人もいるよなぁ。

    ルックスライク
    やだ、成長してる(笑)
    母親は良いかもしれないけど娘はああいう親父、心底嫌だろうなぁと同情せざるをえない。それにしても先生、胸の話引きずるな(笑)

    メイクアップ
    オチもなくなんとなく弱い話。別に勧善懲悪を読みたい訳では無いのだけれども。それとも今まで出てきた話の中に彼らのその後が書かれていたのだろうか?ウウムゥ。

    ナハトムジーク
    そうか、これナイトミュージックなのか、と再確認。伊坂さんの作品には織田さんみたいなキャラが良く出て来るけど…ああいう人が好きなのかなぁと思ったり。個人的には大言壮語で口ばっかりという感じが自分を見て居るようでいたたまれずああいう人は苦手ですが。
    怒りをこめてモノに八つ当たり、は結構良い威嚇になるのかもしれない。

  • 連作短編集。日本人初のヘビー級チャンピオンを軸にいろんな人の出会い・再会が描かれる。いつもの伊坂作品よりもほんわかしてるなーと思ってたら恋愛ものが多いからなのか。
    それでもいろんな人物が絡みあったり、伏線が回収されていくのはいつもの通りで心地いい。
    今回も愛すべきキャラが何人も。この作品だけで終わらせるのはもったいないな。

  • 理不尽な話だけど、伊坂さんだと「一定以上面白くて当たり前」と思っているので3つ星に。他の作家さんだと4つ星だったかも。
    今回は恋愛の話が多いのが特徴。
    私は「ライトヘビー」が可愛くて好きだ!電話から始まる恋とも言えない恋。顔も知らないのに、話すのが楽しくなってきて、だんだん好意を持っていくって、えらく可愛い恋愛小説のようではないか!とはいえ、終わり方は伊坂さんぽいのだけど。
    言うまでもなく、恋愛が多くても、全体的にはいつもの伊坂さんワールド。楽しませていただきました。

全26件中 1 - 25件を表示

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)はこんな本です

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする