冬の本

  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904816073

冬の本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 冬が嫌いだ。
    より正確に言うと、冬に春や夏や秋と同じように生活することが我慢ならない。
    冬眠させてほしい。
    寝たい時に寝て、好きな本を読みふけり、よく晴れた風のない日にだけふらりと散歩をする‥なんて生活が出来るならきっと冬が1番好きになると思う。
    春から秋まで頑張って働くから12月から3月まで休みをくれる仕事がないものだろうか…。

    「冬の本」という言葉から思いつくのは、そんな私に「冬にはこんな魅力があったのか」と教えてくれた本だ。
    その本を読んでしばらくは冬の寒さに対しても好意的になれる(気がする)。
    私が冬を好きになるためには、「冬の本」ともっとたくさん出会うか、長年の夢を叶えて長い冬休みを手に入れるしかない。

    『冬の本』はまさに私にとっての「冬の本」の1冊になった。
    ページをめくる度に今まで知らなかった冬の姿が見えてくる。
    だんだん冬の寒さと静けさがたまらなく愛おしいもののように思えてきて、すべすべした表紙を理由もなくなでてしまう。
    この冬はこの本を読んで乗り切ろう。
    そしてこの本をガイドとして、新しい「冬の本」を次の冬のために探しておこう。

    でもまずは、他の誰よりも共感した山崎ナオコーラさんの本を探しに本屋さんに行こう。
    寒さに負けずに。

  • いい人、の噂話はたいして盛り上がらないが
    やな人、の噂話はめっちゃ盛り上がる。

    同じく(違うか?)

    素敵な季節についての会話など長くは持たないが、
    冬は違う。

    とにかく
    冬には言いたい事が山ほどある。

    目次を見ると
    大勢の方が集っているようだ。(84人!)

    ドキドキと目で追って行くと
    大好きな方のお名前もチラホラ。

    わっ♪
    冬よ!
    ありがとうっ!!!

    冷たく暗い季節だけど、
    ひたすら我慢な日々だけど、
    「だから冬はねぇ」
    「だけど冬はねぇ」

    どのお話にもうんうん、と、共感しつつ、
    大好きな人が語る順番を待つ楽しみとか。

  • いやあ、これは良かった。「『冬』と『本』、2つがそこにあることを唯一のルールとして」見開き二ページほどの短い文章を、84人もの方が書いている。作家はもちろんだが、イラストレーターや書店員、登山家、古書店主、お笑い芸人(これはもちろん又吉さん)と様々な方が、自由にそれぞれの「冬の本」について語っていて、どれもこれも(本当にどれもみんな)しみじみと味わい深かった。

    つくづく、本ってやっぱり冬のものだなあと思う。そりゃあ年中読んではいるし、「緑蔭の読書」というのも捨てがたいが、一人で一冊の世界に没入するときの背景には、キリッと冷えた空気がつきづきしい。現実的には、暖かい部屋のこたつに入っていて、外は木枯らし(もしくはぼたん雪)というのが望ましいけれど。

    冬の記憶と分かちがたく結びついた本、冬の情景が心に残る本、まるで冬のような本…、それぞれの「冬の本」を読んでいると、ああ、自分にもそういう本があるなあと思い出す。読み返したくなったり、これは是非読んでみたいと思った本がいくつもあった。読書ガイドとしてもとてもいい。編集部による「はじめに」があたたかい。

  • 豪華執筆陣に惹かれて手に取った1冊です。

    「冬」と「本」がそこにあること、それが本書のルール。
    84名の執筆者たちは、作家や書店員、編集者にミュージシャンなど、さまざまです。
    見開き2ページの短い文章ですが、それぞれの「冬の本」について綴られており、ページをめくるごとに味わいが変わるようなおもしろさがありました。

    巻末には執筆者紹介と、各々が取り上げた本の書誌、現在の流通状況まで添えられているので、興味を持った本を探すのには便利です。

    気になった本をメモメモ…

    『グーテンベルクの銀河系~活字人間の形成』 マーシャル・マクルーハン/著
    『星界の報告 他1篇』 ガリレオ・ガリレイ/著
    『されどわれらが日々―』 柴田翔/著
    『歌集 シチュー鍋の天使』 北川草子/著
    『崖の館』 佐々木丸美/著

  • とても贅沢で魅力的な本なのに、進まない進まない…
    少しずつ、少しずつ、もったいないと思いつつ読んだ。
    森山裕之さんの文にとても惹かれ、調べてみたら大学の先輩!勝手に親近感。

  • 寒い冬が終わったので、ようやく読んだ。
    冬は嫌いだ。寒くて何もしたくなくなるから。
    でも、冬の本ってなんでこんなにも魅力的なんだ。読みたくなるじゃないか…
    そうか、こんなに魅力的なら冬も悪くないかもしれないな。
    でも、やっぱり寒いのは苦手だ。
    じゃぁ、夏は好きなのか、と聞かれたら、やっぱり嫌いと答える。
    だって暑くて何もしたくなくなるんだもん。

  • うん、読書は冬だよな。又吉がいい文章を書いとる。

  • 発売当日に偶然本屋さんに行って、可愛らしい版型と豪華な執筆陣にやられて購入。

    「84人の冬の本のかたち」と帯にあるとおり、文筆家、または本業でなくても文章の達者なかたが、「冬の本」というお題で寄せたエッセイ集。「冬の本」のアプローチはさまざまで、「冬に出会って、今でも思い出す本」「冬が舞台の本」「冬といえば本」など、自由自在な、場合によっては苦しさの見える(笑)書きっぷりでの84編が、びっちりと詰まっている。

    個人的な好みは、青山南、木内昇、柴田元幸、高山なおみ、武田花、名久井直子、蜂飼耳、又吉直樹、山崎ナオコーラ、吉田篤弘の各氏が寄せた文章。いずれも文章巧者で、本と冬とのからませかたがうまいのなんのって…って、普段の私の好みとそれほど変わりませんね、すみません(笑)。

    ただ、ひとり分が見開き2ページと、ごく読みやすい分量で、普通ならばどんどこ読めるはずなのに、なんだか進まない。「用事の合間に15分」とかの、細切れの時間にはぱらぱらめくって楽しめるんだけど…ともそもそ読んでいた。

    思うに、あの著者の並べ順では、それぞれのエッセイの印象がなんだか散漫になってしまっているような気がする。似たようなテーマのものを上手くブロッキングして章立てしてもよかったと思うし、それがなくても、思わせぶりに適当にブロッキングしてもよかったんじゃないかと思う。あとから、「えーっと、あの人の文章は…」と、探し直すにはとても楽だったけれど。

    巻末の執筆者一覧兼「登場した本」リストがしっかりしていて、探すときのレファレンスとして使えるように思った。ビジュアルがキュートな本だし、執筆者が多岐にわたっているので、「本が好きなのは知っているけど、どんなジャンルが好きなのかわからない」人へのプレゼントにはいいのではないかと思う。

  • 冬に読んだ本、冬になると思い出す本、まるで冬のような本…。エッセイストや書店員、コラムニストら84人が、「冬の本」という1つの言葉をめぐって、そこから発想できることを自由に綴る。

    なんとも贅沢な気分。
    読みたい本リストが増えた。

  • 2017/4/21購入

全46件中 1 - 10件を表示

天野祐吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
穂村 弘
西 加奈子
三浦 しをん
いとう せいこう
村上 春樹
村上 春樹
角田 光代
有効な右矢印 無効な右矢印

冬の本の作品紹介

冬に読んだ本。冬になると思い出す本。まるで冬のような本。「冬」と「1冊の本」をめぐる、新しいエッセイ集。

ツイートする