イッキに読んだ本、ゆっくり読んだ本、ギブアップ本

イッキに読んだ本ってありますか?寝食を忘れて、みたいな。
逆に、読んでて先に進まない本も。どーしてこんなに頭に入ってこないんだ?とか。
ギブアップした本も。
  • 投稿日時 : 2013-03-02 20:36:08
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 回答No.4862-085015
  • 5552さん 5552 さんの回答
  • 投稿日時 : 2017-10-15 15:17:06


大分前のギブアップ本です。
作者の奥泉さんはいとうせいこうさんとの対談本が非常に面白かったため、評判の良いこちらを読んでみた。
...が一行目から意味が分からない!日本語なんだけど読めない!
映画は(自分にとって)難解でも雰囲気で見れるけど、本は意味を理解しないと読み進めないな、と思いました。当たり前だけど。
  • 5552さん 5552 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-15 15:19:01
悔しいので他の作品で再チャレンジしたいです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-15 18:13:29
奥泉さんは芥川賞作家で、文体も独特なものが多いのですが、『シューマンの指』は少し毛色が異なる作品でした。
もし再チャレンジするなら、彼の持ち味全開のこちらはいかがでしょう。
長編ですが、タイムスリップで時空を超えた冒険に、ミステリーやら音楽の要素も加わって、魅力的な一冊です。
もし、好みに合わなかったらごめんなさい。
  • 5552さん 5552 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-15 19:46:17
名無しさん、おすすめありがとうございます!
『シューマンショック』以来苦手意識があって面白そうな奥泉作品があっても躊躇していたのですが...。
「鳥類学者のファンタジア」レビューやあらすじを見てみたら、面白そうですね。
また、読んでみます!

ノーベル文学賞の発表後、イシグロ作品を図書館でネット予約した。2日後、受け取りに行くと、6冊が届いてた。
まず『わたしを離さないで』を読む。
悲しい物語だけど、気合を入れて読破した。

次に『日の名残り』に挑むも、古き良き時代のイギリスの執事の話は、クローン人間の話以上に理解し難くギブアップ。

その後も、ギブアップの連続。
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-14 22:13:25

続いて2015年の作品『忘れられた巨人』を読もうとしたが、6世紀の、伝説のアーサー王と関連するファンタジーということで、こちらも、オレにとってクローン人間以上に遠い世界の話で、ギブアップ。
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-14 22:17:04
『充たされざる者』は、具体的な国や風景を設定しない、カフカ的な世界ということなんだけど、そもそも、本の分厚さ(939ページもある)に圧倒されて、手にとっただけで、白旗をあげて、ギブアップ。
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-14 22:24:05
『夜想曲集』は短編集ということで、これなら、読めるかも、と思い、今、読み始めた。

カズオ・イシグロ作品は、リアリズムだったり、クローン人間の物語みたいなSFだったり、古き良きイギリスの伝統的世界だったり、カフカ的迷路だったり、どんどん作風を変えていく作家なのだそうだ。

こういうのを全部、読みこなせる人って、ホントの文学好きの人だよね。
もうほかの方があげているかもしれませんが、小野不由美さんの十二国記シリーズ。学生のころ、なんでこんなにおもしろいんだ!と感動して、徹夜で読みまくりました。
ちなみにまだ完結していないので、20年たった今も待ち続けています…。
1冊目の上巻は重く苦しいですが、そこを乗り越えると本当に面白くて止まりません。
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-12 19:55:39

こんなに長いシリーズ、オレだったら、とても恐くて手が出せませんね。読める気がしない。

それを、20年も読んでるってスゴイ。

シリーズ累計170万部突破って、大人気ですね。
ケンフォレットの『大聖堂 上中下』の3冊です!
今まで歴史小説はなんとなく苦手であまり読んでいなかったのですが、この本は文字通り寝るのを忘れて夢中で読みました!
12世紀のイングランドが舞台となっていて、人間の欲がありのままに表現されていて面白かったです。
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-07 09:00:30


上中下3冊も、寝るのも忘れてイッキ読みとは。

すごいなあ。
子どもから大人へ成長する物語。
一気読み!!面白かった~
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-03 18:58:18
mi---sa さんの本棚には本好きの雰囲気があって、良いですね。
子供から大人へ成長する物語と言えば
オレは、昔、読んだ
『まほうのマフラー』という絵本の事を
先日、突然、思い出して
図書館に予約しました。

男の子が、悲しい出来事に負けずに成長してくお話でした。
  • 回答No.4862-084669
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2017-09-18 17:46:22
もう30年くらい前のことですけど、中学を卒業してすぐの春休みに全巻一気読みしました。
長時間の読書って体力いりますよね。
若かったんだなー。

  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-09-19 05:27:18
風と共に去りぬ、全6巻もあったんだー。

このような名作を、中学卒業してすぐにイッキ読みできるって、すごい。

オレは映画は見たけど、読んだことないです。
未だ死体が発見されていない植村直己さん。
古い本にはなりますが、生き生きと紡がれる体験談に、直己さんの気持ち、そして浮かび上がる極北の地の想像できないような世界に物凄く引き込まれ一気に読んでしまいました。
生き様にただただすごいな、の言葉しか出ません。

  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-09-18 05:01:41
自然の圧倒的な力ですね。

もっと古い本ですが
オレは昔コレを読みました。

コチラは帰ってきた人の話です。



ヒロインの旦那の鬼畜ぶりに、石を投げたくなる気持ちになっているうちに、一気に読んでしまいました。
そしたら後から読んだ母親も、あの旦那サイテーと怒りながら1日で読んでしまったらしい。

  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-09-16 08:13:00
悪役の力で、イッキに読ませる小説なんですね。

オレはphaさんの『ひきこもらない』を、のんびり読みました。おもしろかった。
コレは、ユックリ本ですね。


1,2時間でイッキに読んだ。
あまりにも暗い未来予測で、笑ってしまったけど、どれも起こり得る現実の話で、震えがきた。

2018年 国立大が倒産の危機へ
2019年 技術者不足で、技術立国の地位が揺らぐ
2020年 女性の2人に1人が50歳以上へ
2021年 介護離職が大量発生
2022年 一人暮らし社会が本格化
・・・・
  • かたくりさん かたくり さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-09-11 07:27:14
 確か血液が足りないって項目があったと思うのですが。
 これ読んだ数日後に、iPS細胞から、血小板を大量に作り出す技術が確立されたって記事を読みました。
 なんだかんだで、なんとか乗り越えていきますよ。
・・・たぶん。
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-09-15 05:43:34
みんなでアイディアを出し合って、乗り切っていきたいものですね。
  • 回答No.4862-084557
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2017-09-10 03:12:30


『エロ』と『ゲス』
今まで体感したことなかった花村さんの世界に、赤川次郎さん好きだった私はノックアウト。上下巻で1000ページ以上という大作を幾晩かに分けて読んだ。読了した明け方。
「おかあさん、もう今までの私には戻れませんーーー」
な気分に。衝撃的でした。

  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-09-10 07:59:29
上下巻1000ページをイッキ読みとはスゴイ。
コレはもう「本の中に引きずり込まれた」みたいなカンジですね。

そういえば、花村萬月は、オレも読んだことあります。
それは短い小説だったけど。

過酷な生い立ちとか、ハードな人生そのもので、小説を書いてるような人だと思いました。
全278件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする