三遊亭円朝のおすすめランキング

プロフィール

1839~1900。幕末から明治の落語家。人情噺を大道具・鳴り物入りで演じて人気を博す。近代落語の祖といわれる。代表作に「真景累ヶ淵」「怪談牡丹灯籠」「塩原多助一代記」など。

「2018年 『怪談牡丹燈籠・怪談乳房榎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三遊亭円朝のおすすめランキングのアイテム一覧

三遊亭円朝のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『怪談 牡丹燈籠 (岩波文庫)』や『真景累ケ淵 (岩波文庫)』や『呪 小泉八雲・三島由紀夫ほか (文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション)』など三遊亭円朝の全205作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

怪談 牡丹燈籠 (岩波文庫)

321
3.79
三遊亭円朝 2002年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 カランコロン カランコロン  下駄の音を響かせ旗本の娘の亡霊が愛しい男の元へと通う。  先導する女中の亡霊の手には牡丹燈籠、ぼんやり光る。 ... もっと読む

真景累ケ淵 (岩波文庫)

204
3.63
三遊亭円朝 2007年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画にもなった円朝の名作。酒乱の旗本深見新左衛門と、深見に殺された盲目の高利貸皆川宗悦の因果が次の世代まで連なっていく。宗悦の娘、園と豊志賀、深見の息子新... もっと読む

呪 小泉八雲・三島由紀夫ほか (文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション)

79
4.06
小泉八雲 2017年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジュニア向けなので、解説が事細かに書かれているが、大人は読み飛ばしても良いのかもしれない。どれもこれも非常に優れた文章で、息遣いや温度・湿度まで感じられる... もっと読む

真景累ケ淵 (角川ソフィア文庫)

41
3.83
三遊亭円朝 2018年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

円朝の代表作。とにかく面白い。 もっと読む

怪談牡丹燈籠・怪談乳房榎 (角川ソフィア文庫)

35
3.86
三遊亭円朝 2018年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

牡丹灯籠といえば、メジャー怪談の最右翼と言っても良いが、円朝は、それを20年にわたる復讐物語にして、登場人物に奥行きを持たせた。カランコロンと下駄の音…に... もっと読む

怪談牡丹灯篭 怪談乳房榎 (ちくま文庫)

33
3.40
三遊亭円朝 1998年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7月の声を聞き、夏本番は目前。 夏と言えば怪談。 今日は明治期に活躍した落語家・三遊亭円朝作の怪談を。 円朝は落語中興の祖とも言われ、怪談話や人... もっと読む

塩原多助一代記 (岩波文庫 緑 3-3)

31
2.67
三遊亭円朝 1957年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

字が小さくて、ページに詰め込んでいるので、とても読みにくい。正直、青空文庫のほうが3倍位読みやすい。挿絵がついているのだけが取り柄。 もっと読む

怪談牡丹灯籠 04 怪談牡丹灯籠

19
4.50
三遊亭円朝 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろかった。 主役が何人もいるような重層的なストーリー。落語なので読んでいてリズムが良いです。 幽霊に関する部分は謎も多いけど幽霊だからそれも... もっと読む

真景累ヶ淵

13
4.50
三遊亭円朝 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大長編の怪談噺。幽霊よりスプラッタ要素多し。 人の心の浅はかさも奥深さもみんなつまっている。なんの因果かと思われるような出来事は、知らぬところで実はこん... もっと読む

怪談 (角川ホラー文庫)

12
3.25

感想・レビュー

時代物ですがイイ もっと読む

三遊亭円朝探偵小説選 (論創ミステリ叢書)

6
3.50
三遊亭円朝 2009年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「落語中興の祖」三遊亭円朝が「翻案」を手がけたミステリ(あるいはサスペンス)仕立ての物語5編を収めたアンソロジー。 円朝といえば「真景累ヶ淵」「鰍沢」「... もっと読む

黄金餅

6
4.00
三遊亭円朝 電子書籍 2012年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

牡丹灯籠―怪談 (1955年) (岩波文庫)

5
3.75
三遊亭円朝 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勧善懲悪もこれだけ徹底するとうそ臭いとかそんなの気にならなくなる。 時代劇を見たように読後スッキリ気持ちいい。 飯島平左衛門、懐深くて素敵〜 ... もっと読む
全205アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×