倒れるときは前のめり

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.52
  • (64)
  • (180)
  • (204)
  • (37)
  • (8)
本棚登録 : 1702
レビュー : 224
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041036433

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有川浩さん大好きなので、エッセイを読めて本当に嬉しかったです!一つ一つが短いので、ちょっとした時間にちょこちょこ読めます。それに、それぞれのエッセイに対して有川浩さん自身が一言コメントを書かれていて、それもまたおもしろく、短編小説も収録されていてお得感もありました。あと、表紙も好きです。

  • 作者の作品に対する想いとか、考えに触れられて良かった。
    「わりと」「けっこう」とかはよく使ってる言葉だなぁ。自分の好きなものは堂々と好きと言えるようになりたいと思った。ので、私は有川浩が大好きだと声を大にして言う。

  • この方を以前のように、ただ素直に「好きな作家さんです」とは言えなくなってきた。
    でも、このエッセイを読むと「ああ、やはりこの人を好きだと思ったのは間違いないんだ」と、改めて思えた。

    有川さんの考え方は、本当にまっすぐ。まぶしいくらい。
    それが、ものによってはすごく辛辣な感じに響いてくることがあったから、その点が苦手だったのだけれど、それでも「その考え方は素敵だ」と素直に思えるところがたくさんある。

    読書感想文は勧めないという意見もよく分かる。
    私だって無理やり読ませたくない。
    この人の本紹介はとても楽しそうで、読んでみたくなる。
    こういうところから、本に触れられたらいいのに、と思う。

    一言で言うと、本当に色鮮やかな人だ。
    淡くはなく、濃い色の人だ。
    この方のいいところを、これからも素直に好きでありたい。

  • 人気作家とはいえ色々あるなーと。

    個人的に天才だと思っている有川浩のエッセイ。
    売れっ子作家が日頃何を考えているかわかる本です。

    同じ話題が重複するのがちょっと残念ですね。
    気になっているテーマなのでしょうが、同じ頁を読んでしまったかと確認して流れが悪くなります。

    最後の方に超短編小説が載ってますが、これはなかなか良いですね。

    やはりこの人の文章は読みやすく、物語にスッと入っていける。
    本人はラノベ作家と謙遜しているが、一般の文藝作家と比較しても優れた小説家だと思います。

    有川浩ファンなら一度は読んどく本だと思います。

    ユルめの本が読みたい方にオススメです。

  • だいすきな作家さんのエッセイ集ということで本屋さんを3軒はしごして発見。新刊書店さんで買いました、少しだけ未来の出版業界に貢献したと誇ってみます。
    すてきな装丁で手ざわりも良く、眺めているのも楽しいです。
    本の中身には有川さんがいっぱい詰まっていました。長きに渡って書いてこられたものだそうですが、一貫して意思が変わらないところに芯の強さを感じます。素敵な方なんだなあとますます有川さんと有川さんの作品がすきになりました。

  • 思った通りの人だった。まっすぐで正直で、誤解を恐れずにいえば男前。
    「嫌い」と公言慎みたい、に大賛成。でも、なかなかできることではない。それでも取り組んでみたくさせる魅力がこのエッセイ集にはある。
    巻末のボーナストラックの短編には、ときめきますよ。

  • 有川さんの人柄が垣間見える気がしたエッセイでした。ストレートで毒もちょっぴり。誤解を恐れず言うことは言う。大きく同意すること多数。私が好きな作家さんを有川さんが褒めると嬉しくなるし、再読したいな…と思えます。文庫本、ハードカバー、本屋さん、映像化。本を読むようになって分かってきた事はまだまだ一般ではないんだと思い知りました。甘いのが苦手なので読んでない作品も多い有川さん。これを読んだからといってそれらを読む気にはどうしてもなれませんが…でも、なるべく児玉さんのように公平な読者でありたい、とは思います。

  • 有川浩の、初エッセイ集。
    彼女の作品は、高校生のころ周りでもすごく流行っていてみんなよく読んでいました。
    最近めっきり読まなくなってしまったので…エッセイならどうかしらと。
    図書館戦争にどハマりして、植物図鑑の樹が格好良すぎてほぼ恋しかけていた頃がなつかしい。

    甘々な恋愛のイメージが強いので、勝手にご本人にもそういう先入観を抱いていたのですが、まさかこんな男前な姉御だったとは!
    ライトノベル愛、郷土愛のある素敵な方だなぁと思いました。
    同じような内容が何度もでてくるのは、もうちょっと編集どうにかならんもんかねと思いますが、その分彼女の人となりが存分伝わりました。

    小説も収録されていてお得。
    やっぱり有川浩の描く恋愛には未だにキュンキュンさせられてしまって、ある意味ひと安心。

  • 有川浩さんの小説は図書館戦争から読み始め、その前に出た作品に戻って読み
    その後は出たら早いうちにゲットして読んでます。

    今回はエッセイ集。

    過去に新聞などに掲載されたエッセイをまとめたもので、現在のコメントがついてます。

    有川さん自身の作品のこと、その他の本の話、映画の話、
    阪神淡路大震災の被災者として感じる東日本大震災のこと、
    地元・高知のこと、など

    有川さん、かっこいい! 男らしい!(女性ですけれど)
    有川さんのファンと言ったら恥ずかしいことなんですか? ダメですか?


    特別収録の短編 「ゆず、香る」は、以前 入浴剤とセットで売られていて
    薄っぺらい冊子で読みましたが、ちゃんとした本になってよかったです。

    「彼の本棚」は初めて読みました。放置しないで、続きを是非お願いします!



    ちょっと気になったのは、同じ話題で別の新聞等に掲載しているやつもあるので
    それ、さっき読んだ、というのが度々登場するのは、
    なんとかならないのだろうか、と思ったりしました。
    書き下ろしでないから仕方ないのでしょうけれども。

  • 有川浩さんの初エッセイ。
    小説からもわかりますが、まっすぐで強い人だなあと改めて思いました。
    長年のものをまとめているので、ボリュームはしっかり。各話に、有川さんのコメントがついている。

全224件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

倒れるときは前のめりのその他の作品

有川浩の作品

ツイートする