夜市 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.90
  • (523)
  • (635)
  • (503)
  • (70)
  • (18)
本棚登録 : 4142
レビュー : 642
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043892013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 懐かしくも温かい作品でした。
    表題作「夜市」「風の古道」共に彼岸を思わせる描写でしたが、ホラーというよりはファンタジー的な印象を受けました。
    決して自ら好んで入りたいという世界ではないけれど、
    どこか懐かしくて、一夏の思い出のような華やかな記憶としては残らずに心の奥にひっそりと残る不思議な体験。
    ただの怪談話ではなく、現実か嘘かもわからないような淡く不思議な物語に心が惹きつけられました。

  • ふとした瞬間が異世界と繋がっているワクワクや、世界のルール、巧みな伏線は心踊る。
    この心地好い世界観で長編が読みたい。

  • 乙一さんに似た小説を探していて出会いました。似ているかどうかはさて置き、やられました。ホラーの中にも懐かしさや真理があり、展開のテンポが良く、読み終わった後にやられたと思いました。

  • ホラーかとドキドキして読みました。でも、これはファンタジーです。思っていたのとは違っていましたが、これはこれで読みやすくてサクサク読了!どこか懐かしい気配の中に現代の香りがして不思議な気持ちになりました。

  • 発想が良く、かつ、珍奇な設定に人生が塗り込められているという点で意外性があり、なかなか面白かった。ただ気になったのは、西岸良平の『鎌倉物語』の設定と重なる点が多いことだ。いずれかが相手の作品からインスパイアされたのかもしれないし、そうではないのかもしれない。読んでいて少し気になった。ただし、総合評価としては圧倒的に本書が良い。物語の世界に怪奇を導入する道筋は同じでも、人生の厚み(本書では喜怒哀楽の哀だろうか)の点で読後の満足感が高い。

  • 夏が来たので再読。和風ホラー、とはいってもおどろおどろしいのではなく、静謐で美しい怖さの世界が紡がれた作品。余りに文章が好きで、恒川光太郎作品を読破することになった、ぜひ未読の方は読んでみてください。風の古道も素晴らしい。

  • 夜に読まなきゃ良かった…orz「ホラー」と書いてあったけれどホラーを読んだことがないので、余計に緊張して読みました。どちらも…「大丈夫だよね?戻れるよね?何とかなるんだよね?」という気持ちを…悪いことだけじゃなくて失望だけではないけれど、無情にバッサリ置いてきてしまう。それは多分道理で言えば「あたりまえ」なのかもしれない、でも少し悲しくて切なかった…

  • 2本とも世界観がとても良かった。とても好みのところを突かれた。

    ホラーというより、怪奇といったほうが近いのかもしれない。
    日常と非日常の境界の書き方がとてもよくて、
    幼い頃にもしかして自分も体験したような・・?という不思議な錯覚に陥った。

    謎や話の核、見せ場が主人公以外の人物にあるのはホラーだからなのかな。
    主人公が常に受け身の傍観者(読者視点)で、いてもいなくてもどっちでもいいというような立ち位置なのが物足りない感じがした。
    ファンタジー要素が、この世界観にしてはちょっと濃すぎるかなという部分もあった。

    しかしそれを補って余るほどには、面白かった。

  • 日常の裏にある非日常を描いた作品。夜市も風の古道もハッピーエンドとは言い難いが、読後感はとてもよかった。というのも、異世界を描いた作品は細かい背景の説明はせずに雰囲気だけを楽しませるものも少なくないが、本作では裕司の弟の行方やレンの出生の秘密など読者の気になる肝となる部分は明確にしてくれているからだ。
    他の方のレビューにもある通り、千と千尋などジブリ作品を彷彿とさせる心地よい雰囲気を味わえた。出来れば同じ世界観で他の物語も読んでみたい。

  • 夜市も素晴らしいが「風の古道」が本当に素晴らしい。幻想的で雰囲気は、ジブリみたい。
    恒川さんの本は、神秘的な雰囲気で変わってるのでおススメ!

全642件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夜市 (角川ホラー文庫)のその他の作品

夜市 単行本 夜市 恒川光太郎
夜市 (角川ホラー文庫) Kindle版 夜市 (角川ホラー文庫) 恒川光太郎
夜市 Audible版 夜市 恒川光太郎

恒川光太郎の作品

ツイートする